000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

noahnoah研究所

2017/05/21
XML
カテゴリ:家作り
一昨日の事ですが、近所の交差点で車2台が絡む事故が発生し、暴走した車が我が家に突っ込んできました。
暴走車は我が家の擁壁と道の反対側にある電柱に挟まった形で止まりました。

暴走車が我が家に突っ込んできた
幸い、運転手や同乗者も無事で、事故に巻き込まれた第三者もいませんでした。
そのとき自宅内にいた妻と娘も無事で、かなりの衝撃が伝わったそうですが、妻は居眠りしていて気付かなかったそうです。

我が家に続く生々しいブレーキ痕
事故現場から我が家に続く生々しいブレーキ痕がありました。
おそらく事故の際に発生したものと思われます。

事故の説明図
事故は30mほど離れた交差点で発生しました。
西から下ってきた乗用車と南から下ってきたトラックが出合い頭にぶつかったそうです。
そしてブレーキがきかなくなったトラックが暴走して我が家に突っ込んできたとのことです。

ちなみに、この交差点はそれぞれの方向からの見通しが悪いのですが、一時停止の標識・表示などがありません。
周りの住民はこの危険な交差点に標識を設置するように、行政へ働きかけているのですが、無視され続けています。
南北の道が少しだけ太く、東に続く道路は過去に砂利道だったので、南北の方が優先道路という認識だそうです。

大破した乗用車の痕跡
乗用車の方は大破したようで、冷却水などのフルード類が漏れたみたいです。

擁壁にぶつかった跡
車がぶつかったのは、我が家の擁壁で、道路面から1mぐらいの高低差がある箇所です。
衝突した場所のイワダレソウが剥ぎ取られています。

ぶつかった電柱の根元
車がぶつかった電柱の根元には隙間ができています。
事故で発生したのか、元々こうだったのかはわかりません。
我が家はこの電柱から直接電気を供給されていないものの、別の電柱との間に渡したワイヤーに供給線の一部が固定されています。
したがって、この電柱が倒れていたら、我が家の電線も引っ張られて切れるところでした。

擁壁のL型土留ブロックが削れている
擁壁の削られた部分から下のイワダレソウが綺麗にカットされています。
ここに人がいたらと思うと、ゾッとします。

翌日には、その先で工事があったために通行止めとなり、この場所で警備員の人が1日中立っていました。
工事が1日ずれていたら、巻き込まれていたかもしれません。
事故を起こして突っ込んだトラックは、その工事の関係者だったようですが。

当初、家をもう少し西側に建て、擁壁をなくして、道路面と同じ高さの駐車場にするプランもありました。
その場合、暴走車は我が家の駐車場に突っ込んだか、駐車場を通過し、その先にある電柱や燐家の敷地へ突っ込んでいたはずです。

えぐられた擁壁
表面的にえぐられただけのように見えるものの、後日、地震などで壊れると困りますので、専門家に診てもらいます。
きれいに補修できるかどうかもわかりません。
車の保険会社から連絡があり、修理費用は払ってくれそうです。

ちなみに、この擁壁は単にブロックを積み上げたようにも見えますが、土留ブロックです(CP型枠擁壁TOHOウイング)。
デザイン上のブロック一段分の高さは約20cmです。
一番上のブロック1段分だけが、土砂流出防止とメッシュフェンス固定用に積み上げたものです。

道路に散らばるフロントガラスの破片
道路に散らばった車の破片は清掃したと聞いていましたが、割れたフロントガラスがイワダレソウに引っかかっていました。
壁の損傷具合を調べるため、垂れたイワダレソウに軽く触れただけで大量に落ちてきます。

垂れたイワダレソウを処分
きりがないので、破片が付いたイワダレソウをカットして処分しました。

破損したメッシュフェンス
メッシュフェンスの一部も破損していました。
コーナー部品も曲がってしまっています。
ちなみに、メッシュフェンスは大仙製で、高さ800mmのタイプです。
それを200mmブロックに立てることで高さ1m以上のフェンスにしています。

庭中にばらまかれたフロントガラスの破片
突っ込んだトラックのフロントガラスの破片が庭中にばらまかれていました。

フロントガラスのばらまかれた範囲
この写真の範囲すべてに大小さまざまなフロントガラスがばらまかれていました。
イワダレソウの隙間に入り込んだ細かい破片を掃除機で吸い込んで除去する必要がありました。

家の外壁まで到達していたフロントガラス
一部のガラスは家の外壁まで到達していました。

壁にめり込んだフロントガラスの破片
壁には相当勢いよくガラスが当たったようで、いくつかは壁にめり込んで付着していました。
もし庭にいたらガラスで怪我をしていたに違いありません。

免震住宅の隙間を埋めるウレタンに空いた穴
免震住宅の隙間を埋めるためのウレタンにめり込んだガラスの破片を取り除くと、案の定、穴が開いてしまっています。

取り除いた破片で大き目のもの
取り除いたガラスの破片で大き目のものはこんな感じです。

庭から吸い出した細かいガラスの破片
庭から吸い取った細かいガラス片も相当の量がありました。
まだ取り切れていないガラスもあるはずです。
せっかく庭一面に広がったイワダレソウを剥がし、土壌の入れ替えが必要になるかもしれません。

破損したメッシュフェンスを取り換えると、せっかくフェンスに絡ませたムベも処分される
破損したメッシュフェンスを取り換えると、せっかくフェンスに絡ませたムベも処分されることになります。
その場合、新たにムベも植えてもらわないといけません。

まとめると、こんなところでしょうか。

・擁壁の補修
・土壌入れ替え
・イワダレソウ(クラピアS1)の貼替
・破損したメッシュフェンスの交換
・ムベの植樹

ちなみに、事故の当事者たちは、一度も謝りに来ていないとのことです。
どちらも自分が悪いとは思っていないのかもしませんけど。











(お知らせ)
noahnoah研究所は、2016年2月から "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に引っ越しています。
従来のサイト "http://homepage3.nifty.com/nnl/" や "http://freett.com/nnl/" にはアクセスできません。
お手数ですが、ブックマーク先は "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に変更してください。

[このnoahnoah研究所のブログ内をGoogleで検索する]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

noahnoah研究所のブログ(http://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)に掲載した画像および文章は、出典元を示していただければ、私に事前許可を得ることなく、使用していただいても構いません(出典元を示さず盗用しないでください)


→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く
→ 伊藤@横浜へメールを送る

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]


PVアクセスランキング にほんブログ村













Last updated  2017/05/21 11:59:03 PM
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.