725974 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06

コメント新着

ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…
紀平 光太@ 「映画ベース」のご案内 おきらく楽天 映画生活 管理人様 はじ…
hoshiochi@ Re:『ドクター・ドリトル3』を観たぞ~!(08/13) 私は4まで見ました。聞くところによると5…

お気に入りブログ

今日の収穫 (10… New! BROOKさん

歪みが生じて・・・ サボテン_01さん

幸せを感じる生活を… めが姫さん

Guildの反撃!!! Guild26さん
MY HIDEOU… GATECRASHERさん
2009.09.12
XML
カテゴリ:映画 カ行
『奇跡のシンフォニー』を観ました目

孤児の少年が音楽と出会い、音楽によって両親とのきずなを取り戻す
感動のファンタジードラマですかちんこ


>>『奇跡のシンフォニー』関連

原題: AUGUST RUSH
ジャンル: ドラマ/音楽
製作年・製作国: 2007年・アメリカ
上映時間: 114分
監督: カーステン・シェリダン
出演: フレディ・ハイモア ケリー・ラッセル ジョナサン・リス=マイヤーズ
     テレンス・ハワード ロビン・ウィリアムズ


【ストーリー】
ニューヨークの養護施設で育った11歳の少年エヴァン。
生まれつき類い希な音感を持つ彼は、音楽を通じていつか両親に出逢えると信じていた。
だが、その実の親であるライラとルイスは息子が生きていることをまだ知らない。
11年前、新進チェリストのライラとロック・ミュージシャンのルイスは運命的に出会うも
ライラの父によって仲を引き裂かれ、その後妊娠した彼女は交通事故に遭い、
死産したことを知らされた。
以来、ライラは傷心の日々を過ごし、彼女を失ったルイスは音楽への情熱も失い
息子の存在も知らないまま金融業界へ身を投じていた。
そんな両親への思いが募るエヴァンは、ある時ふとしたことから施設を抜け出し、
マンハッタンに辿り着く。
やがて、ウィザードと呼ばれる元ストリート・ミュージシャンにギターの才能を見出され、
両親探しのきっかけを掴むエヴァンだが…。


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!


きっと会える。
この音の先に、愛が聞こえるから。



ありえないほどの都合のいい展開がなぜか許せてしまう音楽をモチーフとした
ドラマチックでファンタジーなドラマが
僕の心の奥底にも眠っているであろう
ピュアな精神を呼び覚ましてくれそうな映画でありました。

いつか迎えに来てくれると信じて孤児院で、
いじめっ子にいじめられながらも希望を失わない少年エヴァン。
自然界の音や、騒音までもが音楽に聞こえる特殊な才能を持つエヴァンは、
12歳になりかけたとき養子の話を持ち出され、
自らの力で音楽の導くままに、
まだ見ぬ愛する両親を探しにマンハッタンに飛び出すのであります。

ホームレスの子供たちに音楽を教え稼ぎを搾取するウィザードに出会い、
音楽の才能を見出され、
街角で演奏する叩くようなギターの弾き方で楽しげで輝いて見えます。

逃げ込んだ教会でジュリアードで音楽を学ぶ機会を得て、
これまた偶然に演奏会のチャンスまでゲットし、
とんとん拍子に才能を開花して行くサクセス・ストーリーですが、
時々、極悪人(?)な風貌のロビン・ウィリアムスが演じるウィザードが
過去のトラウマを見え隠れさせ、エヴァンを翻弄していき、
テレンス・ハワードが児童福祉局の職員なのに、探偵のような動きで
メインキャラクターたちの奇跡をそっとサポートして・・・
なんてドラマチックな味付けもされていて面白いのであります。

エヴァンを演じたのは、『チャーリーとチョコレート工場』『スパイダーウィックの謎』のフレディ・ハイモア。
ピュアと言ったらフレディ・ハイモアと言っても過言ではない
純粋無垢な存在感がこの作品でも遺憾なく発揮され、ギターの腕前までお見事であります。

母親ライラ役には、『M:i:III』『ベッドタイム・ストーリー』のケリー・ラッセル。
彼女の透き通ったような美しさと知的な雰囲気、母親としての想いの強さと
悲しみや怒り、喜びの表情がこれまた美しく、
目が釘付けになる圧倒的な演奏のパフォーマンスも見事であります。

そして、父親ルイスには、『マッチポイント』のジョナサン・リス=マイヤーズ。
バンドマンであったルイスが絶望に打ちひしがれ、悲しみを歌い上げる姿、
見事にミュージシャンになりきっていて鳥肌が立ちそうでした。

じれったいほどにすれ違い続けるメインキャラクターたちが、
公園でセッションしていたり、演奏会で同じステージに立っていたり、
音楽によって知らず知らずのうちにコミュニケーションを取っていたりなんて、
なんとも憎い演出が目白押しであります。

俳優陣の音楽性の高さと、たくさんの音楽が邪魔することなく
物語にそっと寄り添っている見事な演出が光って、
最大の見せ場であろう7分間の演奏会シーンに圧巻のすばらしさをもたらします。
ギスギスした現代社会を生きる僕の心をも洗い流してくれたピュアな秀作でありました。



下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログへ




スパイダーウィックの謎 スペシャル・コレクターズ・エディション


ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた


マッチポイント






最終更新日  2009.09.12 20:54:46
コメント(8) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.