2977565 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月

カレンダー

お気に入りブログ

偽装不倫 第2話 New! MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

小説・日本

2012年02月10日
XML
カテゴリ:小説・日本
『ぼんくら』シリーズの『おまえさん』を読みました。
これで最後とは本当に寂しい。

 

あらすじはamazonからのコピペ。

痒み止めの新薬「王疹膏」を売り出していた瓶屋の主人、新兵衛が斬り殺された。本所深川の同心・平四郎は、将来を嘱望される同心の信之輔と調べに乗り出す。検分にやってきた八丁堀の変わり者“ご隠居”源右衛門はその斬り口が少し前に見つかった … [続きを読む >>]





最終更新日  2012年02月10日 22時38分23秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:小説・日本
#6の内容の薄さに、千円近いお金を出して読む気がせず、文庫本待ちしていた『No.6』ですが、古本屋さんで見つけました。
正直言うと、もう読まなくても良いって気持ちにすらなっていたんですけど、#6まで付き合った本なので、やっぱり読むことに。

うーん、#6~#9が一冊の文庫本だったら、キャラで読む小説としてまぁ楽しめましたと書けるんですが・・・。




あら … [続きを読む >>]





最終更新日  2012年02月10日 21時42分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年04月20日
カテゴリ:小説・日本
今年の本屋大賞受賞作ですね。

帯に本格ミステリーとあったのですが、ではそもそも“本格ミステリー”とは何ぞや。
それはこちらでどぞ。


↑からすると、確かに本格ミステリーですね。

【送料無料】謎解きはディナーのあとで
価格:1,575円(税込、送料別)


あらすじはamazonからのコピペ。

執事とお嬢様刑事が、6つの事件を名推理!

ミステリ界に新たな … [続きを読む >>]





最終更新日  2011年04月20日 21時54分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年06月07日
カテゴリ:小説・日本
斉藤洋の『白狐魔記』シリーズの五冊目『天草の霧』を読みましたので、その感想です。
児童書ですが、大人が読んでも面白いファンタジーです。




あらすじはamazonからのコピペ。

九州島原でキリシタンが蜂起した。
江戸幕府から鎮定の命を受けた諸藩の軍が結集する中、白狐魔丸も一人の忍びの行方を追って島原へと赴く。
そこでは圧政に苦しむ百姓たちが救世主を … [続きを読む >>]





最終更新日  2010年06月07日 22時08分56秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年12月05日
カテゴリ:小説・日本
買ってしまいましたよ、小説版『ぬらりひょんの孫』。
アニメ化決定としっかり書いてある帯。
これに入れたくて、ジャンプの発表が早かったんだろうなぁ・・・。




表紙は夜オと昼オ。
カラーカバーはずした表紙に昼オの自虐ギャグ付。(^^;

本当に昼オの扱いを何とかしないと・・・と思ったりする。
このままフェイドアウトって言うのも一つの手ですが。
ジャ … [続きを読む >>]





最終更新日  2009年12月05日 23時28分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年01月30日
カテゴリ:小説・日本
『ぼんくら』の続編・・・と言うか、完結編とも言うべき『日暮らし』を読みましたので、その感想です。


  


あらすじはamazonからのコピペ。

上巻
浅草の似顔絵扇子絵師が殺された。
しかも素人とは思えない鮮やかな手口で。
「探索事は井筒様のお役目でしょう」―。
岡っ引きの政五郎の手下、おでこの悩み、植木職人佐吉夫婦の心、煮売屋のお徳の商売敵。
… [続きを読む >>]





最終更新日  2009年01月30日 21時13分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年01月24日
カテゴリ:小説・日本
図書館の棚でみつけた本です、読んでみました。





あらすじはamazonからのコピペ、

朝顔栽培だけが生きがいの同心・中根興三郎は、宗観という武家と知り合ってから、思いもよらぬ形で「桜田門外の変」に巻き込まれていく。
第15回松本清張賞受賞。


松本清張賞受賞作品ですが、謎解きを主眼においたミステリーではないので、内容に深く触れています。
未読の … [続きを読む >>]





最終更新日  2009年01月24日 14時16分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年01月17日
カテゴリ:小説・日本
私は宮部みゆきの時代物の小説が好きなんですが、これは江戸での話ではなく、讃岐の丸亀藩をモデルにした丸海藩が舞台です。


 

あらすじはamazonからのコピペ。

上巻
それは海うさぎとともにやってきた。

江戸から金比羅代参で讃岐を訪れた九歳の少女ほうは、丸海の港で置き去りにされ、たった一人見知らぬ土地に取り残される。
幸い、丸海藩の藩医・井上舷洲 … [続きを読む >>]





最終更新日  2009年01月17日 22時04分49秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年10月14日
カテゴリ:小説・日本



主人公の宇多は、両親を早くに亡くし、長次親分の下で下っぴきをしている。
宇多が慕う於ふじは兄と共に死んでしまったが、その於ふじが幽霊として現れる。

江戸を舞台に、九人の幼馴染の恋模様を描いた短編連作。


最近、『しゃばけ』シリーズの方にも見られる、「全てのものは変わっていく」事の切なさが出ている小説です。

主人公の宇多が、死んでしまった … [続きを読む >>]





最終更新日  2008年10月14日 20時43分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年07月01日
カテゴリ:小説・日本
『しゃばけ』シリーズの『ちんぷんかん』を読みましたので、その感想です。




最近は捕り物帳的な内容は薄れ、若だんなと妖怪たちのほのぼの、ちょっと切なくてほろ苦い物語になってます。
短編集ですが、全体を通して、兄・松ノ助の結婚と、それにたいする若だんなの思いが描かれています。


『鬼と子鬼』

しゃばけシリーズを読んでいると、江戸って本当に火事 … [続きを読む >>]





最終更新日  2008年07月02日 08時19分45秒
コメント(2) | コメントを書く

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.