615524 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

can do now

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

天野 みよ子

天野 みよ子

カテゴリ

バックナンバー

2024.02
2024.01
2023.12
2023.11
2023.10
2023.09
2023.08
2023.07
2023.06
2023.05

カレンダー

ニューストピックス

2007.02.23
XML
カテゴリ:feeling


誰々はできるのに、なぜあなたはできないの?とよく問われるが、
誰かと比べることがそんなに大事なことなのだろうか。
それよりもその人だけが持っているものや、
可能性に気付かせることが大事なはずなのでは?と思う。
人はあれこれと評価し、自分の中での基準というものを作っていく。
他人の評価に惑わされる人を見ていて、
ちーぷな見栄に振り回される必要はないと自分に言い聞かせた。


子どもは自分の分身ではない。
子や孫にかける姿が痛かった。
色々な親と関わることで、自分を冷静に律することができる。
結果が見えてしまっているかのように、私はため息が出た。


人はそれぞれ苦労しながら自分の人生をつくっていく。
安易に手や口を出すものではない。
一番は自分の子を信じて見守ること。


目の前にあるものを一つ一つクリアしていって、一生懸命、無我夢中で生きる。
その結果として、自信というものが後ろからついてくる。
完璧な人間なんていないんだ。
みんな必死に生きているから輝けるんだ。


人生で転ぶのは当たり前。
前半に転ばず、後半で転べば、どうしても時間がかかるような気がする。
だからといって前半で転んでるから良いというわけではないが、
いろんな転び方や、立ち上がり方を学んでるから、
それなりにハウツーは知っているのかもしれない。


転ぶことを恐れてはいけないんだ。
転んだと同時に拾うものがたくさんあるから、強く歩けるんだ。










お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2007.02.27 13:33:21
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.