117638 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

読書の日々

PR

プロフィール

ウトガルト

ウトガルト

カレンダー

バックナンバー

2022.08
2022.07
2022.06

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

雑談

(4)

ラノベ

(457)

コミック

(32)

実用本

(2)

カクヨム

(0)

web小説

(2)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022.01.06
XML
カテゴリ:ラノベ
​こんにちは♪

本日の一冊はこちら(*'▽')
『完璧』を演じる実は怠惰なお嬢様・雛子と、甲斐甲斐しく彼女の面倒をみる元一般庶民のお世話係・伊月。
彼への想いから素直になれずにいる雛子の態度を、お世話係として未熟だからだと勘違いした伊月は、より実践的なレッスンを受けることに。しかし、そのお相手は雛子をライバル視するお嬢様・天王寺美麗でーー
「どうやらわたくしは、努力する人が好きみたいですわ」
さらに、美麗に持ち込まれた縁談をきっかけに、伊月が奔走することにもなって!? 
お嬢様とお世話係の恋物語、待望の第2弾!!
​ 自分の気持ちに気づかず、伊月に対する態度がちぐはぐになってしまっている雛子の様子がとても新鮮でほほえましい2巻( *´艸`)
 伊月に対する感情に振り回されているからか、今回の出番は残念ながら少なく、代わりに表紙にもなっている美麗との交流が増え、1巻とはちょっと違った感じに。

 伊月の行動の中心に雛子がいるというのは変わりませんが、その向上心からハイスペックな同級生美麗にマナー等の教えを乞うというなかなかの行動力(*'▽')
 学業にマナーにダンスと結構覚えることが多い中、興味があり、さらに雛子のための行動ということで彼のハイスペックさが目立つ結果になりましたが、好きこそものの上手なれの言葉が示す通り、興味があることに対してスポンジのごとく知識を吸っていく伊月は教える側からしたらとても素晴らしい生徒ではないでしょうか?

 そして、そんな伊月を教える美麗はというと、初めて仲良くなった異性と友人にして、一方的ですがライバルと思っている雛子と縁のある人物ということで少しずつ惹かれている状況も今後の展開的にも期待できるいい変化だと思います。
 さらに彼女が抱える”悩み”に関しては万人には理解できなくても、きっと理解できる人が多いのではないでしょうか?
 親の期待に応えようと頑張るのはいいのですが、それが空回りしてしまい、取り返しがつかないところまで。。。
 親子の会話がしっかりできていればある程度違ったかもしれませんが、家庭事情というのはままならないものですし、素直になった彼女もまた最高です( *´艸`)

 さて、今回あまり出番がなかった雛子ですが、その気持ちと向き合うことができるのか?
 なんとなくですが、次回のメインは恐らく成香になるのではないかと・・・(あくまで予想ですが)
 そうすると雛子との時間がまた減ることになりますが、雛子はそんな状況で自分の”嫉妬”の感情をどう制御するか見ものですね♪
 そして今回の件で何やら火が付いた美麗もまたどのような行動をするのか・・・
 だんだんと伊月を取り巻く環境が混沌と化してきていますが、今後の展開も見逃せません!!!






最終更新日  2022.01.06 23:54:34
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.