574976 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~

PR

Profile


風とケーナ

Free Space

温かい応援、いつも本当にありがとうございます♪
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村(1日1回有効)       wanderking banner 2(1日1回有効)

Comments

ロゼff@ Re:コンドルの系譜 第十話(83) 遥かなる虹の民(10/15) New! こんにちは ケーナさんの小説は 読み手の…
悠々愛々@ Re:コンドルの系譜 第十話(83) 遥かなる虹の民(10/15) New! おはようさんさん。 いつも応援ありがと…
はじめちゃん5053@ Re:コンドルの系譜 第十話(83) 遥かなる虹の民(10/15) New! おはようございます。ケーナさん 秋晴れ…
紅子08@ Re:コンドルの系譜 第十話(83) 遥かなる虹の民(10/15) New! おはようございます! いつもありがとうご…
Grs MaMariKo@ Re:コンドルの系譜 第十話(83) 遥かなる虹の民(10/15) New! おはようございます。ケーナさん。 アマル…

Favorite Blog

--< 中央線に沿って … New! いわどん0193さん

八ッ場ダム論議  … New! アップラウンジさん

出雲大社東京分祀に… New! こうこ0507さん

思いの全てが望める日 New! はじめちゃん5053さん

台風の暴風雨にも負… New! オスン6757さん

日本シリーズ歴代優… New! クラッチハニーさん

Category

Freepage List

これまでの主な登場人物


登場人物イメージイラスト


物 語 目 次


頂き物のイメージイラスト


これまでのストーリー


第一話 ビラコチャの神殿


第二話 邂逅(1)


第二話 邂逅(2)


第三話 反乱前夜(1)


第三話 反乱前夜(2)


第三話 反乱前夜(3)


第三話 反乱前夜(4)


第三話 反乱前夜(5)


第三話 反乱前夜(6)


第四話 皇帝光臨(1)


第四話 皇帝光臨(2)


第四話 皇帝光臨(3)


第四話 皇帝光臨(4)


第五話 サンガララの戦(1)


第五話 サンガララの戦(2)


第五話 サンガララの戦(3)


第五話 サンガララの戦(4)


第六話 牙城クスコ(1)


第六話 牙城クスコ(2)


第六話 牙城クスコ(3)


第六話 牙城クスコ(4)


第六話 牙城クスコ(5)


第六話 牙城クスコ(6)


第六話 牙城クスコ(7)


第六話 牙城クスコ(8)


第六話 牙城クスコ(9)


第六話 牙城クスコ(10)


第六話 牙城クスコ(11)


第六話 牙城クスコ(12)


第六話 牙城クスコ(13)


第七話 黄金の雷(1)


第七話 黄金の雷(2)


第七話 黄金の雷(3)


第七話 黄金の雷(4)


第七話 黄金の雷(5)


第七話 黄金の雷(6)


第七話 黄金の雷(7)


第七話 黄金の雷(8)


第七話 黄金の雷(9)


第七話 黄金の雷(10)


第七話 黄金の雷(11)


第七話 黄金の雷(12)


第七話 黄金の雷(13)


第七話 黄金の雷(14)


第八話 青年インカ(1)


第八話 青年インカ(2)


第八話 青年インカ(3)


第八話 青年インカ(4)


第八話 青年インカ(5)


第八話 青年インカ(6)


第八話 青年インカ(7)


第八話 青年インカ(8)


第八話 青年インカ(9)


第八話 青年インカ(10)


第八話 青年インカ(11)


第八話 青年インカ(12)


第八話 青年インカ(13)


第八話 青年インカ(14)


第八話 青年インカ(15)


第八話 青年インカ(16)


第八話 青年インカ(17)


第八話 青年インカ(18)


第八話 青年インカ(19)


第八話 青年インカ(20)


第八話 青年インカ(21)


第九話 碧海の彼方(1)


第九話 碧海の彼方(2)


第九話 碧海の彼方(3)


第九話 碧海の彼方(4)


第九話 碧海の彼方(5)


第九話 碧海の彼方(6)


第九話 碧海の彼方(7)


第九話 碧海の彼方(8)


第九話 碧海の彼方(9)


第九話 碧海の彼方(10)


第九話 碧海の彼方(11)


第九話 碧海の彼方(12)


Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

◆◇◆◆◇◆ 『コンドルは飛んでいく』で謳い継がれる最後のインカ皇帝の物語 ◆◇◆◆◇◆

コンドルと白銀の山 小・1

天空に今日もまた羽ばたく一羽のコンドルが 何処からか現われて アンデスの山間を飛んでいく
太陽の栄える国 豊かなこの地に 宝を求めて 白人が攻めてきた
 殺された王は灰の中から コンドルとして蘇った 天高く舞うコンドルは国を守るであろう 永遠に
コンドル飛べよ 果てしなき空を アンデスの山に 影を落として
裏切られたインカの 笛の音悲し 自由のため死ねと パチャママ(大地の神)の教え
( 『コンドルは飛んでいく』より )


◆◇◆◆◇◆ 物 語 概 要 (詳細はこちらをご覧ください) ◆◇◆◆◇◆

マチュピチュ ブログトップ1

《 インカの要塞空中都市マチュピチュ 》
インカ帝国侵略後、この物語の主人公トゥパク・アマル(2世)が反乱を起こすよりも遥かに昔から、
彼の祖先であるトゥパク・アマル1世らインカの末裔の人々は、インカ帝国の再興を賭けて、
ビルカバンバの地を拠点に幾多の反乱を展開してきました。
このブログでは、彼らの遺志を継ぐトゥパク・アマルの大反乱を物語風に綴って参ります。

◆◇◆ お願い ◆◇◆

 この物語は一部を史実に即しておりますが、多分に創作を含んでおりますため、
フィクションとしてお読み頂けますようお願い申し上げます。
 また、この物語では、ストーリーの展開上、やむなく、
流血等の残虐な表現が出てくる場合がございます。ご了承の上、ご覧頂けましたら幸いです。

ホームページ(本館)では、場面毎に背景画像を変え、BGMもご用意。お好みでどうぞ。

コンドルバナー 2(新)

風とケーナお勧めネット小説。月夜見猫さんの珠玉のファンタジー小説。

アクール バナー 2

風とケーナお勧めネット小説。真魚子さんの壮大かつ深遠なる長編涅槃物語。

マオ様の真夜中の騎士

風とケーナお勧めネット小説。ふろぷしーさんの剣と魔法のスペクタクル・ファンタジー。

ふろぷしーさま☆バナー

★……… gooブログでも同時連載中。 gooのサイトへは、こちらから どうぞ。………★

◆◇◆ 登場人物紹介 イメージ画 頂き物イラスト 物語目次 も、是非、ご覧ください◆◇◆

ASPアクセス解析
2019.10.15
XML



「それは、先ほど伝えた通り、負傷兵たちの食糧確保の手助けをしてくれる者たちが必要だからだ」


「そのような建前のことなど聞いていない。


何を企(たくら)んでいるのかと聞いている」


アレッチェの有無を言わさぬ厳然たる尋問口調は、完全に全権植民地巡察官のそれであり、そこが病室であることを忘れそうになる。


トゥパク・アマルは、瞼を僅かに伏せ、まだ少し冷水の残っている手元のグラスを机上に戻した。


全てを見通していながら自白を迫るかのような、己に対するアレッチェのあからさまな高圧的態度は、「断罪者」と「大罪人」という構図を敢えて浮き彫りにしようとしているのだと分かる。


それは、「植民地の秩序と平和を守るために、反乱鎮圧という王命を帯びた全権植民地巡察官」と、「前代未聞の大規模反乱という暴挙に出て、国中を恐怖と無秩序に陥れた大謀反人」という構図である。


しかし、その「秩序と平和を守る」ために副王ハウレギや全権植民地巡察官たるアレッチェが実際におこなってきたことは、インカの民や黒人たちから血の最後の一滴まで絞り取るに等しい搾取と虐待であった。


“血の最後の一滴まで絞り取るに等しい搾取と虐待”――それが文字通りの事実であって、単なる比喩的な表現ではないことは、インカ帝国が征服されてからの甚だしい人口減を見れば一目瞭然である。


インカ帝国時代には1000万人を越えていた民の人口は、今や100万人もやっとという激減ぶりであった。


ほぼ生きては戻れぬ劣悪条件下での強制重労働、骨の髄まで搾り取る常軌を逸した重税、人を人と思わぬ奴隷化した非人道的扱い、さらには、ヨーロッパからもたらされた天然痘やはしか、インフルエンザなどによって、想像を絶する人命が奪われてきたのだ。


もちろん、そうした状況を生み出したのは、現在の副王やアレッチェだけではない。


インカ帝国が侵略され、スペインの支配下に置かれてから、この約250年間、延々と続いてきたことである。


だが、今ここで、再び、そのようなことを言い合ったところで、互いの間にある溝は、ますます深まるばかりであろう。


トゥパク・アマルは、アレッチェに気付かれぬよう、己の心を鎮めようと深く息を吸い込んだ。


かたや、アレッチェは、強度の苛立ちを隠そうともせず、ますます傲慢な口ぶりで、執拗に詰問を続けてくる。


「トゥパク・アマル、なぜ黙っている?


おまえは、どれだけわたしを苛立たせれば気が済むのだ?


やはり、やましい策謀があるからか?」


「そのようなものはない」


感情を排したトゥパク・アマルの低音が、無機質に響く。


それから、彼は、伏し目がちだった瞳を再び決然と上げていく。


【登場人物のご紹介】 ☆その他の登場人物はこちらです☆

≪トゥパク・アマル≫(インカ軍)
反乱の中心に立つ、インカ軍(反乱軍)の総指揮官。
インカ皇帝末裔であり、植民地下にありながらも、民からは「インカ(皇帝)」と称され、敬愛される。
インカ帝国征服直後に、スペイン王により処刑されたインカ皇帝フェリペ・トゥパク・アマル(トゥパク・アマル1世)から数えて6代目にあたる、インカ皇帝の直系の子孫。
「トゥパク・アマル」とは、インカのケチュア語で「(高貴なる)炎の竜」の意味。
清廉高潔な人物。漆黒長髪の精悍な美男子(史実どおり)。

≪ホセ・アントニオ・アレッチェ≫(スペイン軍)
植民地ペルーの行政を監督するためにスペインから派遣されたエリート高官(全権植民地巡察官)で、植民地支配における多大な権力を有する。
ペルー副王領の反乱軍討伐隊の総指揮官として、反乱鎮圧の総責任者をつとめる。
有能だが、プライドが高く、偏見の強い冷酷無比な人物。
名実共に、トゥパク・アマルの宿敵である。
トゥパク・アマルに暴行を加えていた際の発火によって大火傷を負い、その現場である砦を占拠したインカ軍の元で治療を受けている。

◆◇◆はじめて、または、久々の読者様へ◆◇◆

目次 現在のストーリーの概略はこちら HPの現在連載シーンはこちら​  ASPアクセス解析

★いつも温かく応援してくださいまして、本当にありがとうございます!

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村(1日1回有効)       wanderking banner 2(1日1回有効)







Last updated  2019.10.15 00:38:09
コメント(16) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.