000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

JOKER color

2017年07月22日
XML
カテゴリ:JOKER color

詩:kaz.さん
ツイッター:
kaz. @yuichiminami




kaz18 200trim ドクトル・ジバゴ.png

 










最終更新日  2017年07月25日 07時31分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月29日
カテゴリ:JOKER color
 

詩:kaz.さん
ツイッター:
kaz. @yuichiminami





タイトル:この物語は終焉していません

なぜならこれはタイトルだからです

なぜならこれは私だからです もしくは小さな木漏れ日

あるいは水煙草の香り マロン酸の風紀委員

そしてドラッグアンドドロップ

ドム百周年記念特集

 

 

あ、

 

 

な、

 

 

         な、 な、    な、  NA、   nA,   N a     かす

 

 

 

たの間にはんいがいますか? いますか? いますかマスカレード

 

何がいますか? 何がいますか?

 

都市は芸術の作物だ

雨風はタイポグラフィーの集合住宅だ

 

そして月日は流れ、あと残り時間は

 

(        機械的な無次元性        もしくは       若輩もののの通り魔的要素      ソチオリンピックの措置入院した亜季 の色は白く、       行間をはみ出して都立に向かい

 

(        

 

 

あ     あ

                 どうか、どうかネット詩を嫌いにならないでね

    

 

                   どうか、ネット詩を嫌いにならないでね

 

 

                      もう大嫌いだ!  大嫌いだ!

 

       あ、 雨

 

 

 

め、   め 、  ええ  わた    し    は    遭遇者    一種の       ないしは   風通し  の   悪い  天戸    そして   ユリイカ   に     送られた    時の  すさぶ   諏訪部   バルブオイル     みたいな    カジキマグロ   そして!!!

 

 

 

              自爆テロ    地縛霊     あるいは  

  どちらも自分を縛っている    鎖のような   文法        大

 

      肉親    そして憎しみ     抱擁される評論家   あるいは

 

     途轍もない轍   を何度も踏み    粗足   荒らし   そして

 

相互文法と掃除貧乏

             不信感を抱いた私はとたんに駆け出した  屋根の上を   ミッションコンプリート

 

ガイドブックに載っていない場所へ

 

     そして    そして    いつからか私句   リウマチ  関節炎   文ン芸   何んぞ   そまほーく  トマホーク   クオーク

    支流なき夜に歩かされたアルカロイド   応援は彼女なのか  U..オーエンは 彼女なのか 本当に彼女なのか   あるいは彼女なのか    あるいは   もしくは文体の    独白    ――、

――、ミジンコ狩りの

 

時を経て今

 

 

読み返す、大手の求人

「時短あり!」

                           も     しくは   落差   なのだろうか    

 

              台地の           けけろっと

      ひび割れた          めぐる様          バケラッタ     ×

 

XYZドラゴンキャノン

 

                 などという羅漢      いえ ラカン    と      いうやつは      波状攻撃を仕掛けた   ラディカント

 

マルクス・ガブリエル・ミストラルのホームページにアクセスしたときにはもう歴程が終わっていた  あるいは最初から物語などなかったのかもしれない  天地が割れ血が割れ  教訓は掘り返される   あるいは最初からそんなことなどなかったのかもしれない  傷口が抉り出されるような狂気   ナシゴレンにぶっかけられた水玉   ●  ●    それを留めるようなものは何一つ なく   あるいは 最初から狂気しかなかったのかもしれない   あり得ることはただ一つ   最初から私しかいない   情報の伝達に齟齬が発生するかもしれない  でも  聞いて  それが私がここにいる理由  あなたがここにいる理由  信じて

●   ●    ●   ●         ●    ●      ●     ●     ●     ●       ●          ●              ●    ●    ●         ●   踏破上測定機 を 破壊   し        ●    ●   ●    ●   ●    ●    せ        ●   世    ●  ●    ●   玖珠    玖珠   クス   ●  ●  玖珠   ● 区巣   ● 玖珠  ● クルス   ●  ホムンクルス    ●  ●   ●  ●  

無絵

1

 

あなたはただ立ち止まっている   郵便広告の前で  ただ一人座っている少年が立ち上がる  その姿が広告の前に映るのだ   郵便広告は 郵便会社が出したもの   郵便を届けようとする人が誰もいないのだ   なぜならもはや粒子加速器が一般家庭に普及し  一切の事物は世界を跨いで一瞬にしてテレポートできるから   粒子加速器はあなたのもとへ誕生花を届けようとする  あなたのもとへあなたのもとへ   そして一枚の細胞片を転送しそびれる    あなたの手元にあったポータブル式粒子加速器が反応する  「Hello, world」   こんにちは世界   ありがとう世界   さようなら   また方向音痴になりましょう  人々はもはや歩くすべを知らない   自らを粒子加速器の中へ投入しオフィスへと 向かう  あるいはそうしなくとも  オフィスそのものを 粒子加速器へと入れる   そうすることで   自宅で作業する   のだ   そして   Hello, world   が繰り返   され   Hello,   world    He  llo    wo    rl     d     he    ll     o     !!!!!!!!!

 

 

13

 

私の耳の中にはある音楽が鳴り響いている   それはうまく説明することができないが    ELPのライブ音源だ   という言い方が正しいか  それともニコ動に上がっていた音源だというのが正しいか   それはわからない  しかしあの荒れ狂るようなギターサウンド  キーボード  破壊的なタイピング速度のキーボード入力   それがもはや会場を席巻し  あらゆる音楽という音楽を破壊してみせる   のを   感受する  ないしは   時の声   バラード   バラッド   バラバラバラバラバラバラバラード    あるいは  愛してる  もしくは  時を  時を   くるえ  来るへ   狂え   犬よ  ほえろ   ばらーっど  薔薇―っ   薔薇―っ!!!

 

88歳

 

老年期の終わりに差し掛かった私はふとした瞬間からテレポーテーションを繰り返し続けることをやめてしまった代わりに郵便局に行って誕生花を受け取った後でついにはその花を捨ててしまったなぜならそれはもはや萎びて干からびてしまった物体だったからだ   花の写真が欲しい   何にしても時はいつか朽ち果てるのだから   は!

 

10923098

 

sふぁおいじゃpをえりじゃを;いjf;sdjb;zd;lじゃあね、 と言ったあなたはここに来てあsf;djs;ふぁskj;っを理解し、わおぴj;うぃj;gwじ;おを理解しなかった、という不器用なあなたのことですから、ね、あなたね、街がおいじょいwじぇおいあwじぇ;おいjwってるよ、と言いたくても、言えない、癒えない傷のように、複雑に裂けた傷のような顔を私は器用に覆い隠す

 

 

色彩のルッコラ 

踊り出す

サンバでバッチグ

 

 

 









最終更新日  2017年05月04日 17時16分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年02月04日
カテゴリ:JOKER color
 

詩:kaz.さん
ツイッター:
kaz. @yuichiminami




kaz15-1-ai(t.png




kaz15-2-ai(t.png








最終更新日  2017年02月05日 06時39分25秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年12月04日
カテゴリ:JOKER color
 

詩:kaz.さん
ツイッター:
kaz. @yuichiminami



くらすたーあまらない喪に足す

 

 

 

 

attachment1attachment2attachment3attachment4attachment5

attachment1attachment3attachment4attachment5

attachment1attachment4attachment5

attachment1attachment5

attachment1

attachment1凝り固まり

attachment1コンクリート

attachment1

attachment1

attachment1



attachment1


 

詩ずおか詩てぃ

ディラン行きマフ

   

attachment2attachment3attachment4attachment5attachment1 

attachment2attachment3attachment4attachment5attachment1 


青々青々青々青々青々青々青々青々年


attachment2


テクストを解体する強度なき強度がはばねる、

ガリアの泉にけふはたべる

 

といじゆうによぞらのあおをびぶんせよ

まちのattachment3あかりattachment3はむししてもよい

 

  羽

ない

 

 

 

 

 

 

 

ああああああああああああああ

わかったー!!! 速度と加速度は微分なんだ~れられられ

attachment4にメールして怒られぴーの笑われぴーの超救命のタランティーノ

 

物理学と磁場がすぽ! すぽ! 挟み込まれてぃーの

 

よみがえらないひがんばな

  Cluster Amaryllis

 










最終更新日  2016年12月13日 21時16分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年11月03日
カテゴリ:JOKER color

詩:kaz.さん
ツイッター:
kaz. @yuichiminami



あなたの家計が足りない、それって、政治のせいじゃありませんか



バカント

バカント
このままではあかんだ
オーギュスト
コントをします

生命保険に入らなあかんねん
だが日々の生活費削る
収入が次々と減る
すると保険さえ怪しくなってくる
だから保険をやめました
保険をやめたらお金が次々入ってくる
自由に使えるお金が増える
しかしその人はあとで癌になり
全く手術代を払えないまま亡くなりました

社会保障に頼って生活している人は
どんどん増えていく 思いっきり加速してく
ステレオタイプ 新しいものに飲み込まれていく
和的なものがどんどん破壊されていく
その先に見えるのはもはや資本主義の限界
限界を知った上で自発的に行動しているのか
それとも貧しいことは正しさなのか
貧しいことは正しさだと言い張りたいがために
政治への諦観があるために
我々は、統合し、調和し、拡散するのではないですか


箱男

箱の中で僕は次の一票を待っている。箱の天井は白く細い隙間があり、そこから光が差している。政治的現実から逃れるために幻想に手を差し伸べるのではないですか? 幻想と現実の隙間から一票が落ちてくるのではなく、天井の隙間から落とされた白い紙に支持政党が書かれているのです。それが何かを決めるのは現実の中でなのか幻想の中でなのかはわかりません。しかし確かなのはそれは確実に誰かの意思表示であることです。」などという言説が独歩している箱の中で僕は次の一票を待っている。箱の天井は白く細い隙間があり、そこから光が差している。政治的現実から逃れるために幻想に手を差し伸べるのではないですか? 幻想と現実の隙間から一票が落ちてくるのではなく、天井の隙間から落とされた白い紙に支持政党が書かれているのです。それが何かを決めるのは現実の中でなのか幻想の中でなのかはわかりません。しかし確かなのはそれは確実に誰かの意思表示であることです。」などという言説が独歩して


政治思想難民

ひれ伏せ愚民ども! という曲が流行ったのは20086月からで、宮内庁が困惑するという話があった。結局なんだかんだ言って誰一人としてひれ伏さなかった上にささやかな祭りになった。しかしながらその祭りが、その頃就職氷河期で行き場を失った人々の、インターネットライフを謳歌しようと考える引き金になったとしても不思議ではない。その頃からインターネットが普及し始め、今や誰もが有名になれる時代となった。オーディションはもはや不要となり、自分から面白いものを発信できるようになった。その結果として作られたセカイカメラのエアタグは空へと解き放たれ、アメリカやフランス、ロシアなど様々な国へと離散(Diaspora)している。この離散をどう受け止めるのだろうか?

バスの中で隣の人の手元から滑り落ちたウォークマンを拾う手つきが夜の空に独特に輝いていてめまいがする、まで書き込んだときに僕は前のめりになりつい踏み出して就活中の女性たちに衝突してしまった。その途端原子核がはじけ電子は融解し隣の人の神経を消耗させた、という神話がロゼッタストーンには刻まれているのだろうかもしれない。乱れていく日本語の中で歌われた中島みゆきがパンクする本屋の中でアドニスを高く歌い上げゆるかもしれぬ。バスの後ろの方で座っていると前の方でうーんうーんと楽しげに呻く声が聞こえ(Diaspora、果たしてこれは本当に呻きなのか)その離散の音を静かに聞き取る静岡のバスの中であった。


 


 














最終更新日  2016年11月06日 21時32分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年09月29日
カテゴリ:JOKER color
  

詩:kaz.さん
ツイッター:
kaz. @yuichiminami




 

紅いはな

 


   12 image.gif


 

 







最終更新日  2016年10月01日 16時40分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月27日
カテゴリ:JOKER color

 

詩:はかいしさん
ツイッター:
はかいし @yuichiminami

 

 

黄色で書き始める

 

 

黄色で書き始めるという文字は緑だが青で書き始めるという選択肢もあったというという選択肢は赤でという選択肢は赤でという選択肢は赤でという選択肢は赤でという選択肢は赤でという選択肢は赤で

ねえ別れようよ

なんで?

疲れたんだ。

じゃあ休もうよ。

一緒じゃなくて、一人じゃないと休めまい

めまい? 大丈夫?

テクスト読みはテクストを欺く

読まれすぎることを目標に読まれすぎる

言葉は言葉でないものをえぐり出し

散漫なサンマ、ほんまでっか、

ええんか、ええんか、

えんがちょ、えんがちょ、

言葉なんて覚えるんじゃなかった

言葉なんて覚えるんじゃなかったなんて覚えるんじゃなかった

言葉なんて覚えるんじゃなかったなんて覚えるんじゃなかったなんて覚えるんじゃなかった

偉い、詩を書いていたの?image00.gif

桑南だ。

カナンの地。

流されたのは?

血。

走れ! 遊べ! 鳥!image01.gif

小笠原霊長類!

明、行ってみたいな。

眠眠打破。

みんなの党。

みんなの言葉。

そんなもの、、、image02.gif

image03.gif

 

 

 







最終更新日  2016年08月30日 15時44分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年07月25日
カテゴリ:JOKER color
  

詩:はかいしさん
ツイッター:
はかいし @yuichiminami




 

入荷10――乳化重合

 

 

ゲマトリアえず作家ライドしたポリ多糖のこと、離れ島(はなたれた)花島(はなじら)()を連れて月見(はなみ)に行って思った。(はな)はどうして生まれてきたの? 奇々怪界な死屍(はなだ)累々(らけた)な満ち満ちた道を歩いて行くんです。それが道化の使命だからと聞いたときからずっと同心(ちゅうとう)円状(かんじょう)に歩いてきました。ウリミバエの根絶(はなたち)に成功した沖縄(はなじま)では死者(はなばな)電話(おはなし)が引っ切り無しに掛かってきます。出るとブーンブーンとgrafityを描く音がするようですっと立ち上がって(はな)(はな)から取り外したらそこにはわずかながら卵が残っていましたどうやら死んだ(はな)(はな)に逃げたようです。そうかこれは(はな)からの電話なのかと納得したその瞬間(せつな)天井(はなびら)がガラモンと落ちてきました落ちぶれたのか(はな)は。(はな)は。(はな)は、呼吸呼吸【はなはな】忘れないようにどちらも息を尖らせて逆巻(はなま)(ガーベラ)祭礼(サイレン)に間に合うようにサイレンサーで(はなた)(はなた)を撃ち抜いたのです。(はな)は生きている、(はなま)から(ぼく)を流す()のことを見ているのですんなりスナメリ砂めり込んだメリケンサックのViagra、そうかそういうことかと不思議(ふしぎばな)に思って立ち上がって月を元の位置に(ふや)したのです。()羅門(なもん)とクシャトリアのくしゃくしゃの(はな)に触れて無礼をお許しくだサイモン・ラーブレスという人がどこかにいたナサニエル・ホーソーンの小説(はなとき)の中で(はな)を潜めているその(はな)を終え、追え、お絵描きしながら落雷(つばき)を待ち望む人々の暮らしぶりを神様の罰当たりだと切り捨てて基督(はな)(すと)透明(はなばな)人間(しく)になりました。透明(はなばな)人間(しく)になった君はせばましましかばましと古典(はなぞの)単語(はなご)を暗記するように安定剤(はだけた)を飲み干して気づいたのです「もうここには(はな)もいない」











最終更新日  2016年07月26日 21時53分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年06月29日
カテゴリ:JOKER color

 

詩:はかいしさん
ツイッター:
はかいし @yuichiminami




球芸

    

雪見大福ピザを投げたら

宇宙際タイヒミューラー理論が生まれた

チオアシドリシスってどういう操作なのか?

安直にゴルドベルク協奏曲などと言ってみる


果たして我々の人智の及ぶところにあるのか?

恐らく理解者はいない

ハインツ

フリーデル・クラフツ反応したケチャップ

有機化学の合成実験だ

男根中心主義を断固拒否せよ

そうそれはファルス的なもの、

愛、ファンタジア

 

伝統意識が芽生えた

ウェーバーの社会学は古すぎる

マルクスの経済学は退屈だ

ユートピアはどこにもない

ユートピア展はどこかにあるかもしれないが

それはユートピアではなくなってしまったも

のの

欠片でしかない

銃で胸を撃ち抜け

血を流しながら

空を真っ青に染め上げろ

ウィトゲンシュタインの目のような

美しい音楽が聴こえるような

あるいは日々の欠片がそこで生まれた

オワタ

ような気がする

ワタッコを生やした林が僕の蓄膿症をひどく

する

硫化された産物の暗い(食らい)色の彼方に

僕は咀嚼する

咀嚼力がすべてだ

伯爵様

すべては王家(お受け)の血でできている

あらゆる運命はそこで決まってしまう

 

cry、食らい、暗い色の彼方に

それらは確かにそのとき現実だった

あなたの中に培われた無数の物語たちが

忘れ去られ、眠るとき

僕は最後の扉を開く

 

量子の風に吹かれて

さよなら、さよなら、またの日まで

電子の心に告げた

不定性の存在に

気づかないといけない

 

セイギセイギセイギセイ

ギセイギセイギセイギセイ

デッドエンドは怖くない

自分の中のポップな感性を捨て去って

ミャウミャウ

ノイズ

ホーリーソイル

正義は犠牲を生む

それは言葉の綾ではなく

本当に

言葉を失うのだ

 

可能性が潜在性に変わる

詩が死に変わる

言葉が~~~変わった!

あくまで、羊ですから!

そう、それは数式の数式の数式

入れ子状になった流れの

流体の圏論ののののののの

 

飯テロ

てへぺろ

似ているようで違う

性格のように

変異体におけるリグニン前駆体の

形成に関わる分子のように

あるいはまた、高行健の

小説とも詩とも戯曲ともとれないもののよう


 

ヒバゴン!

僕は被爆者だ!

ダークサイドオブザムーン! 狂気!

金!

money

honey

そして走る電撃!

青空!

雷鳴!

羽!

蹄鉄を鳴らす言葉のように失われ

引き裂かれたカーテンの乾いた唇であれ!


 


 

















最終更新日  2016年07月03日 10時36分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年05月31日
カテゴリ:JOKER color

 

詩:はかいしさん
ツイッター:
はかいし @yuichiminami






道化芝居

 

うさぎの存在感、、、(相武紗季Twitterより)

 

政府はとっくに買収されています。兵士を働かせ帝国を建設しなければ。というゲームがあって、僕はその世界の中から逃れることができない。その世界像を捨てたら、僕は背後世界に依拠しながらでなければ生きられないでしょうから。スキナー好きなの? 臭くて汚いタケシの車がいいー。毎晩のおかずは僕の境界を侵犯し、カフカ的には皆目見当がつかなかったはずのハザードを見る。それはデイケア先で地震が起こり、調理道具などが散乱するという事態だ。地震で恩恵を受けるのはそれだけではない。家具メーカー、接着剤メーカー、材木メーカー、林業など基本的に産業全体が潤う。しかしカースト制度はどうだろう。知らないの一言が人を傷つける。だから優しくオブラートに包んで知らないと言わなければならない。例えば……もうちょうで入院した父の記憶とセットで販売しています。夢を。博士論文でも書けるんじゃないだろうか。そんな夢のようなことができたらいい(さか)()。あんな夢こんな夢みんな叶えてくれるドラえもんのポッケ。鳥たちが錠剤を啄んでいる世界が欲しいな。はい! 妄想メーカー! あんあんあんとっても大好(いく)きってこともないけど嫌いってこともないドラえもん。ワーグナーを聴くなんて狂ってる。それでもいい。聴くんだ。ょって付けたらなんでも可愛くなると思ってるそこの君へ。汚物は消毒だょ。生き血は美味いょ。生きてるって自覚あるのかょ。まあこれくらいにしておこうょ。まだやるのか。お、終わったょ。あ、またか。避妊具をつけてセックスしなさいね。種村さん、あなたの村に撒かれた種子は、下手くそなバイオリンにょって発芽し、あ、またかよ、今度は一体なんなんだ。バスを待っている間(確か東急東横線だったと思う)、上空からハラリと落ちてくる銀杏の枯葉が煩わしくて仕方なかった。そうして僕は安部さんに会いに行った、すると彼女から会わせたい人がいると言われ、会いにいくと日蓮正宗に入らないかと誘われた、手を合わせないかと言われたのだ。僕は無神論者だと言った、すると向こうは神ではなく仏に手を合わせているのだと言った。そんなものどっちも同じようなものではないか。とは思ったが言わなかった。僕は途中で耐えられなくなり帰りますと言って帰ってきた、すると連中は中野駅まで付いてきたのだ。家に帰って、再び神の存在が疑わしくなり、入院したいと父母に言うと、落語を聴かせてくれ、それで落ち着いた。そのことを病院の先生に話すと、途中話の流れで「それで洗脳されてきたんですか」と冗談を言われたが、心配してくれ、頓服を少しもらった。その日の帰り道、僕は道の途中でしゃがみ込み、寝っ転がった。というか倒れたというか。そんなことが三度ほどあった後、気がついた人に助けられ、車で家まで送ってもらった。それから意識のハードプロブレムについて考えている今日この頃。勧誘されたときのことを思い出すと、哲学は何も生まないやらお守りを捨てろやら言われて大変だった記憶がある。全くがっかりだ。詩はとてもいいのに信仰に失敗している。それも政治的には恐ろしく邪教だ。ニーチェが日蓮を知らなかったからといって、現代の医療で復帰したならばまた違うことを言っていたかもしれないだろうに。「死にたい」がスーツを着る、そんな現代に、僕は身を捧げ、太陽、お前の永遠に、とろける海が、遠のくようで。ドロッチェ団。じゃんじゃん流れるミュージックヘビーローテションという者が昔おった。そいつは鬼ヶ島に鬼退治に出かけた。そして帰ってこなかった。犬も猿も雉も逃げ出して、誰も彼を助けてやらなかったのだ。なるほどね。さてここで問題です。何? 彼は死んだのでしょうか? さあな。サアナ号を撃て。ジャンケンポンバッチグー。透明人間ジャン。宇宙人間ケン。ロボット人間ポン。海賊ポケット、ソマリア沖で発見される。なかなか現実味のある話になってきたぞ。羊歯類の葉の裏側を見たことがあるかい? 真っ赤なボツボツがあって、あの男の首筋のようにおお、気持ち悪い。それまでは羊歯という言葉を何と読むか知らなかったのに。戦争よ起きろと叫ぶbotを開発する夢を見たことができるようにおおと叫ぶbotを開発する夢を見てことができるようにおおと叫ぶbotを開発する夢を見た。有理化。ユリイカ。よく似ているけど全くの別物。















最終更新日  2016年06月02日 20時57分24秒
コメント(4) | コメントを書く

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

PR

カレンダー

サイド自由欄


  Art詩スライドショー

  作へ

  注目作へ
   紫苑1~水原紫苑の歌によせて
     新たなイラストの扉がいま開かれた!




    詩誌AVENUEの 掲示板

    詩誌AVENUEの 私書箱

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

塚元寛一のお部屋★


創刊に向けて


コラボ詩の心得


顔文字詩


『ふろいど』のために


311


オリジナル意訳詩


TITANのお部屋★


『ふろいど』


動物さんたち 1


動物さんたち 2


作家の部屋★


poet 塚元寛一さん


poet 田中宏輔さん


poet 香鳴裕人さん


artist 羊谷知嘉さん


poet samleさん


reviewer 澤あづささん


poet NORANEKOさん


poet 天野行雄さん


poet 黒木アンさん


poet はかいしさん


poet 紅魚。さん


poet しぇりーいすちゃん


poet 泡沫恋歌さん


e-shi トラ太郎さん


e-shi 黒沙鐶ミイカさん


e-shi コマさん


artist ホングウ セラさん


reviewer 藤一紀さん


reviewer 水野英一さん


poet メビウスリング詩人会勉強会


poet 僻猫さん


artist 美々婆々さん


poet カニエ・ナハさん


ミュージシャンのお部屋★


hiroyuki


森 ミキ


編集室★


ブックマーク★


Home


room 1 企画


room 2


box 1 ✔


box 2 ✔


box 3 ✔


box 4 ✔


box 5


pro1 陽気なこまどり


pro2 coffee


pro3 花のやうに


pro4


pro5 


PBook 1


PBook 2


PBook 3


PBook 4


PBook 5 ✔✔


PBook 6


PBook 7


PBook 8


PBook 9


PBook 10


PBook 11


PBook 12


PBook 13 ✔


PBook 14


PBook 15


長編詩投稿サイト


日本人 カモメ7440


水深九十八メートルの夜



月舞の宴 (コメント付)


1~71行詩


今日の写真詩:詩文by塚元寛一


No.1


作品


十一次元の詩人たちへ


青いレモン


『青いレモン』の前駆詩


古井戸の底に浮かぶ


オリジナル意訳1    by塚元寛一


オリジナル意訳2


オリジナル意訳3


オリジナル意訳4


オ意ロートレアモン1


オ意ロートレアモン2


オ意ロートレアモン3


オ意ロートレアモン4


オ意ロートレアモン5


写真詩詩文控え1   by 塚元寛一


写真詩詩文控え2


写真詩詩文控え3


写真詩詩文控え4


写真詩詩文控え5


写真詩詩文控え6


ひろやすさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


ひろやすさん詩文控2


ひろやすさん詩文控3


ひろやすさん詩文控4


ひろやすさん詩文控5


wa!ひろさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


wa!ひろさん詩文控2


wa!ひろさん詩文控3


wa!ひろさん詩文控4


イラスト詩文控え1  by 塚元寛一


イラスト詩詩文控2


イラスト詩詩文控3



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.