000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

翔建築設計の所長日記

翔建築設計の所長日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Category

Archives

2024.05

Comments

yoshiki@ Re:●建築家のお仕事(634)竹内日祥上人の講演(01/21) はじめまして私も2000年から竹内日祥上人…
2009.01.31
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
毎日届くメールマガジンの一つを紹介します。
【 宿泊施設の宿力向上論 】
( http://www.mag2.com/m/0000220480.html )

毎日新鮮な情報を届けてくれます。
今日の内容はすばらしい!

・・・・以下メールマガジンの内容・・・・・・


■今日は、株式会社感性リサーチ代表取締役社長の黒川伊保子氏の
 お話からです。

 黒川伊保子氏は、
 マーケティングの世界に「感性分析」という新境地を開拓した第一人者です。

 詳しくはこちらのページをご覧いただければ。
 http://www.ihoko.com/index.html

 要約してお伝えします。

■コミュニケーションは、言語だけではありません。

 どんな仕草か、どんな目線か、で
 「自分のことを考えてくれているのかどうか」を感じ取ります。

 「相手のことを思って」相手の感覚を想起すると、
 右脳と左脳の連携が良くなります。

 想起すると、右脳のイメージ領域から相手の感覚を自分の潜在意識に
 送り込みます。

 そのイメージを言語化するのに左脳が反応するため、
 右脳と左脳の連携が良くなります。

 右脳の左脳の連携が良くなると、「まなざしが深くなります」。

 脳の概念空間が広くなるので、視線の奥行が広がるのです。

 すると、相手はまるで抱きしめられているような感じがするのです。
 きちんと見てくれている、見つめられていると感じ安心するのです。

 「相手のことを思う」ことは「相手を安心させる」のです。

 もしも自分のことばかり考えてしまうと・・・
 例えばあなたがセールスマンで、目の前の相手に何とか買ってもらいたい、
 ということばかり考えているとすると、

 損得勘定する場所のある左脳が強く働き、
 右脳と左脳のバランスが悪くなり、まなざしが浅くなります。

 「まなざしの浅さ」を人は簡単に見抜きます。
 すぐに私のことは考えていない、自分のことばかり考えている、
 とわかってしまうのです。

 まなざしの浅い人からモノを買おうとは思わないし、
 まなざしの浅い人の提案を聞こうとは思わないのです。

■宿泊施設でも、

 お部屋に入った時に、どんな風に感じるだろう?
 誰と一緒にこのお部屋で、どんなことを話すのだろう?
 どんなお部屋だったら、また泊まりに来たいね!と言うのだろう?
 ぐっすり休めた~!と言うのは、どんな時だろう?

 など、徹底的に相手(お客さま)のことを思うのが大切です。

 ホームページも同じ。
 
 どんな情報があったら嬉しい!と言ってくださるのだろう?
 どんなページ構成だと見やすいね!と言うのだろう?
 どんなことを表現すれば安心して予約ができるのだろう?

 とてもシンプルですが、
 徹底的に思う宿泊施設がお客さまの支持を得る、というのは至極当然の
 ことと思いますし、

 そうした思いは伝わりますよね。
 
 ---この続きはまた明日!---

 □□よろしければ、他の宿泊施設の方や会社の方にご紹介ください□□

・・・以上・・・・・

どうでしたか、ピンとくるものがあるでしょう。


昨晩のY打ち合わせはうまくいった。建物の立面図が
気に入ってくれたようだった。
次回は2月中旬になる。
早い内に県の物件Aを仕上げていまわないと・・・ 


私が作ったブログです。ヒマな時のぞいて見てください。

困りごと相談窓口
建築設計事務所の所長になるには
日光近郊の日帰り温泉
古民家再生プロジェクト
起業して会社経営を楽しむ
うつ病を乗り越えろ
老後の年金獲得大作戦
そば通の記録
高気密高断熱住宅
快適二世帯住宅
ラーメン道楽
フラット35は良い住宅ローンか?
アパート経営
我が家の耐震診断





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2009.01.31 15:23:41
コメント(0) | コメントを書く


Profile

キヨ8363

キヨ8363

Calendar

Headline News


© Rakuten Group, Inc.