12025371 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

森へ行こう(心とからだと子育てと)

森へ行こう(心とからだと子育てと)

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

タイよりも、マス New! かめおか ゆみこさん

Comments

森の声@ Re[1]:「成績のための勉強ではなく、人生を豊かに生きるための勉強を」(05/22) 夏みかんさんへ >本当に学校の勉強じゃ…

Freepage List

Profile

森の声

森の声

2023.10.31
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日、あるお母さんから「子どもの声を騒音として扱うことを禁止する法律を作って欲しい」という声がありました。

全くその通りだと思っていたら、ドイツにはもうすでにそのような法案があるそうです。ですから、全く荒唐無稽な話ではないのです。

日本でもそういう案が国会でも出たようです。でも、積極的に審議されてはいないようです。金をばらまいたり、お母さんが仕事をしやすい環境作りには力を入れても、お母さんが「幸せな子育て」をしやすい環境を作ることには力を入れる気がないのでしょう。

「東京新聞 TOKYO Web」参考https://www.tokyo-np.co.jp/article/246934

「少子化は金をばらまけばなんとかなる」というのが日本の政治家の発想なのでしょう。

でも、今の日本の社会の「子育てのしづらさ」は異常だと思います。
「子どもの子どもらしさ」や、「子育てをしているお母さん」に対する不寛容は目に余ります。

つい先日も、公園で遊んでいたら「子どもの声がうるさい」と公園の近くの人に文句を言われたお母さんがいました。

幼稚園の隣の家から文句が来て、子どもを園庭で自由に遊ばせることが出来なくなってしまった幼稚園もあります。

知り合いがやっている幼稚園でも、同じような問題で悩んでいます。

子どもの泣き声が外に漏れないように一年中窓を閉め切りエアコンを付けっぱなしにして、外で泣かれるともっと困るので外にも出さず、子どもを付けっぱなしのテレビの側で寝かせたままにしているお母さんの話も聞きました。

これはもう立派な虐待です。子どもの子どもらしさに対する周囲からの文句がお母さんに虐待を強いているのです。
それで、ストレスに耐えかねたお母さんが何か事件を起こすと「全くひどい親だ」と親を責めます。

江戸の末期に日本にやってきた欧米の人たちが驚き、感心した日本人の子どもに対する寛容さと優しさはどこに消えてしまったのでしょうか。

子どもが泣くのは言葉を話すことが出来ない子どもが行うことが出来る唯一の自己表現であり、それは権利でもあります。

子どもが大きな声を出すのは感情のコントロールを学ぶためです。

子どもがジーッとしていないのは、成長しつつある感覚や筋肉が刺激を求めているからです。子どもは自分の意志で動き回っているのではなく、子どもの中の成長本能が子どもを動かしているのです。そして、同じような状態の子がいると共鳴し合い大騒ぎになります。
よく公園遊びで問題になるのはこの声です。

でもその姿はすごく楽しそうです。心もからだも緩んでいます。
そんな楽しそうな姿を見ていると、「このような活動が子どもの成長には必要なんだ」ということがよく分かります。

その一方で、子どもの成長にとって自然な環境や刺激を与えられることなく、自然な成長が阻害されてしまった子もジーッとしていることが出来なくなります。
でも、このような状態の子の心とからだには強いストレスがあり、心もからだも緩みません。だからジーッとしていることが出来ないのです。そしてそれは表情の違いとして表れています。
また、自分を守ることばかり考えているのでトラブルも起きやすいです。

今、発達障害の子が増えていますが、実際に増えているのは先天的な発達障害の子ではなく、成長に必要なものを与えられることなく育ってしまったことで成長が歪んでしまい、擬似的に発達障害のような状態になってしまった子です。

外に出ることも他の子や他の大人とも関わることなく、一日中テレビやゲームだけを相手にして遊んでいる子は、当然のことながら「他者と共存する能力」や「他者とコミュニケートする能力を育てることができません。

話しかけられもせず、言葉がない環境で育った子は言葉で表現したり、他者の言葉を理解する能力も育ちません。
言葉が育っていない子は、思考力も自分の感情をコントロールする能力も育ちません。

自由に声を出し、自由に動き回ることを禁止された状態で育っている子は、心とからだの働きがつながりません。
そのため、心とからだの状態が不安定になり、不安が強くなります。

当然のことながらそういう子が増えれば、社会は混乱していきます。やがて学校も崩壊するでしょう。

政治家はもっと真剣に子どもが幸せに生きることが出来る社会、お母さんが安心して子育てが出来る社会を作ることに力を入れるべきなんです。そうでないと、日本はますます衰退していきます。

**************
横浜にある「Umiのいえ」企画の「気質の講座」です。Zoomによるオンライン講座ですから、遠くにお住まいの方でも参加できます。
11月24日(金)です。詳細は以下のサイトでご覧になって下さい。
「Umiのいえ」
*************

12月10日(日) 10:00~15:00 「自分を知るワークショップ」
   4000円/日

一番身近でありながら、身近すぎてよく分かっていない「自分」について知るためのワークショップです。
このワークのお問い合わせ、お申し込みは以下までお願いします。
<篠>





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2023.10.31 06:31:00
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.