145989 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

読書の日々

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

ウトガルト

ウトガルト

カレンダー

バックナンバー

2024.05
2024.04
2024.03
2024.02
2024.01

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

雑談

(4)

ラノベ

(457)

コミック

(32)

実用本

(2)

カクヨム

(0)

web小説

(2)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022.02.15
XML
カテゴリ:ラノベ
​こんにちは♪

本日の一冊はこちら(*'▽')
陰キャな俺に初めての彼女が出来た。相手は圧倒的な美貌とクールな性格から『氷の女帝』と呼ばれる、カーストトップのリア充・星乃栞だ。意外にもアニメ好きでオタクな彼女は、実は男性恐怖症で俺だけにしか上手く喋れない。そんな彼女と陰キャな俺は一歩ずつ成長しながら仲睦まじく過ごしていてーーーーそんな俺の様子に義妹の愛歌が気付いた。子供っぽくて『そういう対象ではない』愛歌が急に甘えてくるようになり……「ーー大丈夫だよ。妹が甘えるのは浮気に入らないから……」一線を越えようと誘惑する愛歌は、別人のように妖艶でーー美しい彼女がいながら可憐な義妹と浮気する背徳ラブコメ。
​ タイトルからして不安を煽るタイトルになっていますが、中身は”今のどころ”結構いい感じの普通のラブコメ。
 1巻ということで登場人物たちの紹介と、恐らくタイトルに至るまでの人間関係の構築がメインになっており、2巻からが本番かな?といった感じ。
 内容自体は『コスプレ』というなりきりをうまく合わせて、ヒロインの魅力を出しているあたりよかったと思います。
 まぁ、服飾関係の知識は0の自分なので、途中何言ってるのかよくわからないところとかもありましたがね( ゚Д゚)

 ダブルヒロインの本作で、ヒロインが真逆の考えを持っているのが印象的。
 どちらの考え方が”正解”ということはないのですが、人によっては片方の主張が受け入れられないほどの主張だというのもわかります。


 正統派ヒロインとなる栞は『変わること』を良しとするタイプで、現状におぼれるのではなく、変化し、自分や環境を高めていくタイプの人物です。
 この考え事態は恐らく大多数の人はこちらの考えだと思います。
 彼女自身、過去の体験から「かわりたい」と自己改造をし、成功させたという成功体験からくるものでもあります。
 主人公自身も『変わること』事態には肯定しており、何事もなければいい彼氏彼女の関係で今後もイチャイチャしたり砂糖を生成する場面を見れたのかな?


 そして、本作の目玉である不誠実な背徳ヒロインの愛歌は栞とは真逆の『変わらない』ことを良しとします。
 この考え事態もとてもよくわかる主張です。
 「変わる」にはどうしても”勇気”が必要ですし、現状維持というのはある意味楽ですからね...
 上の主張ではないですが、愛歌自身も過去の出来事から周囲の変化を嫌う傾向にあり、義兄である主人公を”そのまま”愛しているための考えだともいえます。


 こんな正反対の2人に挟まれる形になっている主人公にはある意味同情しますが、2巻以降この3人の関係がどのようになっていくのか楽しみな部分もあります。
 いろいろと因縁や主人公の”変化”によって周囲の環境や友人関係も変化していくのは目に見えているので、そこをどのように表現されるのか楽しみです( *´艸`)





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2022.02.15 23:03:49
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.