760856 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あそぶきもち(五十路親父とJr.の自転車パワートレーニングでもがく)

あそぶきもち(五十路親父とJr.の自転車パワートレーニングでもがく)

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
February 20, 2017
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
AACA第2戦 個人TTに参加してきました。

結果:6位 21分28秒80 56さんから50秒遅れ

<DATA> 
※色々と研究してますので、今回は非公開
・楕円ギアはパワーや効率も数字上は上がってきているが、タイムにつながっていないことが分かってきた。

<以下Jr.のレポート>
9時51分スタート。今日は風が少なめだが、スタートからの往路が向かい風、復路が追い風。

何が何でも勝ちたかったので、スタートの向かい風から上げ気味で踏んでいく。41から42キロくらい。

折り返しのコーナリング。走りながら もっと上手にこなせないのか と思ってしまった。DHパーを持ったまま回っている選手もいる。どうやったら速度をなるべく落とさずに、立ち上がりで加速できるのか。

復路は追い風なので立ち上がりからスピードに乗せたかったが、50キロまであげられない。47キロ前後で回復させながら、落ち着こうとする。

2周目、往路。40キロまであげられずズルズル落ちていく。でも ここで踏まんでどこで踏むんだ と言い聞かせて38、39キロくらいで踏ん張る。

復路。立ち上がりから46キロぐらいまでしか上がらず、真ん中すぎたあたりから48、49キロまで上がる。

最後、3周目往路。最後出し切るだけ、踏ん張るもタレてきているのが分かる。38キロ前後までしか上がらず。

ラスト復路。最後は気合で50キロまでなんとか上げてゴール。

結果は箸にも棒にもかからない残念なもの。

改善すべきところは、たくさんあると思います。
でも何より気持ちの問題が大きかったように感じました。どこかに慢心があって、挑戦の気持ちが薄かった。

前回の結果を受けて、上位の選手はみんな必死で、タイムを削るために、トレーニングも含めて試行錯誤している。その競技に取り組む姿勢から負けていた気がします。

レース後はかなり落ち込みましたが、また挑戦します。



TTはメンタルが試される競技です、単純な競技なのだが、自分との闘い、戦略もある今回は56さんが全てにおいて勝っていた。  56さんに勝つことは並大抵でないと思う、しかしそれに挑むために可能性を一つずつ挑戦していきたい(五十路親父)

※写真は高木康男さまのサイトよりお借りしています

<Jr.の今回の走り  ふぉとBy高木康男さま>
AACA第2戦TT.JPG

<Jr.の8月のTTの走り 上の今回とどこが違うかわかりますか? ふぉとBy高木康男さま>
TT.JPG

<56さんの今回の走り、Jr.とは脚質、体型など異なるため同じアプローチでは
  追いつけないことはわかるが、参考にさせて頂いています>
AACA第2戦TT56さん.JPG





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  February 20, 2017 09:46:57 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.