1155133 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ひまじんさろん

PR

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

追悼 遠藤賢司 New! 幻泉館 主人さん

『軽トラの本』2 New! Mドングリさん

前日 New! k-nanaさん

お出迎え終わり♪日が… New! ♪テツままさん

「13~25歳の若年層… New! Onyankoponさん

飛鳥童さんの絵本二冊 New! みらい0614さん

11月22日のPT… New! ぼちぼち7203さん

秋に会う New! megumiaolさん

流行語大賞 ひよこ7444さん

pinterest ひよきち0329さん

Comments

msk222@ Re:まさに地に足のついた育成活動(07/02) 天地わたるさんへ 辛口の天地さんらしから…
天地わたる@ まさに地に足のついた育成活動 着実に日々を送っているらしいことを知り…
msk222@ Re[1]:「辰野事件」という記憶(08/07) 遂犯無罪さんへ 辰野事件が起きたのは、ぼ…
遂犯無罪@ Re:「辰野事件」という記憶(08/07) 始めまして、ウィキの辰野事件記事は簡略…

Freepage List

2017.07.02
XML
カテゴリ:日替わり日記
『信濃毎日新聞』で、当施設のことを連載で紹介してくれています。
1ヵ月以上にわたる取材で、いったいどんな記事になるのだろうと思っていたら、ご覧のように個人にスポットを当てた内容になっていました。
こころんをぼくら夫婦が育ててきたイメージになっていますが、これまで10~20人以上の支援者やスタッフ、そして利用者の皆さんの力があって、今があるわけです。
記者の取材に答えてこころんについて語ってくれた、大勢の皆さんのご協力に感謝しつつも、スタンドプレー的な内容になってしまいちょっと戸惑いもあります。
この仕事について「大変でしょう」とか「よくやっていますね」という感想をときどき頂きますが、毎日さまざまな人生のドラマと触れあいながらの仕事ですから、楽しいくやりがいがあるとしかいえません。
これは本音です。この仕事で、自分が生かされているという実感です。
いま、何人かの専門家であると同時に友人たちも、技術指導や相談役など知恵袋として汗を流してくれています。それ以外にも様々な人々が関わってくれました。人とのつながりが、信州こころんを育ててくれていることにただただ感謝しております。







Last updated  2017.07.02 01:00:38
コメント(2) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.