1377867 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館)

全126件 (126件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

日々の読書(その他小説)

2018.08.26
XML
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デュー・ブレーカー [ エドウィージ・ダンティカ ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2018/8/26時点)


 ハイチ共和国は、カリブ海に浮かぶイスパニョーラ島の西半分を占める国だ。ちなみに、東半分はドミニカ共和国。ハイチの独裁者として世界史に名前を残したのがフランソワ・デュヴァリエ(パパ・ドク)である。彼は1971年に死んだが、その後を継いだのが息子のジャン=クロード・デュヴァリエ(ベビー・ドク)である。なんとこの時19歳。大統領なのに世襲というのがすごいが、もちろん体制は崩壊。本人はフランスに亡命。

 デュー・ブレーカーというのは、英語版のウィキペディアによれば「朝露に包まれた草の静けさを破る者(those who break the serenity of the grass in the morning dew.)」という意味のハイチクレオールで、「拷問執行人」を表す言葉らしい。フランソワ・デュヴァリエが組織したのが、トントン・マクートという組織であり、デュー・ブレーカーとは、この組織のメンバーとして、多くの国民を虐殺して恐れられた連中だ。

 この作品を構成しているのは、9つの短編。それぞれは独立した話になっているが、直接関係している話もあり、全体としては、一つの大きなテーマを追求している。それは独裁時代のハイチの悲惨な状況。そこから生まれたデュー・ブレーカーという鬼子。それに翻弄された人々など。この作品中ではデュー・ブレーカーという存在が、人々に暗い影を投げかけている。

 最初の話に出てくるカーという女性彫刻家。実は父親がデュー・ブレーカーで母親が牧師だった兄を彼によって殺されたという複雑な関係である。それでは、このデュー・ブレーカーというのは特別残虐な人間だったのだろうか。83ページにこのような記述がある。カーの母親のアンが夫について娘に語った言葉だ。

<昔々、三十年以上も前の話。あなたの父さんはハイチの刑務所で多くの人々を傷つける仕事をしていたの。でも今の父さんを見てごらん。なんて穏やかな人に見えること。なんて我慢強い人かしらねぇ。クリスマスイブのミサのために四〇マイルも離れたウェストチェスターのアパートまであなたを迎えに行ってくれているのだもの。>(「奇跡の書」)

 この言葉は、次のようなことを連想させる。心理学の分野で、ミルグラムのやった「権威への服従」という有名な実験だ。〔例えば放送大学教材「心理学概論」(森津太子、向田久美子)pp165-167〕教師役と生徒役に分かれて、実験参加者は必ず教師役となるように細工をする。教師役が問題を出し、生徒役が間違えると、罰として生徒役に電気ショックを与える。実は生徒役はやらせで、電気ショックを受けている演技をしているのであるが、62.5%の人間が「危険」域を超えて最高電圧まで電圧を上げ続けたという。一応電圧を上げ続けた人間は苦悩に満ちていたというが、人間は自分の置かれた環境によっては、酷いことをする人間が一定数いるのだ。もちろんそうでない人間もいるがそれは少数派。この作品は、人間とはどのような存在かを考えさせてくれるようだ。







最終更新日  2018.08.26 21:12:54
コメント(0) | コメントを書く


2018.08.18




 剣術大会に優勝したことから、いきなり女王ディアンヌから王女ユアンの婚約者に指名されたハルキ。ユアンは、本来は優しく責任感の強い性格なのだが、婚約者になったハルキにはなぜかツンツン。実は二人は騎士訓練学校の学生時代から両想いなのだが互いに相手を思いやってそれが分からない。見抜いているのは女王だけ。これはそんな二人が繰り広げるラブコメである。

 いつユアンが素直になり、ツンがデレに変わるのかがこの作品の一つの読みどころだろう。もう一つは、ユアンの教育係のメイドであるセレネの暗躍(笑)。なんとか二人を結び付けて世継ぎを作らせようとする。自分も経験ないくせに、やたらとユアンにエロ知識を伝授する。果てはなぜか、ユアンと一緒にハルキにエロエロなことを。ハルキが一番好きなのは王女のユアンなのだが、いつしかその次の位置にセレネが。

 実はユアンはセレネのことをメイドながらも姉のように大事に思っており、結局妻となるユアン公認の愛人ポジションに。これは、かわいらしくてエロエロな妻と愛人を一度に手に入れる、男のロマンあふれる物語かな(爆)。

 最初は、タイトルと表紙イラストから、単なるラブコメラノベかと思っていたのだが、読んでみると結構エロかった(笑)。

※初出は、「風竜胆の書評」です。






最終更新日  2018.08.18 21:35:16
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.06

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君に謝りたくて俺は (講談社ラノベ文庫) [ わかつきひかる ]
価格:669円(税込、送料無料) (2018/8/6時点)





 著者のわかつきひかると言えばジュブナイルポルノを多く書いておりフランス書院発行の美少女文庫ではおなじみの作家である。しかし、この作品にエロい場面を想像してはいけない。著者は官能小説以外にも色々と書いており、この作品もその一つなのだ。要するに通常のラノベということだ。なにしろ本作を出しているのがあの講談社なのである。

 主人公の今井健人は、高一少年。彼は、入学した高校で明日葉待夢(たいむ)に再開して驚く。健人は、小学1年のときにその少女をいじめていたからだ。待夢は、誰もが振り向くような美少女なのだが、記憶障害を持っており、発作が出ると、意識がなくなったり幼児に戻ったりするのだ。健人が待夢をいじめていた理由は色々あるようだが、結局は彼女のことが気になっていたからだろう。

 「俺は待夢が好きだ!昔からずっと好きだ!!」(p149)

 まあ、小学生くらいの男の子は、好きな女の子についちょっかいを出してしまうというあれだ(笑)。

 健人は、昔いじめたことの罪悪感から何かと待夢の世話を焼く。彼女は彼が小学生のころいじめられた相手とは気づかないまま、だんだん彼に引かれていく。一方健人の方も心に罪悪感を持ち、彼女に謝りたいと思いながらもどんどん待夢のことを好きになっていく。

 途中で昔のいじめっ子が健人だと待夢にばれて一波乱あるのだが、そこは男女の仲の不思議さ。元々バカップルと呼ばれていたのだが、益々バカップルぶりが増すことに。

 実は待夢の記憶障害の原因にはある原因があった。普通の高校生カップルがイチャイチャするだけの作品かと思っていたものが、途中からちょっとSFチックな色彩を帯びてくる。美少女文庫も含めて多くのわかつき作品のように、これも予定調和的に最後はハッピーエンドで終わるのだが、かなり非定常な設定ではある。

※初出は、「風竜胆の書評」です。






最終更新日  2018.08.06 14:12:58
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.27

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

水戸黄門 天下の副編集長 (徳間文庫) [ 月村了衛 ]
価格:723円(税込、送料無料) (2018/7/27時点)





 天下の副将軍水戸の黄門さま(実際には江戸時代には副将軍という役職についた者はなかったようだが)が、「大日本史」の原稿が遅れている著者のもとに原稿取りに。ドラマのように世直し漫遊記ではなく、原稿取り漫遊記。つまりは一種のパロディもの。

 おなじみ助さん格さんも出てくるが、こちらは佐々介三郎、安積覚兵衛とモデルになった人物の実名。つまりは介さん覚さんというわけだが、どちらも学究肌の人物で、ドラマとは違って、腕の方はさっぱりという設定だ。

 腕が立つのは、ご老公一行と原稿取りの旅に同行する、かげろうお銀ならぬ鬼編集長である鬼机のお吟。その正体は、ご老公が一番信頼する甲賀流忍者だ。

 この机のお吟というのは、つまりは「デスク」ということなのだろう。なお、作品中においては「編集」とは言わずに一貫して「編修」という言葉になっている。デスクというのは必ずしもすべての会社で同じ扱いではないのだが、概ね編集長のようなものだろうか。

 風車の弥七らしきものは出てくるが、こちらは将軍からご老公一同を助けるように命じられた公儀隠密。その本名が公儀隠密小頭衆筆頭中谷弥一郎だったり(ドラマで風車の弥七を演じていたのは中谷一郎)とパロディ精神がこんなところにも発揮されている。ただし柘植の飛猿やうっかり八兵衛なんかは出てこない。

 ご老公一行に立ちふさがるのは、大日本史をパクリ、豊臣に有利な歴史をつくろうとしている真田の姫君真田月読と配下のくノ一4人。パクリやスランプなどの語源には民明書房ネタが使われている。ロミオとジュリエットのパロディなんかもある。果ては、月読と中谷が互いに魅かれあったりとなんだか思いもよらない展開に。

 ドラマのような予定調和的な活躍はないが、そこかしこで笑えるシーンが満載だ。黄門さまが自ら原稿取りに行くというアイディアがなんとも面白い。

※初出は、「風竜胆の書評」です。






最終更新日  2018.07.27 10:29:13
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.09
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

喜連川の風 参勤交代 (角川文庫) [ 稲葉 稔 ]
価格:691円(税込、送料無料) (2018/7/9時点)




 以前から喜連川(きつれがわ)藩については興味を持っていた。おそらく多くの人が聞いたことがあると思うが、江戸時代に、大名かどうかを区分するための基準は知行の石高が1万石以上あるかないかということだ。しかし、唯一の例外があった。この喜連川藩である。

 なにしろ石高は僅かに5千石。その一方では、10万石の格式を与えられていた。そのうえ、藩主は、「御所さま」と呼ばれて 賦役や参勤交代などは免除されていたのである。特別待遇を受けていたのは、喜連川氏が足利将軍家の末裔だからだ。

 いくら格式は高くとも、なにしろ5千石の貧乏藩である。藩士に与えられる扶持は、下士ではわずかに7石。筆頭家老でもわずかに200石程度しかない。しかし小さな藩でもそれなりに仕事はある。特に下のものは、上からの無茶ぶりがあるのはどの世界でも同じだ。、現代のブラック企業もびっくりというところだが、もちろんこれだけでは食べていけないので、藩士は、勤めの傍ら、上から下まで畑仕事に精を出していたのである。

 藩自体も石高は少ないので別のところで稼ぐしかない。喜連川の場合はそれが宿場というわけである。特に参勤交代で大身の藩が泊まった場合は大きな実入りになる。この作品は、伊達藩の喜連川宿への宿泊を巡る一連の騒動を描いたものだ。

 そして、この物語の主人公は、喜連川藩士の天野一角。藩での役職は中井。下士の最上位にあたるようだ。上と下との橋渡し役的な役職で、今で言えば中間管理職のようなものである。要するに係長クラスか。下からは突き上げられ、上からは無茶ぶりをされ、給料は驚くほど低いという損な役回りである。

 伊達藩が喜連川宿に泊まる日には、山形天童藩の先約があった。要するにダブルブッキングである。しかし伊達藩は70万石、片や天童藩はわずかに2万石。藩への実入りを考えると、天童藩に日を変えてもらうしかない。このための交渉や、料理に何を出すか、宿場町をきれいにしてお客様に喜んでもらうためにはどうしたらいいのか。問題は山積みである。おまけに、無法者が領内に入り込んで狼藉を働いたり。とにかく次から次に解決すべき課題のようなものが出てくる。

 この作品は、時代小説ではあるが、一種のビジネス小説として読めるのではないだろうか。時代小説ファンだけではなく、多くのビジネスマンにとっても得るところが多いに違いない。

※初出は、「風竜胆の書評」です。






最終更新日  2018.07.09 10:09:07
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.03

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

極道ピンポン [ 遠藤 徹 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/7/3時点)





 なにしろ作者が、あの「姉飼」や「壊れた少女を拾ったので」を書いた遠藤徹氏。同志社大学の教授にして、ちょっと引いてしまうような内容の作品を書くことで知られた人物だ。きっとこの作品にもそんなところがあるのだろうと思っていたが、予想とはだいぶ違っていた。

 内容は、二つのヤクザ屋さん「東犬会」と「極(アストロ)☆!興業!」の出入りなのだが、その方法がなんと卓球なのである。ヤクザ屋さんの決めゼリフ?である、「タマとったろうか!」の「タマ」が卓球の球(ボール)という訳だ。ドスや拳銃を卓球ラケットに変えての出入り。こんな抗争なら平和でいいんだがと思う。ちなみに、「極(アストロ)☆!興業!」のアストロは、あの伝説の野球漫画から来ているようだ。

 とにかく登場人物がヘンな人たちばかりなのである。 誰もがかなりキャラが濃い。彼らを描いたクセの強いイラストも内容によくマッチしている。そのうえ、これでもか、これでもかと繰り出される小ネタギャグ。いったい、あのおどろおどろしい作風は、どこに行ったんだ?でも読んでいる間、大笑いしていたからいいんだけどね。ただ、作中に入っている映画の話、本当に必要なのだろうか。

 ところで、「東犬会」の連れてきた色っぽいチャイナドレスの姐さんと、「極(アストロ)☆!興業!」の受付嬢、なにかの伏線になっているような気がしたのだが、最後にあんなことになるとは。でもなんだか、ちょっといい感じ。

 これが、本当にあの遠藤氏の作品なのか? おどろおどろしさよりは、いい意味でのアホらしさを感じる。

※初出は、「本が好き!」です。






最終更新日  2018.07.13 11:20:25
コメント(0) | コメントを書く
2014.11.19

 「一九七七青春の記憶 喫茶店と受験と仲間たち」のレビューを、風竜胆の書評にアップしました。








最終更新日  2014.11.19 07:29:11
コメント(0) | コメントを書く
2014.11.17


 「愛の裏側は闇(2)」のレビューを、風竜胆の書評にアップしました。






最終更新日  2014.11.18 20:51:33
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.08
【送料無料】三匹のおっさん [ 有川浩 ]

【送料無料】三匹のおっさん [ 有川浩 ]
価格:730円(税込、送料込)




 人生50年の信長の頃ならともかく、今は人生80年の時代だ。多くの会社で停年として設定している60歳ではまだまだ元気な人が多い。無年金期間に対応するため、法律上は65歳までの雇用が義務化されてはいるものの、現状は高齢者が保有している能力を活かせるような状況にあるとはとても言い難い。⇒続き







最終更新日  2013.06.08 08:57:26
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.23


 森博嗣の「どきどきフェノメノン」(角川書店)。主人公は、窪井佳那という24歳の理系女子。ただ今大学院ドクターコースの1年に在学中。いわゆるD1である。このあたりの設定は、いかにも森博嗣らしい。⇒続き








最終更新日  2013.05.24 17:53:00
コメント(0) | コメントを書く

全126件 (126件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.