276921 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

  浪漫孤鴻 【 壺公仙人の独行・独白 】 涯 如水

2017/05/01
XML
【Photo of the Day= Unfomiliar_Beach = by N.Geoglaphic】
 
【B.G.M. of the Day= Santana - Oye Como Va =You_Tube/jp】
【虎子/ココの誇顧/ココ; 彷徨癖者・如水が愛犬のココ(ボクサー犬)の悲嘆・感嘆 / 05月01日

イスラエルとサウジの接近で思い出す、日本大使館のスパイの話
= NewsWeek_Column_2017年04月25日 イスラーム世界の現在形 保坂修司


米国の中東政策を形成するのに重要な役割を果たすのは当然、国務省の近東局というところで、責任者は通常近東担当次官補になる。 このポジションは政治任用だが、実は4月25日現在きまっておらず、したがって、米国の中東政策の概要がみえてこない。

ティラーソン国務長官は、石油会社出身のくせに、失礼ながら中東のことを理解しているとは思えず、独自の中東政策を打ち出せるとは考えづらい。

たまたま在京米大使館員と話していたら、政治任用はかならずしも専門家である必要性はなく、政治的影響力(大統領との距離など)のほうが重要なことが多いといっていて、たしかにそのとおりなのだが、火薬庫みたいな中東に、火炎放射器をもって乗り込んでいくような人はやっぱりご遠慮いただきたい。

肝心要の近東局の頭が決まらない状況で、誰が中東政策で影響力をもつかというと、曲がりなりにも職掌として中東が含まれている、トランプ大統領の女婿、ジャレッド・クシュナー大統領上級顧問となるのだろう。

正統派ユダヤ教徒でもある彼の一族の金がイスラエルの入植地に回っているなどという説もある。こうした色のついた人物が中東政策の要になった場合、政策も特定の方向に引っ張られかねないのではないかと、わたしのようにアラビア語を生業とするものは危惧してしまう。

アラブ諸国の盟主の役割を果たさねばならないサウジアラビアは、トランプ大統領の反イラン的発言に気をよくしており、先日のシリアでも「完全に支持」というように、もろ手を挙げて賛成の状態である。

そうでなくても、核合意でイランが国際社会に復帰する目が出てきた段階で、サウジアラビアの苛立ちは相当高まっており、しかも頼みの綱の米オバマ政権はまったく頼りにならなかった。 天敵のはずのイスラエルと接近などといった報道が目立ってきたのも、それを反映したものだっただろう。

イスラエルとしても、イランという共通の敵ができて、サウジアラビアの役割は重みを増しているのかもしれない。 ここ数年、両国から発せられる反イランの言説が、嘘くさい部分も含めて、びっくりするほど似通っているのは、示し合わせているんじゃないかと邪推したくなるほどだ。



モサドがわたしの職場でスパイをリクルートしていた
しかし、イスラエルがもともとサウジアラビアにそれほど強い関心をもっていなかったのはいろいろな資料からうかがえる。少し古いが、ビクター・オストロフスキーという人が書いた『モサド情報員の告白』(TBSブリタニカ、1992年)という本がある。

この本によれば、少なくともイスラエルの諜報機関、モサドはサウジアラビア関連情報をそれほど重視していなかったらしい(とはいえ、いろんなかたちで接点を維持していたのは本書でも描かれている)。

この本のオリジナル英語版が出たころ(1990年)、わたしはサッダーム・フセイン時代のイラクにおり、この本がベストセラーになったことなど知る由もなかった。 だが、その後、サウジアラビアに移り、そこで本書がサウジ駐在外交団のあいだで大きな話題になっていたのを知ったのである。

モサドの内情暴露本が外交団で話題になるのは別に珍しいことではあるまい。 だが、本書がサウジで話題になったのは、もっと特定のことのせいであった。 実はこの本にはモサドがサウジアラビア国内でエージェントをリクルートしていたと書かれていたのである。

さすが、モサド、サウジアラビアにもスパイをもっていたんだ、と感心している場合ではなかった。 なぜなら、モサドがスパイをリクルートしたというのは当時のわたしの職場だったからである。 念のため、邦訳のその部分を引用してみよう。

≪私がモサドにいた間にサウジアラビアでおこなわれた勧誘は、日本大使館のある館員におこなわれた一回だけである。それだけだ。(125頁)≫
また、別のところにでも日本大使館のスパイの話が登場する。

われわれの(サウジアラビア〔引用者註〕)デスクは、ガニトを頭とするヨルダン・デスクのそばにあった。どちらも重要なデスクとはみなされていなかった。当時のモサドがサウジアラビアに持っていた情報源は一つしかなく、それは日本大使館内のある人物だった。あの地域からもたらされるその他の情報は総て、新聞、雑誌その他のメディア、それに8200部隊がおこなう徹底した通信傍受に仰いでいた。(169頁)≫



ちなみに、本書英語版にはもう1か所、「在テルアビブ」日本大使館への言及があるのだが、なぜか邦訳では出てこない。何か差し障りがあったのだろうか。

最初の引用部分の「館員」は原文では"attaché(アタッシェ)"であり、二番目の引用にある「ある人物」とは"a man"である。したがって、スパイは男性で、しかもアタッシェなので、外交官とはかぎらないことになる(「容疑者」が誰かは知っているんですが、諸事情ゆえ書きません。 もちろん、わたしではないです)。

サウジアラビアとイスラエルの関係に変化が訪れている
サウジアラビア・イスラエル間に国交はない。 両国国交樹立の条件としてサウジ側は、イスラエルが1967年に占領した地域から撤退すれば、アラブ諸国はイスラエルと国交を結んでもいいというアラブ・イニシアティブを明らかにしている。 だが、イスラエルがそれを受け入れる予兆はまったくない。

他方、昨年サウジの退役将軍アンワル・エシュキーがエルサレムを訪問し、イスラエル政府関係者と会談し、イスラエルのメディアのインタビューを受けている。 少なくとも彼が逮捕されていないことを考えれば、両国関係は明らかに変化したとみるべきだろう。

現時点でサウジアラビアがイスラエルと国交を結ぶメリットはまったくないが、水面下でやっていたはずの接触が表に出てきたことにはそれなりの意味があるはずだ。

参考記事米国がイスラエルの右翼と一体化する日: http://www.newsweekjapan.jp/kawakami/2016/11/post-24.php
参考記事トランプ蜜月の先にある中東の3つの課題 :
http://www.newsweekjapan.jp/kawakami/2017/02/3.php
参考記事死と隣り合わせの「暴走ドリフト」がサウジで大流行 : http://www.newsweekjapan.jp/hosaka/2016/05/post-1.php
参考記事サウジ、IS、イランに共通する「宗教警察」の話 : http://www.newsweekjapan.jp/hosaka/2016/04/is.php



古都 老翁がいた。 翁は愛犬を愛で朝夕の散歩に伴う。 翁は大壺を持ち、夕刻 酒を片手に壺に躍り入る。 くぐもる声で語る傾国の世辞は反響し、翁の安息を妨げ、翁はなす術も無く自笑。 眠りに落ちた。  
---------下記の姉妹ブログ 一度 ご訪問下さい--------------
【壺公夢想;紀行・随筆・探検譜 http://thubokou.wordpress.com/
【疑心暗鬼;民族紀行・歴史紀行   http://bogoda.jugem.jp  】
【閑仁耕筆;冒険譜・歴史譜  http://blog.goo.ne.jp/bothukemon
・・・・・
スマイル
クリック 宜しく・・ブログランキング・にほんブログ村へ・・人気ブログランキングへ・・ 再会を期して, 涯 如水 ・・・・・





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017/05/01 06:00:06 AM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Rakuten Profile


涯 如水さん

夢を追う彷徨人・浪漫孤高

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
海外旅行  歴史的遺構  冒険・探検 

Category

Recent Posts

Free Space

※ お願い
下記リンクの移行はスライドにて変色の上、左クリックして下さい

【壺公夢想;紀行随筆・挑戦者達・歴史秘話・等々】
≪ thubokou.wordpress.com 》
・不世出の旅行家/E.バトゥータ - 01~19節(2014.04.22)
・宦官・鄭和/ 聖地メッカ巡航 - 01~15節(2014.04.03)
・マヤ・インカ文明/ 繁栄と崩壊 - 01~77節(2014.03.19)

【閑仁耕筆;探検家・挑戦者・登山家の譜講】
≪  blog.goo.ne.jp/bothukemon  ≫
・ハインリッヒ・ハラー/オーストリア;- 01~XX節(2014-04-08)
・ジョウジ・マロリー/イギリス;- 01~09節(2014-04-06 )
・ラインホルト・メスナー/イタリア ;- 01~04節(2013-10-29)
=http://vimeo.com/5061335=
 ;驚異にフランドジョラス北壁単独行登攀動画、チェック!!
・ウーリ=-・ステック/スイス  ;- 01~03節(2013-10-19)
・アナトリ・ブクレーエフ/ロシア ;- 01~06節(2013-10-13)
・探検家・冒険家 1~8シリーズ(2013.09.19-09.29)
・探検家フリチョフ・ナンセン博士; - 01~12節(2013-10-13)
・探検家ゼブ・ホーガン博士;- 01~09節(2013-09-28)

【疑心暗鬼;歴史・民族の随筆譜講】
≪  bogoda.jugem.jp  ≫
・空飛ぶ公爵夫人/ パイロット - 01~03節(2014.04.07)
・スピリット・ジンの話し - 01~05節(2014.04.01)
・バロン西・硫黄島に死す - 01~10節(2014.03.22)
・稀代のパトロン・バロン薩摩 - 01~08節(2014.03.02)
・エルギン・マーブル移設の苦悩 - 01~09節(2014.02.14)
・赤十字誕生秘話、A.デュナン - 01~09節(2014.01.27)
・『鉄の女』と呼ばれて - 01~10 (2013.12.14)
・ハプスブルグ家の系譜  - 01~28節(2013.11.25)

【壺公夢想;Home_Page・夢想空間】
≪  http://thubokou.wordpress.com  ≫
紀行随筆
・汗血馬の故郷へ;
 http://thubokou.wordpress.com/2012/12/31/
・天山南路・歴史紀行;
 http://thubokou.wordpress.com/2013/01/11/
・天山・草原のシルクロード;
 http://thubokou.wordpress.com/2013/01/19/
・天山・激動の草原地帯;
 http://thubokou.wordpress.com/2013/01/27/
紀行エピローグ・写真随筆;
 http://thubokou.wordpress.com/2013/02/07/
西域人物伝・ティムール;
 http://thubokou.wordpress.com/2013/03/09/
西域人物伝・ティムールの系譜;
 http://thubokou.wordpress.com/2013/03/15/
ティムールの系譜“ムガル帝国”;
 http://thubokou.wordpress.com/2013/03/21/
ジンギスハーンの系譜
・“アルタン・ウルク/黄金の家”第一部・第一章ジュチ家の覇権
http://thubokou.wordpress.com/2013/04/02/
・“アルタン・ウルク/黄金の家”第一部第二章ジュチ党・バトゥの野望
http://thubokou.wordpress.com/2013/04/10/
・“アルタン・ウルク/黄金の家”第二部チャガタイ家の覇権
http://thubokou.wordpress.com/2013/04/24/
・“アルタン・ウルク/黄金の家”第三部オゴデイ家の覇権
http://thubokou.wordpress.com/2013/05/02/
・“アルタン・ウルク/黄金の家”第四部トルイ家の覇権
http://thubokou.wordpress.com/2013/05/08/
・“アルタン・ウルク/黄金の家”第五部フレグ家の覇権
http://thubokou.wordpress.com/2013/05/21
騎馬遊牧民族
・匈奴の勃興と移動
 http://thubokou.wordpress.com/2013/06/01/
・欧州・アッチティラの動乱
 http://thubokou.wordpress.com/2013/06/09/
・ジュンガリア =最後の騎馬遊牧民国家=
 http://thubokou.wordpress.com/2013/06/13/
絹繡之路(シルクロード)夜咄
・シルクロード夜咄・四駿四狗
 http://thubokou.wordpress.com/2013/06/16/
・シルクロード夜咄・智謀の将
 http://thubokou.wordpress.com/2013/06/23/
・シルクロード夜咄・運命の綾
 http://thubokou.wordpress.com/2013/06/26/
ムガル帝国・建築文化
http://thubokou.wordpress.com/2013/07/02/

Calendar

Archives

Favorite Blog

コデマリとミツバチ New! 女将 けい子さん

コンドルの系譜 第… 風とケーナさん

小さな人が幼稚園生… tutuanna♪さん

青空日和 紘子.さん
  新自然回帰線 … charberryさん
わかりあえるか 中… 20楽10天さん
湘南のカモメ 湘南のカモメさん
TOKKOの 詩的な生活 T0KKOさん
しあわせが似合う人 Melody*さん
ないものねだり 砂浮琴さん
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.