000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あそぶきもち(五十路親父とJr.の自転車パワートレーニングでもがく)

あそぶきもち(五十路親父とJr.の自転車パワートレーニングでもがく)

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
June 5, 2017
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
第9回 JBCF 3day’s Road 熊野

2日目:熊野市大会 
    コース 熊野山岳コース
    千枚田 48.3Km

<千枚田:いい景色です、・・1,2、3、~千は無いなと・・・>
image15.JPG

新宮市大会を終えて、その足で熊野山岳コースを車で下見、千枚田のきついがその前のトンネル区間も結構長い登りがある、千枚田の下りも結構テクニカル。


  結果:個人5位
  チーム総合1位

<データ>
 最大ケイデンス:136.0 [rpm]
 平均ケイデンス:101.5 [rpm]
 最大スピード:69.3 [km/h]
 平均スピード:40.6 [km/h]
 最大ペダリング・パワー:1022.8 [W]
 平均ペダリング・パワー:235.0 [W]

<以下 Jr.のレポート>
熊野2日目

前日は後手に回ってポコポコにされてしまったため、チームで作戦をねりねりして。登りが長く厳しいステージを得意としてるチームメンバーが多いので、このステージは逆転を目指して。

千枚田を意識しすぎて序盤のアップダウンで強力メンバーがまとまって行くことを予想していたので、パレードで最前列まで上がる。

定刻スタート。

予想通り有力どころがまとまってドンパチ。弱ペダ、IRCが積極的。特に、ベテランレース巧者のイナーメ56さん、湾岸サイカ選手、そして総合首位のバルバ寺崎選手の動きは注意。

今日は僕も積極的に参加する。チームメイトと協力して絶対後手に回らないように。

それでも、本命の作戦はやはり千枚田なのであくまでチェックに努める。

56さんはレースを動かそうと何度もアタックを繰り返し、その背中は何かを伝えようとしてるような。若い選手相手に全力でぶつかっていく姿は、心からカッコよかったです。

このアタック合戦で序盤はかなりキツかったけれど、千枚田の前に一度上げられたので足はよく回る。

決定的な逃げは生まれないまま折り返して千枚田へ。

増田くんが呼びかけてチームメイトを全員引き連れて、幅員が狭くなる前に前に上がる。

何チームかトレインを組んでいる。しかし、序盤は斜度が緩いので前に出ないとチームで決めており、10番手ぐらいでまとまって走る。ドラフティングが効く斜度なのでキツさはない。

右に曲がって斜度がきつくなるところから勝負。藤田先生が先頭に立って引き出す。

これがきついのなんの。ドンドン集団の人数が減っていき10名ちょいの集団になる。きつい、、、、。

ここでバルバ寺崎選手がアタック。藤田さんを含む4人ぐらいが先行。

つけなかった残りの集団はまとまってペースで登る。それでもきつい、、、。何度も離れては追いついてを繰り返す。自分が3人目になることは分かっていて、他に3人残っているチームはいなかったので、なんとしてもという気持ちで登る。(チーム総合はチーム内上位3人の合計タイム)

抜け出した4人?も崩壊していてバラバラに。その4人と差が広がらないように追走。

千枚田まで来てくれた監督やチームメイトの方の応援が背中を押してくれる。おかげで諦めることなくKOMを通過。

先頭4名?が通過後25秒差?ぐらいで追走5名。後ろを振り返ると選手は見えない。この9人の勝負だと思い下りへ。

苦手とするテクニカルな下り。でも今日はここに残れているという、アドレナリン要素からか集中していた。何事もなく下りきろうというところで、後ろからラチェット音。

、、、マジスカ、群馬のデジャブか。

下りというかバイクコントロール能力がズバ抜けて高い、チームメイトの岡さんが下りを爆走して合流。その後数名が合流して追走は9人。先頭は4人

最初はチグハグだったが、サイカ選手が呼びかけて追走開始。まだ前はチラチラ見えるくらい25秒差。

最初は、前4人のスプリントのことを考えて追走をする。しかし、岡さんを中心に、個人総合やチーム総合などいろんなことを考えて追走をやめることに。

岡さんに 回らず休んで と言われたため、後ろでツキイチ。岡さん増田くんはローテーションに入るも、足を休めるように回してる。

最後尾でモトバイクにタイム差を聞いたりして、他の選手には申し訳なかったが、足を休めることに集中する。

もし追いついた時、追いつかなかった時、アタックがかかった時など色々考える。

スペードが3人とも回らなくなると、やはり集団内はいろんな考えを持つ選手が出てきて、ギクシャクしてくるが、サイカ選手が上手くまとめて追走しようと呼びかけていたため、徐々にタイム差は詰まって行く。
(本当にサイカ選手の統率力は素晴らしい、集団内での信頼もありレース作りが上手い)

金山交差点前の登りで前の集団が見える。ここでサイカ選手がブリッジをかける。しっかりチェックして牽制。

残り2キロでボンシャンスの選手がアタック。明らかに吸収されそうなアタックをだったので集団は静観。

ここでもう一名のボンシャンスの選手がアタック。ここはすかさずチェック。

そして最終コーナーを曲がり、500m8%ぐらいの登りスプリント。ここで頭取れなきゃ足休ませてもらった意味ないと思い、死ぬ気で獲ります!と岡さんに宣言する。笑

サイカ選手だけを見て番手を取り。残り200ぐらいからスプリント。坂ダッシュ練を思い出し、叫んで振り絞る。

なんとか先着。4人逃げ切りのため5位。

第2ステージを終えてチーム総合はなんと1位。

2位とのタイム差は、、、5秒。つまり2位のチームが3人で集団と2秒差つけてゴールしたら逆転されるということ。

チームの苦手とするジェットコースターコース。
死闘です。ガンバリマス。

2日目終了時点
  チーム総合1位

 個人総合4位

<千枚田の登り>
image3.JPG

<湾岸サイカ選手との5位争い、斜度は8%以上>
image2.JPG





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  June 6, 2017 02:09:54 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.