10619181 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

でじまみ

全10件 (10件中 1-10件目)

1

画像処理

2015.11.13
XML
カテゴリ:画像処理
plru00.jpg



先日 SONY α7RII を購入したお話をしましたが、撮影したRAWデータを現像しようとしたところ、PhotoshopLightroom で読み込みに失敗してしまいました。

plru01.jpg



まあ何のことはない、以前も α7II で経験がありましたからすぐにわかりましたが、バージョンアップすればいいだけの話です。

読み込み結果には、アップデートを確認ボタンもちゃんと現れてくれています。

plru02.jpg



ただここからはなぜかアップデートが検知されなかったので、メニューの「ヘルプ」から「アップデート」を実行しました。

Adobe Application Manager で4つのアップデートが見つかりました。

plru03.jpg



アップデート実行後は、バージョンが 6.2.1

plru04.jpg




これで問題なく読み込め、現像処理ができるようになりました。



あと、ひとつ忘れていましたが、肝心のカメラ本体のバージョンアップも必要でしたね・・・ (^-^;

20151109_074503000_iOS.jpg



そういえば、18105Gのアップデートも来てたっけか・・・ 最近あんまり使ってないけど。
今週後半は出張なので、来週帰ったらゆっくりやります。






関連記事

α7II のRAWが Photoshop Lightroom で未対応?

Photoshop Lightroom 5 から 6 にアップグレード & 新機能「パノラマ合成」の検証
















Last updated  2015.11.13 13:46:27
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.31
カテゴリ:画像処理
DSC00359_R.jpg



先週末に行ってきた野尻湖花火大会。じっくり写真整理と現像をしました。


今回は自分の中にテーマがあって、
  • 人のシルエット越しの花火
  • 湖面に映る花火
を目指してました。

シルエットにはちょうどいい甥っ子がいたんですが、花火前に疲れて爆睡 (^^;
なのでシルエットは諦め、キープしてあった湖の湖岸ギリギリのところに設置。座って目の高さと同じアングルで撮りました。


DSC00396-1_R.jpg



さすが超広角の威力!
上がちょっと見切れてしまったのが惜しいですが、湖面の反射とスターマインの明るさで大迫力の絵に仕上げました。


縦位置だと大輪まるごと水の中に閉じ込めることができました。

DSC00281_R.jpg



上のタイトル写真と以下は比較明合成ありです。
というのも、水中スターマインは間隔が長いので・・・

DSC00284_R.jpg




やはり今年は昨年と比べて機材がいいので、写真も一味違いました。
腕も少しは良くなったのかなあ?
そして明日は江戸川の花火。夏はまだまだ続きます (^-^;






関連記事

第92回野尻湖灯ろう流し花火大会

今年もいよいよ花火大会ラッシュがスタートです!
















Last updated  2015.07.31 20:46:46
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.30
カテゴリ:画像処理
PLM600.jpg



Photoshop Lightroom 6 に搭載された新機能、「パノラマ合成」と「HDR合成」を試してみたくて、5 からアップグレードしました。

ただ、そのままアップデートが嫌いな私はアップグレード版ではなく新規インストール版を購入。
まずは Lightroom 5 をPCからアンインストールします。

インストール完了後起動すると、新規でカタログを作成するよう求められますが、以前のカタログをそのまま使用したいのでキャンセル。
「ファイル」-「カタログを開く」から今まで使用していたカタログを指定します。

Lightroom 5 用のカタログは 6 で使用するためにはアップグレードをする必要があります。

PLM601.jpg



起動時にこのカタログが使用されていればOK。以前のカタログファイル・ライブラリファイルは消してしまっても大丈夫です。




さて、気になっていた「パノラマ合成」ですが、このためにちょっと夜景などを撮ってきたり。

次の3枚を合成してみます。

DSC08191_R.JPG

DSC08184_R.JPG

DSC08199_R.JPG



レンズは55mm。三脚使用で、三枚ともF11で全体にピントが合うように調整。露出を5段階くらいずつ変えてそれぞれ撮影後、その中からだいたい同じ露出になるものをチョイスしました。初めてなので重なる部分を少し多めにとりました。
これをRAWのまま合成します。


合成する写真をすべて選択したら、「写真」-「写真を結合」-「パノラマ」を選択。

PLM602.jpg


プレビュー画面が表示されます。

球面法:非常にワイドなパノラマに適している
PLM603.jpg


円筒法:ワイドなパノラマで有効、垂直線も真っ直ぐに保たれる
PLM604.jpg


遠近法:直線が真っ直ぐに保たれる エッジ近辺が大きく歪む
PLM605.jpg



「自動切り抜き」にチェックを入れて「結合」します

新しく結合された写真が追加されました。

PLM606.jpg


これを調整してこんな感じに仕上げました。

DSC08184-Pano.jpg




簡単に、高画質なパノラマ写真ができてしまいました。
こ、これは楽しいぞ・・・
製作意欲が半端なく湧いてきました (^-^;


あともうひとつ撮影した夜景を結合してみました。

DSC08222-Pano.jpg



今度はもっと広大な景色で試してみたいですね。
あと、部分的にいろいろ設定を変えてみたり、HDRと組み合わせてみたりするのも面白いかもですね。






関連記事

Photoshop Lightroom のカタログファイルを OneDrive で共有

α7II のRAWが Photoshop Lightroom で未対応?
















Last updated  2015.06.30 21:57:19
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.11
カテゴリ:画像処理
lightroom-5.jpg

最近、Photoshop Lightroom で写真のレタッチを練習していたり。
仕事で使う画像を職場で加工、そのあと自宅でも続きをやりたいのですが、カタログファイルやデータをそっくり持ち歩くのは非効率極まりない。
そこでクラウドを使えないか、試しに OneDrive でデータの共有をしてみました。



OneDrive.jpg



まず OneDrive フォルダの場所ですが、ユーザーアカウントを変更した時のことを考えて、Cドライブのルートに置いています。
また、任意のアプリケーションで使用するデータファイルをクラウドで共有する場合、パスが同じ方がエラーも起こりにくくなるかもしれませんから。
OneDrive フォルダの場所を変更する方法については以下を。
OneDrive フォルダの場所を変更する方法


この OneDrive フォルダに画像データ、およびカタログファイルを格納し、自動で同期させます。

Photoshop Lightroom のカタログファイルはデフォルトで、「ピクチャ」の「Lightroom」フォルダに格納されます。


「Lightroom」フォルダごと OneDrive に移動。
Lightroom を起動して、「ファイル」-「カタログを開く」でカタログファイルを指定。
今までのファイルがライブラリに読み込めない時は、「フォルダの場所を更新」または「見つからないフォルダを検索」で再度読み込みます。


これを2台のPC間で設定すれば、一応同期ができて、続きの作業も別PCでうまくできています。

Catalog.jpg



また、カタログが重くなってなかなか同期できない時は、「ファイル」-「カタログを最適化」すれば、カタログファイルのサイズが軽量化されますよ。








関連記事

Adobe Photoshop Lightroom 5 にて写真のプリント

α7II のRAWが Photoshop Lightroom で未対応?
















Last updated  2015.06.11 21:15:59
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.05
カテゴリ:画像処理
DSC05796_R.jpg



先週末に訪れた善光寺。近くにホテルを取ってまでやりたかったのが、星景写真のコンポジット撮影です。

撮影には、α7II に 広角の「Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Z」
「PlayMemories Camera Apps」の「タイムラプス」アプリを使用しました。



一枚目の写真

DSC05872_R.jpg
20mm 4秒 F5.0 ISO1600 +0.0EV




最後の写真(198枚目)

DSC06069_R.jpg




誤算だったのが、最後の方ではもうかなり明るくなってしまったこと。
とりあえずこのままで、比較明合成してみます。



手順についてメモ(これが正しい方法かどうかはわかりませんが・・・)


・Lightroom で読み込み現像
・現像設定 → 「設定をコピー」 → 他のすべての画像に「設定をペースト」

Lr01.jpg


・JPG にて書き出し


・書き出した画像を Photoshop でレイヤーに読み込む
・ファイル → スクリプト → ファイルをレイヤーとして読み込み

Lr02.jpg


・全レイヤーを選択 → レイヤーパネルの「比較(明)」を


この時、メモリがすごいことになっています。

Lr03.jpg



出来上がった画像

comp01_R.jpg



うーん、雲が出てきてそれがはっきり見えてしまって、全体に明るくなってしまいました。

そこで、後半の約4分の1を捨て、140枚に絞ります。
さらに後ろの方から、段階的に露光量を下げて現像し直しました。

comp02_R.jpg




今度はまあまあじゃないでしょうか?

縦に2本入っている軌跡は、秒数、時刻から考えて人工衛星ではないかと(一瞬流星かと思いましたが)



再度、Lightroom にてPSDを読み込んで調整。人工衛星も「スポット修正」で消しました。


comp_R.jpg




初めてにしてはそこそこの出来じゃないかな?
もう少し角度があると、寺院の屋根に光のシャワーが降り注いでいるみたいでカッコイイんですけどね。

うーん、これは楽しい!
手間と時間はかかりますが、作品に仕上がった時の喜びはひとしおですな。
やっぱり星撮りは楽しいですね。
よぉし、これからは深夜に徘徊するぞー! ( ← 言葉の表現に気を付けた方がいい例 (^-^;








関連記事

善光寺御開帳

星空がとてもきれいだったので・・・
















Last updated  2015.06.05 21:15:57
コメント(0) | コメントを書く
2015.04.10
カテゴリ:画像処理
20150409_115701000_iOS_R.jpg


先日購入した α7II のRAWを現像しようと、Lightroom で読み込もうとしたけど、「このファイルのプレビューは使用できません。」とサムネイルに表示されて、読み込むことができません。

発売から4ヶ月も経つのに Lightroomでまだ対応してないの?

A7PSL01.jpg



よく調べてみると、α7II のRAW対応は、バージョン5.7.1から。
でも現行バージョンは、5.7
つまり、自動で最新のバージョンが下りてきてない状態だったのですね。

さっそく公式からダウンロード。

Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
http://www.adobe.com/support/downloads/detail.jsp?ftpID=5857

A7PSL02.jpg



これでちゃんと読み込めるようになりました。






関連記事

Adobe Photoshop Lightroom 5 にて写真のプリント

NEX からステップアップ - α7 II を買いました
















Last updated  2015.04.11 11:25:05
コメント(0) | コメントを書く
2015.02.17
カテゴリ:画像処理
IAP00.jpg


タイトル画像のように、コルクボードに写真をピンで留めた感じのイラストを作る機会があったので、いろいろと調べてやってみた。




1. 画像を配置

2.「アピアランス」で「新規線を追加」

3.(画像選択したまま)「効果」-「形状に変換」-「長方形」

IAP01.jpg


4.「アピアランス」で「新規効果を追加」-「スタイライズ」-「ドロップシャドウ」
IAP02.jpg

5.回転はそのままでは×
 「アピアランス」で「新規効果を追加」-「パスの変形」-「変形」-「回転」


6.画びょう(ピン)は、ネットで拾ってきたものを配置して「ドロップシャドウ」をかける



イラストレーターはあまり普段使わないので、調べてできるようになってもすぐ忘れちゃいます (^-^;
画像処理系はまだまだド素人の情弱なもんで、備忘録としておきました。







関連記事

Photoshop で鏡面反射を作成する方法

Photoshop で写真の周囲を白くぼかす方法
















Last updated  2015.02.17 22:17:09
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.04
カテゴリ:画像処理
lightroom-5.jpg



最近撮影した写真をプリントすることが多くなり、以前このブログで、イラストレーターを使用して写真を大きく引き伸ばし、プリントアウトしたことをお伝えしました。
今回は使い始めて間もない、Adobe Photoshop Lightroom を使用してプリントした方がはるかに楽だとわかりましたので、ここに書き留めておきます。



大まかには Lightroom で読み込み、現像処理した写真を、
  1. メニューの「プリント」を選択
  2. 「用紙設定」にて、プリンターと用紙や品質などの設定
  3. 拡大・枠線の設定
  4. プリント
という流れで行ないます。

LT01.jpg




用紙設定は、プリンターの機種により異なりますが、
  • 用紙サイズ
  • 品質
  • フチなし印刷
を設定。



ここでは用紙に「L判」を選んでいますが、
「ズームして合わせる」で余白がないようにします(位置の調整も可能)

LT02.jpg




「枠線を描画」で、縁を入れることもできます。

LT03.jpg




使用した用紙は、「キヤノン 写真用紙・光沢ゴールド L版」

DSC03104_R.JPG




簡単に、きれいにプリントできました。

DSC03109_R.JPG





自宅の書斎デスク脇に飾って、う~ん・・・癒されてます (^-^;

DSC03121_R.JPG



もっと細かい設定とか色々できそうですね。少しづつ覚えてきます。






関連記事

ふと思い立って、写真を大きくプリントして飾ってみた

Adobe Photoshop Lightroom 5 を買ってみたものの・・・
















Last updated  2014.12.05 00:23:52
コメント(0) | コメントを書く
2014.05.26
カテゴリ:画像処理
digimami.jpg


最近は仕事絡みで商品写真を撮ったり、HP用の画像作成したりと、何かとPhotoshopを使ってたりしてます。
Photoshopは実は嘗める程度しかやっておらずほとんど知識がないので、こんなふうにするのはどうやるんだろう?的なことはいつも調べてたり。

そんな折、鏡面反射の加工のやり方を今回覚えたので復習を兼ねて覚え書き。
(たぶん次にやる時は忘れてるので・・・ (^-^; )



レイヤーをコピーして、複製
  • PS01.jpg

[編集]-[変形]-[垂直方向に反転]
  • PS02.jpg

位置を調整、反転したレイヤーを下に

「レイヤーマスクを追加」をクリックして、レイヤーマスクを作成
  • PS04.jpg

レイヤーマスクに縦方向のグラデーションを作成
  • PS05.jpg


意外とやり方は簡単でした。


ただ、実際に使った画像はこのような瓶。
  • PS06.jpg

これを同じようにやると・・・。
  • PS07.jpg


なんだか、違和感・・・?


若干上方向から撮った写真なので、ラベルの円弧が下向きじゃないとおかしいのです。

これを、[編集]-[変形]-[ワープ] で少しゆがませて位置調整
  • PS08.jpg

こんなもんですかね?

素人にしてはまあまあうまくできたのかな?と思います。
瓶物で鏡面反射を作る時は、なるべく真正面から撮った写真を使うといいのかもしれませんね。






関連記事

Photoshop で写真の周囲を白くぼかす方法

試行錯誤しながら、商品写真撮影中
















Last updated  2014.05.26 19:07:15
コメント(0) | コメントを書く
2014.01.06
カテゴリ:画像処理
CS6.jpg



新年の目標にも書いた、今年からみっちりやろうと決めた画像処理ソフト。
自分の備忘録として今後、その都度覚えたことを書き記しておこうと思います。



Photoshop で写真の周囲を白くぼかす。


長方形選択ツールで範囲指定する際、ぼかしを数値を入力
今回30pxで設定し、範囲を選択
  • PS01.jpg

選択範囲をコピペする(Ctrl+C → Ctrl+V)
すると新しいレイヤーが追加されている
  • PS02.jpg

背景レイヤーを選択して削除、画像の統合をして出来上がり
  • PS03.jpg



楕円形選択ツールを使ったり、ぼかしの数値を変えたりして、これでもう思いのままです。

  • PS04.jpg







関連記事

新年、あけましておめでとうございます

画像にモザイクを入れられる「NAVERフォトエディター」サービスが終了してしまったので、代わりに使っているフリーソフト「MoZA」
















Last updated  2014.01.06 18:34:06
コメント(0) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1

PR

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space













気になるアイテム




































Freepage List

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.