9005229 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

猫又童子さんにお答… New! 三人文殊さん

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

槇原敬之さん、マッ… New! らぶりーたわ子さん

なつよ、恋の季節が… New! ひじゅにさん

雨が多いのでマツバ… New! いしけい5915さん

コメント新着

くみ1@ 7/16 New! おはようございます。 いつもありがとうご…
ショコラ425@ Re:ドラマ2本+α(07/14) New! 三連星さんへ ドラマの批評、ありがとうご…
2015年02月08日
XML
カテゴリ:ドラマ

副題「女囚の秘密」

新聞ラテ「女囚の秘密~家族のぬくもりが獄に光あたえ復活へ」

第6回の関東の視聴率は、前回の12.8%より上がって、13.3%でした♪

続落するかと思いましたが、上がって良かったです♪(^^)

関西の視聴率は、20位ギリギリ(同率19位)で、15.0%でした。

ちなみに、前回は20位以内に入らなかったので視聴率が分からず(15.1%以下)、上がったのか下がったのか分かりません(汗)(^^;)

 

富永有隣(本田博太郎)、文(井上真央)から筆を差し入れて貰って、大喜びして、可愛かったです♪(^^)

文、高須久子(井川遥)にはお手玉を作って差し入れましたが、この2人への差し入れが、彼らだけではなく、皆を変えました♪(^^)

文は、久子から実家へのお使いを頼まれ、何度も行くようにとの事で大変でした(汗)

亡き父を獄中で弔いたいので、何か遺品を欲しいという手紙を預かりました。

でも、それは口実で、何度も行って疎まれて、一人娘の糸(川島海荷)が怒って野山獄へ会いに来てくれる事を願っての事でした(涙)

期待通り、糸が怒って来ました。

久子の罪は、夫の死後、身分の低い三味線弾きとの密通との事で、それ自体、糸は許せないようです。

お家がお取り潰しになりそうになったので、身内が訴えて、ここに入れられたとの事。

入獄後2年との事ですが、夫の死後なので不貞とは思えないのですが、家が取り潰されそうになるなんて、この時代は厳しかったんですね(汗)

糸は、もう使いをよこさないでと・・・(汗)

文は、久子の本心を察して、あなたに会いたかったからだと宥めました。

糸「私はあなたを憎みます。

 憎んだ人の事、忘れないでしょうから」

と、久子の手を握りました。

忘れられるより憎まれた方がいいでしょう(^^)

愛と憎しみは紙一重です(^^)

 

その後、久子は文から貰ったお手玉を捨てました。

それを知って、獄中の皆がなぜ捨てたのかと久子を責めました。

久子は、大切な品だったから捨てたと。

寅次郎(伊勢谷友介)は、久子に聞きました。

寅次郎「お聞かせ下さい。私にも手放せんもんがある。

 なのに、あなたは捨てたという。大切だから捨てたと。

 なぜじゃ? なぜ、あなたは、そのような事ができたんじゃ」

久子「あの子が嫌いでございました。

 文さんは、私が2度と求めてはならないものを、あまりに無邪気にまとっておいででした。

 獄に繋がれた時、言い聞かせました。

 2度と求めてはいけないと。美しい物も楽しい物も全て。

 娘とも決して会わぬつもりでした。でも・・・」

大深「会えたではないか。

 諦めて背を向けておったもんに巡り会うたではないか」

久子「娘は私を憎いと言いました。でも、どうした事でしょう?

 その言葉を聞いた時、初めて分かったのです。

 生きて傷つく事も償いではないかと」

 

それを聞いて、寅次郎は、「ならば証を見せてつかあさい」という文の言葉を思い出し、ようやくその答えが分かり、表情が明るくなりました。

「孟子は、こう言われました。

『万物皆 我に備わる 身を反みて 誠あらば 楽しみ これより 大なるはなし』

つまり、全ての感情は、元々、人の本性の中に備わっているもんなんです。

悲しみや悪だけではない。善もまたしかり。喜びもまたしかり。

一生、獄の中にあろうと、心を磨き、己の心に目を凝らし誠を尽くせば、人は生まれ変わる事ができる」

富永「幻を申すな!」

寅次郎「幻などではない。(お手玉を手にし)現にこれを手にして、高須殿は変わられた。

 筆を手にして、富永殿も変わられたではないか。

 皆はどうです?

 鳥と書けば、鳥が見える。

 花と書けば、桜が匂う。

 心にそれを感じたのであれば、それは幻などではない。

 人は変われるんです」

久子にお手玉を渡し、手を握り、

寅次郎「己の心から目を背けてはいけん」

大深「そうじゃ、おまえはなかなかええ事を言う。続けろ」と牢の外に出てくる。

大深「おぬしの話をもっと聞きたい。在獄48年、今日は真に愉快である。ハッ」と笑う。

皆も笑う。

大深虎之丞(品川徹)、入獄期間最長で、48年もここにいるようです(汗)

皆と一緒に寅次郎の話を聞いて、楽しそうでした(^^)

富永さんは寅次郎に孟子の本を渡しました。

寅次郎は、その本を持ち、金子の形見のボタンを握りしめました。

 

寅次郎は、金子重輔(泉澤祐希)の死を文から聞いて責められ落ち込んでいましたが、ようやく元気を取り戻しました♪(^^)

寅次郎は、皆に教え、野山獄は、寅次郎塾のようになりました♪(^^)

この獄の人達は、殆どが身内から厄介払いされた人達で、出獄できないので、ただ絶望して何もやる気がありませんでしたが、皆、変わり、熱心に寅次郎の話を聞きました♪

早くも寅次郎が元気を取り戻せて、良かったです♪(^^)

 

面会に来た伊之助(大沢たかお)は、寅次郎が皆に教える姿を見て、会わずに帰りました。

伊之助「俺には俺のやる事がある。胸を張ってそう言えるまで、あいつとは会わん」

寅次郎を頼ろうと面会に何度も訪れていた伊之助も、一人で頑張る決意ができて良かったです♪

 

今回は、文が久子に振り回された回でしたが、それが久子や寅次郎や皆に影響を与えて良かったです♪

久子さん、もう2度と会えないと諦めていた娘と会えて、良かったですね♪

散々、文に世話になって、嫌いだったはないだろうと思いましたが・・・

最後にちゃんと「ありがとう」と、文にお礼を言えて、良かったです(^^)

でも、一番印象に残ったのは、前回、とても荒んでいたのに、筆1本でとても喜んで変わった富永さんでした(^^)

在獄48年の大深さんも楽しそうで良かったです♪

前向きで明るかったから視聴率、上がったのかな??(^^)

 

次回は、「放たれる寅」

寅次郎が野山獄から出られるのかな?

2度と出られない筈の野山獄から、どうやって出られる事になるのか注目しています♪(^^)

 

【第4回あらすじ】 (Yahooテレビより)

文(井上真央)は野山獄ただ一人の女囚・高須久子(井川遥)から、実家である名家・高須家への使いを頼まれる。久子には一人娘の糸(川島海荷)がいた。久子の思いに応えようと文は奔走するが、母を恨む糸は驚きの行動に。母子は決別してしまうのか、その時ふみは…。一方、獄の寅次郎(伊勢谷友介)は弟子の死から立ち直れない。絶望と虚無感に支配された野山獄だったが、文のもたらしたある物が獄の中を変えていく。

  

【レビューリンクと視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

第1回]16.7%(関西16.9%)   [第2回]13.4%(関西14.8%)

第3回]15.8%(関西15.7%)   [第4回]14.4%(関西16.9%)

第5回]12.8%(関西? 15.1%以下) [第6回]13.3%(関西15.0%)

 

公式HP・略年表

公式HP・人物相関図

公式HP・次回あらすじ

 

関東の先週の視聴率ベスト10

関西の先週の視聴率ベスト20

 


【送料無料】 花燃ゆ(前編) NHK大河ドラマ・ストーリー[大島里美]

 

TBは「別館」へお願いします


 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ   

↑大河の皆さんのレビューはこちらにあります♪

できればクリック、お願いします♪







最終更新日  2015年02月14日 11時34分32秒
コメント(18) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.