212461 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ネット文芸館 木洩れ日の里

PR

Calendar

Category

Recent Posts

Comments

mac0924@ ありがとうございました。 こんにちは。 わざわざ、おいでいただきコ…
朽木一空@ Re:忍草2 表裏の巻 4(10/03) ポエムの欄に時代小説の乱入ごめんなさい…
秋梅雨@ 忍草シリーズ素晴らしいですね ブログ村のランキングがトップクラスなの…
五林寺隆@ 応援ありがとうございます。 無名作家さん コメントありがとうございま…
無名作家@ Re:寄稿 晩秋の俳句5選(01/11) 冬なのに、一遍に秋の気配のなかに吸い込…

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません

Headline News

Archives

Free Space

このサイトに掲載している「文章と絵手紙画像の著作権」は、当サイト管理人に帰属しています。従って、無断で転載することをお断りします。

2018.08.19
XML
カテゴリ:ポエム


「真夏の夜のお口直しに、三好達治の名詩をお楽しみください」ウィンク

私のうたは砂の砦だ
海が来て
やさしい波の一打でくずしてしまう

私のうたは砂の砦だ
海が来て
やさしい波の一打でくずしてしまう

こりずにそれでもまた私は築く
私は築く
私のうたは砂の砦だ

無限の海にむかって築く
この砦は崩れ易い
もとより崩れ易い砦だ

青空の下
太陽の燃える下で
その上私の砦は孤独だ

援軍無用
孤立無援の
砂の砦だ

私はここで指揮官だ
私は士官で兵卒だ
砲手だ旗手だ伝令だ

鷗が舞う
鳶が啼く
私はここで戦った

私はここで戦った
無限の海
無限の波

波が来て白い腕(かいな)の
一打ちで崩してしまう
私の歌は砂の砦だ

この砦は砂の砦だ
崩れるにはやく
築くにはやい

これははかない戦場だ
波がきてさらったあとに
あとかたもない砂の砦だ

私のうたは砂の砦だ……

作者:三好達治

※下記バナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ。
またこのブログ記事が面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ











Last updated  2018.08.26 11:04:10
コメント(0) | コメントを書く
[ポエム] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.