324189 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

旅の人 うちのラム酒は最高だよ!

旅の人 うちのラム酒は最高だよ!

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

浩 渚@ Re:大航海時代初代~最後の戦い~(03/10) 当時の記憶を思い出しながら読ませていた…
マイケル@ Re:新松戸ニンニクチャーハン栄楽で労働メシ!(06/24) めちゃめちゃ美味しいニンニクチャーハン…
グーフィー大好き@ Re:cuisine francaise JJでのお食事おさらい篇(04/27) ご無沙汰しております。先日、ランチでj…
桃山@ 御無沙汰です お元気でしたか? あの日、僕は職場に…
yui@ こんにちは 明けましておめでとうございます! …

Rakuten Card

2009.10.27
XML
カテゴリ:日本料理
焼き物はグジ(アマダイ)。
赤寶亭グジ.jpg

そのまま食べても美味しいし、すだちを絞ったってば美味しい。
もうどうしてくれるんでしょうという、うれしい悲鳴をあげたくなる状況。
しかも焼き栗の甘さだって、とんでもないのです(*´д`*)

甘鯛といえば、エルブランシュでも食べたことがありました。【その時の記事】
あちも、グレープフルーツの酸味のあるソースで食べさせていました。

同じ食材ですが、シンプルに食材の力を引き出そうという日本料理の地平と
ソースと食材をあわせることで、より高みを目指そうというフランス料理の地平。
同じ美味しさを追い求めながら、違う地平を目指す様子を体感できたわけです。

このあたりになると、お腹の具合もよくなってきます。
正直「日本料理って、チマチマしててお腹一杯にならないんじゃないの?」なんて思い込みを
いい意味で裏切ってくれています。

続いては見た目にも鮮やかな八寸が登場。
正に山海の珍味を八寸四方の板に盛り…という由来を実感できる美しさ。

それを一人ずつに取り分けていただきました。
赤寶亭八寸.jpg

まぁね、もう表現の言葉が無いほどにいいのですよ。
一つ一つを褒めていたら、時間がいくらあっても足りないですから例えば「しめ鯖」
たかか「しめ鯖」ですが、ここまで上があるのかと思える塩梅のよさ。
かかっているのは、溶きカラシですが、いわるゆその辺にあるカラシとは
一線を画す、穏やかで優しい風味でした。

お食事前の最後のお料理は、かぶを炊いたもの。
赤寶亭かぶら.jpg

煮るというのは、家庭でよくやる調理法で
どんな食感なのかというのは、舌に染み付いているものです。
勿論家庭料理とプロの料理を比較するのはナンセンスですが
まぁこのカブの炊き方がすばらしいこと…。
箸の重さだけで、スッと割れてしまうのではないかと思う柔らかさ。
繊維を感じることも全くないですし、手間のかかり具合が良くわかります。

この後は、お食事とデザートです。

【その1】
【その2】
【その3】
【その5】

ブログランキング・にほんブログ村へ





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2009.10.28 11:23:42
コメント(0) | コメントを書く
[日本料理] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.