3708322 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

へにょへにょ日記[スムースチワワ写真ブログ]

PR

全82件 (82件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

本のはなし

May 10, 2013
XML
カテゴリ:本のはなし
東京に出たついでに、新宿うろうろ。ユニクロでチラシに出てたお買い得品をゲット。ユニクロは、自宅の近所にもあって、よくチラシが入っています。セール品は同じでした。

小太郎

新宿西口のユニクロは地下1階から地上4階までのフロアがあって、各フロアはそんなに広くありません。全体ではけっこうな床面積なんだろうけど、縦移動しなきゃならなくて面倒でした。地元のユニクロのほうが、広めのワンフロアでほとんどの商品があって、コンパクトで買い物しやすいです。自転車で行けるしね。

ついでにビックカメラに寄って電子書籍の売り場をチェック。かねてから実物が見てみたかったKindleが置いてあって、しばし遊んでしまいました。koboもあったけど、Kindleのほうが使い勝手が良さそう。…なんとなく。

あと、Kindleだと無料の英語版の絵本なんかもたくさんあるらしく、英語の勉強にも使えるとか。

E-Ink(電子ペーパー)の端末がひとつ欲しいなぁと思っているのだけど、やっぱりスマホの液晶と比べると反応が遅いのが気になります。3000円くらいだったら買ってもいいかなぁ。

iPad miniは何回見ても、あんまり欲しくなりません。大きさが中途半端。電車の中で電子書籍を読むには大きすぎるし、家で使うには大きいiPadのほうがいいような気がするし、なにより、片手で持てない。。。もう一回り小さくてもよかったような気がします。

↑kobo miniもいいけど、これだとスマホでもいいかも。電子ペーパーだから目が疲れないというのはよいです。…でもページ送りのときに白黒反転したりするからチカチカする感じがするのは、慣れれば平気なのかな。

今日は持って行った文庫本を読み終わってしまったので途中から、スマホ版koboで無料のハーレクイン小説を読んでいました。前編だけ無料だから後編は買わなきゃいけないんだけど、けっこう面白くてさらさらと読み進めてしまいました。こうこう軽い読み物系はスマホや電子書籍端末で読むにはいいかもしれません。後編は300円くらいみたいだけど結末が気になって買ってしまうかも。むひゃ。

人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ Pet Links






最終更新日  May 10, 2013 06:06:54 PM


May 9, 2013
テーマ:読書(3962)
カテゴリ:本のはなし
楽天をうろうろしていたら、koboのスマホアプリがあることを発見。昨年末にAndroid版が出て、4月にiOS版が出たばかりのようです。さっそくダウンロード。

小太郎

専用端末を買うのはちょっとねぇ…と思っていたところだったので、ナイスタイミングです。iPhoneでお試し版をいくつか読んでみましたが、悪くないです。最初から日本語ユーザー向けに作ったものなんだろうな。縦書きテキストを違和感なく読めます。個人的に、端っこに全体のページ数と今読んでいるページ番号が出るのがかなりポイント高いです。電子書籍は、今どこを読んでいるのか分からないというのが、一番のネックだったので。

そして、楽天のIDでログインしたり本を買ったりできるので、楽天ポイントがつくし、貯めた楽天ポイントで買い物もできる!

電子書籍市場、KindleとかkinoppyとかBookLive!とか、いろんなストアがひしめいていますが、だんだん淘汰されていくのでしょう。データを横断的に保存できて、自分の電子書籍の蔵書が一元管理できるとか、Kindleで他のストアの本も買えるとか、そういう風になってくれば話は別ですけども、ならないだろうなぁ。

やっぱり、生き残りの最有力候補はKindleなんだろうけど、他もなかなか健闘しています。個人的には楽天つながりのkoboが一歩リードした感じです。これで買える本の種類があればいいのだけど。あんまり保存とか考えないで、さらっと読んでおしまいというようなものはkoboで買ってしまうかも。あ、値段が安ければ、ですが。


↑試し読みのハーレクイン小説の続きがちょっと気になっているところ。

↑母の日セット。文字を拡大できるのでシニア層にも愛用者が増えているとか。

↓この狙いは当たっていると思う。。。アプリから入って、端末を買う。
日本人は電子ペーパーよりアプリが好き?! 楽天koboが市場動向を解説(INTERNET Watch)

人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ Pet Links






最終更新日  May 9, 2013 04:55:47 PM
Mar 28, 2013
カテゴリ:本のはなし
基礎体力づくりのためのロングコース散歩、毎日じゃないけど、一応続いています。そして、体力が付いたかどうかは…まだ分かりません。

小太郎

このところの天候不順でちょっとダルダル。部屋の片付けも進みません。お天気に左右される体調、どうにかしたいのだけど、たぶん、飲んでいる薬の副作用なのでどうしようもなく、悪あがきしても精神的に疲れるだけなので、調子悪いときはおとなしくしています。

それでも、部屋の本はだいぶ片付いて、私にしては驚異的なくらい、がんばって処分しました。本棚一本分くらいは減ったと思います。洋服と一緒で、何年も開いたことがない本はたぶんいらない本なので、なくなっても困ることはないはず。そう思ったら割とスムーズに捨てられました。

でもまだ在庫過多。なにしろ多いのが、未読の本。読み終わったらいらなくなるだろうなっていう本がかなり多いです。その中でもほんの少しだけど、あまり読む意欲が感じられない本もあって、これらは思い切って古本屋行きの段ボールに入れちゃいました。他に読む本いっぱいあるし。自分で買った本なのですが、そのときは読みたかったはずなんですが、ブームが過ぎちゃったりとかで今はもういいやっていう感じです。やっぱり、本は、買った勢いで読まないとダメかも。

あまりにも未読の本が多いので、さすがの私も最近は小説はあまり買っていません。お気に入りに登録してそれで様子見。そのうちに文庫になるし、先に、家にある本を消化しなければ。一週間に三冊くらい読んでも一年はかかりそうです。

以前は週に三冊ペースで読書っていうのも現実的だったのですが、今は病気と薬の影響で、目が疲れたり集中力がなかったりで週に一冊も読了できません。いったい同じ本をいつまで読んでいるのだ、と思うのですが、仕方ないです。のんびり読みます。

あ、ネットを見ている時間が長いっていうのも原因です。ネットのない世界に行ったらもっと読めそう。ネットや新聞を含めたら相当な量の活字を読んでいるのですけど、本を読む余力がないので本が減らないのですね。時間配分をうまく調節しないといけません。

↑この期に及んで、こういう大きい本が欲しい私は一生、本の断捨離はできないんじゃないかと思います…。

人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ Pet Links






最終更新日  Mar 28, 2013 03:48:08 PM
Mar 22, 2013
カテゴリ:本のはなし
三省堂書店の店頭で、電子ブックリーダーLidio(リディオ)のデモ機とパンフレットが置いてあったのでもらってきました。LidioはBookLive!という電子書籍ストアと連動しているみたいで、三省堂の店頭でBookLive!のプリペイドカードを売っていたり、店頭にある本の電子版を購入したりできるようです。

小太郎

最近、電子ペーパーの電子ブックリーダーが気になっています。iPhoneやiPadだと液晶がまぶしいので、紙に近い電子ペーパーのほうが読みやすいのではないかと思って。

AmazonのKindleも気になっているのですが、イマイチ決め手にかけます。一番のネックは電子書籍の値段が、紙の本とほとんど変わらないというところなので、その点さえクリアすれば(電子書籍の値段が下がれば)KindleでもLidioでもいいような気もします。買った本の相互移動(KindleからLidioとかその逆とか)ができないのもネックで、所有する電子書籍が一元管理できるようになったら、電子書籍のハードルもさがりそうです。

しかし、書籍自体の値段が下がれば、保存は考えず、読んだらそれでおしまい、というのでもいいかなと思います。だから、最初にLidio買って、そのあとKindleに乗り換えようとしたときにLidioで買った本が移動できなくてもそれはそれで諦めよう、と。そういう心づもりで買おう、と。

パンフレット見ていいなと思ったのは、Lidioは日本発のリーダーなので、日本語の本が読みやすく作ってありそう。操作も簡単そう。Kindle使ったことがないので比べられませんが。

セットアップ不要、年会費なし、通信費も無料だそうです。必要なのは電子書籍の購入代金のみ。これで、Lidio本体の代金ももう少し安ければいいのだけど。3000円くらいなら買ってしまうかも。

面白いことに、三省堂のリアル書店の店頭に並んでいる本に、その本の電子版の購入用バーコードが付いているものがあるらしいのです。で、レジで電子書籍の決済をして、ダウンロード用にコードをリーダーに入力すると電子書籍がダウンロードできるらしいです。たしかに、店で物色して、立ち読みして、買うのはネット、っていうこと多いので、このやり方はありかもしれません。

このリーダー、読書好きのシニア世代を狙っているようなので、ネットに疎いシニアにも使いやすい、買いやすいっていうのもポイント。なかなかツボを心得た戦略ではないかと思います。今後が楽しみ。

↑楽天でも買えます。

BookLive!で買った電子書籍はLidioのほかにもAndroidスマホやiPad、iPhone、WindowsPCなどで読めますが、Macには対応してないみたい。おしいなぁ。

↑チワワの小太郎はうまうまスティックがお気に入り。やわらかいので手でちぎってあげることもできますが、そのままあげると上手に掴んで食べてる姿がかわいいです…でもあっという間に食べ終わっちゃう。美味しいらしいです。

人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ Pet Links






最終更新日  Mar 22, 2013 05:24:31 PM
Mar 4, 2013
カテゴリ:本のはなし
リフォーム後の部屋の片付け、なかなか終わらないのですが、少しずつ進んでいます。山積みの段ボール箱は、とりあえず全部開封はしました…が、中身を確認してそのままそっとフタを閉じて積んである箱もあります。。。

小太郎

本棚をひとつ処分したとはいえ、これだけの本がリフォーム前はどこに収納してあったのかと、自分でも不思議。押入に収納してあった本もあるのですが、それが、本棚一本分くらいある気がします。押入に入っていたのは小説が多くて、面白かった本や印象に残っている本がとってあるのですけど、基本的に二度読むことはほとんどないのでなるべく捨てる方向に。まだ続いているシリーズものだと最初から取っておきたいし急に読み返したくなることもあるかもしれないので手放せません。シリーズものじゃなくても、好きな作者の本は保存しておきたい気持ちが強くて、これも手放せません。

…なんて、小説でうじうじ悩んでいたら、そんなものよりなにより、画集とか展覧会の図録とか、手作り本とか、絵本なんかがどどーーんと出てきて、本当の敵はここにいたことに気付いたのでした。

図録もだいぶ処分したんですが、まだ7,80冊くらいあります。たぶん100冊はないと思うのだけど、本棚のかなりの部分を占めてます。手作り本は一冊一冊は薄いのだけど、編み物、テディベア、ビーズ、バッグなどいろんな種類が少しずつあって、これも本棚の二段分くらいを占めてます。さらに、絵本は、1階の居間の押入の天袋に入っていた、小さい頃に読んでいた本と、大人になってから自分で買った本があって、それも本棚の三段分くらいの量があります。

あとは、漢方、膠原病、運動などの医療、健康関係の本や、占いやアロマの本、写真、カメラの本、パソコン、グラフィックソフト、デザイン、印刷関係の本、犬、チワワの本などなど、実用書もいっぱい。ミニ本屋が開けそうです。

料理の本は、大型本以外はキッチンの棚に収納。それも一段分占領してます。コミックもだいぶ処分したのですが、十代や二十代になんども読み返した本はなんとなく捨てられません。わりと新しい本は、完結したらまとめて古本屋さんに売ってしまってます。でも完結するまではとってあって、何十巻と出てるものは、早く終わらないかなーと思うこともしばしば。コミックは最近はあんまり賀ってないのですが、それでもじわじわと在庫が増えてるから恐ろしいです。

いやもう、なかなか処分する踏ん切りがつかないので、二年以内にあと三回引っ越しするとして、荷造りの手間暇や運送費をかけてでも持っていきたい本はどれだろう、とか、捨てるんじゃなくて友達にあげちゃっても惜しくない本はどれかな、とか、適度に妄想を交えつつ在庫を減らしています。

そんな状態で片付けていたらなんだか頭痛が…。いいお天気なのでチワワの小太郎をお散歩して気分転換。…もうずっと気分転換していたい〜。

本が少なかったらこんなに悩まなくていいのよね。本に限らず、モノに振り回されてしまうのって時間と労力の無駄な気がします。断捨離ってそういうことなんだろうなぁ。

ああ、でも、それって、家族の悩みとも通じるかも、家族がいるから悩むんだけど、いなければいいかというとそうじゃない。うん、本やモノも、あればあったで悩むし、なければないで困るのだ。だから持っててもいいのだ(そうなのか?)。

↑文庫などを2重に置いたときに前列と後列を段違いにできる本棚も出てきてますけど、スライド本棚とどっちが使いやすいのでしょう。大きい本も入れられるっていう意味では段違い本棚のほうがいいのかな。

人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ Pet Links






最終更新日  Mar 4, 2013 04:31:39 PM
Dec 2, 2012
テーマ:私のPC生活(7021)
カテゴリ:本のはなし
電子書籍をとりまく環境が以前よりよくなっていて、「読む」ことに関してはかなりストレスがなくなっている気がします。タブレットで大きく表示させて読んだり、スマホで電車の中で読めたり、パソコンのディスプレイでも読めたり。文字の大きさや背景色なども設定で自分好みにできます。問題は、「保管」の部分。

小太郎

あちこちの電子書籍ストアで買った本を一元管理できないのがネック。購入するときにも、それぞれのストアでそれぞれアカウント登録しなきゃいけなかったりして、アカウント管理だけでもなんだかげんなりしてきます。

データの保管も、自分のPCやスマホにダウンロードしたデータを一元管理するというよりは、クラウド上にある本のデータを必要に応じでダウンロードして読む、読まない本は手もとの端末からは削除しておける、というものがいいです。クラウド上で自分の本棚を管理するスペースがあって、そこには本のタイトル情報などが記録されていて書籍本体のデータはそれぞれの出版社やストアにあるような、そんなイメージ。

読む環境は、ネットを見るブラウザがいろんな種類があるように、電子書籍リーダー端末や、スマホのリーダーアプリを自由に選べると嬉しい。書籍のデータ形式はいろいろあるんだろうけど、読む方はそれを意識しないでどんなデータ形式でも読み出せるようなリーダーが理想。

紙の書籍だと本の貸し借りができるところがいいところ。電子書籍だったら物体がないのでもっと簡単に貸し借りができるんじゃないかな。友達に貸しているときには友人の(クラウド上の)本棚に本が表示されて自分の本棚からは消えるとか、そういう仕組みがあればいいのに。

貸し借りじゃなくて、プレゼントなんかも電子書籍のほうが気軽にできそうです。遠方の人に送ったりとか、住所がわからなくても送れたりとか。

別々のストアで同じ本を重複して買ってしまわないように、ISBNのような番号で本を管理してくれて似た本を買いそうになったら警告してくれるシステムも欲しいです。

今のシステムだと、電子書籍を買ったストアがなくなってしまった場合に、買った本のデータが消えてしまうんじゃないかという心配があるのだけど、一元管理できるシステムになったらどこのストアで買った本でもデータが消えないような仕組みにして欲しいです。たとえば、大元の電子書籍の管理組合みたいなところが電子書籍のデータを一括保管するとか。

ICカードのSuicaは、首都圏の電車、バス、地下鉄などほとんどの交通機関で共通して使えてとっても便利なのだけど、そんな感じで、ひとつのIDでどこの電子書籍ストアでも買い物ができたら便利だと思います。そのIDで自分のクラウド本棚も管理。

書籍本体のデータをどこかのクラウドで一元管理してくれれば、過去に買った本でデータ形式が古くなったものでも新しい形式にアップデートされたりすることもできそう。たとえば、画集なんかだと今の時点での画質の限界があると思うのだけど、将来的にもっと解像度があがったり新しい技術ができたときには(有料でも)画質のよいデータで読み出すことができるようになるかもしれません。

なんて、理想を書いてみたけれど、きっとどこかで頭のいい人たちがこんなシステムを作り始めてくれているはず。いや、もしかしたらもっと便利なシステムがもうすぐできるかもしれません。できてなかったら、作って! できるだけ早く! お願い、エライ人。

↑昨日デジタル版を買った「マンガでわかる心療内科」。楽天koboでは売ってないみたいです。kobo気になるけれど、やはりコンテンツが充実しないと…。

人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ Pet Links






最終更新日  Dec 2, 2012 06:06:25 PM
Dec 1, 2012
テーマ:私のPC生活(7021)
カテゴリ:本のはなし
電子書籍のストアやアプリ(リーダー)はいろいろあるけれども、そのなかでも紀伊國屋Bookweb(Kinoppy)が良さそうなのでいろいろお試し中。スマホ、タブレット、PCで買った本が同期できて、読んでる本の情報も記憶されてるので別の端末でも読みかけのページから読むことができるのが便利です。

小太郎

お試し版や無料版の電子書籍もたくさんあるのでちょこちょことダウンロードして読んでみたりしていたんですが、いまなら、ポイント10倍だというので、一冊買ってみました(iOS版はポイント2倍なので、PCかAndroid版から購入するのがお得)。

小説は全部読み切れる気がしないので、とりあえずマンガを物色。前から気になっていた「マンガで分かる診療内科」の一巻を買ってみました。iPhoneの小さい画面でも意外に読めます。トレースズームという機能があって、一コマごとにズームしてくれて、読み進めることもできるのですが、私は1ページずつの表示のほうが読みやすかったです。コマ割が細かかったり字が多いコミックの場合は便利かも。

iPadだと見開き表示もできて、普通の新書版のコミックと同じくらいの大きさで読めます。1ページずつの表示だとコミック雑誌くらいの大きさになるので読みやすいです。PCの大きい画面で読むのもなかなかよいです。iPhoneやAndroidスマホで、電車の中でも読めるのは便利。外出先でざざっと読んで、家でじっくり読む、っていうこともできるし、好きな作品を何度も読みたい場合なんかはどんなにたくさんの巻が出てても、全巻をどこでも持ち歩けるのは画期的かも。

ただ、データをダウンロードして読む形式のようなので、保存容量がないとその度に消去したりダウンロードしたりしながら保存スペースを確保しないといけないかもしれません。

小説はテキストデータのようなのでそれほどでもなさそうですが、コミックや写真集などはデータが大きそうです。

電子書籍はまだまだ発展途上で、改良の余地はありそうですが、買ってもいいかなーというサービスが出てきたのは嬉しいことです。しかし、Kindleとかkoboとか、専用端末でダウンロードするものなんかもあるので(Kindleはアプリでスマホでも読めますが)今後、そういうものが主流になってきたらどうなるかわからない部分が不安材料。そのストアがなくなっちゃったら買った本が全部読めなくなっちゃうっていう事態は避けてもらいたいものです。

そういえば、話題になった「スティーブ・ジョブズ」(講談社)は、ペーパーバック版が1050円で発売されたのに、今だに単行本の1995円と同じ値段で電子版が売られていると、誰かが嘆いていました。ペーパーバック版の電子版は(まだ)ないみたい。同じ内容で紙版は安いものが出ているのに電子版のほうが高いままというのも不思議な感じです。このあたりも電子書籍市場の今後の課題かもしれません。

スティーブ・ジョブズ I-【電子ブック版】

スティーブ・ジョブズ I-【電子ブック版】
価格:1,995円(税込、送料込)

↑単行本、ペーパーバック、電子本。

↑いろんな意味で話題になっていましたが、koboはどうなんでしょうね。

人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ Pet Links






最終更新日  Dec 1, 2012 07:55:09 PM
Nov 29, 2012
テーマ:私のPC生活(7021)
カテゴリ:本のはなし
電子書籍の世界がだんだんと進化してきて、やっと、ちょっといいかなって感じのサービスが出てきました。雑誌のFujisanのデジタル書籍は買ってもいいかもって思えるようになりつつあります。まだちょっと慎重になってますが、便利に使えそうだったらかなり買ってしまいそう…。

小太郎

電子書籍は、「どのデバイスでも読める」「買った本がなくならない(半永久的に読める)」「記事をスクラップできる(印刷できる)」っていうのがポイントだと思うんですが、Fujisanはそのポイントをクリアしています。心配なのはサービス自体がなくなってしまって、買った本が全部読めなくなっちゃうことなんですが、いまのところは大丈夫そうかな、と。

Fujisanでデジタル雑誌を買うと、Fujisan側のサーバに保存されたデータをストリーミング形式で読み出す方式で読めるようです(iPadなどではダウンロードしたものをオフラインでも読めるようです)。なので、読むときに、基本的にはウェブに繋がる環境が必要。

逆に言えば、ネット環境さえあればかなり自由に読めるので便利です。Windows、Mac、iPhone、iPad、Androidなどに対応していて、買うのも読むのもデバイスを選びません。iPhoneで買った本をMacやAndroidで読めます。

本屋さんで立ち読みして、「芸術新潮」と「美術手帖」が欲しくなったのですが、この系統の本って、高いのと、本の形で保存したくなる(スキャンして保存だと画質が落ちる)のでモノが増えてしまうという恐れがあって、デジタル雑誌で探してみたんですけども、両方ともデジタル版はありませんでした。残念。

で、他の雑誌を物色していたら年末恒例の「きょうの料理」のおせち特集が目にとまりました。いつも、つい買ってしまう号です。それで、捨てられない…。

よし、今年はデジタル版で買ってみることにしよう、と意気込んで買ってみました。定期購読だけど「月払い」でいつでもやめられるそうです。しかも今なら最初の3ヶ月はお試し割引で、「きょうの料理」は半額。お得!

本当にどのデバイスでも読めるのか、確認。iPhone、iPad、Androidはアプリをダウンロードして読めます。iMac(パソコン)ではブラウザで読めます。印刷可能な雑誌もあるので、スクラップしたいページを紙に印刷してもいいし、PDFで保存しておくこともできます。スマホだったらスクリーンショットを撮っておくという手もありそうです。

「きょうの料理」だったら、iPadでレシピのページを開きながらお料理したり、お気に入りのレシピのページは印刷したり保存したりできるわけです。それをEvernoteに保存して分類しておけば完璧。デジタル雑誌ならスマホで電車の中でパラパラ読むこともできますし、レシピの材料をメモしなくてもスーパーでスマホの画面を見ながら買い物することもできます(なにげにこれがとても便利だと思う)。

iPhone、iPadのアプリは「読む」のに特化しているので「買う」ためのストア機能がないようです。Android版も、わかりにくいです。今後はアプリで買って、アプリで読む、という方向に行くと思うので、なるべく早くそういうシステム、アプリの改良をお願いしたいものです。

確実に手もとに残しておきたいものはやはり紙版で買ったほうがいいと思うのですが、いざとなったらなくなってもしかないか、と思えるような雑誌から、デジタル版を試していくのがいいかなと思います。慣れたらかなり便利そうな予感はしています。

【送料無料】美術手帖 2012年 12月号 [雑誌]

【送料無料】美術手帖 2012年 12月号 [雑誌]
価格:1,600円(税込、送料別)

【送料無料】芸術新潮 2012年 12月号 [雑誌]

【送料無料】芸術新潮 2012年 12月号 [雑誌]
価格:1,400円(税込、送料別)

↑デジタル版がないから紙版を買おうかどうしようか悩んでいるところ。アート系雑誌は高い〜。

人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ Pet Links






最終更新日  Nov 29, 2012 10:38:52 PM
Sep 29, 2012
カテゴリ:本のはなし
台風が近付いていてダルダルで頭も痛いのだけど、今日も今日とてお片付け。運送屋さんから貰った段ボール箱の大・中・小のうち、小が書籍用で、三辺がだいたい35cm。これで20箱くらいかなぁと思っていたら、足りなくなって焦っているところ。家にある段ボール箱でなんとかしなければ。

小太郎

日通の単身用の資材セットだと、一番小さいサイズは4枚、その上のサイズが6枚ついてくるらしいですが、…全然足りないでしょう。

もう、コミックとか文庫とか詰めるだけ詰めてしまったのだけど、日通のお引っ越しの手引きを見ると書類は詰めすぎないで6割程度にって書いてある…。いや、無理ですって。箱が足りませんって。重いけどすみません。もう、自分では動かせません。どうしよう。

昔、本屋さんでバイトをしていたときに、本の返品作業というものがありまして、一日に十何箱も本を詰めまくっていました。なので、サイズ違いの本を隙間なく詰め込むのは得意。しかし今回は隙間なく詰めると重くなってしまいます。でもね、荷物を詰めるコンテナのサイズも限りがあるので箱数が多くなると預けられる荷物が少なくなってしまうのです。本はなるべく預けたいから、重くなっても仕方ない、ということにします。もう少し小さいサイズの箱があればいいのになぁ。

8面サークルDTC24(扉付)【RCP1209mara】

8面サークルDTC24(扉付)【RCP1209mara】
価格:3,680円(税込、送料別)

↑リフォーム工事中の待避用に借りたアパートでチワワの小太郎があちこち行かれないように広めのサークルを物色中。母はいらないって言ってるけど、借りてるところで壁に粗相したりしたら大変だからやっぱり必要だと思うの。短時間お留守番させることもあるだろうし。

人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ Pet Links






最終更新日  Sep 29, 2012 06:25:51 PM
Sep 4, 2012
カテゴリ:本のはなし
晴れたり降ったり変なお天気でダルダルしています。その間にも我が家の片付けは進んでいて、毎日少しずつ捨てる物と取っておく物、リサイクルするものを分類しています。

小太郎

台所の戸棚の中にはもらいものの食器などが箱のまま入ってるんですが、何年か前に一度片付けているのでそれほど訳の分からないものは入ってませんでした。前に片付けたときには、私が処分するほうに分類したもののほとんどを母が取っておくと言ってきかなくて、結局あまり減らなかったのですけど、今回は母も処分するほうに気持ちが動いているので、かなり分量が減りました。

それにしても母と私と好みが全然違うので、私が捨てようとしたものを母が取っておくことにしたり、っていうことが多いです。逆もしかり。

昨日も少し書いたけれど、茶碗蒸し用の食器もたくさん数があるので半分くらいに減らそうと思ったのですが、何点か揃った柄で、二種類あったのでどちらか一種類にしようとしたところで意見が食い違いました。母と私でどちらの柄を残すか意見が合わず。とりあえず両方残しておくことになりました。お客さんがたくさん来ても、茶碗蒸しは出せます。あ、そんなに入る蒸し器がなかった…。

本も、かなり減りました。人にあげたり、ブックオフに売ったり、普通の古本屋さんに買い取ってもらったり。バーコードがなくて(古くて)ブックオフには売れない本は普通の古本屋さんに売ろうと思ったんですが、中途半端に古い本は在庫過多のようでほとんど値がつかず、郵送(宅配)での買取だと損になっちゃうみたい。事前に買取できるかどうかメールで確認したらほとんどの本は丁寧に断られました(一部は買い取ってもらいました)。直接持って行けばまた違うのかもしれませんが、捨てるのがもったいないという理由なので、再利用してもらうという意味で、文芸書は図書館のリユースコーナーに置かせてもらいました。

文芸書以外の専門書や実用書系のものは紙の資源リサイクルに出しました。なんだかんだで、完全にゴミという形ではなくそれなりに納得できる形で処分できたのでよかったです。

図書館は寄贈も受け付けているようですが、古い本だとリユースコーナーに置くのが妥当なのかも。図書館利用者が自宅にある本を自由に持ってきて自由に持ち帰りできるコーナーです。図書館にこういうコーナーがあることは知っていたのですが今回の本の処分にあたって思いつかず、最後の最後で気付いた次第。これから出てくる古い本はこのコーナーに置かせてもらおうと思います。

人気ブログランキング ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ Pet Links






最終更新日  Sep 4, 2012 04:17:50 PM

全82件 (82件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.