1385264 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

2010.07.17
XML
カテゴリ:2010洋画
☆インセプション☆(2010)
クリストファー・ノーラン監督・・「メメント」「ダークナイト」など

レオナルド・ディカプリオ
渡辺謙
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
マリオン・コンティヤール
エレン・ペイジ
キリアン・マーフィ
マイケル・ケイン

ストーリー
他人の夢の中に潜入してカタチになる前のアイデアを盗み出す企業スパイが活躍する時代。コブは、この危険な犯罪分野で世界屈指の才能を持つ男。しかし、今や国際指名手配犯として逃亡の身となってしまったばかりか、大切なものすべてを失うこととなっていた。そんなコブに、サイトーと名乗る男からある依頼が舞い込む。成功すれば、再び幸せな人生を取り戻すことができる。しかしその依頼とは、これまでのように盗み出すのではなく、ターゲットの潜在意識にあるアイデアを植え付ける“インセプション”というものだった。かつてない危険なミッションと自覚しながらも、これが最後の仕事と引き受けたコブ。そして、この最大の難題に最高のスペシャリスト集団で立ち向かうべく、すぐさまメンバー探しを開始するコブだったが…。

インセプション

映像が面白いねえ。

前宣伝を極力少なくしたおかげで、どんな内容なんだろうってすごく興味があった。
渡辺謙さんもかなり出ているようだったしね。
アイデアを盗むって何か言っていたよねえ、前宣では。
でも、アイデアを盗むという話かと思ったらアイデアを植え付けるという話だった。
ちゃうじゃん~~~、なんてそんな余計な事考えていると置いてきぼりを食う(笑)

後から考えてそんな難しい映画ではないんだなあと思うんだけど、見ているときはかなりごちゃごちゃした印象を持った。

「メメント」撮った監督だから、普通には見せないだろうと思っていたけどね。

しかし、もっとでっかい話かと思っていたんだが、思いのほか私事的な感じだったなあ。

最近見るディカプリオって、なんでか不幸な結婚生活なんだよね・・・
この前の「シャッター・アイランド」だってそうだしさ。
「レボリューショナリー・ロード」でもうまくいかなかったわけだしねえ~~。
レオ様まだ独身だっけ?現実ではいい伴侶を見つけて幸せになってほしいもんよね。

とにかく、このコブという男の想いの強さがポイントだよねえ。
最後の仕事をして子供のもとに帰りたいっていう思い。
死んでしまった妻への想い。

で、危険なミッションとこのコブの個人的な事情が絡まって進んでいくわけ。

インセプション2

夢の階層というアイデア、面白い!
上の階層で起きる出来事が、下の階層にも影響を与える。
しかも、時間差がある。
上の階層で車が回転し落下するとき、下の階層では無重力状態になり天地がひっくり返る。
時間差があるから、スローモーションになったりね。

しかも何層にももぐりこんでいくからね!
わかりにくくはないけど、ひょっとしてこれは夢?現実?って混乱させる見せ方があるから~~。

そして夢から覚めるのは「キック」と呼ばれる。
キックって蹴飛ばすんじゃなく言ってみれば「落下する」ことかな。
もし夢の中で死んでしまったら?どうなるの?
普通は現実に戻るのだけど、今回のミッションではより長時間夢に潜るために強力な睡眠薬を使うんで・・・これがどうなるか?って、ま、映画で見てください^^)

とにかく、そういった決まり事が面白いんだよね。

アイデアも独特だし映像も見ごたえあり、ぜひ映画館で見てほしいな。
しかし、ちょっと予備知識を入れておいた方が見やすいかもしれない。

私なんて、見終わって「はて?面白いと言えば面白いが、なんだかなあと言えばなんだかなあ」なんて思っていたのだ。
でも、これを人に説明しているうちに徐々に頭が回転して「なるほど、こんなところが面白いじゃん」ってわかってきたの。
まあ、頭の回転の鈍い私、仕方ないけどね~~(笑)
あとからジワッてくるのも、この監督らしいかな^^)

渡辺謙さんは、ずっと出ていたわよ。重要な役だし♪
嬉しいよね~~、こういうのって。
日本の部分もありそんなのもうれしくなる。

キリアン・マーフィも久しぶりに見たわ、このいかつい顎♪

そしてレオ様の片腕になる、ジョセフ・ゴードン=レヴィットは、今回注目だよ。
おお、いいじゃん?♪

エレン・ペイジは「JUNO」の子ね。
この彼女の役割が今ひとつよくわかんなかったけど、チームの中で有能な設計師ということなんだけど、ただロブたちにくっついて歩いているって風に見えちゃって(笑)
でも、かわいいからいいけど~~

とにかく、そんな俳優陣も楽しんでみてほしい。
私も、もう一回見てみようかしら~~。(時間があったらだけど・・・)

追記:監督が来日しCGを極力使わずに撮影したと言っていた!
あの回転する廊下のシーンとか街が爆発していくシーンとか・・
CGじゃなかったんだ!!びっくりだわ。


そういえば、私はノーラン監督の作品は大体映画館で見ているなあ。
あ、フォロウイング、メメントはDVDだったわ~~。

フォロウイング

メメント

インソムニア・・・?どこかに感想を書いたはずだけど、見つからなかった(笑)

バットマンビギンズ

プレステージ

ダークナイト











最終更新日  2010.07.22 22:32:35
コメント(4) | コメントを書く
[2010洋画] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.