702250 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

標茶六三の「文庫で読む500+α」

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

フリーページ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

フジミツ@ バックナンバー 『町おこしの賦』001~024までは、画面左…
フジミツ@ Re:001:九月の雪虫(03/18) この小説は舞台だけ標茶町を選びましたが…
「標茶六三の文庫で読む400+α」&知だらけの学習塾・銀塾


【山本藤光(本名)名義の主な著書】
『暗黙知の共有化が売る力を伸ばす・日本ロシュのSSTプロジェクト』(プレジデント社)⇒日本ナレッジマネジメント学会研究奨励賞受賞。
『なぜ部下は伸びないのか』(かんき出版)
『世界一ワクワクする営業の本です』(日本実業出版/オーディオブックFEBE)⇒韓国でも翻訳されています
『人間系ナレッジマネジメント』(医薬経済社)⇒企業向け説明に応じます
『最下位チームがトップになった・ビリーの挑戦』(医薬経済社・小説)⇒ほぼ実話です。どん底チームが本当にトップになりました。
『同行指導の現場・営業ドキュメント』(プレジデント社)
『MRの質を測るものさしあります』(エグゼビアジャパン)⇒企業向け講義をしています。
『仕事と日常を磨く人間力マネジメント』(医薬経済社)


【著作者別書評の検索方法】
画面を下にスクロール→[新着記事一覧]→[カテゴリ記事一覧]→[あ行の著作者の書評]






2017.07.22
XML
097:あわただしい準備
――『町おこしの賦』第4部:標茶町ウォーキング・ラリー05
1町おこし.jpg

 瀬口薬局は、二番スタンプ所に指定された。したがって参加者たちは、早い時間に訪れてくる。
   標茶町役場からは、大型スクリーンとスタンプ台一式が届けられた。「ウォーキングを楽しく」と書かれたパンフレットも届いている。
――ビデオはエンドレスにしてあります。繰り返し流れますので、来訪者にはこのソファに座って、五分間見てもらうだけで構いません。
 
   標茶町役場の観光課斉藤課長は、それだけを伝えてあわただしく出て行った。恭二の父・恭平は調剤室に向けてあったソファを、ビデオに向かうように改めた。学校から帰ってきた恭二は、店内を眺めて、「いよいよだね、父さん」とねぎらいの言葉をかけた。
「ウォーキングなんて、やったことがない。質問されたらどうしよう」
 恭二は父が何度もビデオと向き合い、ウォーキングに関する本を読んでいることを知っている。
「質問は受けつけません、とでも貼り紙しようか」
 ふざけていうと、「それもいいな」との答えが戻ってきた。

 標茶町ウォーキング・ラリーの責任者・宮瀬哲伸は藤野温泉ホテルで、社長の藤野敏光と打ち合わせをしている。
「来訪者は、五百人と予定しています。ただし一泊二日コースは、その二割くらいだと思います」
 宮瀬の説明に、藤野は目を丸くしていった。
「百人の宿泊はムリですよ。八十人は収容できますが、ほかにも泊まり客がいます」
「宿泊の方は、ほかのホテルにもお願いしてあります。入浴の方は一度にどのくらい可能ですか?」
「男湯が三十と女湯が二十というところです。五百人が一遍にきたら、十回に分けてもらわなければなりません」
 宮瀬は考えこんでしまう。藤野は心配そうに、宮瀬を見ながらいった。
「入浴もそうですが、バスタオルやタオルも足りません。それにここで夕食となると。食堂は五十人が限度です」
 宮瀬はほかの温泉ホテルへ、分散させる道を思い描く。うかつだったと思う。







最終更新日  2017.07.22 05:06:12
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.