033442 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

IMAIWORLD TRAINER'S BIBLE

IMAIWORLD TRAINER'S BIBLE

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

J'sPRIDE

J'sPRIDE

Calendar

Category

Freepage List

Comments

携帯ブログランキング@ 携帯ブログランキング はじめまして、ブログの内容を見てとても…
J’sPRIDE@ Re:昨日はありがとうございました(10/02) こちらこそ有難うございました。 私の…
市川 周治@ 昨日はありがとうございました 今井社長 昨日はどうもありがとうござい…
J’sPRIDE@ Re:割れこそ打撃の極意(10/02) 腹筋割りたい人さん コメント有難うご…
腹筋割りたい人@ 割れこそ打撃の極意 最近は,本当に野球を教えたことがあるの…

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません
2008.04.30
XML
カテゴリ:投球フォーム
昨日、大学のグラウンドを借りて練習した。
さすがに140キロ後半から150キロまでスピードが出ていたとあって
それなりだったが、現在のピッチングで上の世界では通用しないだろう。
以前は2段階に加速したと言う。実際にはあり得ないことだが、
そのように錯覚するという事だろう。
よく手元でボールが伸びたというやつである。
しかし、本人は、同じように投げているつもりであるにも関わらず、
球速が全然でない。
では、何故こんなことが起きるのだろう?
体が急に衰えた?そんなことはありえない。

彼に最初に告げたことは、
早い切れのあるボールを投げるために一番必要な事は、
高度な技術なのだということである。
もちろん、それに加えてパワーがあれば言う事は無いが
まず技術ありきである。
力があれば、速い球が投げられるのであれば格闘家はすべて剛速球投手である。

とにかく、正しい考え方に行き着くために最初に話した事は、
プライオメトリックスと良性肢位という言葉の意味である。

サポーター、コルセット専門ショップ
J’s PRIDE








お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2008.05.06 09:31:14
コメント(0) | コメントを書く
[投球フォーム] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.