000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あそぶきもち(五十路親父とJr.の自転車パワートレーニングでもがく)

あそぶきもち(五十路親父とJr.の自転車パワートレーニングでもがく)

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
June 6, 2017
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
第9回 JBCF 3day’s Road 熊野

 3日目:太地町大会 
    コース 太地半島周回コース
     10Km × 3周

 いよいよ最終日、チーム総合優勝を狙う為にチーム一丸となって戦うのみ! 2位のIRCとは僅か5秒差第1ステージのような逃げが決まれば簡単にひっくり返される秒差。  こんな時チームワークが生きる、個人優勝とか狙いたいと思う人が一人いればはいそれまでよ。 前日地元の自転車店さんでクリートを買ったのだが、店主さんによれば「三日目が一番厳しいよ「ジェットコースター」みたいだよ」とのこと。 そのため、どのチームよりも早く会場入りして、みっちり試走を行い、路面状況や危険ポイント、攻めどころを確認した。

じゃじゃ~ん!

 結 果 :第3ステージ 個人6位

 総合結果:チーム優勝、個人4位

 やりました! 優勝ですよ! みんながいい動きしてました。

<DATA>
 最大ケイデンス:143.0 [rpm]
 平均ケイデンス:106.4 [rpm]
 最大スピード:68.7 [km/h]
 平均スピード:39.6 [km/h]
 最大ペダリング・パワー:919.1 [W]
 平均ペダリング・パワー:249.8 [W]



<以下 Jr.のレポート>
熊野3日目

勝負の第3ステージ。現在チーム総合1位、2位とは5秒差。第2ステージより、第3ステージの方が厳しいという方が多く、間違いなくキツい展開が予想される。

作戦はあるゆることを想定する。個人総合は厳しいので、とにかくチーム総合を目指して。誰が3人目になるかわからない、ゴールまで何があるか分からないので最後の最後まで全員でもがくこと。

定刻より3分ほど遅れてスタート。

総合トップ寺崎選手のアタックを皮切りに、スタートから総合上位陣がレースを動かす。やはり、IRCが次から次へとアタックを繰り返す。

2日間のレースから絶対に大集団スプリントにならないことは明らかかだったので、常に5番手以内を走り、チームメイトの誰よりも早く自分が反応すると決めて動く。

決定的な逃げはできない状況で1周目完了。ここで榊原さんがチームとして初めて飛び出して弱ペダと先行。増田くんと集団先頭を陣取り2回目の登りに備える。

しかし、IRCがしっかり潰してカウンター。それを抑える。こんなことを繰り返しながら2周目の登りもハイペース。キツイ、、、。疲れもあるだろうが、多くの人が言うように、間違いなく三日間で1番。

2周目の下りも前目で下ろうと、登りきりは頑張って前に上がる。藤田先生、増田くんも必死で状況を判断してチェックを繰り返す。

2周目の1つ目の下りからの登り返しで、56さんのアタックから次々にアタックしていく。IRCも1人入る。僕はアタックする力がなく必死に集団を引く。

しかし、ドンドン差は開いていき前は7人くらいが飛び出している。1周目から自分の中ではかなり激しく動いていて、もう限界。

ここで個人総合は完全に諦め、引けるだけ引いて、首を振ってそっと力なく手を挙げる。誰れか、、、、乗ってほしい、、、。という気持ち。

すると、上げた瞬間に藤田先生、岡さんがブリッジ。よし、、、2人乗った、、あとはゆっくり下って抑えればと思い振り返ると、、、誰もいない。あれ。

前も、、、見えなくなった。寂しい。笑

どちらも見えないならゴー!しかないと決めて、頭のネジを飛ばし苦手なテクニカルな下りで踏みまくる。転んでもメイン集団に合流すればいいと思って、攻めまくる。(自分比)

下りで捕まえたかったが捕まらず、ゴール前のトンネルでようやく追いつく。呼吸を整えながら、モトバイクからタイム差を聞くと15秒。10人の逃げ、内スペード3人。

3周目にはいり港のところで集団とすれ違うと、増田くんと榊原さんが集団先頭にいる。最後の登りに入ると、モトバイクからタイム差20秒とパネルがでる。踏んでないのに開いた。

抑えてくれている。この10人で勝負と集中する。

登りきりで寺崎選手がアタック。藤田先生が反応するも、これが長く強く、たまらず岡さん、僕、他数名が切れる。

IRCは前に乗ったので、何としても追いつかねばと、登った後のダラダラとしたアップダウンでギリギリ追いつく。ここで一名遅れる?

9名の先頭で登り返し、ボンシャンスなどがアタックするが決まらず。そして、IRCの選手が引き終わったところで満を辞して藤田先生の登りアタック。

分かります、3人乗せているのですごく良い攻撃なんですが、最後尾で苦しむのはチームメイト2名。笑

岡さんは振り絞って食らいつくも、僕はまた完全に切れる。それでも踏みやめずに、追いつくかというところで寺崎選手のアタックがかかり離される。

2周目と同じ状況。一人ぼっちタイム。2周目以上に下りで踏んで、下りきったところで合流。瀕死。

最後に向けて足をプルプルさせてると、トンネルの中でIRCの選手が渾身のアタック。藤田先生が集団を引いて追走するもじわじわ開く。

そこからはゴールに向けて個人総合を守りたい選手がペースを上げていき、ゴールスプリント。最後までなんとかもがききって6着。

結果、チーム総合優勝!
個人総合は4位。上位3名との差は大きい。脚力もそうだが、それ以上に。

でもこの三日間で少しだけレースの展開や勝負どころがわかった気もする。少し実業団レースは空いてしまいますが、目標としていきます。

メンバーはもちろんですが、監督、サポートしてくれる方、応援してくれる方全員で成し得ることが出来ました。

ありがとうございました。

レースに参加された方々もお疲れ様でした。自然豊かな公道ステージレースで本当に楽しかったです。また来年も出たいですね~。

<スタート時、有力選手が揃ってます>
image51.JPG

<KOMポイント>
image61.JPG

image62.JPG

<2種回目は榊原さんが前々で展開して逃げを潰す>
image21.JPG

<最後のスプリント、スプリンター不在の我々ですが秒差は許さない走り>
image31.JPG

<表彰式、この笑顔が全て、とてもチームワークの素晴らしいチームです>
image53.JPG

image54.JPG





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  June 6, 2017 10:35:08 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.