1102483 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

イルカみたいに生きてみよう~心の力を抜いて楽しく生きていきませんか

2017.11.18
XML
カテゴリ:誘水日記
大学を卒業して就職してしばらくは、
「このままじゃいやだ」
と、ずっと思って生きていた。

会社という枠の中で、
敷かれたレールの上を進んでいく人生という感じがしたのだろうと思う。
会社勤めをしていても、思う存分、自分の力を発揮している人はいる。
しかし、
ぼくはどちらかというと、組織の中では、その秩序に縛られてしまって、
自分を表現できないタイプだ。
自分で自分を縛ってしまう。
事なかれ主義に流れてしまいがちだ。

そんな自分を知っていたから、
一刻も早く、そこから逃れないといけないと、自分を追い詰めるところがあった。

しかし、会社を辞めて何ができるのか? 何をしたいのか?
それが見えてこない。

悶々と過ごしていた。

あのころの若い自分が今の自分を見たら、
ある意味、理想的な生き方をしていると感じるだろうな。
あこがれの東京で暮らし、
文章を書くというあこがれの職業。
組織にも縛られない。

欲を言うなら、もっとばりばりと仕事をしているというのが、
あのころの理想の姿だっただろうが、
そこは勘弁してもらいたい。

40年という年月はすごいものだと、改めて思う。

あのころの延長が今なのだが、
あのころとは違う人格を、今は生きているような気もする。

ぼくの今の楽しみ。
寝るとき、起きるときのまどろみの中で、
40年前に戻って、
あのころの自分に会うこと。

野心もあって、才能もあって、
なかなかだったなあ。

そう思うと、
今のままで終わらない自分を感じる。

おかげさまでいい人生を歩ませてもらっている。
ありがとうございます。







Last updated  2017.11.18 08:00:18
コメント(0) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


さそい水さん

イルカみたいに生きてみよう!

フォローする

Calendar

Favorite Blog

認め合うことの大切… New! おーんみちゃんさん

スタッフ募集 New! 院長9988さん

富士スピードウェイ… あんずの日記さん

傷つき、忘れられて… kopanda06さん

ハープコンサートの… 47弦の詩人さん

Comments

Freepage List

Headline News


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.