720567 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~

PR

X

Profile


風とケーナ

Free Space

温かい応援、いつも本当にありがとうございます♪
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村(1日1回有効)

Comments

ロゼff@ Re:コンドルの系譜 第十話(110) 遥かなる虹の民(11/06) New! こんばんは 今日は夜になって大荒れのお…
jun to sora@ Re:コンドルの系譜 第十話(110) 遥かなる虹の民(11/06) New! そらちゃんから手巻き寿司を差し入れしま…
紅子08@ Re:コンドルの系譜 第十話(110) 遥かなる虹の民(11/06) New! おはようございます! いつもありがとうご…
Grs MaMariKo@ Re:コンドルの系譜 第十話(110) 遥かなる虹の民(11/06) ケーナさん、こんばんは。 月末は多忙につ…

Favorite Blog

牛乳パンを銀座で・… New! セミ・コンフィさん

--< 結納・宝石 >--… New! いわどん0193さん

虎子の誇顧 2681_北… New! 涯 如水さん

師走・・・ New! kaze-uniさん

師走を迎え、ご多忙… New! Grs MaMariKoさん

立山に雪。猫たちの… New! neko天使さん

Category

Freepage List

これまでの主な登場人物


登場人物イメージイラスト


物 語 目 次


頂き物のイメージイラスト


これまでのストーリー


第一話 ビラコチャの神殿


第二話 邂逅(1)


第二話 邂逅(2)


第三話 反乱前夜(1)


第三話 反乱前夜(2)


第三話 反乱前夜(3)


第三話 反乱前夜(4)


第三話 反乱前夜(5)


第三話 反乱前夜(6)


第四話 皇帝光臨(1)


第四話 皇帝光臨(2)


第四話 皇帝光臨(3)


第四話 皇帝光臨(4)


第五話 サンガララの戦(1)


第五話 サンガララの戦(2)


第五話 サンガララの戦(3)


第五話 サンガララの戦(4)


第六話 牙城クスコ(1)


第六話 牙城クスコ(2)


第六話 牙城クスコ(3)


第六話 牙城クスコ(4)


第六話 牙城クスコ(5)


第六話 牙城クスコ(6)


第六話 牙城クスコ(7)


第六話 牙城クスコ(8)


第六話 牙城クスコ(9)


第六話 牙城クスコ(10)


第六話 牙城クスコ(11)


第六話 牙城クスコ(12)


第六話 牙城クスコ(13)


第七話 黄金の雷(1)


第七話 黄金の雷(2)


第七話 黄金の雷(3)


第七話 黄金の雷(4)


第七話 黄金の雷(5)


第七話 黄金の雷(6)


第七話 黄金の雷(7)


第七話 黄金の雷(8)


第七話 黄金の雷(9)


第七話 黄金の雷(10)


第七話 黄金の雷(11)


第七話 黄金の雷(12)


第七話 黄金の雷(13)


第七話 黄金の雷(14)


第八話 青年インカ(1)


第八話 青年インカ(2)


第八話 青年インカ(3)


第八話 青年インカ(4)


第八話 青年インカ(5)


第八話 青年インカ(6)


第八話 青年インカ(7)


第八話 青年インカ(8)


第八話 青年インカ(9)


第八話 青年インカ(10)


第八話 青年インカ(11)


第八話 青年インカ(12)


第八話 青年インカ(13)


第八話 青年インカ(14)


第八話 青年インカ(15)


第八話 青年インカ(16)


第八話 青年インカ(17)


第八話 青年インカ(18)


第八話 青年インカ(19)


第八話 青年インカ(20)


第八話 青年インカ(21)


第九話 碧海の彼方(1)


第九話 碧海の彼方(2)


第九話 碧海の彼方(3)


第九話 碧海の彼方(4)


第九話 碧海の彼方(5)


第九話 碧海の彼方(6)


第九話 碧海の彼方(7)


第九話 碧海の彼方(8)


第九話 碧海の彼方(9)


第九話 碧海の彼方(10)


第九話 碧海の彼方(11)


第九話 碧海の彼方(12)


Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

◆◇◆◆◇◆ 『コンドルは飛んでいく』で謳い継がれる最後のインカ皇帝の物語 ◆◇◆◆◇◆

コンドルと白銀の山 小・1

天空に今日もまた羽ばたく一羽のコンドルが 何処からか現われて アンデスの山間を飛んでいく
太陽の栄える国 豊かなこの地に 宝を求めて 白人が攻めてきた
 殺された王は灰の中から コンドルとして蘇った 天高く舞うコンドルは国を守るであろう 永遠に
コンドル飛べよ 果てしなき空を アンデスの山に 影を落として
裏切られたインカの 笛の音悲し 自由のため死ねと パチャママ(大地の神)の教え
( 『コンドルは飛んでいく』より )


◆◇◆◆◇◆ 物 語 概 要 (詳細はこちらをご覧ください) ◆◇◆◆◇◆

マチュピチュ ブログトップ1

《 インカの要塞空中都市マチュピチュ 》
インカ帝国侵略後、この物語の主人公トゥパク・アマル(2世)が反乱を起こすよりも遥かに昔から、
彼の祖先であるトゥパク・アマル1世らインカの末裔の人々は、インカ帝国の再興を賭けて、
ビルカバンバの地を拠点に幾多の反乱を展開してきました。
このブログでは、彼らの遺志を継ぐトゥパク・アマルの大反乱を物語風に綴って参ります。

◆◇◆ お願い ◆◇◆

 この物語は一部を史実に即しておりますが、多分に創作を含んでおりますため、
フィクションとしてお読み頂けますようお願い申し上げます。
 また、この物語では、ストーリーの展開上、やむなく、
流血等の残虐な表現が出てくる場合がございます。ご了承の上、ご覧頂けましたら幸いです。

ホームページ(本館)では、場面毎に背景画像を変え、BGMもご用意。お好みでどうぞ。

コンドルバナー 2(新)

風とケーナお勧めネット小説。月夜見猫さんの珠玉のファンタジー小説。

アクール バナー 2

風とケーナお勧めネット小説。真魚子さんの壮大かつ深遠なる長編涅槃物語。

マオ様の真夜中の騎士

風とケーナお勧めネット小説。ふろぷしーさんの剣と魔法のスペクタクル・ファンタジー。

ふろぷしーさま☆バナー

★……… gooブログでも同時連載中。 gooのサイトへは、こちらから どうぞ。………★

◆◇◆ 登場人物紹介 イメージ画 頂き物イラスト 物語目次 も、是非、ご覧ください◆◇◆

ASPアクセス解析
2021.11.06
XML



再びアンドレスが深く頷く。


「確かに、ヨハンの言う通りだ。


今はあまり時間が無いから詳しくは説明できないけど、国外追放の件は大事なので話しておきたい。


ヨハンが言ったように、イエズス会の神父たちが国外追放になったことは本当だ……。


スペイン国王にとっては、インカの解放運動を推し進めようとするイエズス会の神父たちは、邪魔者でしかなかったからだ。


しかも、その国外追放が行われたのは今から15~6年前のことで、そんなに昔のことじゃない」


低く押し殺したアンドレスの声音に、ジェロニモやペドロも言葉を失ったまま唇をかみ締めている。


そして、ヨハンもまた同様に、無言で聞き耳を立てていた。


そんな彼らの前で、アンドレスはさらに重い口調で続けていく。


「国外追放を命じられた神父たちは、自分たちがいなくなった後の当地の民の行く末を案じて、どうすべきかすごく悩んだ。


だけど、スペイン国王のイエズス会弾圧は日毎に強まっていき、この国に留(とど)まっていたら、いつ命を奪われるかわからないような状況だった。


それで、多くの神父たちが、やむなく国外へ亡命していったんだ」


海底に沈み込んだような冷え冷えとした沈黙が流れた後、思いきったように低声(こごえ)でペドロが問いかける。


「あの……では、この国に残ったイエズス会の神父様は、誰もいなかったのでしょうか?」


「いや、ごく少数だけど、いた。


だけど、残った神父たちも、結果的には、皆、暗殺されてしまったが……」


そう答えたアンドレスの握り締めた拳が、微かに震えている。


その様子に、ジェロニモがハッと何かを思い出したように、大きく息を呑んだ。


「……あっ、そういえば、アンドレス様のお父上も神父様だったって、噂を耳にしたコトがありますが。


まさか……!」


アンドレスは顔を俯(うつむ)かせて、苦し気に小さく頷いた。


「──ああ、その通りさ。


俺の父上もスペイン人のイエズス会の神父で、当時、インカの解放運動をしていた。


そして、暗殺されてしまったひとりでもある……」


「……ッ!」


ヨハンも含めて、聴いている皆がグッと息を詰め、いっそう重々しい空気が小さな部屋に圧(の)しかかる。


シン…と静まり返った簡素な室内に、低く絞ったアンドレスの声が再び聞こえてきた。


「実を言うと、父上とアリスメンディ殿は面識があったんだ。


ふたり共、イエズス会の神父で、解放運動を共にしていた同志でもあった。


でも、それだけじゃなくて、ふたりは親友同士でもあったんだ。


スペイン国王から国外追放の命令が下った時、思い悩んだ末、アリスメンディ殿は英国へ亡命するという苦渋の決断をした。


だけど、俺の父上は、この国に骨を埋めるつもりでインカ族の母上と結婚して、既に俺も生まれていたから、国外追放の命令に従わなかった。


その結果、父上は暗殺されてしまったが……。


俺がまだ5歳ぐらいの頃の話だ」


最後は呟くようにそう言って、アンドレスは悲し気に目を伏せた。


【登場人物のご紹介】 ☆その他の登場人物はこちらです☆

≪トゥパク・アマル≫(インカ軍)
反乱の中心に立つ、インカ軍(反乱軍)の総指揮官。40代前半。
インカ皇帝末裔であり、植民地下にありながらも、民からは「インカ(皇帝)」と称され、敬愛される。
インカ帝国征服直後に、スペイン王により処刑されたインカ皇帝フェリペ・トゥパク・アマル(トゥパク・アマル1世)から数えて6代目にあたる、インカ皇帝の直系の子孫。
「トゥパク・アマル」とは、インカのケチュア語で「(高貴なる)炎の竜」の意味。
清廉高潔な人物。漆黒長髪の精悍な美男子(史実どおり)。

≪アンドレス≫(インカ軍)
トゥパク・アマルの甥で、インカ皇族の青年。20歳。
剣術の達人であり、若くしてインカ軍を統率する立場にある。
スペイン人神父の父とインカ皇族の母との間に生まれた。混血の美青年(史実どおり)。
英国艦隊及びスペイン軍との決戦において、沿岸に布陣するトゥパク・アマルのインカ軍主力部隊にて副指揮官を務めていたが、急遽、トゥパク・アマルの密命を帯びて旅立つことになった。

≪ジェロニモ≫(インカ軍)
義勇兵としてインカ軍に参戦する黒人青年。20代半ば。
スペイン人のもとから脱走してインカ軍に加わった。
スペイン砦戦では多くの黒人兵を統率し、アンドレスの無謀な砦潜入作戦の完遂を補佐。
身体能力が高く、明朗な性格で、ムードメーカー的存在。
これまでも陰になり日向になり、公私に渡って、アンドレスを支えてきた。

≪ペドロ≫(インカ軍)
インカ軍のビルカパサ隊に属する歩兵。
此度のアンドレスの旅の同行者の一人。
20代後半の若さながらも郷里には妻がおり、息子思いの父でもある。

≪ヨハン≫(スペイン軍)
スペイン軍の歩兵。20代半ば。
偶然的な事情から、此度のアンドレスの旅に同行することになった。
スペイン人らしい端正な風貌な持ち主で戦闘力もありそうだが、性格は傍若無人なところがあり、掴みどころが無い。

≪モスコーソ司祭≫(スペイン軍)
植民地ペルー副王領におけるカトリック教会の頂点に立つ最高位の司祭。60代前半。
単に宗教的な意味合いで高位に君臨する存在というだけでなく、植民地統治においても絶大な発言力を有する政治的権力者。
キリスト教の名を笠に着て、いかなる冷酷な所業をも行う一方で慈愛深げに振舞う、奇態な人物。

◆◇◆はじめて、または、久々の読者様へ◆◇◆

目次 現在のストーリーの概略はこちら HPの現在連載シーンはこちら​  ASPアクセス解析

★いつも温かく応援してくださいまして、本当にありがとうございます!

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村(1日1回有効)







Last updated  2021.11.06 23:43:24
コメント(142) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.