1700257 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館)

時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館)

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

風竜胆

風竜胆

Category

Favorite Blog

タミヤ CB750F 1/6… New! じらーるぺるごーさん

これ全部!賞味期限… New! ブラジョンさん

諏訪台71会ー20… Frankenstein0313さん

気まぐれんな旅行屋… 富士家のぱこさん
マークス・ストーリー マークス5406さん

Archives

April , 2024
March , 2024

Calendar

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

July 9, 2018
XML
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

喜連川の風 参勤交代 (角川文庫) [ 稲葉 稔 ]
価格:691円(税込、送料無料) (2018/7/9時点)




 以前から喜連川(きつれがわ)藩については興味を持っていた。おそらく多くの人が聞いたことがあると思うが、江戸時代に、大名かどうかを区分するための基準は知行の石高が1万石以上あるかないかということだ。しかし、唯一の例外があった。この喜連川藩である。

 なにしろ石高は僅かに5千石。その一方では、10万石の格式を与えられていた。そのうえ、藩主は、「御所さま」と呼ばれて 賦役や参勤交代などは免除されていたのである。特別待遇を受けていたのは、喜連川氏が足利将軍家の末裔だからだ。

 いくら格式は高くとも、なにしろ5千石の貧乏藩である。藩士に与えられる扶持は、下士ではわずかに7石。筆頭家老でもわずかに200石程度しかない。しかし小さな藩でもそれなりに仕事はある。特に下のものは、上からの無茶ぶりがあるのはどの世界でも同じだ。、現代のブラック企業もびっくりというところだが、もちろんこれだけでは食べていけないので、藩士は、勤めの傍ら、上から下まで畑仕事に精を出していたのである。

 藩自体も石高は少ないので別のところで稼ぐしかない。喜連川の場合はそれが宿場というわけである。特に参勤交代で大身の藩が泊まった場合は大きな実入りになる。この作品は、伊達藩の喜連川宿への宿泊を巡る一連の騒動を描いたものだ。

 そして、この物語の主人公は、喜連川藩士の天野一角。藩での役職は中井。下士の最上位にあたるようだ。上と下との橋渡し役的な役職で、今で言えば中間管理職のようなものである。要するに係長クラスか。下からは突き上げられ、上からは無茶ぶりをされ、給料は驚くほど低いという損な役回りである。

 伊達藩が喜連川宿に泊まる日には、山形天童藩の先約があった。要するにダブルブッキングである。しかし伊達藩は70万石、片や天童藩はわずかに2万石。藩への実入りを考えると、天童藩に日を変えてもらうしかない。このための交渉や、料理に何を出すか、宿場町をきれいにしてお客様に喜んでもらうためにはどうしたらいいのか。問題は山積みである。おまけに、無法者が領内に入り込んで狼藉を働いたり。とにかく次から次に解決すべき課題のようなものが出てくる。

 この作品は、時代小説ではあるが、一種のビジネス小説として読めるのではないだろうか。時代小説ファンだけではなく、多くのビジネスマンにとっても得るところが多いに違いない。

※初出は、「風竜胆の書評」です。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  July 9, 2018 10:09:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
[日々の読書(その他小説)] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.