Taiwan Diary

全198件 (198件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

大紀元時報

2022.05.20
XML
テーマ:中共(189)
カテゴリ:大紀元時報
「ノーガードは致命的」大阪と武漢新港の提携関係めぐり疑問の声

大阪


「2021 中国湖北-日本経済貿易協力説明会」開催




日 本 国 際 貿 易 促 進 協 会 https://japit.or.jp/event/2_4.html
THE ASSOCIATION FOR THE PROMOTION OF INTERNATIONAL
TRADE,JAPAN
東京都千代田区内神田 2-14-4 Phone: 03 (6285) 2627
内神田ビルディング 5 階 〒101-0047
Facsimile: 03 (6285) 2940
5
th Uchikanda Bldg.
14-4,Uchikanda 2-chome,
http://www.japit.or.jp
Chiyoda-ku TOKYO. JAPAN
国貿協 21-048 号
2021 年 11 月 19 日
関係各位
日本国際貿易促進協会
理事長 笠井爚雄
(押印省略)

「2021 中国湖北-日本経済貿易協力説明会」開催のご案内
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
この度、当協会は湖北省人民政府との共催で東京会場と武漢会場をオンラインで
つなぎ「2021 中国湖北-日本経済貿易協力説明会」を下記要領で開催いたします。
ご高承の通り、湖北省は省政府所在地の武漢において中国で最も早く新型コロナ
ウイルスが発見され全面的な都市封鎖等の厳しい措置が講じられましたが、現在は
中央政府及び湖北省政府のバックアップと政策的支援によりコロナ禍を克服し、中
国中部地区の中心としての本来の優位性を発揮して力強い経済成長を見せておりま
す。近年は日本からの海上貨物を武漢新港から鉄道に連結して欧州へ輸送する
Sea&Rail プロジェクトに特に注力しており、今後日本との協力が大いに期待されて
います。
本説明会では王忠林湖北省省長や程用文武漢市市長が自ら湖北省、武漢市の最新
経済・社会状況を紹介し、重点プロジェクトの調印式も行う予定です。ポストコロ
ナを見据えた日本と湖北省の協力及び各位のビジネスの一助となれば幸いです。
つきましては、本説明会にご出席を賜りたく、此処にご案内申し上げます。

1. 日時:2021 年 12 月 16 日(木)午前 15:00~17:00(日本時間)
(14:30 受付開始)
2. 場所(東京会場):アルカディア市ヶ谷
3. 住所:千代田区九段下 4-2-25 電話:03-3261-9921
4.主催:湖北省人民政府 日本国際貿易促進協会
5.形式:日本会場と武漢会場をつないだオンライン説明会(同時通訳付)
6.参加費:無料(定員 100 名)
問い合わせ:日本国際貿易促進協会業務本部 泉川
電話:03-6285-2627 メール:izumikawa@japit.or.jp
「2021 中国湖北-日本経済貿易協力説明会」

2021 年 12 月 16 日(木)15:00~17:00
東京会場 アルカディア市ヶ谷
次 第

1.主催者あいさつ・状況紹介
王忠林 湖北省人民政府省長
河野洋平 日本国際貿易促進協会会長

2.来賓あいさつ
中国駐日本国大使館
日本国駐中国大使館

3.プロジェクト紹介、調印式
武漢新港管理委員会よりプロジェクト紹介、調印
「中国湖北-日本関西の川海連絡輸送一帯一路連通提携プロジェクト」

4.経済協力プロモーション
1.湖北省内の市、州、開発区の経済協力プロモーション
2.企業からの発言

2021 年 11 月 19 日現在



「2021 中国湖北-日本経済貿易協力説明会」

2021 年 12 月 16 日(木)15:00~17:00
東京会場 アルカディア市ヶ谷
次 第

1.主催者あいさつ・状況紹介
王忠林 湖北省人民政府省長
河野洋平 日本国際貿易促進協会会長

2.来賓あいさつ
中国駐日本国大使館
日本国駐中国大使館

3.プロジェクト紹介、調印式
武漢新港管理委員会よりプロジェクト紹介、調印
「中国湖北-日本関西の川海連絡輸送一帯一路連通提携プロジェクト」

4.経済協力プロモーション
1.湖北省内の市、州、開発区の経済協力プロモーション
2.企業からの発言

2021 年 11 月 19 日現在


河野洋平 Wikipedia 内閣広報室より公表された肖像
(1999年 撮影)23年前、現在85歳







最終更新日  2022.05.20 13:54:12
コメント(0) | コメントを書く


2022.05.17
カテゴリ:大紀元時報
CCPが悪い
江沢民も
習近平も
もちろん毛沢東も


中国共産党による法輪功迫害は23年前に突如始まった。健康を増進させようと法輪功を学習した人々は共産党に敵視され、江沢民元国家主席が立ち上げた超法規的組織「610弁公室」や中国の警察に逮捕され、拷問を受けた。多くの者が職場を追われ、社会的地位を失った。

「中国における臓器移植を考える会(SMGネットワーク)」地方議員の会に所属する川西市議の中曾千鶴子氏は演説のなかで、法輪功学習者に対する臓器の強制的な摘出、いわゆる「臓器狩り」が現在も続いていると指摘した。
https://www.epochtimes.jp/share/105341?utm_source=copy-link-btn






最終更新日  2022.05.17 09:51:02
コメント(0) | コメントを書く
2022.03.31
カテゴリ:大紀元時報
https://www.epochtimes.jp/大紀元時報日本の記事






最終更新日  2022.03.31 13:38:02
コメント(0) | コメントを書く
2022.03.19
テーマ:中共(189)
カテゴリ:大紀元時報






最終更新日  2022.03.19 14:44:54
コメント(0) | コメントを書く
2022.03.18
2022.03.16
テーマ:中共(189)
カテゴリ:大紀元時報
中共は、中国人でも容赦しない。
自分たちの組織のメンバーであっても。



大紀元時報日本の記事

SNSで政府批判した元中国人留学生 精神病院で過ごした地獄のような40日
2022年3月11日中国中国人権問題

2018年にニュージーランド留学から帰国した24歳の朱爽さんは、2年後に警察当局によって40数日間も精神病院に強制収容され、虐待、電気ショック、不明薬物の強制投与、離婚、妻の強制中絶を体験するとは夢にも思わなかった。

朱さんは留学中に中国共産党の人権侵害に関する多くの情報を耳にしたが、半信半疑だったという。

中共ウイルス(新型コロナ)感染症が発生してから、強制的な都市封鎖は人間の尊厳を無視している、と朱さんは中国国内SNSで批判的なコメントを投稿するようになった。ほどなくして、アカウントが強制閉鎖された。


精神病にされた

警察当局は朱さんの母親に対し、治療目的で家族が朱さんを精神病院に入院させたという書類にサインするよう迫った。応じない場合、朱さんを拘置所に勾留し拷問すると圧力をかけた。

朱さんは大紀元記者に対し、自分の実体験から、中国当局が正当な理由も証拠もなく、無実の人々を精神病院に強制収容するという実態を裏付けたと述べた。



https://www.epochtimes.jp/p/2022/03/88421.html






最終更新日  2022.03.16 12:20:04
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:大紀元時報
大紀元時報日本の記事

香港当局、英NGOに国家安全維持法適用と警告 英外相ら非難
15 時間前山中蓮夏香港民主化デモ中国人権問題


香港での人権侵害について発信してきた英国拠点の

NGO「香港ウォッチ」

は14日、香港警察から「国家安全維持法に抵触する」との警告通達を受けたことを明らかにした。同法が国外団体に適用されたのは今回が初めてとなる。

香港警察は通達のなかで、香港ウォッチは香港特別行政区の業務に「重大な干渉」を行い「国家の安全を脅かしている」と主張。同団体に10万香港ドルの罰金、または団体代表のベネディクト・ロジャース氏に3年の禁固刑を科す可能性があると警告した。

通達はさらに、72時間以内に同団体ウェブサイトを削除し、活動を停止するよう迫った。実施しなければさらなる措置を講ずるとした。香港警察は2月、国家安全維持法を用いて団体のウェブサイトを香港からアクセスできないようブロックしている。

ロジャース氏は声明のなかで「沈黙することはない」 とし「香港の人々や権威主義的な政権下で投獄された勇敢な政治犯の代弁者であり続ける」と力説した。

中国共産党の全国人民代表大会(全人代)で定めた香港国家安全維持法が施行して以降、香港当局は独立メディアや市民団体への抑圧を強化してきた。香港ウォッチによると解散に追い込まれた市民団体は、過去20カ月で50以上に上るという。

英国のトラス外相は「自由と民主主義のために声を上げる人々を世界中で黙らせようとする試みは容認できず、必ず失敗に終わる」と非難。共同宣言を含む国際公約に従って香港での普遍的な権利を守るべきだと訴えた。

世界がウクライナ侵攻に注視するなか、今回の威圧的な通達は出された。英保守党の元党首イアン・ダンカン・スミス議員は「全体主義を掲げる中国(共産党)がいかに世界中の自由に対する脅威であるかを再認識させられる」と指摘した。

デビッド・アルトン英上院議員は「世界中の表現の自由に対する直接的な攻撃」であり、香港を擁護する外国団体を威嚇し脅かす「ショッキングな試み」だと強調。各国政府に事態を深刻に受け止め、声を挙げるよう呼びかけた。



https://www.epochtimes.jp/p/2022/03/88707.html






最終更新日  2022.03.16 09:36:31
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:報道(18)
カテゴリ:大紀元時報
大紀元時報日本の記事
https://www.epochtimes.jp/p/index.html






最終更新日  2022.03.16 07:59:30
コメント(0) | コメントを書く
2022.03.15
テーマ:中共(189)
カテゴリ:大紀元時報
CCPの指導は、人身売買も人民への食物衛生も無関係。
自身たちの権益を守ればそれでよいようだ。
法輪功学習者の弾圧も江沢民の仕掛けが大きな悪化点。
ぷーさんのみならず、CCP組織自体が腐っている。
日本のマスコミは報道しない。
CCPマネーに汚染、赤化されているとしか考えられない。
政治家も赤化が進む。


(抜粋)
投稿者はある日、この工場で給食配達のアルバイトをすることになった。作業現場に着くなり、「朝食を食べていなくて良かった。食べていたら吐いてた」と話した。

映像によると、作業員らはスープや残飯、腐敗したゴミが広がる床の上で弁当作りをしていた。

「午前中の仕事環境をトイレに例えるならば、午後の弁当箱の残菜ゴミ処理の仕事は、まるで肥溜めの中だ。本当に吐きそう」と我慢ならない様子だった。

弁当箱を洗浄する際、作業員らは泡だらけの洗剤水に浸かった弁当箱を取り出して山積みにしていた。水による洗浄などのプロセスは行われていないことが動画で確認できる。

この動画は瞬く間にネット上で拡散され、大きな波紋を呼んだ。

天津市は8日、関係部門の責任者4人に対して警告、解任などの処分を下した。また経営企業である「天津市欣程達營養餐配送中心」は営業許可証をはく奪され、経営者には100万元(約1850万円)の罰金が科された。

しかし、市当局は、弁当箱に対するサンプリング検査の結果は「合格」と認定した。ネット上に流れている動画は残菜処理、予備洗浄、洗浄とすすぎ、高温消毒など企業の洗浄業務の全過程を完全に反映していないと結論づけた。

今回問題になった企業が製造した弁当は、2017年にも小学生の食中毒を起こしていた。

児童らは「肉は酸っぱく、味も悪い」と給食をほとんど食べずに捨ててしまうという。


大紀元時報日本の記事をご覧ください。
https://www.epochtimes.jp/p/2022/03/88577.html






最終更新日  2022.03.15 10:10:05
コメント(0) | コメントを書く

全198件 (198件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

PR


© Rakuten Group, Inc.