042970 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

心の泉~幸福への河

PR

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Archives

2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11

Favorite Blog

立ち仕事の女性はと… ビジベンさん

Le Ciel 儚花さん
愛を分かち合いたい♪ kazumin^o^さん
伝説のキャプテンが… ツイてるファシリテーターさん
春夏秋冬『時告風』 tokitsu-kazeさん

Comments

 金魚姫@ 小樽といえば 多喜二さん
 乗らない騎手@ ちょっとは木馬隠せw あのー、三 角 木 馬が家にあるってどん…
 リナ@ 今日は苺ぱんちゅ <small> <a href="http://kuri.backblac…
 通な俺@ 愛 液ごちそうたまでしたw <small> <a href="http://hiru.kamerock…
 しおん@ ヤホヤホぉ★ こっちゎ今2人なんだけどぉ アッチの話…

Freepage List

fortune

Headline News

人は、日々色々なことを感じ、色々なことを思い、色々なことを考えながら生きている。
その営みの源には、“心”がある。
私は思う。その“心”とは、どこから来たのだろうか?
そして、どこへ向かっていくのだろうか?
私たちの心は今現在、突然に発生したものではない。
胎児であった時から、周りの環境の影響を受け、もって生まれた要素と融合してできたものなのだ。
だから私はこう思った。
人の心が形成され、未来に向かって行動していくプロセスは、川の流れに似ている。
心が荒れれば、当然暴れ川のように破壊的な行動をとるし、
日々幸せを感じながら生きている人々は、雄大な大河がゆったり流れるかのような人生を歩む。
そして、周りの人々も幸せな気分にさせ、人々の心をも惹きつける。
幸せになった人々の心は互いに惹きつけあい、一本の大きな流れになる。
そう、まさに“幸せの大河”である。
私は幸せになる。いや、今も幸せなのだ。
日々幸せをかみしめるためにも、日々感ずる気付きを大事にしたい。
その気付きを集めて、幸せへの営みとしよう。

楽天ブックストップページ
2008.12.06
XML
カテゴリ:小樽点景


これらの写真は、小樽が誇るサプリメントメーカー、大高酵素さんのお庭である。
2005年7月2日の日記に私は、「秘密の花園」という記事を書いて、
大高酵素さんのお庭を紹介したのだが、
実は2006年の6月にも再度訪問させてもらい、写真を撮ってきたものだ。
たいへん遅ればせながら、大高酵素庭園の写真などを集めたフォトCDを今日作ったので
今頃のアップ … [続きを読む >>]




楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2008.12.06 13:27:53
コメント(69) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.