9171825 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

FANTA-G

FANTA-G

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2009.02.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 急激な不景気でラジオ放送が大変なことになっているようですが、

<愛川欽也さん>ラジオ番組が突如終了、放送中に悔し涙 名パーソナリティーが消える

 どんなに人気番組であってもスポンサーが付かなければ続けられない、これはラジオだけではなくテレビも同じです。

 そもそも番組の人気、というのは本来「商品のCMを見てもらうため」なのですが、業界も、そして私達一般視聴者も感覚が麻痺して、いつの間にか番組を作るためにCMがある、みたいな勘違いをしていたのだと思います。

 それを証明するのが早朝にやっている宗教番組。見ている人、聞いている人などほとんどいない、にもかかわらず何十年と続けられるのはスポンサーがいるからであり、放送局としては誰も見ていなくてもお金が入る、非常に優良なコンテンツなんです。

 私は昔から広告業界とは「ウナギ屋の匂いを売っている商売」だと思っています。匂いに釣られて客がやってくる、店が繁盛する、でも、ウナギの匂いに金を払う客はいない。

 本当の意味で商品宣伝が番組の趣旨であるのなら、深夜のテレショップが一番正しい番組作りなんですよ。面白いかどうかは別にしても。あるいは放送した番組をそのまま商品化できるアニメなど。

 私の大好きだった深夜ラジオ番組コサキンも27年間の歴史に幕を下ろしますが、後期は本当にCMが同局番組の宣伝だけだった、という悲惨な状況で・・・これは古い番組だけではなく、地方の放送局のCM枠が延々と音楽が流れているだけ、など、軒並み壊滅状態になっていますから。かといって視聴者がどんなに多くても「番組予算に繋がらない」システムのため、我々にはどうにもならない世界です。

 スポンサーはあくまで宣伝効果にお金を払っているのであって、番組の人気やDJの知名度がいかに高くても商品の売り上げに貢献しないのであれば無意味、という、当たり前の厳しい現実を皆が忘れていたのかもしれない、とは思います。

 寂しいですが、だったら本当に有料課金放送をもっと積極的にやってほしいなあ。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2009.02.17 08:09:34
コメント(3) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

FAM5220

FAM5220

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

もにゃら@ Re:万博反対!(11/30) 幾らくらい政治家のお友達企業に金が流れ…
もにゃら@ Re:一部政治家のメンツのために使っているから(11/28) 学生が一夏の思いで作りに映画やゲームを…
もにゃら@ Re:そんな国にする政治の方がもっと悪影響です(10/31) この件で不安に思われているのは、男性が…
もにゃら@ Re:完全に失敗は政府と企業の方針ではないかと・・・(09/18) 陰謀論じみた説として、少子化対策がショ…
もにゃら@ Re:もうね・・・ダメなんですよ!(08/07) 1995年7月の東京は30度を越えたのら2日…

フリーページ

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.