198989 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ネット文芸館 木洩れ日の里

PR

Calendar

Category

Recent Posts

Comments

mac0924@ ありがとうございました。 こんにちは。 わざわざ、おいでいただきコ…
朽木一空@ Re:忍草2 表裏の巻 4(10/03) ポエムの欄に時代小説の乱入ごめんなさい…
秋梅雨@ 忍草シリーズ素晴らしいですね ブログ村のランキングがトップクラスなの…
五林寺隆@ 応援ありがとうございます。 無名作家さん コメントありがとうございま…
無名作家@ Re:寄稿 晩秋の俳句5選(01/11) 冬なのに、一遍に秋の気配のなかに吸い込…

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません

Headline News

Archives

Free Space

このサイトに掲載している「文章と絵手紙画像の著作権」は、当サイト管理人に帰属しています。従って、無断で転載することをお断りします。

2018.05.12
XML
カテゴリ:短歌・俳句



 日が暮れ、桜の花びらだけが、月に照らされた闇が拡がる。酔いが回ってきた。足を縺れさせ、墓石に小便を垂れる。
 酒を飲み、乱れて、朽ち落ち葉のように醜く、汚く散ってゆく、酒を飲まずにすめば幸せ者である。桜のように優雅に舞うことはできない、誰も振り向きもせず、踏んづけてゆく毀れ花、朦朧とした頭の中で呑死でもいいのかと、、、。

 井月は、『無能の人』(つげ義春)の中で知った俳人である。とぼとぼ、ぐつぐつ、ひょろひゅろ、伊那谷を流浪徘徊した俳人井月、出自没却一切語らず、襤褸纏い、酒に溺れ、糞尿に塗れ、野垂死にした男。

-寝て起きて又のむ酒や花心-       井月
-秋経るや 葉に捨てられて梅もどき-   井月
-降るとまで人には見せて花曇り-     井月
-落ち栗の座を定めるや窪溜り‐      井月

-今は世に拾う人なき落栗のくちはてよとや雨のふるらん- 井月
-何処やらに鶴(たず)の声聞くかすみかな-        井月

 机の上に置かれた一冊の文庫本、友人の丸谷が読みかけの本だった。ちらっと眼を通すつもりが泥沼に引き込まれるように、ずぶずぶと暗い穴の中に引き込まれてしまった。
 『海も暮れきる』吉村昭、という本だった。そこで。放哉熱に罹ってしまった。悪酒癖によって身を持ち崩し、すべてを捨て、暗いほうへ暗いほうへと降りて行き、自分に対する嗜虐的呟きを句に詠み、咳込みのたうちまわった小豆島での晩年は心に刺さった。

-咳をしても一人- 放哉
-何がたのしみで生きてゐるのかと問はれて居る-放哉

-いれものがない両手でうける-  放哉
-こんなよい月を一人で見て寝る- 放哉
- 一人の道が暮れて来た-    放哉
-入れものが無い両手で受ける-  放哉

 捨てきれずに、だらだらと寿命を費やしているだけの男の句

-咲きそびれ 桜蕾に 月の声-  退月
-残桜の 花びらが舞う 酔人に- 退月
-闇桜 徘徊助くる 月明り-   退月

-ぼちぼち(墓地墓地)と、洒落てみる花 帰ろかな- 退月

退月とは男の俳号である

作:朽木一空


※下記バナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ。
またこのブログ記事が面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ







Last updated  2018.05.12 11:15:00
コメント(0) | コメントを書く
[短歌・俳句] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.