コア・トランスフォーメーション日記

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

カテゴリ未分類

2010年08月23日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
久しぶりのコアトラ。
お題は、なんかあったま来てしまう瞬間。


今回はライブではなく、床に一つ一つ、パートの欲しい物を書いて位置移動しながらやってみた。これが、かなりいい!

なにより、忘れないし一個一個の場所から、先に進んでいる感覚がある。
そして、コアステートを持った状態で、遡るときに、
コアから始めるとどういう体験になるかを、じっくり時間取れる。

さらに、元の場所に戻ったときに、90度回転して未来と過去のタイムラインを決めて、親のタイムラインの再体験まで、一連の流れで可能だった。

背中のゆるみ加減、肌の色の変化、意識しないのに穏やかな言葉遣い。
決してハイテンションではないんだけど、なんか雰囲気変わったねと言われた。

これが、このまま何日持つのかは、お楽しみ。

昨日の日記で、若干コアトラのめんどくささを書いたけれど、
いや、何て言うか深い感じするわ。
久しぶりに本格的にみっちりやったら、ものすごい可能性を感じた。

コーチングでは、目の前の問題をどうやって対応するかハッキリさせるけど、
コアトラでは、無意識から行動を変える方を重視している。
それぞれの特徴として、相互補完が可能かと思う。

んー、コアトラを受けてみようかな。
人にやってもらうと、それも又違う体験ができるかもしれない。





















最終更新日  2010年08月23日 22時15分04秒
コメント(2) | コメントを書く


2010年08月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類
日記を4年もほっておいたら、すごいことになってる。
コメントがメチャクチャ(ToT)

そして、4年の歳月の間にコアトラ認定コースなんかができていて、
世の中変わったよね。

NLPもすっかり資格商法になってしまっていて、ゲンナリですよ。


さてさて、私はといえば久々に読み返した日記を見て、
うはー、すごい効果出てるってあらためて実感した。

今じゃ、すっかり嫌でもない事が、当時は嫌だったんだねぇ。
コアトラすごい。

でも、それでは飽き足らなくて、結局会社辞めてコーチになった。
そして、コアトラの肝だったリアルな思い出しが、
最も重要だったって事が、コーチの学習を通してよくわかった。

さらに、コアまで行くよりも簡単に済ませた方が、
現実的な変化を起こすことができる場合もあるってのもわかってきた。

特に会社の人間関係なんかは、コアトラより立場変換の方がいい。
コーチとしては、なるべく早く成果が出る方がいいから、
次の日に少しでも変化があって、長期的なやりたい目標を実感してもらわないとならない。

自己追求が好きな人ならまだしも、今の会社の人間関係を何とかしたいのであれば、組織的な部分の自己認識を変えた方が、やれることが見えてくる。

なにより、コアトラは今のところコアまで行かないと、成果を出すのが難しいんだけど、コーチングは一個一個進めていける。
そして、一人一人のやりたい事に合わせられるので、コアトラのように型にはめなくても済む。それがいいところもあるんだけどね。

やっぱ、肯定的意図を延々追っていくのが苦手な人もいるし、そもそも枝分かれが多いと混乱したり、うんざりするでしょ?

コアまで行かないと変わらない事もあるけど、そこまで行かなくても変えられることもある。今ぶつかってるのがどのレベルかによって、変わるよね。
まぁ、そんな感じで久々に、自分の日記でコアトラの結果に驚いたわけです。

4年前と比べて、今の自分はものすごい安定感と、へこたれなさを持ってるんだなぁと、ちょっと自信ついちゃった(^u^)






















最終更新日  2010年08月21日 00時55分45秒
コメント(1) | コメントを書く
2005年03月03日
カテゴリ:カテゴリ未分類
コアトランスフォーメーションの最中に、
思いっきり寝てしまった…。

眠くて眠くて、どうにもならなかった。

でも、寝たらスッキリして、書きかけの日記も忘れてPCをoff…。

「あー、日記がぁ~」

後の祭りである。

まぁ、仕方がないし、良く覚えてないし、別のことをする。


コアトラのおかげか、辞めてやると言っていた会社が、
結構居心地がいい。
勝手に適当なことが出来るので、
勝手に適当なことを無理矢理業務に結びつけて、
拡大解釈している様な感じ。

これが前は辛かったのだから、コアトラ様々だ。
認められてない感じ、いなくてもいいような無価値感。
おかしな会社の体制に甘んじざる負えない無力感…。

何が辛かったかって、誰も仕事の指示をしてくれないのだ。
経営者は気まぐれで、思い立った時だけ急に仕事が振ってくるが、
ちょっと新規事業の当たり前の見通しをメールしたら、
へそを曲げてしまったようだ。3ヶ月なしのつぶて(爆)

で、直接の上司は管理する気も能力もないので、
何をやっていようと、問題が起こらない限りほったらかし。
もう2人いる管理職も、自分の仕事だけやっている状態。

そういうのがね、とことん許せなかったんだよね。
会社のためにより良くしようと思ってカラ回りしていた。

でも結局は、認めてもらいたかったたんですよ。
みんなのために考えてる自分を!
この会社では、そんなのは、どうでも良かったらしい。

で、無理だとわかったので、
勝手に、新規事業のテストをしている。
自分一人でやらざる負えないので、
つまらない単純作業だが、黙々と繰り返して、
成果はいまいち上がってない。(TT)

成果はコアトラではどうにか出来ないよねぇ…。
ってことで、最近は取り立てて辛いこともないので、
成果が出ない事に対して、コアトラで実験してみる。

---------------------------

■仕事の成果が上がらない。
現在は、新規事業の集客の実験中。
本格的に事業化した場合の、予行演習みたいもの。
一応会社の方針には従っているが、勝手にやっているので、
コストは0円でやらなければならない。
そもそも、実験段階で多少なりとも成果が出ないと、
事業化しても、広告宣伝に多大な資金がかかり、
とん挫の可能性が大きい。

で、コアトラにするために、仕事の成果が上がらない嫌な体の感じを焦点にしてみる。

胸が押しつぶされるような感じで、両肩が緊張して持ち上がる。
そのパートに挨拶をする。こんにちは~♪
(コアトラの本では、いきなり感謝しろと書いてあるが、
 フォーカシングでは挨拶でいいらしい。
 嫌な感じにいきなり感謝するっていうのが難しい時があるのと、
 実はちっとも感謝できないので、正直に出来る方をやっている。
 英語の訳やキリスト教の文化などの違いから、多少は読み替えてもいいと判断。
 今のところ、やりやすくなり問題もない。)

胸のパートに挨拶をすると、押しつぶされる感じから、
厚くて重い鉄板がひっついてる感じに変化した。

・あなたは何をしてくれようとしていますか?
●期待が裏切られたのを感じないようにしている。
(やっても成果が出ないと、がっかりしてやる気が失せるのを不正でいるようだ。
 成果の評価を保留している感じでもある。)

・感じないことで、どんないいことがありますか?
●やる気を持続できる。
(コレはちょっと痛かった。コアトラ日記もそうだが、
 何事も飽きっぽいので、続かない。
 最近は、どうも癖がわかった来たのと、
 あまり自分にプレッシャーをかけて頑張らないので、
 何となく出来ることが多くなっている。)

・やる気を持続することで得られるより高い目的は何ですか?
●つまらないことが続けられる。
(コレは、単純作業とか、結果がすぐに出ないこと。
 又は、一人で黙々とやらなければならない作業で、
 一緒にやってる人と協力も出来ないし、軽口もたたけない仕事のこと。)

・つまらないことが続けられる。ことのより高い目的は?(ちょっと省略)
●地力をつける。
(基本能力というか、無意識のリソースというか、
 ほとんど表に出ないけど、安定的に能力を出すために必要な経験だ。
 一見無駄なんだけれど、一回失敗しているから実感を持ってわかることなど、
 まさに、頭でっかちに体をくっつけることだろう…。)

・地力をつける。ことのより高い目的は?
●予想しなかった効果を得る。
(うーん、なるほど。上で書いた一回失敗したからわかる以上に、
 淡々と愚直に積み重ねた知識や経験が、次の事に非常に役に立つ様だ。
 一見無駄なことをやり続けた事そのものが、次の一手を大きくサポートする。
 そんな意味のようだ。踏み台みたいもので、そのおかげで手が届く。
 麻雀の雀鬼流を思い出した。天運のない時はひたすら地運を積み上げ、
 天運を引き寄せるとか。それで20年無敗なのだから、重みがある。)

・予想しなかった効果を得る。ことのより高い目的は?
●選択肢が広がる。
(まさに踏み台があれば手が届くようなことだ。)

・選択肢が広がる。ことのより高い目的は?
●効率が良くなる。
(それはそうだ。地力がついていれば同じ事をもっと簡単にできるようになる。
 また、詳細まで変わってるから、手を入れるところのポイントもわかる。
 何となく、今やってる仕事の場面を思い出しているが、
 もう、いくつか自然とアイデアが浮かんできた。
 いままでバラバラにやってきたことが、繋がっていく感じがする。)

・効率が良くなる。ことのより高い目的は?
●大量に出来る様になる。
(あれ、コレはちょっと以外。質的に変わるのかと思ったら、
 量を増やす方に行くのか…。
 たしかに、それも正しいと思うけど、意外な感じ。
 なんとも、愚直で無策な感じがする。)

・大量に出来る様になる。ことのより高い目的は?
●現在のレベルを突破できる。
(なるほど、想定している以上の大量の細かいことで、
 その副次効果から、本来の部分がレベルアップする。
 ブレイクスルーできると言うことのようだ。
 これは、実際に思いついたアイデアを実践してみないと何とも言えないので、
 明日から実行してみよう。)

・現在のレベルを突破できる。ことのより高い目的は?
●成果が出る!
(目の前がぱーっと開けた感じで、胸から光が輝き周りを照らすイメージ
 いつの間にか胸の板が、広がっている。違和感はほとんどない。)

・成果が出る!ことのより高い目的は?
●本業に出来る。
(ようやく原点に戻ってきた。
 成果が出れば新規事業を安心してすぐにはじめられる。
 成果があるから、予算獲得もらくだし、自信を持って要求できる。)

・本業に出来る。ことのより高い目的は?
●成功パターンが作れる。
(ある程度の予算と計画と人材をつかって行けば、
 当然うまくいく道筋もみえるし、検証も可能だ。
 まさに、必勝パターンを作り出すと言うことだ。)

・成功パターンが作れる。ことのより高い目的は?
●予測がたち予定が立てられる。
(たしかに、出来なかったことが、出来るようになって、
 どれだけやれば、どれくらいの成果かを把握できる。
 あとは、人材のキャパと長期予測と、コスト計算だけだ。)

・予測がたち予定が立てられる。ことのより高い目的は?
●ビジネスモデルが作れる。

・ビジネスモデルが作れる。ことのより高い目的は?
●事業として成立する業態がわかる。

・事業として成立する業態がわかる。ことのより高い目的は?
●業務として完成する。

・業務として完成する。ことのより高い目的は?
●卒業する。

・卒業する。ことのより高い目的は?
●まったく新しく、好きなことが出来る。

・まったく新しく、好きなことが出来る。ことのより高い目的は?
●楽しくなってくる。

・楽しくなってくる。ことのより高い目的は?
●自分がなくなる(コア)

ここで、戻ることにする。
いや、大変だので、今日はここまで。
4時半だ(TT)明日会社なのに~。






最終更新日  2005年03月05日 03時59分07秒
コメント(1) | コメントを書く
2004年11月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類
2ch コア・トランスフォーメーション
2chで352さんの言ってることは、結構正しい。中だるみとか(^^;)

そして、フォーカシングは、
コア・トランスフォーメーションの特に最初の、
嫌なパートの感じを感じるところに、
とても役立つテクニックだと思う。

最初に感謝するも何も、
嫌な感じを感じられないとパートの特定が難しい。
そして、感情を感じきるだけで、
その感情が消化されるほどしっかり感じられれば、
問題をそれで解決する場合もある。

同じく352さんが、誘導催眠と書いてあったように、
コア・トランスフォーメーションプロセス自体、
誘導催眠だと思ってる。
普段と違う意識を使う場合は、多かれ少なかれ催眠誘導だが、
NLPはそれを意識して作られたからだ。

コア・トランスフォーメーションの特色は、
自己催眠の中で特定のプロセスをこなすことが、
自分で「自分の育て治し」となっていることだと思う。

そしてそれは、NLPのメタスキルを強化するだろう。

コアステートが本物の体験かどうかは、実証するすべもない。
そして、どんなに気持ちよくなっても、
それが実生活に関わらなければ意味がない。

実は本に書いてある質問で使う言い回しに、
一番重要性があると思う。
質問によって、答えが変わってしまうからだ。
効果的でない質問を自分にすると、
効果的でない答えしか出てこない。

まったくNLPやセラピーをやったことのない人には、
この日記は参考程度にして欲しい。
(やってる人は、たのしいつっこみでも(^^;)

とにかく最初は、本に書いてあることを大切にして欲しい。
そして、フォーカシングなどの、身体感覚を感じる技法や、
NLPの本もとても役に立つと思う。

NLPの本当にいい入門書が思いつかない。
技法の紹介ばかりだったり、営業本だったり。
あえて言うなら、コア・トランスフォーメーションの著者が、
NLPを書いている【心の扉をひらく】かな。

NLPのメタモデルには、【コンシャス・ラブ】の、
顕微鏡的事実を語るが、とても良かった。
コア・トランスフォーメーションで、
パートと語るときにも役に立つと思う。

コア・ステートから生きることを語ってるように思えるのが、
【やすらぎ療法】。やすらぎこそ全て、愛こそ全てと言う、
ちょっとキリスト教よりの本だが、
やすらぎというコア・ステートから生きると考えると、
コア・トランスフォーメーションの役に立つと思う。

本を思い出して、自分も年取ったなぁと思う。
全部10年以上前に出た本ばかり…。
ろくな本が出てないのか、見逃しているのか…。
でも、NLPに初め出会ったのと同じ感動が、
コア・トランスフォーメーションにあった。

それでは今日のコアトラ!

--【暇があるとやりたくない】---------------
ちょっと雑誌でライターを始めた。
原稿のやりとりを考えると、早くやった方がいいのだが、
締め切りに余裕があると、書きたくない。
今書き出せば、余裕を持って出来るのに、
ぎりぎりになるまで、始めたくない。
それをコア・トランスフォーメーションしてみる。

【まだやりたくない】----------------
まだやりたくない気分る。肩甲骨の内側あたりが引きつっている。
手は当てられないので、その部分に意識を向けて、感謝する。

「いやだ、やりたくない」みたいなことを言っているので、
やらないとどんないいことがあるか聞く。

「今の気持ちを大切にしたい」という答え。小学生の頃、夏休みの宿題が嫌で嫌でいやがっていた時のことなど思いだし、ちょっと時間がかかった。

今の気持ちを大切にした状態をじっくり感じる。肩の力が抜けて、
ちょっとぼーっとしてくる。
「今の気持ちを大切にする」ことによって得られる、
より高い目的を聞いてみる。
「落ち着く」

ゆったり落ち着いてみる。胸やおなかの上の方の筋肉がリラックスして、さらにぼーっとしてくる。瞑想で20~30分座っているときのような感じにすぐに入った。3~5分落ち着いた状態を感じていた。呼吸もゆったりしてくる。ようやく、より高い目的が出てくる。
「心が静かになる」

その迷走状態のまましばらくいる。
心が静かになっていると得られるより高い目的はなにか訪ねる。
なかなか、答えはこない。
「悟る」

そうして、すーっと体がまっすぐに伸びていくような感じがして、
さっきまでぼーっとしていた所は、すっきりとした。
なにか、体の中心に新が通っているような感じで、
姿勢もあんていして、すっとしている。

「悟る」(コア)
色々なお寺や、おばあさんの横顔、恐竜のいた時代の風景など、
とりとめのない映像が続く。おそらくここがコアだろうと思う。

そして、さかのぼってみる。
「悟る」感覚を持ったまま「心が静かになる」を感じると、
その感じは同変化しますか?
心がない。さっきまで心だと思っていた感じは、見あたらなくなっている。


「悟る」感覚を持ったまま「落ち着く」状態を感じると、同変化しますか?
落ち着くも落ち着かないもなく、その感覚の場所がない。


「悟る」感覚を持ったまま「今の気持ちを大切にしたい」を感じるとどうなりますか?
「今の気持ちを大切にしたい」は、左足の下の方に小さくぺらぺらになってしまっているイメージ。今の自分には関係ない。と思える。

「悟る」感覚を持ったまま「いやだ、やりたくない」を思い出すとどう変化しますか?
「いやだ、やりたくない」は、うすく、小さくなって鳩尾へ吸い込まれてしまった。

「悟る」感覚を持ったまま「まだやりたくない」と思っていたことを思い出すと、どのように変化しますか?
腰の上の背骨の両側が、ぐっとリラックスして、下腹があつくなる。まだやりたくないというのは、何でもない感じ。他人事のような感じになった。

フューチャーぺーシング(NLP応用)
もし、あとで原稿を締め切りまで余裕があるけど、
「悟る」感覚を持ったまま書こうと思ったら、
どんな感じになりますか?

とりあえず、締め切りを考えずに少しやる。

フューチャーぺーシング(NLP応用)
もし、一ヶ月後原稿を締め切りまで余裕があるけど、
「悟る」感覚を持ったまま書こうと思ったら、
どんな感じになりますか?

とりあえず、締め切りを考えずに少しやる。

・感じが弱いので、パートを成長させる。
(本では、もっと前のステップでやる。)
パートに年齢を聞いてみると12歳だという答え。
今の私の年齢までに得た、知識や経験を体験することで、
より「悟る」事が出来ると思うけれど、やってくれるか聞く。
無意識に任せ、現在の年齢になったらサインを出してくれるように頼む。(NLPを習った時に無意識からのサインを作ってあるので、それを使っている。)

現在の年齢の「悟る」部分は、よりリラックスしている。
先ほどまでは、体の中心部だけだったが、両肩近くから腰まで感覚が広がる。現在の年齢になったパートで、もう一度さかのぼる。

「悟る」感覚を持ったまま「心が静かになる」を感じると、
その感じは同変化しますか?

胸の中で水平に心が静かになる感じが大きく広がる。
大変気持ちがいい。

「悟る」感覚を持ったまま「落ち着く」状態を感じると、同変化しますか?
脇腹がとてもリラックスして、呼吸が大きくなる。非常にゆったりした気分。悟る感じが広がっているように感じる。

「悟る」感覚を持ったまま「今の気持ちを大切にしたい」を感じるとどうなりますか?
鳩尾がリラックスして、背中がぞくぞくして、胸部の呼吸が楽になる。

「悟る」感覚を持ったまま「まだやりたくない」と思っていたことを思い出すと、どのように変化しますか?
まだやりたくない感じが細く細くなって、背骨と一体になってしまう。背筋がしゃんとして、体は大変リラックスしているのに、筋が通った感じがする。

フューチャーぺーシング(NLP応用)
もし、あとで原稿を締め切りまで余裕があるけど、
「悟る」感覚を持ったまま書こうと思ったら、
どんな感じになりますか?

いっちょやってやるか!

フューチャーぺーシング(NLP応用)
もし、一ヶ月後原稿を締め切りまで余裕があるけど、
「悟る」感覚を持ったまま書こうと思ったら、
どんな感じになりますか?

いっちょやってやるか!

おしまい-----------------------

いや、今回は気持ちよかった!
プロセスが終わって、しばらくソファーで、
お風呂に入ったときのような、心地よいため息ばかり出ていた。

どういう書き方が、一番伝わるか試行錯誤中。
プロセスをやりながら書いているので、
コアから戻ってくるときは、結構しんどい。

せっかくやったんだけど、
今日は原稿を書かずに寝る(爆)






















最終更新日  2004年11月11日 01時38分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年10月31日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日はいい気分で、特にコアトランスフォーメーションをしたい対象が見つからない。
こういう日が来るとは思わなかった…。
コアトランスフォーメーションを初めて、
いつでも、何らかの不満や不足感があって、
どれを先にやろうか迷うほどだったけど、
今日はなーんにもない。

別に全てが順調でもない。
必死に昨日、一昨日とデータを収集した結果、
データベースへの登録でつまずいている。
前だったら、きっとがんばったのにうまくいかなくて、
ブルーになったりイライラしたりしていたと思う。
でも、まぁ違う方法を探せばいいさぐらいの、
軽い気持ちだ。

しかも、収集したデータは確実に残っている実感もある。

うーん、大成功!とかハッキリした形にならない成果なので、
何とも表現しづらいが、とにかく快挙なのだ~♪
なにかを何遂げたわけではないのだけれど、
現在の状態で満足が出来ているのだ。

思えば、いつでもやらなければいけないことと、
やりたいことと、つまんない事と、一瞬だけすごく楽しいことと、
そんな気分をぐるぐる回ってきていた気がする。
明日はまた、そんな日になるかもしれないけれど、
それはそれで今日はいい気分を味わいたい。

と思ったら、すでに3時半。明日は会社だ!
でも、眠りたくない。寝なければ明日眠い。
眠りたくない!

ってことで、コアトランスフォーメーションする事にした。

■まだ寝たくない
まだ寝たくない感じを一番強く感じるのは、両側の肩甲骨の上あたり。まずは、パートに感謝する。

・寝ないことによって、何かいいことがありますか?
まだ遊んでいたい!

・遊んでいると得られる、より高い目的は何ですか?

「もっとおもしろいことが見つかるかもしれない。」
子供の頃、親に早く寝なさいと言われたことを思い出した。
大人はまだ起きていて、子供の僕にとっては秘密の時間があった。
テレビも深夜の方がおもしろかったし、何より悪いことをしているような、大人になったような気分があった。

・もっとおもしろいことが見つかると得られる、より高い目的は何ですか?

「大人になれる!」
この答えは、ちょっと笑ってしまった。
先ほど書いたことが、そのまま出てきたからだ。
自分で考えたことと、パートの答えはあまり一致しないが、
今回はズバリ同じだった。

・大人になれると得られる、より高い目的は何ですか?

「自由にに好きなことが出来る」

大人になってから、子供は自由でいいなぁとは思っても、
子供は不自由でかわいそうだなぁと思ったことはなかった。
実は、子供は不自由である。
寝る時間も、家に帰る時間も、おこずかいも、テレビ番組も、
全て自由に決める事は出来ない。
交渉の余地すらない場合が多い。
たしかに、大人の方が自由と言えば自由かもしれない。
特に、子供から見ればそうだろう。

・自由に好きなことが出来ると得られる、より高い目的は何ですか?

「たのしむ」
広がる草原、太陽が光り輝いて、気持ちのいい風が吹いている。
おじいさんおばあさんが、二人乗りの自転車で笑っている。
のどかな風景。そんな光景が浮かんだ。
たのしむ事が、より高い目的として出てくるのは、意外だったが、
確かにそういうこともあると、妙に納得した。

・楽しむことで得られる、より高い目的は何ですか?

どうやら、たのしむ事がコアだったようだ。
その先は、たのしむ説明ばかりになった。

たのしむ感じを持ったまま、逆転していく。
急に眠くなってきた。
おやすみなさい…。3時53分


























最終更新日  2004年11月01日 03時49分24秒
コメント(2) | コメントを書く
2004年10月30日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日はお休み。
で、自由な時間もいっぱいある。
やりたいことも色々出来る。
やった方がいいことも、色々ある。
でも、何もしないでダラダラしたい。

なのに、ダラダラしていることが、
特に気持ちがいいわけでもない。

ダラダラしたいのに、ダラダラしていると不満なのだ。
それで、コアトランスフォーメーションしてみる。(ライブ)

『ダラダラしたい』
ダラダラしたい感じが、体のどこにあるか探す。
背中の、肩甲骨の間あたりにある。もやもやしている感じ。
そのパートに感謝する。

・ダラダラすると、どんないいことがありますか?

「自由を感じる」
何もしなくてくていい、強制されていない事が確認できる。
自由を感じてみる。

・自由を感じることによって得られる、より高い目的は何ですか?

「やりたいだけのことをやる時間を作れる」
絵を描いたり、散歩したり、ゲームをしたり、何かのためでなく、
ただ楽しむだけのための行為をできるってことだ。
やっているところをイメージしてみる。

・やりたいだけのことをやる時間を作ると得られる、より高い目的は何ですか?

「ただ楽しむ許可を自分に与える」
これは、ちょっとウルっときた。
いつの頃からか、何かのためでなければ遊べないことは、
思い当たっていた。役に立つとか、経験とか、
いろいろな理由付けが、ただ遊ぶために必要になっている。
子供の時には出来たことが、だんだんバカバカしい事になっていく。それは、こんな許可が出ていない状態が原因なのかもしれないと思った。

ただ楽しむ許可を自分に与えるたらどうなるか、想像してみる。
肩甲骨の間のモヤモヤは、はっきりと薄い板のような感じになってきた。

・ただ楽しむ許可を自分に与えると得られる、より高い目的は何ですか?

「たのしくなる」
目をつぶっているんだけれど、視界が明るくなって、
胸の中の方がぱーっと広がってくる。
少し笑顔になる。

・楽しくなることで得られる、より高い目的は何ですか?

「元気!」
小学校低学年の頃、元気に挨拶をするだけで楽しかった感じを思い出した。特に意味はない、誉められることもあるけど、
挨拶した人が笑ってくれるから、誉められなくてよかった。

・元気であることで得られる、より高い目的は何ですか?

「動きたくなる」
この時点で、ダラダラしたかった感覚はどこかへ行ってしまている。いつもより、頭の中がすっきりしていて、本当に何かやりたい感じがする。

・動きたくなることで得られるより高い目的は何ですか?

「ずっとやりたかったことをやる」
特に大したことじゃないけれど気になっていたり、めんどくさくなってほっておいた事。そんなことをかたづけてしまった気持ちよさや、試してみたおもしろさみたいなモノを思い出してくる。
ここで、何かを行う時の目標設定のイメージングが、
よりよい方向に自然にシフトしていることがおもしろい。

・ずっとやりたかったことをやると得られる、より高い目的は何ですか?

「一個先に進む」
思いついたのは、読みたかったんだけど見つけていない本のこと。
どこへしまい込んだのかわからないけど、見つかってない。
一度探したけれど、あきらめてしまったのだ。
でも、気になっている。これからやることの参考になりそうな気がしているからだ。
その本を見つけても大したことは書いてないかもしれない。
でも、それを確かめたことで、確実に一個進んだと言うことにはなる。

・一個先に進むことで得られる、より高い目的は何ですか?

「腑に落ちてスッキリする」
そう、腑に落ちる感じがとても大事だった。
消化できないでいると、いつまでも頭がぐるぐるするんだけれど、
どういう結果であれ、腑に落ちればスッキリする。

・腑に落ちてスッキリすることで得られる、より高い目的はなんですか?

「次に行く」
当たり前と言えば当たり前かもしれないが、すごくさばさばとして、自然に移行する感じだ。

・次に行くことで得られる、より高い目的は何ですか?

「気楽に出来る」
コレはちょっと難しかった。なんか急に今やってるコアトランスフォーメーションがどうでも良くなったように錯覚した。
やる気がなくなったのかと思ったが、そうではなかった。
もっと気楽に、肩肘張らずにできると言うことだったのだ。

・気楽に出来ることで得られる、より高い目的は何ですか?

「自然体」
ここらへんから、ちょっと難しくなってきた。
さっきまでは、文章にしやすかったんだけど、
自然体って言うのを、うまく言葉に出来ない。
宗教的な求道的な行き着く先みたいな感じがする。

・自然体であると得られる、より高い目的とは何ですか?

これ以上はなかった。自然体って言うことがコアようだ。
なぜだか柔道の山下の自然立ちや、
鈴木の掴む足技のことが思い出される。
ふだんの生活で、あまり自然体と言うことがクローズアップされないから、テレビで見たシーンを思い出すのだろうか?

自然体の感じを持ったまま、さっきまでの各場面を逆行して元に戻る。

-----------------------------
今回のトランスフォーメーションは、割とおとなしい感じだった。
背中のモヤモヤは、あるようなないようなかすかな感じになっている。視界がはっきりしているが、特にエネルギー満点でもないのがおもしろい。

でも、特にダラダラしたい感じはなくて、
何しなきゃいけないとかそういうのもなくて、
すごくリラックスしている。

















最終更新日  2004年10月30日 18時24分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年10月28日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ご多分に漏れず、金持ち父さんによって、
ずーっと会社に勤めるのは割に合わないと思っていたことが、
強化されている。

【サラリーマンは奴隷じゃないか!】

厚生年金は削られ、老齢年金払わされ、支給は減らされ…。
上司に文句言われ、部下からは突き上げられ、
なーんの意味もなく、通勤時間の時給は無償。
ヘタすりゃ残業代もでない。

金を払わないのに働かざる負えない時間があるってのは、
やっぱり奴隷なのかと思う。


で、そうはいっても自分で営業して、新規開拓して、
お客さんに頭下げたりしながら、売り上げがなければ稼げない。
そんな自営業も奴隷と言えば奴隷。
国民年金なんかで、老後の生活なんてできないしね。

すると、いったいどこが落としどころなのか?
変なマルチみたいに、がんばれば儲かるなんて言うのも、
うさんくささが鼻につく。

で、奴隷はいやだ!っていうのをコアトランスフォーメーションしてみた。

■奴隷は嫌だ!
・ではどうなりたいのか?

 自由になりたい

・自由になったとしたら?

→お金がなけりゃ何にもできない。(別の部分が騒いでるので、そっちを先にやってみる。)

・お金がなけりゃなんにもできないパートは、なにがしたい?
今得ている自由を思い出させる。

・今得ている自由を思い出すと?
今ある生活の重要さを思い出す。

・思い出すと?
充実感を感じる。

・そして?
全てこれで良しと言う感覚(コア)

■で、元に戻って、途中の所から、
・自由になったとしたら?

意味なくやってみたいことに、時間をかけられる。

・そうすると?
広がりを感じて、わくわくしてくる。

・そして?
あるがままの感じ


・そして、
神と一体になる感じ(コア)

■もどってから、タイムライン。終了。

-----------------------------

コアトランスフォーメーションをやってから、
同じ言葉がどう感じられるかやってみる。

【サラリーマンは奴隷じゃないか!】

さっきまでは、年金とか色々正当化できる理由が出てきたんだけど、ちょっと距離を感じる。
んー、あまり刺激的な言葉でなくなっている。
単純に距離ができたようだ。

さっきまではインパクトがあって、
コレ以上ない刺激的な極論だったんだけど、
何とも思わない。

もしかしたら、この言葉自体二度と使わないかもしれないと思うほど、何の実感も感じない。
いいのか悪いのかも、よくわからない。

奴隷でもいいし、奴隷じゃなくてもいいような。
なんかうまく言えない。

無意識が、別の結論を見つけるまでは、
ちょっと様子を見よう。




























最終更新日  2004年10月29日 03時08分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年10月25日
カテゴリ:カテゴリ未分類
久々です。コメントくださっていた方、ありがとうございます。
いやぁ、会社やめてやる!って意気込んだモノの、
未だに同じ会社にいます…。

恥ずかしくて、日記かけませんでした(^^;)


コアトランスフォーメーションで、
会社に縛られている自分が変わって、
起業してやるって思っていたんですが、
良かったのか悪かったのか、
会社に対する怒りがすっかりなくなってしまいました。

今もコアトランスフォーメーションは、週に一回から、
短いモノは一日に3回など、必要に応じて続けています。

最近は、途中の抵抗は後回しにして、
とりあえずコアな部分にたどり着いて、元に戻っています。

どうしてもうまくいかない時や、
コアに入ったときに涙が出るような時は、
後でタイムラインもやっています。


で、現状報告ですが、「潜在能力」であらゆる問題が解決できる
も活用しています。

この中のダイレクトラーニングが、かなりいい感じです。
NLPのビジュアルスクワッシュという、
天使の自分と悪魔の自分みたいに対立するパートを融合させるテクニックを、さらに細かくして融合させ、新しくできた部分に直に新しいやり方を学ばせると言うモノです。

たまに、コアトランスフォーメーションの後に、ダイレクトラーニングの本を読む最後の部分だけを追加してみたりして、試しているところです。まだ、こりゃすごいという感じには突き当たっていませんが、何らかの効果はあるのではないかと思っています。



あ、それで会社ですが、ズバリ仕事がなくなりました。


コアトランスフォーメーションのせいなのかわかりませんが、
一日ほとんど仕事がありません。(窓際みたいです。)
だから、怒りを感じる必要もなくなってしまいました(^^;)
一応、新規事業の情報収集と言う事なんですが、
日がな一日、特に締め切りもなく情報収集です。

そして、会社の経営者が苦手だったんですが、
最近、ものすごくリラックスして話せるようになりました。
経営者は、悪い人ではないのですが、
自分だけがおもしろいことを話しまくって、
全然人の話を聞きません。

なんと、その話をわって、黙って聞かせるところまできました。
理解してもらっているわけではないのですが、
リラックスして楽しみながら、勢いで負けてないです。
現在、社内でコレができる人は一人もいないので、
かなりの快挙であることは間違いありません。

で、いやでたまらなかった会社ですが、
特に行きたくはないですが、
いやな感じはなくなってしまったのです。

一見、ぬるま湯につかってるのかとも思うのですが、
いきり立ってやめてやるって思っても、
なーんにも変えられない。
リラックスして嫌でもないけれど、
経営者に話を聞かせられる。

この違いは、良い方に進んでいると思っています。

まぁ、経営者は移り気なので、
いちいち苛立っていては身が持たないわけです。
こう言えるまでに3年かかりました。(^^;)
コアトランスフォーメーションやってから半年ぐらい…。

経営者の事がどうにも虫が好かなくて、
コアトランスフォーメーション自体逃げていたんです。
でも、やったらすごい変わりました。
偶然にも、やった次の日昼飯に呼び出されて、
その効果のすごさに驚きました。
(できすぎた偶然です。一ヶ月以上昼の呼び出しはなかったんですから…。)

何はともあれ、内面を変えたら仕事は楽になりました。
とりあえず、近況報告まで(^^)
























最終更新日  2004年10月26日 02時00分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年02月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類
一体何度、考えたことだろう。
残業代カット!健康診断なし!社会保険なし!
交渉しても話にならず、その度にカーっときて、
やめてやるーと思っていた。
後先考えず、ものすごくやめたくなったが、
そうもいかない(T-T)

しかし、今回はちょっと違う。
業績が前年費200%の伸び!大躍進だ。
そこで、手狭になったので引っ越す話になった。
相変わらず、話は二転三転。
ようやく決まったら、現在より2倍の広さに成るが、
関係部署の人間と在庫商品などを一緒にして、
いっぺんに引っ越すというのだ。

オフィスの広さが2倍になって、
入る人間も2倍になって、
倉庫の荷物が入ると、
専有面積は半分じゃないかー!

足し算ができないのか?これが大人の計算なの???

業績が2倍になって、職場環境が大幅に悪化するのは、
単に賃料を安くしたいという理由だけらしい。
まさに大人の計算。

とことんケチなのですね…。(T-T)

みんなのモチベーションダウンは、
コストと計算できないのですね。(T-T)(T-T)(T-T)

強烈にばかばかしくなった。やめてやる!と思った。
でも、今回はいつもと違う。
そういいながら、悲壮感もなく笑っているのだ。

やめるために、すてきな仕事を見つけるのが、
とてもコミットできる目標になってしまった。
何よりカーっときていない。やる気満々状態だ!

それは、「会社にいる時間が苦痛た」の、
コア・トランスフォーメーションが大きく影響したと思う。

■会社にいる時間が苦痛た(スタート)

●燃え上がるようなパワーが欲しい(欲しいもの)

●そうしたら、大胆に行動できる!

ここで抵抗する部分が出てきた。
■どうせできないよ(抵抗に対処スタート)

●会社組織の中で身を守る(欲しいもの)

●そうしたら、経営者に意見を通す事ができる。
(おそらく100万年ぐらいかかる(^-^;))

●経営者に一目置かれる(意見が通せれば)

●経営者にまともなアドバイスができる

●経営者と真剣に関われる。
(会議でもつまんないギャグをとばしまくるオヤジなんで)

●まともな会社になれる(せめて労働基準法には合わせようかと)

●全体のマネジメントをやる(やってみたいんです)

●マネジメントができたら、常に達成感がある

●常に達成感があったら、自身が出る

■自負心(抵抗の部分のコア・ステート)

最初にやっていた方に戻ります。
●そうしたら、大胆に行動できる!(続き)

●自分の力強さを感じる

■自分を信頼できる(コアステート)

自己信頼や自負心などをこうやって手に入れました。
思えば会社への不満で、カーッとくるのは、
自分に対してこういう対応はどういうことだ!みたいな、
自尊心を傷つけられたと感じていたことが原因かと思います。

だって、今回は全然自分に関係なくて、経営者はこんな事しかできないんだなぁと、諦めきれましたから。
自分がいようがいまいが、同じ事しかできないだろうとわかったんです。

そして、そんな経営者に反旗を翻した人は、みーんな過去に首を切られています。残っているのはイエスマンばかり。
一緒に経営者に立ち向かう仲間も、見あたりません。

やめられない事情も人それぞれあるだろうし、
納得できなくて我慢できないのは自分だけなのだから、
やめるしかないだろうと、納得できたわけです。

おもしろいもので、やめるために身の振り方を決めようと、
やる気満々。
どうなるかは、今後のお楽しみですが(^-^;)










最終更新日  2004年02月23日 09時56分43秒
コメント(6) | コメントを書く
2004年02月17日
カテゴリ:カテゴリ未分類
人間関係はいい方だと思う。
仕事もきつくない。
上司も優しいというか、こっちが警告しないと、
果てしなく行き当たりばったりに進む。
で、職場に来ると、鎖骨の間が凝るのだ。

思い当たることは色々あるが、
一番は計画性のないこと…。
それと、けちくさいことか?

先の先を読んで、問題を未然に防ごうと計画をすると、そのほとんどが理解されずに、最小のコストで行き当たりばったりにスタート。
約半年後、当初懸念していた問題が浮上。
打開案を提示するも、なぜか遅々として進まない。
あげくに、場当たり的に対処することになり、
兼務兼務で連絡は滞りミス多発!
非常に効率の悪い形でなんとか業務を遂行し続ける。

最悪の時は、最小規模で話が始まり、行き当たりばったりに膨れ上がり、計画は何度も見直され、みんな疲れて飽きてしまって、結局当初の最小規模で営業などという事まである。
丸一年かけて、元の木阿弥である…。

いろいろなことができそうで、結局できないのだ(T-T)
で、とりあえずこののどの詰まるを、コア・トランスフォーメーションした。

■のどが詰まる

●ガラスのイメージ(窓のようだ)

●自分を守る

●安全を感じる

●リラックスできる

●安全を守る(感じるのと守るのは違うらしい)

●クリエイティブなことができる(いたずらとか実験とか)

●胸が躍る

■ワクワクする(使い古された言葉だが、文字通りそういう感じだった)

ガラスのイメージは、どうやら自分を第三者的な立場にして、期待と失望を言ったり来たりさせるのから、守ってくれているらしいことがわかった。

今回のコアステートは、ワクワクする感じらしい。ちょっと定かではない。本ではそういう形では載っていなかったからだ。

案の定、今ひとつうまくいっていない。
これははじめての経験だった。

どこかで、反対している部分を見逃したかもしれない。
今思うと、使い古された感じで嫌だったこと自体が、
反対する部分だったと思われる_(++)/

完全に見逃していた…。

職場でもう少し様子を見て、再度チャレンジしたい(T-T)







最終更新日  2004年02月19日 19時55分13秒
コメント(2) | コメントを書く

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.