422163 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マンハッタン狩猟蟹の逃げ場

2008年02月20日
XML
カテゴリ:2008年01~03月読書
[1] 読書日記


   <落語は、笑うためだけに聴くのではない。一度目は笑えたくすぐりも、繰り返し
    聴くと飽きてしまう。それなのに、同じ落語を何度聴いてもおもしろいのはなぜ
    だろう。それは、落語の世界では時間がとまっているからだ。殺伐とした話題ば
    かりが先行する今の世の中、核兵器も公害もテロもなかった「あの頃」の「あの
    連中」に会うために、皆は落語を聴くのだ。



   田中啓文 「ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺」(集英社文庫)

   

  を読了。

  現在のNHK朝のテレビ小説「ちりとてちん」でもお馴染みの「上方落語」。その世界に
 入門させられた若者・竜二&笑酔亭梅寿・師匠の遭遇した事件を扱った連作短編ミステリ。
  (笑酔亭梅寿は、笑福亭松鶴のもじり。他にも、桂公団地、桂麦昼といった名前も)
  各短編は古典落語の演目名で、<古典をふまえた、謎解きのある、探偵小説>。
  竜二の噺家としての成長ドラマにもなっている。

  とにかく、おもろい。
  ミステリ部分も面白いが、それ以上に物語、人情話として抜群に面白い。
  田中啓文の作品らしく、駄洒落ネタも豊富。
  上方落語好きならば勿論、上方落語を今まで聴いたことのない人でも、上方落語が聴き
 たくなる一冊。

  ちなみに、全7編の短編のタイトルは、
  「たちきり線香
  「らくだ
  「時うどん
  「平林
  「住吉駕籠
  「子は鎹(かすがい)
  「千両みかん
  と、上方落語のメジャーな演目が並び、上方落語の入門書としても代用可能の逸品。
  






最終更新日  2008年02月20日 22時13分19秒
コメント(0) | コメントを書く
[2008年01~03月読書] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.