1575378 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

機内の酸素マスク 親… New! happy-gaiさん

「もしあなたが独裁… New! 王道名なしさん

キンドルで読み終え… New! リライト8142さん

定年女子 第5話 CherCYさん

プレイヤー的な ゆきんこ9116さん

C92のおしながき。 kamadoyamadocaさん

   元局アナがス… ころりん0924さん
★★ユニ育ライフ | … ユニ育ママ/こがにさん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
こちら25643 ヒロランさん

Free Space

設定されていません。

Comments

Headline News

Rakuten Profile


gamzattiさん

バレエ・ミュージカル、ストレートプレイ、歌舞伎、舞台大好き!

フォローする

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

食の楽しみ

2010.08.15
XML
カテゴリ:食の楽しみ
天然鰻

「おねえさん、浴衣着て受付やってよ」と声をかけられ、
久々の浴衣に浮かれたか、
お仕事の帰りに浴衣ガールズで一杯。(というか何杯か・爆)
花火の日だったし、あまり奇異には見られなかった、と願います(汗)。

この「天然」に惹かれて注文した鰻、
私は「天然鰻」といえば四万十川だったんだけど、
琵琶湖産は初体験。
皮はパリパリ、身はふっくら。
ものすごーーーーーーーく、おいしかった。

ほかに、
牛のたたき、など。
牛のたたき

いざ会計、というときになってお財布のないのに気付き、
ほんとに蒼くなったけど、
送迎してくださった方(友人のダンナさま)の車の中にあり、事なきを得る。
お騒がせしました~!

「本日のおススメ」でおいしい鰻を食べさせてくれたのは
新浦安駅前のブライトンホテル内、「季布や」でした。
ここの和食バイキングはすごーくお得でおいしいですよ!






Last updated  2010.08.18 08:35:23
コメント(4) | コメントを書く
2010.08.12
カテゴリ:食の楽しみ
朝9時半に塘路湖を出発した道東の旅も
根室に着くころにはすでに1時すぎ。
JRの駅前のお店は、閉まっているところが多く…。

なんと、この日はお祭りの真っ只中で、
臨時休業のお店が多かった。

ねむろ例大祭ポスター

その中でお昼を食べられるところ、ようやく見つけました!
「しあわせの鈴」というかわいらしい名前。

しあわせの鈴玄関

1人で切り盛りするおねえさんもかわいらしい。
声もころころ鈴のようでした。

しあわせの鈴おねえさん

そこで「身がつまってます」という花咲ガニを
思う存分!
5人で3ハイも食べました。

花咲ガニ

さらに「根室定食」を!
さお前昆布の煮付けが最高においしかった。

根室定食

さお前昆布は早煮昆布で、
霧多布湿原のお店で買いました~!
家で煮付けるのが楽しみになってきたぞ!

お店を出ると、
ちょうどお祭りの山車がメイン道路を練り歩く時刻。

ねむろ例大祭山車


全部見ていると、釧路に着くのが夜になってしまうので、
このまま釧路に向かうことにしました。
納沙布岬も今回は断念。
この天候じゃあね、ということで。

釧路では、夕食も食べずに寝てしまいました。
お昼、食べすぎ(笑)。






Last updated  2010.08.15 11:14:35
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.10
カテゴリ:食の楽しみ
塘路湖のほとりにあるヘイゼルグラウスピルカトウロは、
「オーベルジュ」という冠が着く、グルメの宿。
お食事だけでも楽しめますが、宿泊も快適でした。

ダイニングを二階の客室前の廊下(吹き抜け)から見ると…

ピルカトウロダイニング


支配人はもともとシェフであり、自分で狩りをしてしとめた鹿などを出します。
もちろん、下処理もすべてご自分で。
獲れたてっていうんでしょうか、ものすごーくやわらかく、
マデラソースとも相性抜群で、おいしかった! 

ピルカトウロ 鹿のマデラソース


カリフラワーのムースをコンソメジェルの上からかけて、ウニを載せた
このお料理はほんとにおいしかった!

ピルカトウロ カリフラワームースとコンソメジェル


ホタテと白貝のカッペリーニも絶品

ピルカトウロ カッペリーニ

ワインはかなりのお品でもハーフボトルを揃えていて、
少人数でちょっとの量でも楽しめるようになっています。
初日は赤をシャンベルタン、二日目は白をモンラッシェにしました。

ピルカトウロ 赤ワイン

ダイニングスペースの横には、暖炉とウェイティングバーもあります。
「大の男が狩りから帰ったら、シングルモルトの1杯も傾けたいものだ」
が、このホテルのオーナーのコンセプト。

ピルカトウロ ウェイティングバー


実は、このホテルの北、虹別というところに、本館があります。
その名も「ヘイゼルグラウスマナー」。日本で、「マナーハウス」ですよ。
敷地内を小川が流れ、厩舎を抱え、自家菜園があり、
狩りに乗馬にカヌーにフィッシングに、と足を延ばせる……。
一体どんなところなのか、一度訪れてみたいと思いました。



でも、
お値段的なことを考えると、
塘路湖畔のピルカトウロはとってもオトク。
1泊2食付でお盆のシーズンでも15000円です。(部屋のシングルユースは20000円)
東京で考えたら、夕食だけで15000円してもおかしくない!
(オードブル2種、魚料理、グラニテ、肉料理、デザート、コーヒー/紅茶)
そこに朝食もこのボリュームですから。

ピルカトウロ朝食

ついてくるジャムは、ブルーベリー、木いちご、グレープフルーツなど。
バターのほかに、ハチミツのような甘さのミルクバターもついてくる。
地元の牛乳あるいは搾りたてのフレッシュオレンジジュースもあります。

ピルカトウロ朝食ジャム


季節やお部屋のタイプ、人数によってはもっとリーズナブルに楽しめます。
あーーーー、今思い出しても、ずーっとあそこにいたかったくらい、
ゆったりとした時間を過ごせました。






Last updated  2010.08.13 18:47:53
コメント(0) | コメントを書く
2009.12.21
カテゴリ:食の楽しみ
東京・丸ビルの35階にある
銀座寿司幸本店に行ってきました。
行ってきましたっていうか、
連れてってもらいましたっていうのが正しいけど(笑)。

もちろんみんなおいしかったけど、
一番感激したのはネギトロ巻きかな~。
牛肉みたいにさしのはいった中落ちの身を
スプーンでしごいて。
とろとろだけど、油っぽくなく、口の中に風味が広がり、
きつめのわさびとネギがまさに薬味の役目をしっかり果たして…。

あと、富山湾のシロエビという、すごく小さいエビがおいしかった!
甘エビよりもあまく、大味でなく、トロトロ。

逆に、小柱の軍艦巻きはシャキシャキしていて、これがまた美味。
二つも食べちゃった。

そして大トロは…スジを全部取り除いているので、口あたりがよく、
ギトギトしてなくて柔らかくて、シャリに吸い付くようなシルク感。

極めつけは止め椀!
はまぐり、白身魚、そしてズワイガニの出し(と身)が
合わせ味噌でまったりといいお味でした。

ごちそうさま~!
(酔っ払いで~す)






Last updated  2009.12.21 23:57:22
コメント(2) | コメントを書く
2009.09.28
カテゴリ:食の楽しみ
最近、麹町に行く用がありまして、
そこで帰りに食事+飲む、といえば、この店です。
まず、料理がうまい。そして酒の種類が豊富。
温度管理もしっかりしてる。

私と同じくここが大好きで、
二人で「家で食べられないものを食べよう!」と
食の非日常を堪能しまくる
その彼女が、
今週は来ないので、パスするかも。カナシー。

写真はつきだしとおすすめのお酒メニュー。
定番はもっとあります。








Last updated  2009.09.28 23:07:44
コメント(6) | コメントを書く
2009.09.26
カテゴリ:食の楽しみ
ポン・ヌフというフレンチ・レストランに入りました。

県立博物館の斜め向いにある馬車道スクエアビル2階です。
外階段を上ると、中華料理屋さんとか飲み屋さんとかがあって、
「え? こういうところ?」ってちょっと違和感ありますが、
「ポンヌフ」自体の入り口は落ち着いていて、中に入ると外で予想したよりずっと広くて
とても快適な空間です。

今回は3800円のコースに赤ワインをグラスで一杯(830円)をつけました。

写真にはありませんが、
まずはカニ肉とコンソメジュレのアミューズ。
量的にも見た目も少なめだったんで、正直、最初はがっかりしたんですが、
一口食べてみて、もう感動!
カニの味が口の中にぐわーっと広がり、見た目よりずっと量も感じられ、
大満足。
この先のお料理がとっても楽しみになりました。
そういう意味で「アミューズ(amuse)=楽しみ」だったのかー!っていう感じです。



ホタテやエビをふんだんに使ったオードブルもおいしくて、
特にアサリで仕立てたソースが抜群に美味。
パンにつけてきれいにお皿をぬぐってしまいました。
パンはバケット。自家製ではないということですが
サーヴ直前に再度オーブンで焼いてくれるため、
軽くてパリッとしてます。おかわり自由なのもうれしい。

メインの前にお口直しの冷製スープ。
カボチャのビシソワーズです(これも写真なし)。
タマネギの風味が勝った、爽やかな一品。
ちょっとざらついた舌ざわりで、手作り感も一緒に味わえます。

メインは、骨付きの仔羊肉のロースト。



柔らかくって牛フィレのステーキにも負けない味の深みが!
素材の味、ソース、ともに文句なし。
クリームのようになめらかなマッシュポテトも添えてあります。
仔羊好きの息子を連れてきたい!
ボリュームも満点です。

お食事もおいしかったですが、なんといってもガトーショコラが最高!
洋梨のタルト、栗や桃などのアイスなど、たくさんのメニューから選べるので
とっても迷ったんですが、
「ガトーショコラは定番です。シェフが絶対切らさないようにしています」とのこと。
「絶対切らさない」の一言に、意地と誇りが感じられたので、
きっとこのお店の一番の売りなんじゃないか?と思って注文したら…

んもう、これが最高においしかったんです!



真っ黒なガトーショコラって、
「重い」「どっしり」「一口でおなかいっぱい」みたいなイメージありません?
それが、全然違うの!
味はしっかりしてますが、ふわサクな感触にビックリ!
出来立てスフレと間違えそうなくらいです。

その上、大きいし、クリームもフルーツもたっぷり。
大、大、大、大、大満足です。

今回は、一人だったんでワインはグラスで。
おすすめの赤ワインは、深みのあるボルドーで、コクもありました。
ワインリストも非常に充実していましたし、
グラスワインでこれだけの味のものを出してくれるのですから
二人以上で行ったらハーフのカラフェかボトルで赤・白とも楽しみたいもの。
ボトルは5000円前後から8000円くらいでおいしいワインが楽しめそうです。
トイレにさりげなくルイ・ジャドの刻印のついた木組みなんかがおいてあって、
ちょっとニクイです。

格安レストランではありませんが、
量・味、ともにコストパフォーマンスは抜群です。
一つひとつのお皿を、とても丁寧に作っている感じが漂ってきます。
温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、
シャキッと、柔らかく、なめらかに、あるいはピリッと、
素材を生かしてもっともいい状態で出してくれる、
良心的なレストランだと思います。


ランチだと、1000円くらいからいただけるので、
とにかく横浜・馬車道に行ったら寄ってみてください。
月曜日は定休。
昼は平日は11時半からで、昼休みに入るとかなり混むとの情報あり。
お時間に融通の利く方は、お早めあるいは1時くらいにどうぞ。
土・日・祝日は12時からがランチタイムです。






Last updated  2009.09.27 11:47:12
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.06
カテゴリ:食の楽しみ
私が有機野菜を食べるようになったのは、
かれこれ、もう20年以上も前のこと。

その頃住んでいた団地の人に、
エレベーターで「この野菜食べてみませんか?」と声をかけられ
泥だらけの野菜がおいしかったのがきっかけで
千葉県・三里塚の農家からの共同購入に参加するようになりました。
「援農」といって、
生産者のお手伝いをするイベントに子どもと一緒に参加したこともあります。
「三里塚」って「あの」三里塚だったんだー、と
行ってみて初めて知った、とか(遅!)
鶏小屋の中に入って卵をとるのをやったんだけど、
小屋に入るとケージの鶏たちが一斉に騒ぎ出し、
「私の子どもをとらないで!」と叫んでいるようで、ものすごく恐ろしかった。
あれもいい経験だったと思います。
(こちらは放し飼いの有精卵ではなく、有機飼料による無精卵だから、
 厳密にいうと、これらの卵から子どもは生れませんが)

毎週水曜の夜になると、彼女の家の前に袋を持っていき、
さっき届いたばかりのコンテナの中の野菜を広げた新聞紙の上におきながら、
共同購入者の人数で分けていきます。
何が来るかは生産者まかせ。
その頃珍しかったエンツァイとか、スナップエンドウとか、
知らない野菜もいろいろ来ました。
掘りたて、摘みたて、卵も産みたて。
だからとってもおいしい。

家に帰ると、泥を落とし、洗ってから冷蔵庫へ。
じゃがいもやさつまいもは、泥つきのまま台所の隅へ。
手間はかかるけど、おいしいから続きましたね。

でも、共同購入だから、
仲間が減ると一人あたりの量が増える。
少ないのもつまらないけど、多いのは困るんです。
どんどんたまっていって、結局腐らせてしまうから。
LサイズのコンテナをSサイズにして、
最後は仲間が3人から2人になって、もう難しいということになり、
もうやめよう、ということになりました。

大地を守る会には
最初は調味料を買うために入りました。
毎日使うものだから、多少高くても、ということで。
しょうゆの味が違うのは感激でしたね。
そのころは、
今のような宅配ではなく、
やはり共同購入の形をとっていました。
ただし、ほしい食品を注文できるのがよくて、
しばらくは三里塚と大地の二本立ての時期が続きます。

大地のトラックが来ると、
「引き売り」というのがあって、
注文とは別に、余剰の野菜が積んであり、
その場で注文より安く買えるのが魅力でした。
生産量が少ないため注文表に載らないものもあり、
おいしいブドウとか、いろいろ買いました。

でも、
これって「昼間家にいる」がベースだからできるしくみ。
ここまで働く女性が多くなったらやっぱりちょっと無理がある。
少なくとも、
パートに出るのを機にやめる人は多かった。
それで、
「有機農法の生産者を支える運動」として始まった経緯から
人と人が触れ合える「共同購入」にずっとこだわってきた大地を守る会も、
「宅配」という選択肢を加えます。

そして。
今度はネット通販。
時の流れですね。
でも、それは悪いことではないと思います。
かつては一握りの意識を持った人たちの「運動」だったものが、
いまは純粋に「有機のものを食べたい」という「消費」になった。
有機が一般的になり、
パイが大きくなったからこその自然な流れです。
「食の安全」はいまや社会のキーワード。
大地は売り上げも伸ばしているとのことです。
(2009年3月期売上高は前年比10.5%増の159億円)

私は
一時期は週に15000円くらい買うヘビーユーザーで、
「エンゲル係数高すぎ!」な毎日でした。
前も書いたかもしれませんが、
天然酵母のパンを毎日焼き、
お味噌も有機の素材を買って年に一度、家で造り
それで半年は賄いました。
それから二度引っ越しましたが、
大地はずっと続けています。
うちの子どもたちは大きくなるまで、
8割くらいは有機だの無農薬だのの食品で育ったわけで、
まあこれは、私が親として子どもにしてやれた
誇れることの一つかな、と思っています。

ただ、
本格的に仕事をするようになってからは、
たった週に一度とはいえ、
注文表とにらめっこする時間がない。
来週食べるもの、を想像する力もないし、
大体、家で食べるのか食べないのか、
その量も予想がつかない。

それで、毎週豆腐とソーセージだけを定期的に買って、
あとは時々米とか調味料を
思い出したように注文するだけです。
ほかで買うもののほうが、ずっと多いです。
でも、
ネット通販になったら、
私も少しは注文が増えるかもしれませんね。

心配なのは、
注文が増えて質が保てるかという点。
顧客は爆発的に増えても、生産者はそうはいかない。
今年のように天候が不順だと、
生産量も少なくなるでしょうし。
「有機」というのは、無農薬プラス化学肥料不使用という、
無農薬野菜よりもっと基準が厳しいんです。
量を調達しようとすると、
その基準は少しブれるかもしれません。
そういうものは、
表示をしっかりすることで、消費者が理解したうえで選択すれば、
私は構わないのでは?と思います。
100かゼロか、ではなく、
できるだけゼロに近づけることでよくなることも多いから。
これを機に、
「有機」のほうに方向転換してくれる農家が増えることも、期待したいです。

注文するほうも、フツーの買い物と同じに考えてると
ビックリしますよ~。
けっこうあるんですよ「欠品」って。
頼んでも来ないの。
そのとき「なんで来ないの??プンプン」じゃなく、
「あー、農家の人、大変だなー」と思える人だけが、
有機食品とうまくおつきあいできます。

日照りの時は、涙を流し、
寒さの夏はおろおろ歩く…

大地を始めて何年か経って、
お米がものすごく不作になった年に、
初めて
宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」このフレーズの
意味が分かった気がしました。

寒さの夏は、
おろおろ歩くしかないんだな、
人間は。

今年も天候が不順。
農家の人、ご苦労が多いでしょうが、
がんばってくださいね。

映画「未来の食卓」は8月8日から。ぜひご覧ください。
「もう遅すぎる」ということは、ありません。
誰でも、今から。できることから。






Last updated  2009.08.06 08:40:08
コメント(2) | コメントを書く
2009.06.24
カテゴリ:食の楽しみ





































キャナルという店です。
地下にある小さな店ですが、本格的です。ソースがおいしい!







Last updated  2009.07.17 22:28:52
コメント(0) | コメントを書く
2009.06.15
カテゴリ:食の楽しみ
おいしかった!







Last updated  2009.06.20 21:58:44
コメント(0) | コメントを書く
2009.05.19
カテゴリ:食の楽しみ




































食べたことありますか?
本家本元、花畑牧場の生キャラメル。
ある会合に参加したら北海道出身の人が実家に帰ったお土産に何箱も買ってきて差し入れてくれて、みんなで堪能しました!
冷蔵庫から出してそのひんやり感をまず舌で味わうと、次の瞬間からみるみる口溶け!
老若男女みな喜ぶ。

美味なる哉、生キャラメル。
ホワイトチョコ味、マンゴー味もおいしいけど、
何と言ってもプレーンです。
バニラの香漂い、ミルクの風味が上品。
なかなか手に入らないと聞きますが、運よく出会えた時は、
一度買ってソンはありません。
後をひく美味しさです。






Last updated  2009.06.20 21:59:12
コメント(0) | コメントを書く

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.