1036855 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

チューさんの今昔ばなし

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


chusan55

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

ポニョ~(#^.^#) New! flamenco22さん

コメント新着

 ゴールデンキャッスル@ Re:大政翼賛会発足・・・政党の消滅(08/12) 今のところ、政党は決めたくありません。…
 通りすがりの者@ Re:農地改革(農地解放)・・・地主の財産没収(03/18) 当方も、父から聞いています。 祖父の時代…
 更に補足@ Re:農地改革(農地解放)・・・地主の財産没収(03/18) 日本人は事実と向き合い小作人を美化し正…
 あああ@ Re:農地改革(農地解放)・・・地主の財産没収(03/18) 【補足情報】 ・当時の日本人の有職者の…
 匿名です@ Re:農地改革(農地解放)・・・地主の財産没収(03/18) 日本歴史の中でも大事なところですね。勉…

フリーページ

ニューストピックス

2012年05月01日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

月が替わって、今回から2012年5月。いつも、私のブログ 「チューさんの今昔ばなし」 を見てくださって有難うございます。

このブログでは、昭和の初めから、私が見たり、聞いたり、体験したり、したことを、ほぼ年代順に書いています。今日は、昭和の終わりの日(1989年1月) のことを書きます。

このブログは、私の想い出日記 ですが、同時に一庶民が体験し見てきた、日本国 の移り変わり でもあります。

歳とった者には、もはや力はありませんが、国の盛衰、世の中の移り変わりは、充分に見てきました。過去を振り返りながら、資料を調べながら、さらに続けて行きたいと願っています。

           ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

このブログを、書き初めの 昭和3年 から 最終ページまで、ホームページ 用 に改訂し、内容も書き加えて、公開しています。 目次 から、どのページでも見られます。

  ホームページアドレスは  http://chusan.info/ 

   題 名 は  チューさんの今昔ばなしと野菜ワールド

なお、エピローグ以後のことは、 ホームページ  の方に書いていますので、そちらでご覧ください。

  このブログ各ページの画像や文章には著作権があります。無断転載転用はお断りします。

           ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

昭和64年(1989年)1月7日朝、昭和天皇 崩御(ほうぎょ)。天皇の死去を 崩御 といいます。

天皇は、この1年半ほど前に十二指腸のガン治療の手術を受け、しばらくは回復の様子が見られましたが、崩御 の前年9月に大量の吐血があり、輸血が続いていました。


         天皇崩御を報じる新聞紙面
                    天皇崩御を報じる新聞紙面

憲法皇室典範 の規定により、直ちに 皇位継承儀式・剣爾(けんじ・三種の神器のうちの宝剣と勾玉)等承継の儀 が皇居内で行なわれ、明仁親王新天皇 となり、美智子皇太子妃皇后 となりました。

この日が 昭和の終り。時の 総理大臣竹下登竹下内閣 は新元号を “平成” と決め、当時の 小渕官房長官 が発表しました。そして翌日は、平成元年1月8日 となりました。


       竹下登首相と新元号を発表する小渕官房長官
               竹下登首相と新元号を発表する小渕官房長官

昭和天皇 は享年87歳8ヶ月。在位期間は62年余。歴代天皇 のなかで最長命、在位年数も最長といわれています。

戦後の団塊の世代以後の人は、昭和 というと、昭和20年代後半以後 の 発展の時代 ばかりを思うようですが、私どものように、昭和初年 からの 戦前・戦中・敗戦直後 の悲惨な時代を経た者は、昭和 は決して良い時代ばかりとは思えないのです。

戦前・戦中の昔、天皇日本の統治者 であり、現人神(あらひとがみ) として崇められていました。実態は内閣や軍部がしていることも、すべては 天皇 の名によって行なわれ、批判や反対はできない国柄でした。

とくに 軍隊天皇直属の組織 で、内閣に属するものではなく、内閣の 陸軍大臣・海軍大臣 は軍の最高司令官ではなくて、軍の事務局長 のような役目だったと思います。それは 明治時代 に決められた“軍人勅諭” の中に、次のような言葉があったからです。

     「わが国の軍隊は、世々 天皇の統率 したまうところにぞある

     「朕(ちん)は、汝ら軍人の 大元帥(だいげんすい) なるぞ

英邁(えいまい)な 明治天皇 の時代は、これで国政に何の支障もなかったのですが、その後、軍部、とくに 陸軍 は、天皇直属 を盾にとって、内閣や議会に圧力を及ぼし始めました。

そして、いわゆる “国体明徴問題” などを提起し、五.一五事件二.二六事件 で内閣の重臣たちを殺害し、これで日本は急速に 軍国主義化 して行ったと思います。

昭和天皇 は、戦後ずいぶん経ってから当時の回想を述べ、その内容は雑誌にも掲載されました。それを読むと、

日本は 立憲君主国 だったから、ほとんどは内閣の決めたとおりにし、総理大臣 が判断できなくなった 二.二六事件 と ポツダム宣言受諾 の2回だけ、自身で決断し行動した

もし私が戦争に反対しても、軍は私を押し込め、代わりの皇族を立てて戦争を強行しただろう、それなら、私が皇位 に居る方がまだよいだろうと思った

という主旨の話が書いてありました。これを読んで、 「昭和天皇は、自身が軍の 大元帥・統率者 であることを放棄していたのか、そして、天皇までが自分の保身を考えていたのか」 と思いました。

昭和天皇 は相撲が好きで、戦後たびたび国技館を訪れていましたが、テレビで相撲を熱心に見入っている 昭和天皇 を見ると、「この人は、あの大戦争で何百万の国民が死に、何千万人もの国民が財産を失ったことを、どれだけ覚えているのか」 とも思いました。


                国技館で相撲を見る昭和天皇
                  国技館で相撲を見る昭和天皇

昭和天皇崩御 の翌日、1月8日。この日から平成となり、新天皇 が公務を執り始められました。


              新天皇・皇后両陛下
                     新天皇・皇后両陛下

敗戦後間もないとき、たまたま 京都御苑 内で 明仁親王殿下 にお会いして、「この方が早く成人されて、天皇になっていただきたい」 と思った日(2011年4月11日のブログ参照)から、40数年が過ぎていました。

            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

昭和天皇 の葬儀・“大葬” は、2月24日に執り行われました。世界各国から 国家元首 が参列しましたが、多くは日本から経済援助を受けている国々の 元首 たちでした。


               ブッシュ(父)アメリカ大統領
                   ブッシュ(父)アメリカ大統領

第二次大戦での交戦国 だった国からは、ブッシュ(父)アメリカ大統領 が参列しただけで、イギリス・オランダ・中国・ソ連 からは、元首 の来日はありませんでした。その ブッシュ大統領 でさえも、

      「今日、この日になって、やっと心から日本人を許す気になった

と述懐したそうです。ブッシュ大統領 は、若い日に、空軍パイロットとして太平洋戦線で日本軍と戦い、マリアナ沖と小笠原諸島近海で2度も撃墜されて、自国の潜水艦に救助された戦争経歴の持ち主です(2010年11月17日のブログ参照)。

あれだけの大戦に敗北してなお、そのまま最後まで在位した皇帝や国王は、ほかにないでしょう。

古くは、フランス皇帝・ナポレオン一世 の流罪。第一次大戦では、ロシア皇帝・ニコライ2世 は自国民による処刑、ドイツ皇帝・ウィルヘルム2世オーストリア皇帝・カール1世 は外国に亡命。

第二次世界大戦では、イタリア国王・エマヌエーレ3世 は、退位ののち、王制廃止により国外追放。ドイツの ヒトラー総統 は遺体の完全消滅を命じて自殺。満州国皇帝・溥儀(ふぎ) は、退位後、ソ連軍の捕虜から中国の一市民となって終っています。








最終更新日  2014年06月12日 17時17分12秒
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.