19387496 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

北海道庁のブログ「超!!旬ほっかいどう」

全314件 (314件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 32 >

子育て・教育

2020.10.23
XML
カテゴリ:子育て・教育



イランカラ
テ~!環境生活部道民生活課です。

 

(公財)北海道青少年育成協会では、
青少年が強く美しい心を持ち、健やかに成長することを願い、

「北海道青少年のための200冊」を選定・目録等を作成し、

全道の幼稚園、小・中学校、高等学校、特別支援学校や図書館、その他関係団体等に配布するなど、良書の情報提供に努めています。

選定にあたっては、北海道学校図書館協会、北海道読書推進運動協議会にご協力いただき、選定委員会を開催しています。

幼児、小学生1~2年、3~4年、5~6年、中学生、高校生及び勤労青少年

の区分に分け、年齢別に200冊の図書を選定しており、

道内各地域では、以下のように活用いただいています。

 

・市町村の図書館において200冊コーナーを設け図書を紹介
・幼稚園、小・中・高等学校の夏、冬休み推薦図書資料として活用
・図書購入時の参考資料として活用
・感想文の課題図書選定資料として活用

 

文学のみならず、歴史、生物等、幅広いジャンルに渡っている上、

北海道にゆかりのある本も多くラインナップされています。

そして「高等学校の部」の本は、大人が読んでも読み応えたっぷりです。

秋の夜長にご家族で読書されてみてはいかがでしょうか?ノート

 

目録等の詳細はコチラ







最終更新日  2020.10.23 18:19:43

2020.10.15
カテゴリ:子育て・教育


 主催事業「ジュニアイングリッシュキャンプ」報告

​ みなさん、こんにちは!​ネイパル北見​です(^_^)​​

​​​
 ネイパル北見では、9月26日(土)~9月27日(日)1泊2日の日程で主催事業「ジュニアイングリッシュキャンプ」を開催しました。
 この事業は、親子でたくさんの英語に触れる機会がつくれるよう、「All English」を基本に行いました。オホーツク管内のALT15名と一般ボランティア2名も参加してくれて、子どもたちは、「英語でコミュニケーション」、「英語に挑戦」、「英語で遊ぼう」の活動に取り組みました。また、保護者は、「説明会」や「フリーカフェ」でALTと情報交流を行いました。
 
 1日目の「英語でコミュニケーション」では、参加者全員でALTからの英語の指示のもと、アイスブレイクやコミュニケーションゲームに取り組み、各グループ担当のALTと子どもたちが交流を深めました。
 「英語に挑戦」では、「read」「conversation」「exercise」の3か所のブースを学年層で分けた3グループが順に回り、ALTがそれぞれのレベルに合わせた英語活動を実施しました。「conversation」のブースでは、すごろくゲームを行いながら、簡単な英単語を使った表現に挑戦しました。
夕食後に行った「英語で遊ぼう」は、自由参加とし、子どもたちが、ALTと色おにゲームや一本橋ジャンケンゲームを楽しみました。
 また、保護者は、アメリカ・カナダ出身の2名のALTと海外研修経験があるボランティアスタッフ2名から、語学学習に向けたアドバイスのほか、自身の経験談も聞き、子どもが外国語を学習するときに大切にすべき視点について気づきを得ていました。

 2日目の「Enjoy !English」では、参加者全員で英語の歌を歌ったり、シェイクハンドを用いたゲームをしたりし、親子で楽しい時間を過ごしました。
 最後は、参加者それぞれに感謝の気持ちを込めてホタテ貝を活用したフォトスタンドを作成し、グループ写真とメッセージを添えてプレゼント交換を行いました。子どもたちは、ALTとの楽しい時間をふりかえり、別れを惜しむ様子が見られました。​​

  ​​​​〔絵本の読み聞かせ〕         〔コミュニケーションゲーム〕     〔英語に挑戦「conversation」〕​​​​​​​​

  


                〔JECに参加の皆さん〕
 

【参加者の声】
(子ども)
 ・英語は難しかったけど、楽しかった。
 ・新しい友達ができてうれしかった。
 ・ALTの先生は優しかった。また、参加したいです。
(保護者)
 ・語学習得に向けたアドバイスを聞けて勉強になりました。
 ・ALTの先生と交流する時間がたくさんあって良かったです。
 ・このような英語に触れる機会があれば、また参加したいです。

​​ ネイパル北見は、こんなところです♪〔常呂〕​

 ネイパル北見では、様々な主催事業を実施しているほか、各種団体の研修や御家族での体験活動、宿泊で御利用できますので、詳しくはネイパル北見ホームページ(htpp://napal-kitami-hokkaido.jp)をご覧ください。 

​​







最終更新日  2020.10.15 12:32:56

2020.10.10
カテゴリ:子育て・教育

​​​​ネイパル厚岸では、根釧管内の中高生を対象に「ジュニアリーダーコースHokkaido in 厚岸」を開催しました。​​​​​

 

​開会式後、日ごろから北方領土に関する様々な活動をしている​​​根室高校北方領土根室研究会​​​の生徒が、これまでの活動報告やロシアの青年たちとの交流について紹介してくれました。



​​​ その後、北方領土対策根室地域本部北方領土対策室の方から、北方領土問題に関わるこれまでの交渉経緯や、現在の日露関係について説明がありました。​



 
 説明後の話し合いでは、北方領土問題について中高生でもできそうな取組などについて意見を出し合いました。北方領土について分かりやすいパンフレットを生徒が作り、人が多く集まる道の駅に置いてはどうかなどのアイデアが出ていました。

  
 
 研修会後半のグループワークでは、株式会社Amp Tech(アンプテック)代表取締役の濱屋 雄太氏を講師に地域課題を地球規模の視点で考えSDGs​ワークショップを実施しました。



 ​​参加者は、北方領土問題のみならず、地域の様々な課題について、その解決方策や、道東の魅力を高める方策をSDGが示す目標に当てはめながら、グループで話し合いを行いました。


 
 参加者からは「多くの人の意見を聴き、地域の魅力や課題に気付いた。」「北方領土のことを深く知ることができた。感じたことを他の人にも伝えたい。」「地球規模の課題も、身近なことから取り組んでいくことが大事だと思った。」などの感想が聞かれました。



 地域課題に目を向ける意識や、地域を担う一員としての意識の高まりがうかがえた研修会になりました。
​​​​​​​​​​







最終更新日  2020.10.10 11:38:34

2020.10.07
カテゴリ:子育て・教育

​皆さんこんにちは、​​​​ネイパル厚岸​​​​です。

ネイパル厚岸では、厚岸町教育委員会との共催で、

小学校3年生から6年生を対象に​​「防災キャンプ」​​を開催しました。

北海道教育大学釧路校の境教授を講師に招き、これまで根釧地区では大きな地震があり、
今後も日頃の備えが必要との説明を受けました。



続いて同大学授業開発研究室所属の学生たちを講師に
津波発生装置を使った実験です。
津波がどのように到達するかを再現。

津波の威力を体感しました。




夜は、お互いに近すぎず、
夜にトイレで起きても寝ている人を踏まないよう、
寝る場所も考えながらの就寝準備です。

寝袋や段ボール等を使い、感染症にも配慮しながら自分の寝どこを作って、
体育館で一晩過ごしました。

みんな、よく眠れたかな?



2日目の朝食は、避難所を想定して、缶入りパンや、
フリーズドライ食品などを食べました。
保温食にはたくさんの種類があり、意外と?おいしいことにびっくり!



朝食のあとは、消防署の方を講師に招き、
段ボールと三角巾で腕を固定する手当ての方法や、
地震で怪我をして、動くことができない人を
毛布だけで運搬する方法を体験しました。

今後、怪我をしている人がいたら、役に立てる日がありそうです。





参加した子どもからは
「地震が起きたらすぐに高いところへ避難することが大切だということが分かった」
「家に帰ったら避難場所について家族と確認したい」などの感想が聞かれました。


皆さん、家でいざという時のことについて
家族と話し合う機会になったようですね。

​​​​​​​​​​​​







最終更新日  2020.10.07 11:36:42

カテゴリ:子育て・教育

​こんにちは、ネイパル森です。


​9月27日(日)の午前中、Sports Festa in ネイパル森」を開催しました。

この事業の目的は、体力や運動能力の向上を図るとともに、春頃のステイホームで得られにくかった運動習慣の定着や、年齢の違う人同士の交流を図ることです。参加者は近隣市町の小学生、保護者、ボランティア合わせて29名です。

開会式後、3つの種目に取り組みました。


​最初の種目は、徒競走とクイズを合体した「ひらめきランナー」。コース途中にあるなぞなぞに答え、ボランティアや職員に正解をもらうと、ゴールにまっしぐら! 年齢に合わせた難易度で、子供たちはなぞなぞも、走ることも楽しんでいました。​




 ​2つ目の種目は、障害物競走とリレーを組み合わせた「おもいやりリレー」。3チームそれぞれに選んだ障害をクリアしながら、バトンをつなぎました。段ボールを重ねて走ったチームが余裕の優勝、続いてなわとびチーム、ピンポン玉をおたまに乗せたチームがゴール。最後に空き缶を積み重ね、懸命にゴールを目指したチームには、温かな声援が盛んに送られました。​




​最後の種目は、大きなボールを5人で運ぶ「きずなバトル」。背中に乗せたボールのバランスをとりながら、5人の息を合わせてゴールを目指しました。ボランティアチームが7秒差のハンデをものともせずに猛追し、高校生・大人のパワーを見せつけました。



表彰式では、子供たちはネイパル森の足立所長から健闘を讃えられ、笑顔で賞品を受け取りました。



子供たちは、

「体を動かして楽しかった」

「次は鬼ごっこやサッカーをやってみたい」

などと感想を話していました。


これからも、学校や家で運動を楽しんでほしいです。


また、ネイパル森を地域の活動拠点として利用していただけることを、心からお待ちしています!







最終更新日  2020.10.07 08:55:23

2020.10.05
カテゴリ:子育て・教育
​​​​

​ネイパル深川 食育キャンプ開催!!

みなさん、こんにちは。ネイパル深川です。

ネイパル深川では、小学生とその保護者を対象として、9月26日(土)・27日(日)に主催事業「ネイパル深川 食育キャンプ」を開催しました。当初は日帰り事業として26日(土)のみの予定でしたが、参加希望者が募集定員を大きく上回ったため急遽26日と27日の2日間に分けて実施しました。2日間合わせて空知管内の市町、札幌市、旭川市、留萌市などから28組77名の家族の参加がありました。多くのご参加、ありがとうございます​(^o^)​​

​​午前の活動場所の「イムルの丘のりんご園 藤谷果樹園」では、園のスタッフによるりんごについての解説を受けた後、真っ赤に実ったおいしいりんごの収穫体験​


昼食は深川市産業経済推進課から地元深川産の黒米を使った黒米バーガーの提供を受け、デザートには午前に摘み取ったりんごを味わいました。

午後は株式会社有機農園たかしま農場へ場所を移し稲刈り体験。農場スタッフからの指導を受けた後、親子で協力しながら豊かに実った稲を刈り取り、束ね、干す作業に汗を流しました。


​参加した子どもたちからは「りんごや米を自分で採るのが楽しかった」「深川産の黒米を使った黒米バーガーがおいしかった」、保護者からは「泥まみれになり稲を刈る体験をすることで、子どもが食べ物の大切さを感じる機会になった」などの声がありました。

ネイパル深川では、今後も感染症対策をしながら楽しい企画を行っていきますので、学校で配られるチラシやホームページをチェックし、積極的にご参加ください​(^^)/​

​​ネイパル深川HP (​http://neiparufukagawa.ec-net.jp/​)​​​







最終更新日  2020.10.05 11:01:20

2020.09.30
カテゴリ:子育て・教育
​ ネイパル砂川です
 
 今年もこの季節がやってきました。リンゴ狩りです。砂川といえばお菓子が有名ですが、フルーツもあなどれません。



 りんごの生育状況も順調で、真っ赤に実った「あかね」を収穫しました。「あかね」は小ぶりですが酸味があり、生でもよし、焼いてもよし、煮てもよし、と三拍子そろったりんごです。今回は13家庭30名の参加者の皆さんに収穫をしていただきました。



 多いところでは1家庭で40個程度お持ち帰りしていただきました。「おいしい」とその場で丸かじりして、もぎたてのおいしさを味わう姿も随所で見られ、笑顔で和やかな時間を過ごすことができました。



 次の親子事業は12月開催の「親子でチャレンジ」です。11月中旬には開催要項をネイパル砂川HPにアップしますのでご覧ください。






最終更新日  2020.09.30 11:48:34

カテゴリ:子育て・教育
​​​​​​​​​はじめまして。道教委の「もうひとつのクライマクス」事業推進チームです。

新型コロナウィルスの影響によって、
部活動の集大成の場を失った生徒たち、

そして、その躍動する姿に勇気と感動をもらってきた                      
家族やサポーターたちがたくさんいます。

北海道教育委員会と北海道では、
感染拡大の防止対策を徹底しつつ、

​​国、道民、企業等の皆様とワンチームとなって、​​

卒業生アスリートたちが輝ける

             クライマクス
「もうひとつの晴れ舞台」を創出
します。​


青春アスリートたちを讃える取組に
​​​​​(ご寄附&メッセージ)
熱いエール​をお願いします。​​​​​

​​
(ご寄附&メッセージ)はコチラ!
現在、クラウドファンディング実施中ですが、
ご寄附が、なかなか集まらない状況です。
わずかでも結構ですので、皆様のご協力をお願いします!

ふるさと納税で応援することができます!​​

​ ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
もうひとつのクライマクスプロジェクトのページ​

​​​​


元日本ハムファイターズ​田中賢介​​さんが本プロジェクトの応援アンバサダーに!
(写真は8/6応援アンバサダー就任式の様子。道教委小玉教育長(右)とともに写真撮影。)





​​​​​​

​ お問い合わせ先 ​​​​​​​

​​​​​​​​北海道教育庁学校教育局健康・体育課
もうひとつのクライマクス事業推進チーム
住所:〒060-8544 北海道札幌市中央区北3条西7丁目 道庁別館8階
電話:011-206-0569
FAX:011-272-1234
電子メール:kyoiku.sports1#pref.hokkaido.lg.jp
(#は@に変換してください。)
​​​







最終更新日  2020.09.30 10:29:08

2020.09.27
カテゴリ:子育て・教育

こんにちは ネイパル森です。

9月12日(土)~13日(日)12日で「ネイパル防災キャンプ」を開催しました。

 

「ネイパル防災キャンプ」には、命を守る「救急救命法」や、心身の健康を守る「災害食づくり」などの体験を通して、自分や大切な人の命や生活を災害から「守る」をテーマに、小学校4年生から6年生までの35名の参加者が集まりました。

 

最初のプログラムは「防災クイズ~備えあれば憂いなし!防災グッズ編」を行いました。1人当たり一日何リットルの水の備えが必要なのかを考えたり、実際にエマージェンシーセット(笛やライトなどがセットになったもの)を手に取りながらどのように役立てるのかを話し合いをしたりして11問のクイズを解いていきました。

 

救急救命講習は、実際に森町の救急救命士に来ていただき、AEDの使い方や心臓マッサージなどの心肺蘇生法、三角巾を使った応急手当の方法などを学びました。ほとんどの子どもたちは初めての経験!「力いっぱい押さないと、心臓マッサージの効果がないことが分かった」と話していました。

 

夕食は、非常食と地元野菜を使った災害食をつくりました。そのままでは少し味気ない非常食も、少し手を加えると手軽に美味しく食事を楽しむことができます。改めて、食事は健康と生活の楽しみのために大切であると感じました。

 

夜はダンボールベッドとポータブルトイレの組み立てに挑戦。避難所のイメージはペラペラのマットに雑魚寝のイメージですが、今は、避難所の生活でも少しでも快適になるようにといろいろな工夫がされています。実際に床とダンボールベッドに横になってみると、その違いがよくわかります。

 

二日目の朝は、避難所運営ゲーム「Doはぐ」を行いました。

避難所に来る人々やそのときの状況などを把握し、どこに配置するか、どのように支援物資などを配布するかなど、班の仲間と話し合いながらゲームを進めました。

 

「ネイパル防災キャンプ」のまとめとして、北海道南西沖地震で大きな被害があった奥尻町にある奥尻島津波館とオンラインでつながり、実際に津波を体験した方から当時のお話を聞くことができました。子供たちは「同じ道南地域でこんなに大きな災害があることは知らなかった。家族と話し合い、自分にできる備えをしたい。」と話していました。



 

災害から自分や大切な人の命を守るのは、自分自身です。

災害を自分事として捉え、日ごろから備え、命を守れる人になってほしいと願っています






最終更新日  2020.09.27 17:43:56

2020.09.21
カテゴリ:子育て・教育
ネイパル砂川です!


 秋の連休いかがお過ごしでしょうか。ネイパル周辺は天気にも恵まれ、子どもの国は大盛況です。
​ さて、秋の主催事業一つ目、「ネイパルdeアカデミー」を週末に開催しました。空知管内や札幌から29名の元気な小中学生が参加してくれました。

 今回のメインは「草木染マスク作り」。初日に生地に模様を描き、染色を行い、2日目に手縫いでマスクを完成させました。



 草木染は染める植物によって色合いが変わりますが、使う媒染液によってもまったく異なる色に染め上がります。



 今回はマリーゴールドを材料に、2種類の媒染
液を使いましたが、染めあがりは良好。美しい色がしっかり出ました。事前に豆乳を塗った箇所は、きれいに色が抜け模様が上手に浮かび上がりました。



 2日目の縫物は、あっという間に縫い終わり、体育館で遊ぶ子や、「難しい」といって、何度も縫い直し苦労している子など様々でした。



しかし、みんな最後まで諦めず縫うことができ、素晴らしいオリジナルマスクを完成させました。




 今週末は、秋の定番「あっぷるクラブ」リンゴ狩りです。今年のリンゴの味は?もぎたてのあの歯ごたえ、感動すること間違いなし。







最終更新日  2020.09.21 16:41:55

全314件 (314件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 32 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.