707863 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ほげほげと歩く 関東の歴史跡 ~散歩後の備忘録~

PR

プロフィール


えびねっこ

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

カテゴリ未分類

(2)

気になんべ~! (雑談)

(61)

博物館・郷土資料館

(33)

勝山城(栃木県さくら市)

(21)

飛山城 (栃木県宇都宮市)

(28)

日光山内(栃木県日光市)

(16)

宇都宮城と二荒山神社(栃木県 宇都宮市)

(19)

黒羽城(栃木県 大田原市)

(11)

上三川城(栃木県 河内郡 上三川町)

(25)

唐沢山 (栃木県佐野市)

(15)

壬生城址公園(栃木県 壬生町)

(22)

小山城(祇園城) (栃木県 小山市)

(19)

鷲城 (栃木県小山市)

(15)

佐野城(栃木県 佐野市)

(16)

鹿沼城(栃木県 鹿沼市)

(13)

芳賀城(栃木県 真岡市)

(19)

太平山城(栃木県 栃木市)

(33)

大中寺(栃木県 栃木市)

(5)

鑁阿寺・足利学校 (栃木県 足利市)

(18)

樺崎寺跡 (栃木県 足利市)

(12)

茂木城 (栃木県 茂木町)

(16)

皆川城(栃木県 栃木市 皆川城内町)

(26)

古河総合公園と古河城(茨城県 古河市)

(37)

織姫神社周辺 (栃木県 足利市)

(13)

関宿城周辺(千葉県 野田市)

(12)

天平の丘公園周辺(栃木県下野市・小山市)

(42)

逆井城(茨城県坂東市)

(29)

結城城(茨城県結城市)

(11)

佐久山城(栃木県 大田原市)

(18)

笠間城(茨城県笠間市)

(24)

児山城 (栃木県 下野市)

(11)

大田原城(栃木県 大田原市)

(35)

寺野東遺跡(栃木県 小山市)

(13)

真壁城(茨城県桜川市真壁町)

(23)

上毛野はにわの里 周辺(群馬県高崎市)

(14)

菅谷城 埼玉県比企郡嵐山町

(25)

さきたま古墳公園 (埼玉県行田市)

(39)

山根城と芦原城(栃木県 市貝町)

(23)

小田城と筑波周辺(茨城県つくば市)

(42)

うつのみや遺跡の広場(栃木県宇都宮市)

(10)

(1)

亀岡八幡宮・小宅古墳群(栃木県 益子町)

(25)

三王山古墳群周辺(下野市)

(9)

お気に入りブログ

明けましておめでと… さっちゃん211029さん

戦国ジジイ・りりの… りりじいさん
パクス・ジャポニカ… たけB777さん

コメント新着

えびねっこ@ Re[1]:【小田城】小田氏治展、やってたよ(10/25) たけB777さんへ  まだ使いはじめたばか…
たけB777@ Re:【小田城】小田氏治展、やってたよ(10/25) 私も同じカメラを使っていて、使い勝手も…
shimanuki@ 貴ブログを拝読させていただいてのお願い 初めてご連絡させて頂きました。 私、株式…
KONASUKE@ Re:【栃木県立博物館】 法然上人絵伝巻四二(10/01) お久しぶりです。 その展示、観たかった…

バックナンバー

2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09

サイド自由欄

 
PVアクセスランキング にほんブログ村



ランキング参加中。ぽちっと、お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村






楽天カード

2017.11.23
XML


「『佐野の城館跡~唐沢山城とその支城~』展 その2」





 展示物はいろいろあったけど、一番興味深かったものは、

 絵地図だな。


 中でも『唐沢城山地形廻図の中央部』ってのと、

『唐沢城内地形図の中央部』ってやつが

 おもしろかった。


 壁を覆うぐらい、大きな地図でな。

 どちらも、唐沢山城の本丸を中心に、

 石垣の配置とか、周囲の山などの地形が描かれてるんだ。


 本丸を囲む『高石垣』は、見事だな~。


 お、こりゃいいな。

『大手道』もちゃんと、赤い線で書きこまれてんど。


 
 現在の唐澤山神社に通じる参道は、

 南城側から、石段を上がるようになってんだけど。


 ここは明治時代まで、石垣でふさがれてたんだと。

 それが大雨で、崩れっちまったもんだからな。

 石段をこしゃって、参道にしちゃったらしいど。



 戦国時代の『大手道』は、石垣の手前で左のほうへまがり、

『高石垣』の前を、通過するようになってたんだと。


 そして、二の丸側から本丸へ入る。


 今は、神社の裏口みたいに思われちまってな。

 参拝客は、見逃しちゃうらしいけど。

 見事な『鏡岩』と『虎口の跡』が、あるんだど。


 地図にゃ、『鏡岩』は描かれてないけど、

『虎口』はちゃんと、描いてあるよ。


 すごいな~。


 ちなみに、現在『三の丸』って呼ばれてる場所は、

 戦国時代にゃ、『帯曲輪』または『御使者の間』

 って呼ばれてたらしくてな。


『三の丸』って呼ばれるようになったのは、

 明治時代になって、神社を創設したころからなんだって。

 
 だもんで『三の丸』から『本丸』へ入るって説は、

 弱くなっちまってるらしいど。



 地図でみると、『二の丸』の下に

 細長い道みたいな『帯曲輪』があるど。

 
 ここが、今『三の丸』って言われてる場所なのかな?

 だいぶ、今と違うな。


 地図の赤い線も、ここは通ってない。

 どうやら『大手道』は、『二の丸通過説』が有力そうだど。




 あれ? この2枚の地図。 そっくり同じにめ~たけど。

 なんだかちょっと違うとこがあんど。


『唐沢城内地形図』のほうにゃ、井戸が描かれてないよ。

 あれ? よくみると『高石垣の形』も、ちと違う。


『唐沢城内地形図』のほうは、ぴったりくっついてんのに、

『唐沢城地形廻図』のほうは、隙間があいてる。


 それに、こっちにゃ

 石垣に向かう途中に『馬場』があっけど、

 もう一枚のほうにゃ、ない。



 なんでだろ?


 
 また、謎が出来ちゃった。

 だども、地図って、面白いね。







《参考》
 

 図録『佐野の城館跡ー唐沢山城とその支城ー』

    佐野市郷土博物館:発行

 

 下野新聞の記事 

  『ようこそ唐沢山城へ』17回目と19回目。





《こんなの めっけた》






 佐野市といえば、ラーメンだな。

 最近寒くなってきたしな。

 ラーメンであったまるのも、いいかも。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 最後まで読んでくれて、あんがと~♪


 ぽちっと、押しとこれね。


にほんブログ村



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~










最終更新日  2017.11.24 00:08:05
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.