1492177 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マイペース70代

PR

フリーページ

慶應通信のページ


思い出・・一期一会


一期一会


思いがけない再会


痴呆について(祖母を思い出しながら)


K君へ・・人はみんな同じではないよ


手を出さないで、見ててね


北の国から・・私の吹雪体験


Yちゃん


長倉洋海さんとアフガニスタン


生き急いだNさんへ


卒業仲間


沖縄の戦跡巡拝


旧友とのおしゃべり


学生無年金障害者訴訟判決/Yさんのこと


他生の縁


法事にて /「義兄」のこと


Mとの思い出


縁は異なもの


映画「ハッピー」とTさんのこと


同じ父なのに・・


かつてのヤンキーボランティア


阪神淡路大震災こと


叔母の「死」に思う


悪夢の思い出


進化する父


早世した友の思い出


障害を持つ子の親の思い


Nちゃん(中学のクラスメート)との再会


出会いの不思議


N先生の思い出


「あの子の笑った顔を見たいんです」


「シュウ君」


数学の思い出


思うことイロイロ


青春や若さって、そんなにいいもの?


NHK「フリーター漂流」を見て


団塊シッポのつぶやき


結婚って何だ?


若者のボランティア活動について思う


笑わなくたっていいんだよ


不倫って、「ひめごと」だと思っていたのだけど・・


普通って、何だろう?


やりたいことは、とにかく手をつけよう


成人式と着物


子どもに不正をそそのかし、見逃す大人たち


「『迷惑をかけない人』を望む母親が増加」に思う


人の心にも「地雷」がある


教師の体罰ニュースで思い出したこと・・


里親について


体罰事件で思い出したこと


「いじめ」は殺人になる


若い頃の苦労は買ってでもせよ。その前に、「子供の失敗は買ってでもさせよ」


読書、映画、観劇など


映画「裸足の1500マイル」


本 「カンボジア 運命の門」


レンタル映画「パウダー」


レンタル映画「タイタンズを忘れない」


本 「大地」パール・バック


本「揺れる子どもの心と発達」高垣忠一郎著


「奪還 」 蓮池透著


「逆さメガネ」養老孟司著、PHP新書


「死ぬにはいい日」


「"It"と呼ばれた子」


「あの世 この世」


「二人目の母親になっている日本の男たち」


パティニョールおじさん (レンタルビデオ)


映画「オリバー・ツイスト」


映画「スタンドアップ」


蟻の兵隊


映画「ハンナ・アーレント」


「引きこもり狩り」 芹沢俊介◎編


印象に残った絵本色々


映画「誰も知らない」


映画「白いカラス」


映画「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」クリント・イーストウッド監督


映画「愛を読む人」


様々な社会へのできごと、気になったニュースや色々な方の意見を気の向くままに読んだり考えたり…。
その時々の思いをつぶやきつつ、マイペースに人生後半の未来を歩んでます。
元々は通信で大学を卒業した体験記を書いていましたが、卒業後既に19年も経ったので、こちらのブログでも卒業する予定です。
2020年10月12日
XML
テーマ:備忘録
カテゴリ:家族・親族
先週は比較的天気の良い日が続いていたので、連日、収穫と仕込みが続いていた。
それに加えて、長男の家が建築会社の頑張りで早めに引き渡しをされたため、「引っ越し」という作業が加わってしまった。
その少し前に、次男の購入した中古住宅のリフォームも終わったので、市営住宅からの転居も同時進行。
多忙の4連発状態で、私達も助っ人として頑張った一週間であった。
私は一晩だけ泊まって収穫後の「除梗作業」を手伝った。
大規模なワイナリーなら除梗機があるのだが、息子たちのワイナリーはそんなものはなくて手作業。
しかし、息子に言わせると、「手作業の方が収穫時の選果で見逃した病果などを除くことが出来る」とのこと。
私は「機械を買わない負け惜しみじゃないのか?」と思うのだが、ワインのバカの息子は半ば本気みたい。
ネットで探したら、「手除梗作業」をしている農業女子がいました。
赤ワインにするピノは、この作業をおしゃべりをしながら行うのですが、手元が明るいうちは収穫し、ワイナリーに戻ってからこの作業をしてタンクに入れてゆくのです。
収穫も除梗作業もとにかく人の手が必要で、この時期にはワイン好きの人たちがお手伝いに駆けつけてくれます。
除梗作業も、仕事を終えてから午後10時頃に駆けつけてくれる人もいて、ありがたいやら申し訳ないやら。
私は10時頃に引き上げさせてもらいましたが、息子たちが家に戻ったのは午後一時半過ぎ。
翌朝聞いたら、「作業が終わってからワイン飲んでた」とのこと。
親としては、それが連日の息子の身体が心配だが、この時期が一年の頑張り時だから、仕方がないことだろう。
ということで、次の日の昨日は日曜日だったので、さらにお手伝いの人が増え、二頭の馬も加わり、全員で20人近くいたんじゃないだろうか。
私は引っ越しの準備作業を高3の孫と頑張っていたので、収穫作業には加わらなかった。
夕方には、冷蔵庫や洗濯機なと大物家具を男性たちに移動してもらって、とりあえず新宅で暮らせるようにはできた。
もう一晩泊まる予定にしていたが、次の日はプレス作業で収穫はしないというので、夜に帰宅することが出来た。
今は、洗濯機が終了するまでこれを書いている。
疲れた一週間だった。






最終更新日  2020年10月12日 10時16分19秒
コメント(2) | コメントを書く


キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


みらい0614

カテゴリ

お気に入りブログ

仁政なき世に人々の… New! 佐原さん

『トモスイ』5 New! Mドングリさん

寝るというより気絶 New! k-nanaさん

遂にFBI特別捜査へ‼️… New! シャルドネ。さん

内田樹先生のブログ… New! ぼちぼち7203さん

コメント新着

milky way@ Re:寿都町、核のゴミ最終処分場文献調査に応募(10/09) このところ、自分のちょっとしたプロジェ…
みらい0614@ Re[1]:収穫、仕込み、そして引っ越し(10/12) maki5417さんへ 新居は敷地内なので、業…

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.