957526 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

『犬の鼻先におなら』

PR

プロフィール


千鳥道行

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

おせんの江戸日誌 鯉口のおせんさん
スポクラ依存症の映… gymjankieさん
アンティークな琥珀堂 マダム・ゴージャスさん

コメント新着

 JamesDup@ Eagle Point Software Crack Keygen Steptgaiptbic &lt;a href= <small> <a hr…
 植園版@ なにいってんだおめぇ オッッッッッッッスァン、粗末なえのきし…
 JamesDup@ BLADENET Free Download game hacked MAGIX Best Service Engine UNLOCKED v2.1…
 ひろこ@ Re:池田晶子・陸田真志『死と生きる 獄中哲学対話』を読む。その一(08/20) 殺人犯と言う犯罪は、特別な人間が犯す犯…
 山川豊@ Re:パウロ・コエーリョ『ベロニカは死ぬことにした』を読んだ(08/29) 筆者さんは他人の目や社会通念を一切考え…

フリーページ

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006年07月05日
XML
テーマ:戦争反対(1070)
北朝鮮が本日午後5時20分ごろ、7発目のミサイルを発射。

 北朝鮮金政権の末期的症状?

 陽動作戦の可能性は。
 
 ミサイル発射による事態の好転要素はゼロ。むしろ事態を悪化。
 この点は金政権も理解している筈。


 これから、不可解な、小規模(死傷者数十人規模)の“事故”が頻発する予感。

 勿論、「恫喝」。
 大規模なテロの「実行能力」を示すため。

 

 明確な日本への攻撃は米国の攻撃を正当化させる。
 しかし、原因不明の“事故”ならば。

 社会不安を招くため、日本政府は“事故”として発表。
 またサヨクジャーナリズムも当然、隠蔽。
 米国政府も小規模なら日本経済への影響はないので問題とせず。

 発覚したところで、「一部特務機関の暴走」で終了。
 経済制裁も行われず。

 問題が無いことは、既に拉致事件で“実証済み”。

 逆に大規模テロの実行能力を誇示する事によって、米国へのカードも手に入れられる。
 日本経済の大混乱は必ず米国を含め世界経済に深刻なダメージを与える。

 恐らく、今回の制裁も早期に解除されるのではないか。
 小さな“事故”の頻発によって。



 ミサイル発射は「発射」のみを目的としたものだったのか。






最終更新日  2006年07月05日 21時42分34秒
コメント(0) | コメントを書く
[(`・ω・´)ゝ少し真面目] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.