1309764 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館)

2008.07.22
XML


 ビジネスの世界で、何でも自分が思った通りに物事を進められるというようなことは、ほとんどないであろう。例外的に、そのようなことができる立場の人もいるかもしれないが、ほとんどの人は、自分のプランを実行に移そうとすると、誰かにプランを説明して、承認を得たり、協力を求めたりする行為が必要になってくる。

 こんな場合、つい力が入って、大作の分厚い企画書を作る人もいるであろう。しかし、心得違いをしてはいけない。分厚い企画書を読むというようなめんどくさいことを、誰もよろこんでやってはくれない。相手が、経営者などの忙しい人たちならなおさらである。

 今日紹介する「企画書は1行」(野地秩嘉:光文社)は、企画書の魂は、「1行に込められた表現力と説得力」であるということを主張した本である。表題を見ただけでは、ちょっと勘違いするかもしれないが、何も企画書をたったの1行で書けと言っているわけではない。人を動かすための企画書には、1行で表現される、このような言葉が不可欠であるというのだ。そして、そのことを、多くの実例をあげて説明している。

 ただし、これもまた勘違いしやすいのだが、企画書にいつも、そんな1行が、直接書かれているというわけではない。その企画の考え方の根本に、そんな1行であらわされるようなことがあるというような事例も多い。結局は、1行で表わされるくらい、企画のコンセプトを明確にしておけということであろうか。

 出てくる、多くの事例は、非常に興味深く読める。一読しておいても損はないであろう。

○応援クリックお願いします。  人気ブログランキング   にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

「企画書は1行」(野地秩嘉:光文社)
 

風と雲の郷 別館「文理両道」(gooブログ)はこちら

 






最終更新日  2008.07.22 19:55:45
コメント(6) | コメントを書く
[日々の読書(ビジネス)] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

コメント新着

風竜胆@ Re[1]:リスボン坂と花の路地を抜けて (07/11) Re:れんげそうさん 訪問ありがとうござい…
れんげそう@ Re:リスボン坂と花の路地を抜けて (07/11) ずいぶん素敵な日記のタイトルだと思い、 …
風竜胆@ Re:ピアノ(12/23) ★私も、眼鏡をはずすと遠くが見えないし、…
susuto3089@ ピアノ さいきん文庫本の文字がつらくなってきま…
風竜胆@ Re[1]:生徒は全員丸刈りじゃ!(思い出シリーズ2)(12/13) ★私も良い思い出はありませんね。楽天はTB…

カテゴリ

お気に入りブログ

半年で人生の成功チ… New! じらーるぺるごーさん

僕は車に乗る人だけ… New! すー☆さん

コメントを寄せてく… ライラック7611さん

気まぐれんな旅行屋… 富士家のぱこさん
漫画家かたやままこ… ブラジョンさん

楽天カード

ランキング市場

プロフィール


風竜胆

フリーページ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.