1108959 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

のんびりおまかせ60代

PR

フリーページ

慶應通信復習のページ


日本史(総合)


保健衛生、体育理論(総合)


社会科学概論(総合)


社会学(総合)


政治学(総合)


文学(総合)


社会学史1、社会学史2(専門)


国語学(専門)


哲学(総合)


教育学


史学概論


都市構造論


教育思想史


西洋史特殊1


心理学1


思い出・・一期一会


一期一会


思いがけない再会


痴呆について(祖母を思い出しながら)


K君へ・・人はみんな同じではないよ


手を出さないで、見ててね


北の国から・・私の吹雪体験


Yちゃん


長倉洋海さんとアフガニスタン


生き急いだNさんへ


卒業仲間


沖縄の戦跡巡拝


旧友とのおしゃべり


学生無年金障害者訴訟判決/Yさんのこと


他生の縁


法事にて /「義兄」のこと


Mとの思い出


縁は異なもの


映画「ハッピー」とTさんのこと


同じ父なのに・・


かつてのヤンキーボランティア


阪神淡路大震災こと


叔母の「死」に思う


悪夢の思い出


進化する父


早世した友の思い出


障害を持つ子の親の思い


Nちゃん(中学のクラスメート)との再会


出会いの不思議


N先生の思い出


「あの子の笑った顔を見たいんです」


「シュウ君」


数学の思い出


思うことイロイロ


青春や若さって、そんなにいいもの?


NHK「フリーター漂流」を見て


団塊シッポのつぶやき


結婚って何だ?


若者のボランティア活動について思う


笑わなくたっていいんだよ


不倫って、「ひめごと」だと思っていたのだけど・・


普通って、何だろう?


やりたいことは、とにかく手をつけよう


成人式と着物


子どもに不正をそそのかし、見逃す大人たち


「『迷惑をかけない人』を望む母親が増加」に思う


人の心にも「地雷」がある


教師の体罰ニュースで思い出したこと・・


里親について


体罰事件で思い出したこと


「いじめ」は殺人になる


若い頃の苦労は買ってでもせよ。その前に、「子供の失敗は買ってでもさせよ」


読書、映画、観劇など


映画「裸足の1500マイル」


本 「カンボジア 運命の門」


レンタル映画「パウダー」


レンタル映画「タイタンズを忘れない」


本 「大地」パール・バック


本「揺れる子どもの心と発達」高垣忠一郎著


「奪還 」 蓮池透著


「逆さメガネ」養老孟司著、PHP新書


「死ぬにはいい日」


「"It"と呼ばれた子」


「あの世 この世」


「二人目の母親になっている日本の男たち」


パティニョールおじさん (レンタルビデオ)


映画「オリバー・ツイスト」


映画「スタンドアップ」


蟻の兵隊


映画「ハンナ・アーレント」


「引きこもり狩り」 芹沢俊介◎編


印象に残った絵本色々


映画「誰も知らない」


映画「白いカラス」


映画「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」クリント・イーストウッド監督


映画「愛を読む人」


様々な社会へのできごと、気になったニュースや色々な方の意見を気の向くままに読んだり考えたり…。
その時々の思いをつぶやきつつ、マイペースに人生後半の未来を歩んでます。
元々は通信で大学を卒業した体験記を書いていましたが、卒業後既に15年。
ブログの意味も変わりましたが、自分自身の記録として過去の体験記も残しています。
2019年08月17日
XML
テーマ:読書
カテゴリ:読書
図書館で目に留まり借りてきた本。

「北海道が危ない!」砂澤陣/著

著者砂澤陣氏は彫刻家砂澤ビッキ氏の息子である。
その彼が、どのような意味で「北海道が危ない」と言っているのかと借りてきたのだが、
一読して私としてはかなりショックな内容であった。
そのほとんどが、北海道アイヌ協会の利権がらみの不正の告発といえる。
そして、その不正を容認してきた行政やメディアへの異議申し立てであり、
北海道とアイヌ民族の正しい歴史を知ってもらいたいという内容だ。
当然、北海道アイヌ協会からは度重なる協会や道議などへの告発により除名され、
今や孤軍奮闘状態のように思われる。
しかし、その根底には、
「今の日本のアイヌ政策はアイヌの誇りや自立を阻害するものだ』という信念があり、
無視できない内容だと思う。
私は北海道に住みながらも、一方的なアイヌの歴史を鵜呑みにしていたのかとガックリした。
私達日本人の祖先は、平和に暮らしていたアイヌ民族の土地にヅカヅカと入り込んで
「開拓」という名でアイヌの人たちの文化や言葉を奪ったという認識で、
常に彼らに申し訳ないという気持ちがあった。
私は直接はわからないが、アイヌの人たちに対する差別もまだ残っており、
そのために進学や就職などもままならない現実があるのだから、
支援も当然だし、アイヌ語教育や修学支援も当然だと思ってきた。
しかし、そこに利権が絡み、行政と議員とアイヌ協会とメディアのなれ合いや、
様々な不正が放置されているとしたらとても残念で由々しきことである。
彼が書いているように、この状態が本当でアイヌの人たちが利権に依存し続けているとしたら、
新たな差別意識が他の日本人に植え付けられてしまうような気がする。
ここに書かれていることがすべて事実なのかどうかは私には検証のしようがないが、
間違いなくアイヌ民族の血脈にあり、
自身もアイヌ協会に所属していた人の覚悟の告発なのだから、
今後はそのような視点も持ってアイヌ政策とアイヌ協会の動向を見ていきたいと思う。
そういえば、来年オープン予定のウポポイも、利権がらみと言うことなのか。
このような事業に利権が絡むのは今では日本の常識みたいなものだが、
実は私は、この施設が採算がとれるのかどうかとても懸念している。
アイヌの血をつなぐ人たちが、誇りをもって自立することに役立てばよいと思うし、
アイヌの人たちと私達日本人は、遥か昔から支えあい助け合いつつ、
この大地で生きてきた歴史も大切にしてほしいと願う。

蛇足であるが、以前から不思議に思っていたことの一つが、
アイヌの人たちのチセに大切にされている宝物に、
日本から伝わった(多分、和人との交易で得た)漆器や織物があることだった。
それを所有することを誇りにするということは、
和人を尊敬し交易することを生きる糧としていたことなのだろうと思いつつ、
心のどこかで不思議な感覚があったのだ。
搾取する相手の持ち物を、どうしてありがたがるのかと。
そんな疑問も、彼の書くアイヌ民族の歴史を読むと、腑に落ちる気がした。






最終更新日  2019年08月17日 12時02分40秒
コメント(2) | コメントを書く

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


みらい0614

カテゴリ

お気に入りブログ

『そのときはそのと… New! Mドングリさん

二世政治家のルサン… New! 七詩さん

古民家の空調課題 New! ぼちぼち7203さん

自民党元幹事長は9… New! 佐原さん

今月2本目の映画とア… New! k-nanaさん

コメント新着

みらい0614@ Re[1]:「北海道が危ない!」砂澤陣/著(08/17) New! maki5417さんへ >何やら同和問題のよ…
maki5417@ Re:「北海道が危ない!」砂澤陣/著(08/17) 何やら同和問題のような構図なのでしょう…
みらい0614@ Re[1]:夏風邪?(08/16) makiさんへ >台風が通過中ですが、雨…
みらい0614@ Re[1]:ぶどう畑(08/14) makiさんへ >今年は高温だったので、…
maki@ Re:夏風邪?(08/16) 台風が通過中ですが、雨は小降りで今は曇…

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.