1866228 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

味くんの家族再生支援日記

PR

X

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

引っ越しのお知らせ


ブログを引っ越しいたしました。
2016年12月以降の記事は https://jafarec.com/ より御覧ください。

家族再生センターHP
廃棄物再生センター
2009/01/25
XML
カテゴリ:エコクッキング
東京料理1


東京料理2


東京料理3


東京グループワーク料理編・中華丼定食


昨日は東京講座の一日でした。金曜夜に夜バスで京都を発ち翌朝新宿に。マクドでコーヒー頂いて、護国寺の会場に。朝のワークは女性のためのワーク二回目。昼からは男の講座とワーク。自己の感情を知るというテーマで、私のワークの意味や流れを説明しつつも、参加者の語りが次々と。

その中で感じるのは女性に対するカウンセリングは東京でも山ほど行われているだろうけれど、当事者性の理解があるカウンセラーは少ない、という事。また暴力がらみであれば、被害であれ加害であれ、その人間関係の意味を善悪を超えて理解し、快復に到るよう援助できる専門家の不在を感じます。

ましてや、男性特に加害男性とラベリングされた男性に対する支援としてのカウンセラーがほとんどいないのではないかという事も感じました。

巨大なシステムと化した東京はパワーゲームの戦場かもしれません。その中で人々は脱落しないよう自らパワーコントロールシステムに適応して行きます。カウンセラーも援助者も。

様々な偶然や必然で適応しきれなかった人は当事者としてラベリングされ被援助の対象にされて行きます。ほんとはシステムの問題なのに、そしてパワーを手放さない専門家の問題なのに・・・。

心理的な困難や家族関係の困難に到るそのメカニズムをパワーシステム論で説明して行きました。参加者には初めての概念だつたのかもしれません。砂漠の砂に水がしみ込むように、私の言葉を受け取ってくださいました。

夜はみんなでスーパーに材料を買い出しに出かけ、そのまま料理教室会場に。なれない教室で私もうろうろしてたけれど、料理は間違いなくおいしくできましたとさ。

メニューは 中華丼、とり唐揚げ、卵スープ、白玉ぜんざいですぅ。








Last updated  2009/01/25 10:00:10 AM
コメント(6) | コメントを書く
[エコクッキング] カテゴリの最新記事


Comments

 こういち。@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 僕もご利用させていただきたいと思うので…
 Hiroyuki@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 男性用シェルターを利用したいのですが、…
 味くん@ Re[1]:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) めるしーさん >わたしも同感します。 あ…
 めるしー@ Re:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) わたしも同感します。 まさに求めていた答…
 じゃふぁれく@ Re[1]:説教されてもねぇ・・・DVも覚せい剤も・・(11/30) ぐりーんさん >私の友人が体育教師から小…

Profile


じゃふぁれく

Archives

・2021/06
・2021/05
・2021/04
・2021/03
・2021/02

Category


© Rakuten Group, Inc.