1104220 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ひまじんさろん

PR

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

安倍首相、追い詰め… New! みらい0614さん

『鳥の話』2 New! Mドングリさん

同窓会にどうよ New! ぼちぼち7203さん

佐藤錦 New! megumiaolさん

お見舞い New! k-nanaさん

この半夏生! New! 幻泉館 主人さん

パラダイスのハズが… New! ♪テツままさん

おはようヘルペス君 New! chappi-chappiさん

「ロボット相撲」「… New! Onyankoponさん

時代はかわったにゃー ひよこ7444さん

Comments

遂犯無罪@ Re:「辰野事件」という記憶(08/07) 始めまして、ウィキの辰野事件記事は簡略…
msk222@ Re[1]:う~ん、悩ましい…(03/12) ひよこ7444さん >新しく採用された方はど…
ひよこ7444@ Re:う~ん、悩ましい…(03/12) 新しく採用された方はどうですか? 私の…
msk222@ Re[1]:なみだはにんげんの作る一番小さな海です(10/05) meaさん >亡くなった伯母の句を、ここで…

Freepage List

2017.04.21
XML
カテゴリ:日替わり日記


拙作である。黎明の桜と出あうたびに、ああ今年もこの花を見ることができたなぁ、あと何年こんな春を迎えることができるのだろう、といった感傷がよぎることがある。
先日訪れた文芸友だちが、この歌を詠んで「涙がでてくる・・・」とかんじてくれたが、こうして、この世ののこり時間を数えながら美しき時代を袖擦りあった人々のことを想い浮かべる、大切なこの季節である。
和泉式部の作に「あらざらむこの世の外の思ひ出に今ひとたびの逢ふこともがな」という歌がある。
「もうすぐ私も死んでしまうでしょう。あの世へ持っていく思い出として、今もう一度だけあなたにお会いしたいものです。」
という意味であるが、生きているうちに会える人には会っておきたいと、とくにつよく思わされるのがこの季節ではないだろうか。










Last updated  2017.04.22 00:08:19
コメント(2) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.