000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

レジャーサービス研究所(東京&上海)

PR

Profile


レジャ研所長

Category

Calendar

Freepage List

Archives

2019/10
2019/09
2019/08

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

たかが楽天~「あっ… bmjapanさん
顧客心を捉える儲か… 顧客心を捉える儲かる仕組み請負人さん
春にして君を離れ ぽち.さん
失敗?成功?教師辞… 教師辞めて上海【のむてつ】さん
■Lifenaviの幸せの法… lifenaviさん

Comments

 マイコ3703@ キーワード検索でたどり着きました☆ ブログを見ていると、時間が経つのも忘れ…
 山本1998@ Re:観光産業の緊急課題は外国人の給与改革!(07/18) アフィリで稼いだ楽天キャッシュはどうし…
 Dr.ヒーリング@ こんにちわ(*^_^*) ここに来たのも何かの縁かな・・・? …

全3件 (3件中 1-3件目)

1

再生

2009/08/31
XML
カテゴリ:再生

50年ぶりの政権交代。

結果を見れば、
民主がいい!のではなくて、自民が嫌!ということがわかった選挙だった。
(恋愛に置き換えて考えると、とても寂しいが、、、)

その民主の候補者たちも、
いきなりポコポコ出てきた人たちで、
まだ20代の小娘までもマイク握り締めて、決まり文句のように「子供手当て」の連呼。

肝心なのは、子供の手当てをあげるから、
主婦も働いて、税金を納めてね、ということのはずなのに、、、。
(納税者を増やす)

ということで、50年間政権運営をしたことがない、素人が国の運営をすることになった。

願いは、気負い過ぎて、ああ勘違いなことをしないで欲しい。
余計なことはいいから、
政府が必ずやらなければならないこと、地方ではできないこと、
(外交と安全保障)
をしっかりやってもらいたい。

経済に関しても、余計なことはしないで、
活性化するために必要な規制をバンバン見直すこと。
(土地、建物、農地、、、)
それには役人を減らすこと。
減らさないと規制も減らないから。
それから周辺のブレーンを大学教授で固めないこと。

高速道路の無料化なんて、、、
もっと真剣に日本の交通インフラ計画を考えること。
(新幹線、地方空港の運営、航空会社)
そうしないといっきに国内移動が不便な国に成り下がるから。

それらをやるには、議員の教育を徹底すること。
国民の教育うんぬん以前に、必ずやること。

、、、などなど気になることをしっかり進言しようと思います。
(昨晩も一部メールにて送信済み)

せっかく素人の時代になるわけだから、
サラリーマンの家庭人もしっかり参加すること。
そうでないと、サラリーマン家庭からむさぶる案は変わらないからね。

これを気に傍観者が一掃できればいいですね。
(例えば、選挙に行かないくせに文句ばかり言うやつとか)
(社内でも同じこと)









Last updated  2009/08/31 10:49:26 AM
コメント(0) | コメントを書く
2008/12/11
カテゴリ:再生

今年に入ってから、メールが送信できていない…
というトラブルが多発してました。
特に中国出張中に、< co.jp>で終わる会社のアドレスに多かった。

そこで、最近はGmailを多用するようになりました。
使ってみると、本当に便利ですね。
様々なグーグルソフトとの連携も抜群で、
すっかり愛用アドレスになってしまいました。

雑誌などでもグーグルやGmailの便利さがよく取り上げられているので
ある程度わかったつもりでいたのですが、
先日、何気に驚いたことは、、、

Gmailでメンバーに
「名刺があと30枚でなくなりそうです。
至急、発注をお願いします」
というようなメールを送信しました。

送信後、何気に画面を見ていると、
なななんと「名刺」の文字が目につきました。
↓こんな表示(赤ラインに注目!)

Gmailの広告

今まで気がつかなかったです。
メールした内容に合わせてこういう広告が表示されるんですね。
メール連動広告ですね。
大発明は無理でも、小さなアイデアが加わるだけで、
大変ユニークなソフトに生まれ変わるのだから、
その発想には、ため息が出てしまいます。

「よくまぁ、こんなことを思いつくなぁリスト」に入れておきます(笑)。

小さい改良と連携する新しいコンテンツの開発で、
使っていても飽きないし、
どんどん便利になって、愛着を沸かせる企画力、開発力は
他業種でもきっと参考にしたいはずです。

それにしても、、、
アイデアで「まだ、そんな手があったのかぁ」と
ため息つかせるのは、痛快だろうなぁ。
こんなご時世だからこそ、そういう仕事をしたいものです。

===

仮に、グーグルとかYoutubeが、
テーマパークなんかのレジャー施設を作ったら、、、とか、
ホテルを企画したら、どんな施設になるんだろうか?

そういうことを考えると、
きっとまだまだできることがあるんだろうな、と思います。
(本当にやってくれれえばいいなぁ:マジで)

「その手があったかぁー!」と
業界人が泣いて悔しがるようなことをやってくれる気がします。

再生のヒントは他業種に学ぶ、、、ですね。








Last updated  2008/12/13 01:55:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
2008/02/02
カテゴリ:再生


「遊園地とテーマパークは何が違うのか?」
とく聞かれる質問です。

この20年間くらい、様々な書籍や講演会などで「○○が違う」という
議論がされてきました。

確固たるテーマがある、ない。
施設がテーマに合わせて造られている、いない。
アトラクションからお土産まで、テーマを統一している、いない。
…色々あります。

そして重要なことですが、
「大人も楽しめる」ということだと思います。
その最高峰がTDLでしょう。

これは本当に重要なことで、
遊園地はとかく、子供用に造られがちです。
乗り物からイベントまでが小学生くらいにピントが合わせてある。

しかし、人の人生で「子供時代」というのは本当に短い。
人生80年だとして、
1/5くらしかないのです。
その後の“大人時代”の方が、圧倒的に長い。

子供時代に行った楽しい思い出を、振返って
大人になってまた来てくれなければ大変狭いターゲットになってしまいます。

もちろん、自分が大人になっての子供同伴はあるでしょうが、
それにしても、大人が行きたくないのなら、頻度が減ってしまうわけです。

これはテーマパークにすれば大人も来るということにはなりません。
このピントをどこに合わせているのか?が問題であり、
子供に合わせたテーマなら、結果は同じです。

しかし、子供にピントを合わせていけないのか?と言えばそんなことはありません。
ただし、施設の規模は小さくなります。
<キッザニア>がよい例だと思います。
完全に子供サイズです。

完全に割切って、子供専用としています。
大人は遊べません。待つだけ。
それでも数ヶ月先まで予約で一杯です。

大規模に造ってしまった遊園地とテーマパークの多くが、
大人を楽しませることに失敗したのです。
(または、真剣に取り組んでこなかった)

ほとんどが子供パーク化しつつあります。
しかし、その規模は大き過ぎます。
両方を取り込めなければならない。

両方どっち着かずにしてたら、キッザニアみたなものが出てきてしまった。
旭山動物園を筆頭に、動物園が目覚めてしまった。

さらに現在は植物園の人気が高まっています。
「見せかた」や「楽しませ方」が進化してきました。
どこも対前年比でUPしてます。

大規模な遊園地やテーマパークは、どうしたら大人を楽しませられるのか?
苦悩が続きます。







Last updated  2008/02/04 01:36:19 AM
コメント(31) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.