000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

新潟一人旅-2のブログ

新潟一人旅-2のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

shige-33

shige-33

Calendar

Archives

Category

Recent Posts

Comments

おおしま@ Re:巻機山(2日目)(施工中)(09/12) とても素敵な写真が撮れて良かったです!…

Keyword Search

▼キーワード検索

2024.02.23
XML
カテゴリ:
金曜グループと一緒に雪を楽しみに風越山に行ってきた。ところが今年は雪が少なく、鉄塔を過ぎてすぐにヤブの枝が歩きに邪魔をしはじめ、雪が出てくると雪の重みで垂れ下がった枝葉がさらに歩きずらくなり、ルートも見つけにくくなっていった。
目標は標高806mであったが2:15歩いた10:50過ぎに524m地点で引き返すこととしてお昼の休憩をとった。天気は予報が外れ雪がちらほら落ち、ガスにも囲まれてしまったが静かな山の雪を楽しむことができて良かった。
登り:2:17、下り:1:27。





古墳公園まで車で登った。


ここから登山開始。熊に注意!


鉄塔下通過。




両側から枝が体に当たる。




ヤブをかき分け。


眺望が開けた。




ちょっとだけ先頭を歩かせてもらった。さてどこを歩こうか。(尾根の真ん中を歩けばいいのだが。)


再度先輩と交代。進みづらい場所をグイグイ進む。


この先もヤブが続きそうだ。休みやすい場所を選んでお昼にしようと、隊長がここで引き返す判断をした。


標高524m。


シートを頭の上と横に張って雪除けと風除けにしてお昼。


甘酒を温めて乾杯!


60分ほどの休憩で下山開始。


枝には雨が凍った透明な雫とさっきから降り続いている雪が。


なかなか下りずらい。


かろうじてルートを判断する。(登りの足跡が頼りに)


マンサクが雪をかぶっていた。






下りてきた。


あとちょっと。


登山口到着。ごくろうさまでした。


花の湯に寄ってから帰ろう。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.03.10 06:14:53
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.