670416 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11

コメント新着

ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…
紀平 光太@ 「映画ベース」のご案内 おきらく楽天 映画生活 管理人様 はじ…
hoshiochi@ Re:『ドクター・ドリトル3』を観たぞ~!(08/13) 私は4まで見ました。聞くところによると5…

お気に入りブログ

ヨーガ三昧 New! サボテン_01さん

今日の収穫 (3月… BROOKさん

宇宙人も歳取るとボ… めが姫さん

Guildの反撃!!! Guild26さん
MY HIDEOU… GATECRASHERさん
2009.05.17
XML
カテゴリ:映画 タ行
『天使と悪魔』を観ました目

ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演の大ヒット作、
『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となる歴史犯罪ミステリーですかちんこ


>>『天使と悪魔』関連

原題: ANGELS & DEMONS
ジャンル: サスペンス/ミステリー/アドベンチャー
製作年・製作国: 2009年・アメリカ
上映時間: 138分
監督・製作: ロン・ハワード
出演: トム・ハンクス アイェレット・ゾラー ユアン・マクレガー


【ストーリー】
ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、ルーヴル美術館での一件以来
冷戦関係だったヴァチカンから思いがけない協力要請を受ける。
秘密結社イルミナティがヴァチカンを窮地に陥れていた。
それは17世紀にガリレオを中心とする科学者によって組織されるも、ヴァチカンの激しい
弾圧で消滅したものと思われていた。
しかし秘かに復讐の機会を待ち続け、教皇の逝去を受けて行われようとしていた
コンクラーベに乗じてついに復活を果たしたのだ。
彼らは最有力候補の枢機卿4人を誘拐し、1時間ごとに殺害すると予告、その上
ヴァチカン全体を爆破する計画まで進めていた。
そのために彼らはスイスのCERN(欧州原子核研究機構)から恐るべき破壊力を秘めた
“反物質”を盗み出していた。
そこでCERNの科学者ヴィットリア・ヴェトラも駆けつけ、ラングドンと協力して
事件解決に乗り出すが…。


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!


ガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつめる。


いや~、面白い。
最近はズッシリと来る映画が多かったので、気分転換にはもってこいって感じの
エンタメ作品で、原作を読んでないからなのか前作よりも面白かったです。

謎の秘密結社イルミナティの復活の証拠をつかんだ宗教象徴学者ラングドン教授。
イルミナティが最大の敵とみなすカトリック教会の総本山たるヴァチカンを
迫り来る脅威から守るため、立ち上がるわけでございます。
現地へ飛んでみたら、事態は悪化していて、時期教皇最有力候補の枢機卿4人が誘拐され、
1時間毎に殺害していく、さらには、0時きっかりにヴァチカンの街を爆破しちゃうという
恐ろしい計画が明らかになるわけでございます。

それは大変だとばかりに早速ロバート・ラングドン教授は、
美人のスイスのCERN科学者ヴィットリアと共に、
誘拐され1時間毎に殺害すると予告されている枢機卿4人の命を救うべく、
はたまた核よりも恐ろしい破壊力を持つ”反物質”を取り戻しヴァチカンを救うべく、
頭脳と知識をフル活動させ、水だ、火だ、空気だ、土だと、
東西南北、街中を駆け巡り、前作以上に体を張った活躍を見せてくれます。
そんな謎を説いていくサスペンス感と
その都度設けられるタイムリミットの緊張感がたまらないわけで、
瞬きするのも忘れちゃうんです。

厳重に閉鎖されたバチカン図書館にて歴史的に貴重な文書から手がかりを見つけようと閲覧中に
電気の供給が止まり、空気が薄くなっていく危機的状況。
脳の酸素が足りなくなっていく感覚を体感できるような状況を映像から感じ取らせてくれたり、
暗闇、疾走中だったり、所々の凝ったラングドン教授目線の映像と
心臓がバクバクしそうな音楽が緊張感をさらに高めてくれて良いんです。

ストーリーは『24』並みに忙しくドラマチックな上、
ラングドン教授が簡単に謎を解いてしまうので
謎解きの興奮とか、宗教と科学者の因縁の対立の図式に迫り来る恐怖は
残念ながらあまり感じられませんでした。
そこまでじわじわと感じたりできたらもっと良かったかもしれませんが、
時間的に無理があるのかも。

肝心要の犯人はやっぱり怪しいとにらんだ悪顔の人ではなくて、
実は…って人だったっていうのもおなじみな手法ですがキライではないです。
”反物質”の爆発は映像として凄かったし、あの英雄的な行為には
目頭がジーンとしてしまいました。

そんなこんなで勢いで押し切られた感じはしますが、
ヴァチカンとの仲直りもできたような感慨無量なラングドン教授の嬉しそうな顔を見て
僕もホッと胸をなでおろしたわけでございます。

ラングドン教授には、前作同様トム・ハンクスが挑んでおります。
相変わらず、右に出るものがいない宗教象徴学者ぶり。
今回のジャック・バウアー並みの活躍はカッコ良かったです。
大事なミッキー時計を腕にはめ、スーツ姿も相変わらずダンディであります。
カメルレンゴに神信じるかと聞かれた時の答えも、流石は大人です。

スイスのCERN科学者ヴィットリアには『ミュンヘン』のアイェレット・ゾラー。
知的なオーラが輝く美人で、歴史的文書をサラッと拝借しちゃう思いきりの良さ、
これまた思いきりの良い人工呼吸。
自らの研究の成果を破壊行為に使われたくないという思いで
ラングドン教授と事件解決に挑む姿はなおさら美しいわけです。

そして、教皇に仕える侍従のカメルレンゴを演じたのは、ユアン・マクレガー。
次の教皇が決まるまでの間、バチカンの指揮を執る重要なお役職ですが、
死亡した教皇への想いと、時期教皇のおじいちゃんたちの間で、
さらに事件まで起こっているわけで非常に難しい役周りを見事に演じきっておりました。

前作のダ・ヴィンチの謎から地動説のガリレオ・ガリレイにバトンタッチして繰り広げられる謎解き、
歴史的な建造物の神々しさ、街並みの美しさもちょっとだけ垣間見られたり、
教会が科学者を弾圧したというおぞましい過去、イルミナティという秘密結社の存在、
逆さにしても同じに見えるアンビグラム、ピエロのようなド派手な制服に身を包んだスイス衛兵隊、
カメルレンゴ、コンクラーベなどのカトリック教会の役職や宗教儀式なども
とても興味深くていろいろと楽しめる作品でした。


下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログへ




ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス


天使と悪魔


チャーリー・ウィルソンズ・ウォー






最終更新日  2009.11.24 23:27:51
コメント(18) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.