9011829 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

金曜ドラマ『凪のお… New! レベル999さん

抹殺>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「天気の子」 New! BROOKさん

朝顔と検査結果の誤… New! いしけい5915さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

コメント新着

neko天使@ Re:夏ドラマ視聴率一覧&感想(3)(2019年7~9月)(07/16) New! こんばんは。 いつもありがとうございます…
ぱに〜に@ Re:夏ドラマ視聴率一覧&感想(3)(2019年7~9月)(07/16) New! こんばんは~ 新しいドラマが始まってます…
三連星@ 視聴率など New! 1~7日の視聴率です。 なつぞらは18.5(…
くみ1@ 7/19 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
2015年03月01日
XML
カテゴリ:ドラマ

「熱血先生、誕生」

遅れてしまって、すみません(汗)

第8回の視聴率は、前回の11.6%より上がって、13.0%(関東)でした。

関西の視聴率は、今回も20位(14.9%)より下で、また視聴率が分かりません(汗)

「軍師官兵衛」は、全部、関西の視聴率、分かったのですが、これは、もう分かる事の方が滅多にないかも?(汗)

公式HPの略年表では、久坂玄瑞が松下村塾に入門したのは、安政3年(1856年)で、 高杉晋作が入門したのは安政4年となっていますが、Wikiでは久坂玄瑞、手紙のやりとりが安政3年で、正式に入門したのは安政4年(1857年)晩春となっています。

誕生年は、久坂玄瑞1840年、高杉晋作1839年、寅次郎1830年、文1843年なので、

安政3年(1856年)は数えで、久坂玄瑞17歳、高杉晋作18歳、寅次郎27歳、文14歳 でしょう。

安政4年(1857年)には、玄瑞と文が結婚するので、もうすぐでしょう(^^)

 

久坂玄瑞(東出昌大)に、「医者坊主」は禁句のようです(汗)

でも、その禁句を文は、あえて玄瑞に言って怒らせ、兄の寅次郎(伊勢谷友介)の所へ怒って来るように仕向けました♪

今の時代だったら、医者の家系って羨ましい位ですが、玄瑞は、武士になりたかったんですね(^^;)

そうでなくても、文通みたいに手紙をやりとりして、喧嘩みたいに言い争っていたのだから、放っておいてもそのうちに、怒って来たのではないかと思いますが(^^;)

怒らせたくて、寅次郎はきつい事ばかり書いたのだから(^^)

不満な返事の上に、文に「医者坊主」と言われ、「殺してやる」と怒って木刀を持って走って行き、あちこち、叩き壊しました(^^;)

文が以前、兄が塾を開くので入らないかと誘っていた吉田稔麿(瀬戸康史)、松浦亀太郎(内野謙太)、玉木彦介(冨田佳輔)らが、たまたま通りかかったり、近所だったり、丁度、杉家に来ていたりで、それに遭遇。

一気に皆、寅次郎の塾に入りたいと、心が動きました♪

それだけ(^^;)

文が兄のための塾を開きたいと、生徒集めに、活躍するお話でした。

でも、彼女がいなくても、身分にかかわらず、無料で教えてくれれば、クチコミで勉強したい前向きな生徒は集まると思います(^^;)

 

それはさておき、玄瑞が来て、寅次郎、今度は、逆に、褒め讃えました♪

「僕は講義などするつもりはありません。

もしも、塾を開くなら、どちらかというと、あなたに教えて頂きたい。

なぜなら、僕はあなたほど優秀な若者を知りません。

その年で昔の書物に驚くほど通じ、実に賢明です。

何より、自分の身を犠牲にしても、この国のために働こうという心意気を持っている。

純で真っ直ぐな真がある。

これだけの才を持った若者は他にはおらんでしょう」

 

玄瑞、かっとして来たものの、真剣ではなく、木刀で良かったです♪

尚、文の存在は抜きで、この手紙での激論は本当のようです(詳しくは、Wiki参照)

だから、文なしでも十分、玄瑞はこの手紙のやりとりで寅次郎の塾に入ったのですが、「江」のように、ドラマは無理矢理、文を入れ込みました(^^;)

 

また、玉木文之進の長男で、寅次郎の従兄弟の玉木彦介(冨田佳輔)と、

魚商人の子で、絵のうまい松浦亀太郎(内野謙太)も来て・・・

ご近所の吉田稔麿(瀬戸康史)は、明倫館に入るからと文の誘いを断ったのですが、結局、下級武士の「軽卒」の身分だと明倫館に入れて貰えず、ショックを受けました。この場に遭遇して・・・

 

「どうです?

僕は教える事はできませんが、良かったら共に学びませんか?友人として。

友人として学ぶんに、身分や立場など、どうでもええ事。

勿論、講義ではないんで、謝礼など無用。それから、握り飯つき」

三畳半の狭い部屋ですが、握り飯付きとの事で、いいですね♪(^^)

 

これは、玄瑞に言った言葉でしたが、見ていた彼ら全部に届いたでしょう♪

皆、、寅次郎の塾に入りそうです♪(^^)

これで松下村塾の始まりでしょう♪(^^)

 

最後に、高杉晋作(高良健吾)もやって来ました♪

高杉晋作、名門の出ですが、女たらしで、遊んでばかりで、びっくりです(汗)

「龍馬伝」とは、かなり違いますね(汗)

口癖は「つまらん」(^^;)

そんな彼が、どうして寅次郎の塾にやってきたのでしょう?

本当に、入る気あるのかな?

 

身分はいろいろですが、やる気のある若いイケメンが沢山登場し、目の保養にはなりました♪

ただ、内容は、今回、とても軽かったですね(苦笑)

視聴率、落ちるかと思いましたが、上がってびっくりでした(汗)

分かり易くて、明るい話だから良かったのかな??

それとも、高良健吾さん、初登場で、東出昌大さんと高良健吾さんらが数字持っているのかな?(^^;)

 

次回は「高杉晋作、参上」

高杉晋作(高良健吾)の本格的な登場です♪(^^) 

朝ドラ「おひさま」で夫婦役を演じた井上真央さんとの絡み、注目しています♪(^^)

 

【第8回あらすじ】 (Yahooテレビより)

出獄し、杉家に帰ってきた寅次郎(伊勢谷友介)。謹慎の身故、幽囚室にこもるばかりの兄に、文(井上真央)は家で塾を開き、若者に学問を教えることを提案する。早速、生徒集めに奔走するが、一人も集まらない。そんな中、文はかつて黒船を一緒に見に行った久坂玄瑞(東出昌大)に再会。玄瑞は国の未来を危ぶみ、必死に勉強していた。そして寅次郎に手紙を送るが、寅次郎の返事は、玄瑞を激怒させるものだった。

 

【レビューリンクと視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

第1回]16.7%(関西16.9%)   [第2回]13.4%(関西14.8%)

第3回]15.8%(関西15.7%)   [第4回]14.4%(関西16.9%)

第5回]12.8%(関西? 15.1%以下) [第6回]13.3%(関西15.0%)

第7回]11.6%(関西? 14.9%以下) [第8回]13.0%(関西? 14.8%以下)

 

 公式HP・次回あらすじ

公式HP・略年表

公式HP・人物相関図

 

関東の先週の視聴率ベスト10

関西の先週の視聴率ベスト20

 


 

TBは「別館」へお願いします

<TB URL> http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/61213467

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できればクリック、お願いします♪

 







最終更新日  2015年03月02日 01時11分18秒
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.