2877643 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ルアー職人&フライ巻師のBLOG

全1526件 (1526件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

フライのお話

Oct 12, 2019
XML
カテゴリ:フライのお話
台風19号は伊豆半島に上陸して東北東に進んでいるようですが、上陸する少し前には千葉県沖で地震まで発生したようですね。
なにもこんな時に重ならなくても良さそうなものですが、津波の恐れはなかったというのは不幸中の幸いでしょう。
まだまだ暫くは風雨共に予断を許さない状況のようなので、台風の進行方向付近にいらっしゃる方々に、なるべく被害がありませんように・・・

この辺りは台風の進路からかなり離れていたのですが、お昼から夕方に掛けては北寄りの風がかなり強く吹き荒れておりました。
幸いにして南の風にならず、海辺の被害は殆どなさそうな雰囲気だったので、ホッと胸を撫で下ろしています。
昨年の台風では、かなり痛い目に合いましたからね。


夕方には雨も止んだので、ちょっとホッとして1本だけフライをタイイング。

キールエンジェル
キールエンジェル posted by (C)matsukuni


少し前から頭にはイメージがあったパターンですが、ボクが海で釣りをする時に絶大な信頼を置いているパターンのひとつ『エンジェル・ミノー』をキールパターンに仕上げてみました。
いつもお世話になっているフライショップ『Loop Knot』のオーナー正木さんに教えて頂いて以来、どれだけ恩恵に与ったか分からないくらいのフライのバリエーションですね。

3週間近く前から巻くつもりでバイスの前にフックとカットしたボールチェーンを用意していたのですが、何かと忙しくて中々巻けないままに時間が過ぎて、よくやくの完成。

イメージ
イメージ posted by (C)matsukuni


最初の写真ではウェイトが分かり辛いけど、下から見てみるとセットしたボールチェーンが分かるでしょう?

チェーンビーズ
チェーンビーズ posted by (C)matsukuni


砂地のボトムを攻める時根掛かりも困るけど、底の砂でフックポイントを潰されるのが一番嫌で、千載一遇のチャンスにフックポイントが甘くてフッキングミスなんてしたくないもんね。
たぶん、これくらいのウェイトでバランスは悪くないと思うけど、まずはこれで使ってみて調整しようかな。

(kuni)






Last updated  Oct 12, 2019 09:25:25 PM
コメント(9) | コメントを書く
Sep 20, 2019
カテゴリ:フライのお話
秋になると、光り物を巻きたくなる。
『パブロフの犬』状態なのでしょうね。

光り物
光り物 posted by (C)matsukuni


まだボックスの中にはストックもあるんだけど、これからの季節に出番の多くなる海用フライを巻いて気分を上げていきたくなるのでしょうか。
先日の遠足で数本ほどロストしたというのもあるのですが、どちらかと言うと条件反射的要素が多分にあるような気がします。


また台風が発生して、巷の三連休の天気を狂わせるようです。
何より被害を受けられる方のいないよう祈るところなのですが、仕事柄土日祝日の悪天候は非常に困る・・・

(kuni)






Last updated  Sep 20, 2019 05:47:44 PM
コメント(6) | コメントを書く
Sep 3, 2019
カテゴリ:フライのお話
ちょっと朝晩の空気がヒンヤリし始めると、こんなフライを大量に巻いておかないといけない気分になってくる。

これも足しておかないとね
これも足しておかないとね posted by (C)matsukuni


海小物界のエルクヘアカディスともいうべき、『まず取り敢えず』の1本。
サーチングパターンとして、これ以上のものはないかもしれないと思うほど、今まで色々な場面で色々な魚を引っ張り出してくれたウーリーバガー。

今年は我が家から近い方のホームリバーの禁漁期のスタートが9月1日になったので、余計に海方面の用意を充実させておかないとね。

(kuni)






Last updated  Sep 3, 2019 07:42:25 PM
コメント(10) | コメントを書く
Aug 9, 2019
カテゴリ:フライのお話
ずっと巻きたいと(いや、どちらかと言うと『巻かなければ』と)思っていた、ウェットフライ『ダンケルド』をタイイング。
久しぶりにフライらしいフライを巻いてみたら、案の定勘が鈍っていてウィングが巧く決まりませんな。

あと少しでフィニッシュ
あと少しでフィニッシュ posted by (C)matsukuni


1本目はウィングを何度も巻き直して、かなりの時間を掛けてフィニッシュ。

ダンケルド
ダンケルド posted by (C)matsukuni


2本目からは少し手が慣れてきて、タイイングの楽しさを思い出した感じ。
結局3本のダンケルドを巻いて、もう1本ウィングにピーコックソードを乗せたものも。

ダンケルドとダンケル・ピーコック
ダンケルドとダンケル・ピーコック posted by (C)matsukuni


これで気になっていたウェットボックスの『ダンケルドライン』も、空席が埋まりました。

ダンケルドライン
ダンケルドライン posted by (C)matsukuni


涼しくなってからの川を想像しつつ、明日からの連続勤務を耐えていこう。

それはそうと完全に東の方に向かって行くと思っていた台風10号『クローサ』の進路予報が、どうもよろしくない方向へと変わっているのがヒジョーに気になる・・・

気象庁HPより
気象庁HPより posted by (C)matsukuni


この予想進路図通りだと、かなりヤバイ気がするのですが。
もうホント、勘弁して欲しいなぁ。

(kuni)






Last updated  Aug 9, 2019 03:53:48 PM
コメント(10) | コメントを書く
Aug 8, 2019
カテゴリ:フライのお話
まだまだボクが若い頃某オクを始めたばかりで面白くて、ただ安いというだけでフライフックを色々と大量購入していました。
その時の名残りであるウェットフライ用のフックも当時は5~6ケースくらいあったのに、とうとう残り1ケースになってしまいました。

残り1ケース
残り1ケース posted by (C)matsukuni


当時はまだそれほど実践でウェットフライなんて使っていなかったけど、巻くこと自体が楽しくて色々なパターンをタイイングして勉強させて貰ったなぁ。
あの頃に比べたら多少はフライを巻くのも上手になったと思うし、残りの1ケースは真面目に巻いて、秋らしくなる頃のニジマス用にダンケルドを初めとしたウェットフライをボックスにストックしておきたいですね。

なんて偉そうなことを言っても、こう暑いとバイスを引っ張り出す気になれなかったりもするんだけど。
もう暦の上では、今日から秋なのに・・・残暑、お見舞い申し上げます。

(kuni)






Last updated  Aug 9, 2019 07:44:37 AM
コメント(4) | コメントを書く
Jul 31, 2019
カテゴリ:フライのお話
ここのところ気温が毎日跳ね上がり、ちょっと気を抜いていると熱中症で倒れかねない暑さ。
夜中でも暑いけど、夜が明けて太陽が昇り始めると一気に気温は急上昇してしまいます。
喉が渇く前に水分を補充しないといけないのは分かっているけど、定期的にタイマーでもセットして本気で水分補給を心掛けておかないと命に関わることになりそう。
ホントに気をつけないとね・・・


そしてもうひとつ要補充の話し。

前回の釣りでレインボーを仕留めたヒットフライ『ダンケルド』のストックが、少々品薄になってきています。
右端の列の、オレンジ色を基調にしたのが『ダンケルド』ね。

ダンケルド要補充
ダンケルド要補充 posted by (C)matsukuni


このフライ、昔から好きなパターンで何本も巻いてきたけど、これが中々簡単そうでいて自分なりに満足のいく仕上がりにならないのです。
とは言っても、今回のヒットフライに関しては15年位前に巻いてボックスの片隅に追いやられていた1本で、「ちょっとバランス悪いけど、捨てるには勿体ない」という程度のレベルのものだったから、巻き手からの完成度と魚から見た魅力には差があるのかもしれませんが。

次は恐らく秋以降の釣行になるだろうけど、それまでに暇を見つけてボックスを満タンにしておかないといけません。
この異常なほどの暑さの中、バイスに向かう気力が湧くかどうか・・・それが一番の問題だけど。

(kuni)






Last updated  Jul 31, 2019 10:52:17 PM
コメント(8) | コメントを書く
Jul 14, 2019
カテゴリ:フライのお話
先週の釣りで完全無視を決め込まれたニンフフィッシングで、思った以上にダメージを受けて今までと違う『インチワーム』を巻いたりしたけど、やっぱり定番ニンフも・・・と追加巻き。
今までもニンフの釣りでノーキャッチに終わった日はあったけど、掛けた魚に切られたり、外れたりと反応だけはあったので、ある程度の諦めはついていたのですが、前回の釣りは完全な『無反応』だったのが少なからずショックでした。

ニンフだけでは飽き足らず、1本だけではあるけれどウェット用のマドラーパターンも。

ニンフとウェット
ニンフとウェット posted by (C)matsukuni


左上のマドラーがウェット用に巻いたものだけど、一見ドライとして使っているマドラーと変わりはなさそうに見えます。
実際にフロータントをしっかりと施せばドライとしても使えるだろうけど、ヘッドの厚みと幅を小さくしているので水気を含んだらすぐに水面下に絡んでくれると思います。
下の写真で見ると右のドライ用のヘッドと、左のウェット用のヘッドのボリュームの差が分かるんじゃないかと・・・

ウェットとドライ
ウェットとドライ posted by (C)matsukuni


ちなみにベースは#6の、ちょっと太軸の全く同じフックにタイイングしてます。

次の釣行は水位の良いタイミングに合って欲しいと切に願う、そんな梅雨時の夜。

(kuni)






Last updated  Jul 14, 2019 08:46:39 PM
コメント(6) | コメントを書く
Jul 11, 2019
カテゴリ:フライのお話
今年の梅雨は遅れて来た上に、なんだか不安定というか降り足りないというか・・・
確かに入梅してから晴天の日は減ってしまってはいるんだけど、降っても降雨量が少ないもんだから山に雨水が充分に沁み込んでいない気がします。
なので降った直後には川の水かさが多少増えるけど、雨が止んだらスグに渇水みたいな感じ。

とは言っても一時的にでも雨による増水があれば、この時期は緑の芋虫系が流れてトラウトが好んで捕食しそう。
梅雨時こそ何本か芋虫パターンの代表とも言うべき『インチワーム』というフライを巻いておこうと思っていたら、ちょっと前に備前氏がちょうどブログで紹介されていました。
そんなマシュマロボディを使ったフライが気になったので、真似してみることに。

インチワーム
インチワーム posted by (C)matsukuni


昨日の釣行では1ヶ月前に好反応だったニンフパターンを尽く無視されたので、違うニンフパターンをボックスに増やしておこうという目論みですね。

フライパターンが外れていたのか、ドリフトが甘かったのか、単純に活性が低かったのかは、トラウトのみぞ知ることですが。

(kuni)






Last updated  Jul 11, 2019 10:12:06 PM
コメント(8) | コメントを書く
Jul 7, 2019
カテゴリ:フライのお話
今週は何かと忙しいなぁ・・・
まぁ、確実に季節労働者のボクにとっての繁忙期に突入しているっていうことだろうから、ありがたいことではあるんだけどね。

ちょっと現実逃避するには、浮世離れしたデザインのフライでも巻いておこう。

チェルノブイリアント
チェルノブイリアント posted by (C)matsukuni


たまに気になるフライだけど、これがボックス一杯に溢れていたら少々怯むかもね。

おもちゃっぽい
おもちゃっぽい posted by (C)matsukuni


オール・シンセティック・マテリアルの玩具みたいなフライだけど、意外と世界中のアチコチで実績をあげているみたいだから持っていて損はないかと。
とは言え・・・いつ見てもオゾマシイ大笑い大笑い

(kuni)






Last updated  Jul 7, 2019 10:04:07 PM
コメント(10) | コメントを書く
Jun 30, 2019
カテゴリ:フライのお話
夕べ仕込み損ねたスクィレル・マドラーのタイイングに取り掛かろうと、まずはスクィレルゾンカー・テープを切り揃えます。
ドライフライとして使うんだけどディアヘアのスパンヘッドで浮力を稼ぐことが出来るので、パワフルなニジマスに負けないように軸の太めなウェットフライ用の#6フックを用意。

仕込み
仕込み posted by (C)matsukuni


フックシャンクの前側1/3にだけスレッドを下巻きして少しだけ光り物素材を忍ばせたら、ゾンカーテープを強いテンションで固定。
後はディアヘアをギュウギュウとスレッドで絞り上げて、密度のあるタワシ状態まで出来たらスレッドをウィップフィニッシュして固定します。

スパンヘッド
スパンヘッド posted by (C)matsukuni


次々とそこまでの工程を巻き終えて、この仕込みまでで今宵は終了・・・

次々と絞り込んで
次々と絞り込んで posted by (C)matsukuni












・・・の予定だったんだけど、1本だけ、そしてまたもう1本だけ、とヘッドを刈り込み・・・

ザクザク刈り込み
ザクザク刈り込み posted by (C)matsukuni


気が付くと、5匹のアライグマが机の上に転がっていたのでした。

マドラー5兄妹
マドラー5兄妹 posted by (C)matsukuni


マドラー5本まとめ巻きは、さすがに肩が凝ります。
でもこれで、フライボックスの隙間は充填できたし、いつでも出陣できますよ。
と言っても、ここらも梅雨に突入して、いつ大きな口がアライグマを丸呑みにしてくれるか分かりませんけどねぇ。

(kuni)






Last updated  Jun 30, 2019 10:37:34 PM
コメント(8) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1526件 (1526件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

Category

Favorite Blog

合体 New! 晴れ太935さん

丹波黒大豆枝豆とぎ… New! 慎之介64さん

美濃フィッシングエ… New! ponpontondaさん

お手軽キャンプ Nori1022さん

かんじ親爺のFF日記 無茶1さん
けんかんこ てんっ♪さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.