000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Z1000とともにぶらり旅

PR

X

全307件 (307件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 31 >

本・雑誌

2010.02.04
XML
カテゴリ:本・雑誌
ほとんど
タイトルとは違った内容?になっていましたので
久々に本の話など…

昨年は210冊を読みましたが
今年はまだ7冊ですか…
スローペ-スで読んでます

同じ作家を読むと
読み方の傾向が偏ってきますので(と自分で思っているだけですが)
作家を変えて読んでいます
昨年の終わり頃に発見した
と言っても皆さんご存じだと思いますが
今野敏
主に警察小説を書いてる作家です
現在3冊読みまして
リオ
朱夏
そして昨日読み終えた
隠蔽捜査
どの本も面白いです
どこが面白いかと言いますと
主人公のキャラがとても良い
それが一番ですね
リオと朱夏は同じ主人公で
やり手の警視庁・強行犯係の係長
ところが本人は周りの評価を過大評価と思っていて
自分は普通の刑事だと思っている
そのギャップがいいです
曲げないのですよ
自分の考えを
それは隠蔽捜査の主人公も一緒
警察庁のキャリア官僚なのですが
これまた変わり者で
官僚はエリートなのだから
それに見合った権力を持つのは当然
しかし
それに伴った大きな義務がある
それは国家につくす事
な~んて考えている人なんですよ
こういう主人公達に
割と同化してしまうのです
自分が…
案外自分も変わった人間なのかもしれませんね
だから感情移入しやすいのかも?

そいえば月曜に
ドラマ「ハンチョウ」
をたまたま見ていて
何か主人公がしっくりくるな
と思っていたら
原作は
今野敏
でした
自分が読んでいないシリーズだったんですね~
また手に入れて読んでいきたいと思います

今日からは恩田陸
まひるの月を追いかけて
を読んでます

ちょこちょこ読書感想をアップしていこうかな
いつまで続くかわかりませんが^^;


リオ


朱夏


隠蔽捜査






Last updated  2010.02.05 12:44:15
コメント(0) | コメントを書く


2009.10.09
カテゴリ:本・雑誌

yom yom (ヨムヨム) 2009年 10月号 [雑誌]

新潮社から出版されている小説雑誌
以前小説すばるを買って
後悔した事がありましたが
再挑戦といったところです

実はこの本は
全部読み切りなのです
そう
短編のみ
連載だと面白みが無い(買った時が盛り上がりの無い章だったり)事もあり
また続けて購入しなければならないし
なんだか損した気分になるのです
その点この本は大丈夫です

さて今月号は
小野不由美
十二国記シリーズ「落照の獄」があり
その他「重松清」「恩田陸」など
面白そうな作家が並んでいましたので読んでみました
しかし
上記の三作品ともイマイチで
案外他の作家(小池真理子や有栖川有栖等)
の方が面白かったりします
色んな発見があり
なかなか楽しめました
まだ全部は読んでいませんが
これなら毎月買っても楽しめそうです

来月号は
「奥田英朗」「乃南アサ」「横山秀夫」
とこれまた好きな作家が名を連ねていますので
続けて買ってみたいと思います^^v






Last updated  2009.10.09 17:58:33
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.07
カテゴリ:本・雑誌


畠中恵の連作短編小説

ミステリー調の小説
舞台は明治中期
江戸時代の気分が抜けない人々がほとんど
本題の謎はどおって事無い物だったが
多少の恋愛感情等もエッセンスとして加えてあり
良くできた作品となっている
こういう本を書いても面白い作家だね
しゃばけよりも好きかな?

まぁ畠中恵の本は
まず
買ってハズレ無し
ってとこでしょうか^^v






Last updated  2009.08.07 23:29:06
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.06
カテゴリ:本・雑誌

ララピポ

奥田英朗の長編現代小説

6人の物語だが
それが少しずつリンクしていて
面白く仕上げてある
ちょっと話の内容にしては
エロスがきつい感じで
その辺りがイマイチかな?
読みやすいのだが
深みが無い小説だと感じた






Last updated  2009.08.07 00:02:21
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.02
カテゴリ:本・雑誌
佐藤多佳子の長編陸上小説
3冊からなります


一瞬の風になれ(第1部)

陸上スプリント競技を
高校になってから始めた高校生が主人公「新二」
先輩や仲間とそして自分に悩みながら
少しずつ成長していく姿が描かれる
4継の描写がとてもよく描かれていて
自分が走っているような錯覚になる
読んでいて長男がインターハイ予選で走っていた姿を思い出した


一瞬の風になれ(第2部)

ちょっと感動的な内容
4継に出場出来なくなった「連」が無理をして出ようとする
それを止められない「守屋キャプテン」が謝るシーン
「健ちゃん」が交通事故に遭った時
思わず「新二」にきつい言葉を投げつける
後日謝る「健ちゃん」に自分が事故に遭えば良かったと言ってしまう
その時の「新二」の気持ちが分かる気がした
両方とも読んでいて涙をこらえるのが大変だった


一瞬の風になれ(第3部)

立ち直った「新二」が活躍する
それが嘘くさくなくてとても良い
4継の優勝で終わるのだが
その後少し余韻を持たせているのも
またしっくりとくる
「谷口若菜」との恋の行方や
4継の次の日にある200mの事
インターハイ等々気になる続きはあるのだが
書かれていなくてもそれは想像できる
そんなエンディングにまとめてある
読みやすくスカッとした青春小説である
長男がが陸上をやっている時に読んでいれば
また観戦の仕方も変わったのにとちょっと悔やまれる
まぁ三男の時に生かしていこう!

子どもが陸上をやっていたおかげで
よけいに臨場感があったのかもしれませんね
でも誰が読んでも
楽しめる本だと思います
最近文庫本になりましたので
↓の方がお求め易いかと思います^^v


一瞬の風になれ(第1部)


一瞬の風になれ(第2部)


一瞬の風になれ(第3部)






Last updated  2009.08.06 23:55:13
コメント(2) | コメントを書く
2009.07.29
カテゴリ:本・雑誌

愛妻日記

重松清の短編小説
女性には向かない本かな?

直木賞作家が挑んだ?官能小説
多くは語らない事にするf^^;
良かったのは「ホワイト・ルーム」と「童心」
他のはエスカレートし過ぎていて
どうかなって感じ
ただ最後の「ソースの小瓶」は
上手い具合に仕上げている

この本を読むと
夫婦の性生活がこのままでよいのか?
な~んて考えてしまうようになるかもね…






Last updated  2009.07.30 00:03:38
コメント(0) | コメントを書く
2009.07.27
カテゴリ:本・雑誌
ダン・ブラウンのミステリー小説
文庫本は上中下の三巻からなります


天使と悪魔(上)

今回はガリレオガリレイの謎をモチーフしている
序章は相変わらず
ちんぷんかんぷんで
読みづらかったが
だんだんとテンポが上がるにつれて
面白くなってきた


天使と悪魔(中)

この巻も出だしはあまり面白くなかったが
終わりに近づくにつれ
どんどんスピードアップ
タイムリミットミステリーの
本領発揮で引きつけられた


天使と悪魔(下)

この巻は
最初から最後まで楽しめた
エンディングはどんでん返しの連続
犯人かと思われた人物が
実はといった展開
ダヴィンチコード以上の面白さだった
ラストも爽やかになっていて
とても良かった

全体的に
宗教とか芸術に対する
知識があれば
もっと楽しめるのかも?
と思ってしまいました…






Last updated  2009.07.27 23:56:29
コメント(0) | コメントを書く
2009.07.26
カテゴリ:本・雑誌

いいわけ劇場

群ようこの短編集

色んなこだわりのある人たちの
人間模様が悲喜こもごもに
描かれていてとても面白い
ただOLの描写は
行き過ぎでは無いか?
と思うのだが
いやいや
案外こんなのかもしれないね…
そう思わせるような
巧い描き方をしていて
気持ちよく読める本になっている






Last updated  2009.07.26 13:41:27
コメント(2) | コメントを書く
2009.07.21
カテゴリ:本・雑誌

伝える力

池上彰のノウハウ本?
相変わらず読みやすさはピカイチです

読みやすく面白い
わかりやすく伝える事の
大切さやノウハウが記されていて
とてもためになる本だった
特に小泉元首相が
カタカナ言葉を使わなかったという話は初耳
だから話している内容が
わかりやすかったのかと思う

これはホント良い本で
手元に置いておきたい本です
受験や就職試験の面接前に
読むと良いのかもしれませんね^^v






Last updated  2009.07.21 21:55:21
コメント(0) | コメントを書く
2009.07.20
カテゴリ:本・雑誌

ぼんくら(上)

宮部みゆきの長編時代小説
上下の2巻からなります

最初はあまり面白くなかったのだが
主人公の同心平四郎が
鉄瓶長屋のおかしな所に気づき始めた所から
だんだんと面白くなってくる
最初のつまらない話も
このための布石だったようで
相変わらず宮部みゆきの話の進め方の巧さに
ただただ感心してしまう
甥の弓之助が
霊験お初捕物控に出てくる
算術好きの少年とかぶってしまうのも
また宮部みゆきファンならではかな?


ぼんくら(下)

登場人物が揃い
面白さがどんどんと増してくるのだが
平四郎と弓之助・政五郎の推理は
当たってはいなかった^^;
しかし
仁平を上手く捕らえる事は出来た
結局鉄瓶長屋は取り壊しになるので
ちょっと一抹の寂しさを感じた
エンディングも
自分的にはもっとどうにかならなかったのかな?
といった感じ
爽やかさを出したような終わりにしたのだろうが
却って後味が悪くなってしまった気がした…






Last updated  2009.07.20 16:59:10
コメント(4) | コメントを書く

全307件 (307件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 31 >


© Rakuten Group, Inc.