794775 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スパ郎の旅日記

PR

カレンダー

プロフィール


Topping

コメント新着

Topping@ しげさんさん これでハッキリしましたw いやぁ~ あの方と二人だとね、、、ことご…
しげさん@ Re:10月と言えば解禁のこれ!(10/05) 9時早上がりとは… ここだけの話(笑)Sさん……
Topping@ すずきんさん ワタシは『超良い子』ですよぉ~ そうそう、すずきんさんもワタシみたいに…
Topping@ しおどめさん こちらこそご無沙汰しております 釣ったのは6枚ですよぉ~ 写真見て数える…
Topping@ うぞっさん そりゃもう、すげー焦りましたよ 当たり掛けそこなった次の瞬間、裏で喰わ…

サイド自由欄

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

全156件 (156件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

料理

2017年12月12日
XML
カテゴリ:料理
さてさてキンメがてんこ盛り。ウィンク

171209キンメがたんまり

ペンペンキンメはほんの混じる程度で、サイズ的には30cm~35cmくらいが
メインなので、食べ応えがありそう。音符

171209レギュラーサイズ

ペンペンキンメは塩焼き用に下処理し、レギュラーサイズは保存食用にも、
贈答用にもなるように干物を仕込み。晴れ

171209キンメの干物

翌朝に炊く予定のキンメ鯛飯用の柵と、お造り用の柵をとった
アラで出汁を取っておく。炎

171209アラで出汁を

そしてキンメと言えば煮付けの王様、ということでアラのカマと
一緒に一匹煮付けに。きらきら

171209キンメの煮物仕込み

煮魚は翌日以降のほうが美味しくいただけるので、これはそのまま
放置しておき、疲れるまで捌いたら、巫女様も姫様も不在なので
チロルと晩酌。日本酒

171209チロルと晩酌

さて、翌日曜日は二人とも居るので、朝からキンメ鯛飯を炊く。ごはん

171209キンメ鯛めし仕込み

炊き上がり近くなってくると、ものすごくいい匂いが漂ってきて
期待感ばパンパンに。きらきら

蓋を開けると、なんとも言えない贅沢な香りに包まれる。ダブルハート

171209キンメ鯛めし炊き上がり

4枚のうち2枚は取り出して、ご飯を攪拌してから器に盛り付け、
取り出しておいた身を乗せて巫女様にご提供。食事

171209キンメ鯛めしをどうぞ

一晩干しておいた干物をチェックすると、いい感じにできて
いたが、もう少し水分を飛ばしておいて夕方回収。ひらめき

171209キンメの干物完成

おっと、実家にも配達しなきゃいけないので、数枚捌いて直ぐに
食べられるようお造り用の柵も準備。いなずま

そうそう、一足早いU君とIちゃんにもクリスマスプレゼントとして
お造りを作製。プレゼント

171209贈答用

配達から戻ったら、姫様の晩御飯の仕込みはキンメのしゃぶしゃぶ。
略して『キンしゃぶ』。きらきら

171209キンメのしゃぶしゃぶ

っが、、、姫様はきっとキンメだけでは物足りないので豚もご用意。ぶた

171209ブタシャブ

しゃぶしゃぶは姫様が京都で仕入れてきた『はんなり塩ぽんず』と
『はんなりごまぽんず』で戴くと幸せが口いっぱいに広がる。きらきら

171209キンしゃぶうめぇ

そうそう、クロムツも釣れたんだっけ。うお座

171209クロムツ

姫様にはクロムツとキンメの二種盛りもご提供したが、やはり
生のお魚は量は食べられないようだ。失恋

171209キンメとムツの食べ比べ

っで、締めのうどんを買い忘れた隊長は、近所のセブンまで走り、
罰ゲームとしてハーゲンダッツまで買う羽目に。。。ショック

171209罰ゲーム

ようやく落ち着いたところで、ペンペンキンメの塩焼きをつつきながら、
チロルと晩酌タイム。日本酒

171209ぺんぺんキンメの塩焼

そして、昨夜はようやく煮付けにありつけた。ダッシュ

171209キンメの煮付け

流石煮魚の王様! 上質な脂が煮汁に浮かび、見るからに旨そうだ。目

171209煮汁

さて、今夜は干物でも焼こうかしらね。ウィンク

海の神様、美味しいキンメをたんまりと恵んでくださり、ありがとう
ございました。スマイル

さて今日は、船宿のお隣りの魚屋さんで売っていたキンメの写真で
お別れです。バイバイ

171209魚屋さんにて

こりゃ、スミヤキが釣れたら持ち帰らなきゃだぞ。。。目






最終更新日  2017年12月12日 18時34分25秒
コメント(6) | コメントを書く
2016年10月06日
カテゴリ:料理
ここのところお料理関連の記事をアップしていなかったので、
忘れないうちに写真と簡単な記事だけ記録しておこうっと。ウィンク

まずは9/22の小網代の定例で仕入れてきた鯛ちゃん。きらきら

160922真鯛様

捌いてみると、デカい男女はそれぞれに『鳴門骨』を
もっている上物だった。ひらめき

160922鯛の鳴門骨

一回り小さいサイズの真鯛も、捌いてみるとお腹の中は
真っ白けの脂玉を持っているメタボ真鯛。目

160922脂玉がっつり

3匹を三枚におろして3軒分のギフトセットを仕込み、
ご自宅用も柵にして熟成へ。月

真鯛を熟成させている間に、沢山釣れたサバの中から
特に丸っこいやつを持ち帰って〆サバを作製。うお座

160922〆サバ

ゴマサバだが、勝山の親方のと同様、脂ノリノリで
抜群の旨さだった。グッド

そして、狙っても釣れなかったマグマグが、なんと
真鯛釣りの外道で上がってきたので、初めて戴く。きらきら

160922メジマグロ

一匹丸々は自宅で消費できないので、これも半分は
お裾にまわし、アジの叩き、ナメロウと一緒にお造りで。食事

160922メジマグロとアジ二種盛り合わせ

マグロが一番好きという巫女様は、アジも大好きで
ご満悦だ。あっかんべー

もちろん、中落ちはスプーンで削いでユッケに。いなずま

160922メジユッケ

これまたまいうーなので、お造りが残ったら粗く
叩いてもう一度ユッケ作るかなっと思ったが、
翌朝姫様の鉄火丼でご提供。食事

160922鉄火丼

夜には真鯛のアラで出汁を取り、、、。雫

160922真鯛で出汁

その出汁と、一匹分の真鯛をタップリ使って鯛めしに。ごはん

160922鯛めし炊き上がり

トッピングは竹の子、ご飯2合で半身2枚という
贅沢な鯛めしはあっという間に完食。爆弾

160922鯛めしは即売

熟成させた真鯛は姫様が食べてくれるように、
カルパッチョと、、、。食事

160922真鯛のカルパッチョ

九州放浪で仕入れた粉末タイプの塩麹をまぶして
一晩馴染ませた切り身でバターソテー。炎

160922真鯛の塩麹漬けバターソテー

女性陣はお造りに飽きているので、湯引きと白身の
お造りは隊長の晩酌用。日本酒

160922鯛刺し

余分に切り出した湯引きと白身はヅケにして、翌朝の
姫様の朝ごはんに。きらきら

160922真鯛のヅケ丼

そろそろ『肉喰わせろ~』コールが起きる頃だが、
禁漁明けの大原でヒラメをがっつり仕込んでしまい、、。ショック

揚句、ヒラマサのオマケ付きというお魚無限地獄に。ほえー

こりゃ、自家消費できないぞということで、7枚の
ヒラメのうち、4枚はそのまま嫁に出し、残りの
3枚をせっせと捌く。ダッシュ

161001ヒラメまな板

それでも60cm2kgのヒラメが二枚あるので、これまた
五枚におろしてアラを付けて3軒分のギフトセットに。プレゼント

161001ヒラメのエンガワ

もちろんエンガワもちゃんとお付けしますよぉ。ウィンク

さて、ヒラメの外道で超ラッキーに釣れたヒラマサ君。熱帯魚

161001ヒラマサまな板

メジマグロ同様、初めましてということで、まずは
ヒラメと一緒にお造りで戴くことに。音符

161001ヒラヒラ盛り合わせ1日目

3キロサイズなので、脂はそれほど乗っていないが、
上質な赤身と白身の中間のような上品なお味だ。オーケー

そしてメジマグロ同様、中落ちは腹身を少し足して
ユッケでご提供。きらきら

161001ヒラマサの中落ちユッケ

翌日曜日の朝には、姫様の朝ご飯シリーズとして、
ヒラマサの握りで登場。ウィンク

161001ヒラマサの握り

これは流石に美味しかったようで、巫女様も参戦して
パクパクと朝から寿司パ。ひらめき

そして、ヒラメといえばこちら。きらきら

161001ヒラメの昆布締め仕込み

そう、北海道で仕入れた昆布を贅沢に使って昆布締めに。いなずま

そしてピチットシートを使ってヒラメの生ハム風を仕込み。音符

161001ヒラメの生ハム風

使うのはハーブソルトとハーブミックス、これは翌日
もう一度ピチットシートを交換してしばらくおねんね。星

夜には一晩寝かせたヒラマサと昆布締めで刺し盛り。食事

161001ヒラヒラ盛り合わせ二日目

一晩寝かせたヒラマサは、少し水分が抜けて味が
凝縮されて旨味成分が増えた感じ。グッド

で、ワンパターンだが翌朝はヒラマサのヅケとヒラメの
白身でヒラヒラ二色丼が姫様の朝ごはん。晴れ

161001ヒラヒラ丼

しか~し、お魚に飽きたのか、ヨーグルトで朝ごはんを
済ませてしまったので、巫女様の朝ごはんにスライド。ダッシュ

うーん、生っぽいのはもうイカンなということで、
夜は久し振りにヒラメの酢豚風で勝負。いなずま

161001ヒラメの酢豚風

今回のお料理に中でこれが一番手が掛かっただけあって
巫女様にも好評だった。ちょき

で、隊長とチロルの晩酌のお供はヒラメの煮付け。ビール

161001ヒラメの煮付け

小さ目のヒラメだが、尻尾部分だけでもかなりの
ボリュームで隊長もチロルも大満足。犬

そして姫様の朝ごはんシリーズ最終回は、ヒラマサの
ヅケで手毬寿司を作製。晴れ

161001ヒラマサのヅケ握り

徳島から届いたスダチがいい仕事をしてくれていて、
濃厚なヒラマサのヅケをサッパリと食べさせてくれる。オーケー

さて、今夜はヒラメの生ハム風が美味しく熟成して
いる頃かな?ウィンク

あっ、、、土曜日アカムツが大漁だったらどうしよう、、、。爆弾
(っと余計な心配するとだいたい釣れないのよね。。。)

ともあれ、天の神様、海の神様、美味しい海の幸を
どっさりと恵んでくれて、ありがとうございました。スマイル

161001チロル






最終更新日  2016年10月06日 18時41分17秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年08月08日
カテゴリ:料理
今年のカツオは旨いっと前評判が高かったので、
食べるのも楽しみだった。音符

160806カツオくん

一本はそのままお嫁に出し、一本は柵にして実家方面へ
配達予定。ひよこ

捌いてみると、皮ぎしの脂がヤバいくらいに乗っている。目

160806脂ノリノリ

包丁が脂でギトギトヌルヌルになってしまい危ない。ショック

雄節雌節のセットを2つ作り、二軒に配達してから、
自宅用にちゃちゃっと捌いて晩酌スタート。食事

脂ギトギトの雌節に金串を打ち、バーナーで炙ると
香ばしいカツオの脂の焼けた臭いがキッチンに充満する。目がハート

氷水を張った容器に『じゅっ!』っとつけて粗熱をとり、
あまり火を通さないカツオの叩きとカツオの生刺しを製作。いなずま

160806晩酌用

翌日の予定は何もないので、思いっきりニンニクを
乗せてあーん。目がハート

160806ニンニク乗せ

至福です。さっきまで海で泳いでいたカツオを釣り、
血抜きして氷水でキンキンに冷やして持ち帰ったカツオ。うお座

巫女様も姫様も絶賛の間違いなしの絶品カツオ。グッド

翌朝は朝っぱらから炙ったカツオの叩き丼をご提供。食事

160806カツオの叩き丼

これはレモン塩ポン酢をかけて食べると、もう朝から
満足度120%。目がハート

夜はちょっと変化球でカツオの叩きのカルパッチョ。いなずま

160806カツオのカルパッチョ

これには今年ようやく沢山実をつけた自家製の柚子が
アクセントに。ひらめき

160806自家製柚子

そして、姫様にガッツリいって頂くべく、カツオの
一口カツを製作。きらきら

160806カツオの一口カツ

旨い! こりゃビールのお供に最高。ビール

ブルドックソースをぶっかけて、揚げたてをサクサクと
頬張ってビールをグビっ!うっしっし

そして三日目の晩はトロカツオのユッケ。きらきら

160806トロカツオのユッケ

粗めにぶつ切りにして、胡麻油をたらーり、レモン塩・胡椒
という便利調味料で味を調え、卵黄を乗せて煎りゴマを
パラりと振り掛ければ、至福の一品に。オーケー

こりゃ、もう一度仕入れに行かないといけないぞ!ウィンク

海の神様、戻り鰹だけど初鰹、本当に美味しいカツオを
ありがとうございました。スマイル






最終更新日  2016年08月09日 18時37分29秒
コメント(4) | コメントを書く
2016年04月10日
カテゴリ:料理
噂では脂が乗っていて美味しいと聞いたことがあるホウボウ、
いい出汁が取れるとも聞く。ウィンク

160409ホウボウまな板

頭がでかいので、食べるところが少ないと思いきや、
流石に48cmあれば身もそこそこデカかったので、
半身は実家に配達してからスタートクッキング。音符

殿下が大阪で研修中で、巫女様もお出掛けということで、
姫様と二人晩御飯。ダブルハート

まずは三枚におろした後のアラで出汁を取る。炎

160409ホウボウのアラ

鍋に入れてクツクツ煮ると、脂や灰汁がバンバン出て
くるので、片っ端から掬って綺麗な出汁を取ることを
心掛ける。目

160409ホウボウで出汁を

さて、この出汁を使って何か美味しいモノ!っと考え
たら、姫様の好きな『茶わん蒸し』が思い浮かんだ。ひらめき

具はパラりと塩をして軽く焼いたホウボウのサイコロ
に合わせて大根と人参もサイコロにし、銀杏をトッピング。きらきら

160409茶わん蒸しの具

蒸している間に、ユメカサゴのアクアパッツァを仕込み、
ホウボウのお造りを作る。いなずま

160409アクアパッツァ仕込み

ユメカサゴのアクアパッツァは白ワインをドボドボ
入れて、炊き上がったところで姫様と二人晩御飯。食事

160409ユメカサゴのアクアパッツァ

茶わん蒸しはやっぱり姫様喜んでくれたようでなにより。スマイル

160409茶わん蒸し

ホウボウのお造りは脂ノリノリでかなり美味しかったと
みえて、あやうく姫様に完食されるところだった。ショック

160409ホウボウのお造り

姫様安心してください、ちゃんとサラダには『お肉』も
用意してあります。あっかんべー

160409牛肉サラダ

ご満足いただいたところで、隊長は出汁を取った後の
ホウボウの中落ちを突きながらチロルと晩酌。日本酒

160409ホウボウ中落ち

おっと、モツの甘辛煮はチロルには早いよ。ウィンク

160409ホウボウのモツ煮

ホウボウさん、真子も肝臓も美味しかったけど、
胃袋がオニカサゴの胃袋と似ていて、コリコリして
いて意外と美味しかった。グッド

うーん、次はこのサイズなら3本くらいあってもいいな。ダッシュ

海の神様、今週も美味しい海の幸を恵んでくださり、
ありがとうございました。スマイル






最終更新日  2016年04月12日 18時49分59秒
コメント(6) | コメントを書く
2016年01月14日
カテゴリ:料理
連休最終日、なーんにも予定がなかったので、巫女様と
池袋にお買物に行き、あとはお料理三昧。音符

160109鯛めし用

大漁だったハナダイで久し振りの『鯛めし』を作ることに。ウィンク

160109鯛めしセット完了

三枚いや血合い骨を抜くのが面倒なので、五枚おろしして、
お釜のアラと一緒に炊飯器に。炎

さて、炊き上がるまでにひと料理。音符

ピチットシートで程よく水分が抜けて旨味が凝縮されたものと、
昆布締めで旨味がプラスされたものの食べ比べセット。きらきら

160109ハナダイの刺し盛り

これなら二日連続のお刺身でも飽きられないだろう作戦。あっかんべー

そしてまだまだある切り身はバターでソテー。炎

160109ハナダイバターソテー

おっと、殿下、安心してください。ちゃんとお肉も用意してますよ。ダッシュ

160109今半

今日は鉄板焼き屋さんのコースよろしく、一品一品仕上げてご提供。食事

160109焼肉

奥のサラダはわさび菜とブロッコリースプラウト、クレソンに
生ハムとカマンベールをトッピング。クラブ

おっと、ここでタイミングよく鯛めしが炊き上がった。

160109鯛めし炊き上がり

少し蒸らしてからアラをそっと取り出して、シャリを切りながら
お皿に盛り付けてご提供。きらきら

160109鯛めし完成

こいつは旨いと殿下と巫女様で大皿のほとんどを完食したが、
大丈夫、まだお釜に残ってます。オーケー

160109ふきのとう

そうそう、デパ地下で魚沼産の『ふきのとう』があったので、
ちゃっかり仕込んで、ご飯のお供にどうぞ。ごはん

160109ふき味噌

最後に話題の『ハナダイのゴマ漬け』を仕込んだら今日の
お料理は終了。ひよこ

160109ゴマ漬け

漬ける時の重石? 当然釣り人らしく、200号と150号のオモリを
使いました。スマイル

あーあっ、お料理って楽しいなぁ~。 ビバ! お料理!






最終更新日  2016年01月14日 12時29分55秒
コメント(4) | コメントを書く
2015年11月27日
カテゴリ:料理
毎日お料理しては飲んだくれてしまい、お料理ブログを
書いていないのだが、自分への覚書として、、、。ノートえんぴつ

先週釣ったアマダイとソコイトヨリ、小型のアマダイを
まずは立て塩に漬けて干物に。音符

151115アマダイの干物

とりあえず三匹を開いてピチットシートに挟んで一昼夜、
翌日の晩御飯にはキッチリ食べ頃となっているし、
保存も効くので数釣れたら干物がいいね。オーケー

151115アマダイの干物焼き

うーん、アマダイの干物は干物としてはトップクラスの
美味しさで、まるまる一匹楽しめる。ダブルハート

151115一番デカイのはお造り用

一番デカイ(といっても小さいが、、、)アマダイは、
みんながいる日曜日にチャチャッと捌いてお造りにすると、
姫様がペロリと食べてくれるので、サクからどんどん
切り出してご提供。食事

151115アマダイのお造り

んでもって残りの子たちは塩麹に漬けこんで保存。熱帯魚

いい感じに塩麹に漬かったところで、すりおろした蕪の上に
鎮座させて、酒を振り掛けて蒸し器へGO。炎

151115アマダイの酒蒸し

これは大人の味、巫女様が珍しく『これは味が上品で美味しい!』
っと誉めてくれた。ウィンク

ふっくら蒸し上がったアマダイが、塩麹のおかげて甘さが立ち、
それを崩してすりおろした蕪を一緒にいただくと、幸せ感満杯。きらきら

ソコイトヨリはアクアパッツァに最適なサイズなので、
こちらも8等分した蕪と一緒に炊き上げると、いいお出汁が
蕪に滲み込む。グッド

151115ソコイトヨリのアクアパッツァ

そして、一週間かけて在庫を処分したら、またまた仕入れに。ひよこ

151123イシダイまな板

イシダイはウマズラの『てっちり風』鍋と一緒に、しゃぶしゃぶ。音符

151123イシダイしゃぶしゃぶ

身がしっかりとしているので、しゃぶしゃぶしても食べやすく、
軽いのでいくらでも食べられる。グッド

思いがけず釣れた寒イサキは捌くと、脂ノリノリと思いきや、
意外とあっさり目。ダッシュ

151123寒イサキ

なので、半身はめじな研究所御用達の『イサキの叩き口臭街道』に。いなずま

151123イサキの叩き口臭街道

これには姫様が喰い付いた。(オヤジギャルなのか??)

そして半身は素のお造りとアジと混合のナメロウにして、
アジと一緒に刺し盛りにしてご提供。食事

151123刺し盛り

アジは30cmオーバーとデカアジで生食するにはイマイチだったので、
味噌とゴマ油を混入させて『アジバーグ』に。うお座

151123アジバーグ

はいはい、足りない脂を上手くゴマ油が、足りない旨味を
味噌が補ってくれ、これはこれでアリだね。あっかんべー

そうそう、隊長の晩酌のお供はウマズラハギの肝和え。日本酒

151123ウマヅラの肝和え

うーん、残念ながらチロルに肝和えは無理だな。NG

さてと、帰ったら4日寝かせたイシダイを捌いて何作ろう??スマイル






最終更新日  2015年11月27日 18時24分47秒
コメント(4) | コメントを書く
2015年11月10日
カテゴリ:料理
先週はイシダイ五目、ヤリイカ泳がせと釣行したので、
それなりにお魚さんが沢山あったので、お料理週間だった。ウィンク

151103ワラサまな板

ワラサは釣った日に捌いて、中落ちをユッケにしたら大好評。ダブルハート

151103ワラサの中落ちユッケ

翌日はワラサちゃん、イカと日曜日に釣ったイシダイと
一緒にお造りに。きらきら

151103刺し盛り

イシダイは小さながらも脂が程よく乗っており、ワラサ、
ヤリイカ、イシダイのアンサンブルが楽しめた。グッド

アクアパッツァにしようか和風で煮付けようか迷った
イシダイは結局和風で。音符

151103イシダイの煮付け

お醤油少な目で隊長にしては薄めに炊いたので、チロルと
一緒に晩酌のお供に丁度よし。日本酒

一方、赤白のスッテに喰い付いてきたウスメバルは、
大量の玉ねぎと一緒にアクアパッツァに。炎

151103ウスメバルのアクアパッツァ

そうそう、イシダイの半身はレモン塩を塗りたくってから
オリーブオイルで揚げるように焼いたら、姫様がぺろりと
平らげてしまったので、隊長は残った皮だけ。。。ショック

151103イシダイレモン塩焼き

それでは足りない隊長はワラサのカマをグリルで
こんがりと焼いてチロルと晩酌。日本酒

151103ワラサカマ焼き

ヤリイカもお造り、ゲソおろし、イクラ添え、大根との煮物と
食卓を毎日アラカルトで彩ってくれた。きらきら

151103イカアラカルト

あっ、、、気が付いたら沖漬けしか残っておらず、
鮮魚がなくなっちゃったぁ~。ほえー

今週の週末は凪てくれないと、仕入れができないぞぉ~。スマイル






最終更新日  2015年11月10日 12時44分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年10月13日
カテゴリ:料理
今まで4回行って、0~1と隊長にはツレナかったアカムツさん。失恋

しかし、ようやく今回、目標の『複数匹ゲット』を達成し、
4匹持ち帰ることができたので、今までできなかったアカムツ
料理も含め、『赤いルビー、白身の大トロ』を堪能させていただいた。ダブルハート

151010アカムツと沖メバル

デカイ彼女はちょっと熟成のため寝ててもらうとして、明日から
北の地へ旅立ってしまう殿下の為に、小さい彼女を塩焼きで。炎

151010アカムツ塩焼き

定石通り、焼く前に振り塩して30分ちょっと置いてからグリルの
『姿焼き』モードで焼いたアカムツは、脂がジュクジュクと音を
立てていて、見るからに旨そう。目がハート

早速殿下と巫女様に突きまわしてもらったところ、塩がいい塩梅で
効いているので、何も付けずにお魚の美味しさを楽しめるとのこと。オーケー

そして、一番大きな彼女の大きな真子と、その他大勢の真子と肝を
甘辛く煮付けると、、、。ひよこ

151010アカムツの真子と肝の煮付け

殿下が『この肝は美味しい!』と大絶賛。スマイル

そりゃ旨いですよ。活き締めのアカムツの肝を釣って4時間そこそこ
で取り出して煮ているんだもの。ダッシュ

お次は30cm級の沖メバルの煮付け。きらきら

151010沖メバルの煮付け

これも殿下と巫女様に突き倒してもらったが、巫女様はほんのりと
メバルの味が移った『蕪』が絶品という。ダブルハート

もちろん身も美味しいのだが、ちょっと『とろっ』とするくらい
煮込んだ蕪は確かに旨かった。オーケー

そして、干物クラスのアカムツを一匹、丁寧に下ろして立塩に
漬けてからピチットシートにセットしてピチット干しを一枚作成。音符

151010アカムツの干物ピチット

そうそう、本日のサラダは、『ヒラメの生ハムとカリカリベーコンの
サラダ、カマンベールチーズを添えて』ね。クラブ

151010ヒラメの生ハムサラダ

そしてようやく隊長の晩酌タイム。日本酒

一番大きな彼女の頭に塩を振り、旨味が逃げないように日本酒を
ひと振りして酒蒸しに。きらきら

151010アカムツの兜酒蒸し

ちょっとお行儀が悪いが、頭の骨を一枚一枚しゃぶりながら、
骨まで愛したら、これでアカムツさんも成仏できるというもの。お化け

さて、一日置いたピチット干しは、適度に水分が抜け、旨味が
凝縮された感じ。ひらめき

151010アカムツピチット干し

この晩は姫様がいたので、焼き立てを姫様と巫女様にご提供。食事

151010アカムツのピチット干物

これも、塩がいい感じに効いているので、何も付けずにそのままで
十二分に美味しいとのこと。(突き残しは隊長の晩酌のお供だよ)グッド

さて、最近にしては珍しく姫様がいるというので、本当なら
あと1~2日寝かせたいところだった彼女を炙ることに。炎

今回、ヅケ炙り用の『ヅケダレ』の原料はこちら。いなずま

151010ヅケ焼きのタレ

いつもうちで使っている鎌田醤油の『低塩だし醤油』に殿下が
九州で仕入れてきた『とうがらしにんにく』を溶いて、切身に
した半身を漬け込む。雫

151010ヅケ中

漬けるそばから、アカムツの脂が溶けだして、ヅケ汁の表面は
脂でテカテカに。ひらめき

さて、あとの半身は『白炙り』するため、柵のまま炙る。炎

151010白炙り

すげぇ、、、皮ぎしから脂が滲みだして『じゃぶじゃぶ』状態に。目

すかさず、ラップを被せて保冷剤を乗せて急速冷却。雪

さぁ、ヅケもお皿に並べて炙る準備オッケー!OK

151010ヅケ炙る前

これを一気にバーナーで炙ると、皮ぎしの脂がバチバチと
火花を散らして燃え、お醤油の焦げるいい匂いが立ち込める。きらきら

そのまま一旦冷蔵庫で冷却してから、白炙りと一緒に盛り付け。食事

151010ヅケ炙りと白炙り

さぁ、アカムツのヅケ炙りと白炙りの食べ比べや如何に!?!?

151010ヅケ炙りアップ

巫女様の評は白炙りの方がお好みとのこと。姫様は??・・・ダッシュ

いづれにしても『確かに白身の大トロだね』との評は一致。グッド

さて、連休最終日。姫様と巫女様はお買物して外食というので、
隊長は一人淋しく晩酌なので、残りのアカムツを煮付けることに。ウィンク

ただ煮付けるのも芸がないと思い、脂ぎっしゅなアカムツさんを
如何に美味しく食べるか?と考え、梅煮にすることに。ひらめき

151010アカムツの梅煮

こりゃ旨い!ともすれば、『脂がキツくてちょっと・・・』と
感じがちなアカムツが、二つぶ入れた梅のおかげで、脂が
中和され、抜群に美味しくなった。目がハート

こりゃ、ちょっと残しておいて、朝ごはんに炊き立ての銀シャリに
乗っけて楽しんじゃおっと。あっかんべー

ふぅ、、、あっという間に食べ尽くしちゃったけど、干物も
煮付けも塩焼も、この倍あってもいいな。ショック

天の神様、海の神様、こんなに美味しい海の幸を、今週も
沢山恵んでくれて、ありがとうございました。スマイル






最終更新日  2015年10月13日 18時18分16秒
コメント(4) | コメントを書く
2015年10月07日
カテゴリ:料理
解禁明けの大原と船長の底力のおかげで大漁だったので、
今週はヒラメ料理強化週間だ。きらきら

151004まな板のヒラメ

春に釣れたような大型はいないのだが、いづれも2Kg弱と
一番美味しそうなサイズが揃ったので、食べるのが楽しみ。ウィンク

大原からだと帰宅時間が早いし、姫様はいないが殿下が
晩御飯を食べるというので、まずは活き締めのお造りから。食事

151004ヒラメのお造り

手前のエンガワはみんなが満足するほどあるので、
どーんと食べて頂戴。いなずま

寝かせて熟成させたお造りもいいが、新鮮で歯応えの
あるお造りもなかなかのもの。グッド

そして、殿下と巫女様から『お寿司たべたーい』という
リクエストがあったので、握り初心者の隊長が握ってみた。ひらめき

151004ヒラメ握り

殿下は右端の『エンガワの握り』から瞬殺し、あっという間に
ペロリと平らげてしまったので、隊長はせっせと追加で
握りまくり。ダッシュ

二人とも少し落ち着いてきたので、続いて我が家で人気の
ヒラメのナゲットを作製。きらきら

151004ヒラメのナゲット

これは揚げる端から無くなってしまうので、隊長はせっせと
追加で揚げまくり。ダッシュ

ようやく一息ついたので、柵にしたヒラメで昆布締めを
仕込んだり、ヒラメの生ハムを仕込む。いなずま

151004ヒラメの生ハム

それからようやく隊長の晩酌タイムの始まり。日本酒

付き出しはヒラメの皮の酢の物から。クラブ

151004ヒラメの皮の酢の物

ヒラメの皮は柔らかいが軽く湯がいてから、ワカメと
塩揉みしたキュウリと合わせて冷蔵庫で少し冷やすと、
ゼラチン質が固まってプリプリの食感に。グッド

そうそう、ヒラメばかりではない。大原からの帰り道に
ある『わくわく市場』に美味しそうなワサビ菜があったので、
おひたしにして箸休めに。クラブ

151004ワサビ菜のおひたし

ゴマの風味も効いていてなかなかGood。グッド

さてさて、ヒラメ料理はまだまだ続く。ひよこ

ヒラメの兜は食べる部分が少ないが、余すところなく
戴くために肝と一緒に煮付けにしていただく。ひらめき

151004ヒラメの兜煮

そして、胃袋はさっと湯がいてポン酢で酒の肴に。日本酒

151004ヒラメの胃袋

さてさて、昆布で締めた柵の熟成具合を見ると。。。目

151004昆布締めの熟成具合

うーん、もう少し熟成させた方が美味しいかなと
思ったが、少し切り出して試食。月

151004ヒラメの昆布締め

はいはい、淡白な白身に昆布の旨味が乗り移り、
こりゃ結構なお味だこと。オーケー

そして秋らしく涼しくなってきたので、ヒラメを
厚切りして酒蒸しに。炎

151004ヒラメの酒蒸し

いつもならポン酢を掛けて食べるところだが、巫女様が
『何もいらない、お魚の旨味だけで十分』と言ったので、
そのまま言うとおりに戴く。食事

むむむっ、熱を加えることで、旨味と甘味が浮き出てきた感じだぞ。オーケー

さて、まだまだ在庫があるので、今週いっぱいヒラメ尽くしを
堪能できるぞ。あっかんべー

海の神様、美味しいヒラメをありがとうございました。スマイル






最終更新日  2015年10月07日 18時07分42秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年09月30日
カテゴリ:料理
ヤリイカの泳がせ2回目でゲットした初の獲物は、赤でも
青でもなく黒の『メダイ』様。スマイル

150926メダイ様

今まで小さなメダイは釣って食べたことがあるが、2キロ
クラスは初めてなので、定番料理で食べてみた。ウィンク

まずは船上である程度落したヌメリとウロコを落したら
丁寧に洗って頭を落す。はさみ

150926頭落して下処理

佐円丸の船長によると、メダイは銀色の部分が臭みの元
なので、何度も丁寧に身も包丁、まな板も洗ったほうが
いいよと言われたのでその通りに。きらきら

身はきれいな薄くピンク掛かった白身、柵にして一部は
味噌漬けに。ひらめき

150926メダイ味噌漬け仕込み

味噌を少量の日本酒で溶き、鞆の浦で仕入れた『保命酒』を
入れてみたが、さてさて焼き上がりはどうなるでしょう。目

っと、ここで唯一残ったエサのヤリイカをマリネにして、
すかなごっそで仕入れたお野菜と一緒にサラダ仕立てに。クラブ

150926ヤリイカマリネサラダ

うーん、今までヤリイカはまずはお刺身だったのだが、
さっと湯がいてマリネにするのも大ありですね。グッド

さてお次は、一晩置いた柵を切り出した『素』のお刺身と
ヅケにしておいた切り身の盛り合わせ。いなずま

150926メダイお造り

はいはい、親分がメダイは『ヅケ』が旨いよ!って
おっしゃっておりましたが、飴色に漬かったヅケは
とろけるお味で『大変おいしゅうございます』。
(岸朝子さま、料理の鉄人でのコメント、お料理の
参考にさせて頂いておりました。合掌。)お化け

当然翌朝はヅケ丼にして姫様にご提供。食事

150926メダイのヅケ丼

お椀は勿論、メダイのアラに黒潮の塩だけで作り、
白髪ねぎを散らしたもの。ひらめき


夜は殿下が放浪の旅で仕入れてきた瀬戸内の塩レモンを
使った一品をご提供。食事

150926レモン塩

メダイのバターソテー、瀬戸内の塩レモンを添えて。きらきら

150926メダイのバターソテー塩レモン添え

肉厚で単調になりがちなメダイを、最後まで飽きさせずに
絶妙なアクセントを加えてくれる万能調味料でイチオシ。グッド

実は翌朝、ヅケを使って雑炊を作ったのだが、火を入れた
ヅケもなかなかGoodだった。オーケー

さぁ、帰って味噌漬けを焼いて晩酌しよっと!スマイル






最終更新日  2015年09月30日 18時09分15秒
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全156件 (156件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.