000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

石冢雄人のナイチンゲール・カンパニー

PR

Profile


バガボンド6449

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

Favorite Blog

今日も・・・ New! 杜の都のほろ酔い父さん

1801. マンモス・ケ… カズ姫1さん

品川駅で美女が「ANi… シャルドネ。さん

ふらっと日記 とこみんさん
~Anabatica 風に乗… k_t_1413さん
MOMOKO'S BLOG momoco01さん
Welcome my site スパイク1961さん
Time to remember ladymamiさん
腰痛対策マットレス… harusan_1さん
あたたかな光と相思… 空に美しい花を咲かせ光の物語を彩るさん

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:馬頭観音(12/08) are viagra cialis and levitra the samec…
http://cialisvipsale.com/@ Re:馬頭観音(12/08) cialis uk chemistcialis uscialis 20 mg …
http://buycialisonla.com/@ Re:大きい英吉利語の辞書(06/15) effet du cialis forumcialis expirationc…
野沢菜々子@ Re:復活(05/08) おかえりなさい! また読ませていただくの…

Freepage List

2006.10.01
XML
カテゴリ:機-NOTE
がらがらと引き戸を上げれば、雨だ。昼を廻って頭をめぐらし鼻先のなにやらふわふわぐちゃぐちゃを撫でまわす手が、なんかおかしいでっせオヤブンと訴える。朝方に寝たとき紛れ込んだ野良猫のハナコである。こいつはやたらと馴れ馴れしく必ずべたりとからだを寄せて舐めてくる。おそらくはまどろみのあいだじゅう顔中を舐め廻ったのだろう、それで洗面所に立って顔を洗ってようやく正気がもどれば日曜日の午後の雨であったわけだ。どしゃぶりというほどでもなくシトシトぴっちゃんでもなく秋雨の瀟々と眼路の遙かまで水の垂れ幕がけぶっている。午後二時をもうずいぶん針は滑って過ぎてがらんとした家中は「おーい秋」てな感じでひっそり静まりかえっていた。たしか七時過ぎに朝刊をとってそのまま寝た。熟睡したのか。闇鍋のようにゴッタ煮の夢の中にはカマキリや蛇も登場し、考えようでは秋らしい夢であったか。うつつがそれほど変化に乏しいと夢のほうは却ってハリキルらしく、言葉までのそのそと出て来て、それが川辺をあるきながら「水はみずから道をつくる」などと吐く。目覚めて、復唱するうちに至言なりと感動して、おもわず半紙に毛筆に墨汁を浸して一気呵成にしたためてみる。窓の外では育った桑の木の花札歌留多の桐の絵札の如き妖しさが曇天のけぶる秋空をバックに妙にいきいきとすがすがしくさえあった。あらためて味噌の中に、

 溜まった水は腐るだけだが、流れる水はみずから道をつくる

と書いて、いましばらく呆然としてゐる。






Last updated  2006.10.01 14:14:53
コメント(3) | コメントを書く
[機-NOTE] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.