8419565 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

noahnoah研究所

全407件 (407件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 41 >

2021.10.09
XML
カテゴリ:
1996年製TOYOTAタウンエースノア(製造はダイハツ工場)のタイヤを交換しました。


自分で交換したのではなく、通販で買ったタイヤを自動車整備工場に持ち込んで交換してもらいました。


私は横浜在住で、車も横浜ナンバーなので、YOKOHAMAタイヤです。
「YYY2421」、つまり、2021年の24週目(半年以内)に製造されたタイヤです。
タイヤ製造工場は横浜にはないみたいです。


銘柄は「BluEarth RV-02」という、ミニバン用タイヤです。
発音はブルーアースなのですが、綴りは「BlueEarth」でじゃなくて「BluEarth」です。
これまで使用していたタイヤは「BluEarth RV-01」でした。


MADE IN JAPANです。
まだ日本の空や経済はアメリカに支配されている体ですので、MADE IN OCCUPIED JAPANなんですけどね。


タイヤサイズは195/65R15です。
195はタイヤの幅(mm)、65は扁平率(%)、Rはラジアルタイヤ、15はホイールサイズ(インチ)です。
異なる単位が色々混ざっていて、馬鹿らしいと思いますが、そういうものです。
車は雨の日に使うことが多いので、ウェットグリップ性能は一番いい「a」を選んでいます。


どうでもいいですが、トレッドパターンは、左右非対称です。


これまで使っていたタイヤは中古タイヤだったので、YYY0913、製造は2013年の9週目です。
交換して3年でダメになりました。


経年劣化のヒビ割れが酷いです。


トレッド面の摩耗具合はこんなふうで、まだスリップサインは出ていませんが、ヤル気の無さを感じます。


タイヤ交換にかかった費用です。
今回も近所(Googleマップ)のパウンカンパニーさんで交換しています。(3回目)
スペアタイヤも古かったので(2014年製)、中古タイヤに交換してもらいました。
(2020年製で、ほぼ新品のブリジストン NEXTRY 195/65R15)

タイヤ交換のために自宅を出るとき、車のバッテリーが上がって大変でした。
数日前に妻が車のライトを消し忘れたらしいので、その影響だと思います。
安物の40B19Rとはいえ、まだ2年しか使っていません。
5分ほど充電したら復活しました。
帰宅後、再度充電してチェックしましたが問題なしでした。
ただ、一度バッテリーを上げてしまうと、ちょっと不安になります。
そろそろオルタネーター(発電機)がダメになってきているのかもしれません。

(関連記事)タイヤの持ち込み交換

車のバッテリーチェック




[https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/内をGoogleで検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]











Last updated  2021.10.09 22:52:07
コメント(0) | コメントを書く


2021.07.20
カテゴリ:
通勤で使う原付バイク(YAMAHA GEAR BX50S UA06J)のタイヤを交換してもらいました。
約9年で12,000kmほど走行していますが、一度も交換していませんでした。
UA06Jの純正タイヤはK378で、具体的には次の通りです。

(フロントタイヤ)
サイズ:90/90 - 12 44J
メーカー/銘柄:DUNLOP / K378 FA

(リヤタイヤ)
サイズ:110/90 - 10 51J
メーカー/銘柄:DUNLOP / K378B


リヤタイヤのDUNLOP K378Bです。


K378Bはリヤタイヤ専用と書かれています。
台湾製のようです。


K378Bは中央に溝がないタイプですので、スリップサインがわかりづらいのですが、一応少し残っていました。
しかし、最近リヤが少し滑る感じがして、気持ち悪いので今回交換することにしました。


フロントタイヤのDUNLOP K378 FAです。
こちらはフロント専用と書かれています。


K378 FAはタイヤ中央にジグザグの溝があります。


リヤタイヤに比べれば摩耗が少なく、スリップサインは十分残っています。


交換後のリヤタイヤDUNLOP K378Bです。
思ったより溝が深い印象ですが、それだけ摩耗していたということでしょう。


交換後のフロントタイヤです。
両サイドに双葉マークのような掘り込みがありました。
また、中央の溝もジグザグではなく直線です。


銘柄を確認すると、純正のDUNLOP / K378 FAではなく、DUNLOP / RUNSCOOT D307でした。
D307の90/90-12はフロント専用ではなく、前後輪共用なので、UA06Jに合うのか少し心配になりました。
DUNLOPのサイトで適合検索したところ、K378FAの代わりにD307も使えることが判ったので安心しましたが、事前確認なしでした。

今回のタイヤ交換にかかった時間は約30分、
費用は、
・前タイヤ交換:部品代6,980円+工賃3,000円=9,980円
・後タイヤ交換:部品代10,251円+工賃3,500円=13,751円
合計23,731円、消費税10%込み26,104円でした。

タイヤ廃棄費用を含んでいるとはいえ、部品代が若干高めです。
通販品の持ち込みでも交換工賃に廃棄費用を足され、ほとんど同じくらいになるとは思いますが。





[https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/内をGoogleで検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]











Last updated  2021.07.20 23:06:56
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.20
カテゴリ:

車のカーフィルムに一枚だけ複数の気泡が入っていました。

20年以上前に自分で貼ったハープミラーのフィルムですが、気泡が現れたのは、つい最近です。
気泡は5か所あり、大きいもので直径2cmほどもあります。
他のガラス面に貼ったフィルムには全く気泡が発生していませんでした。

フィルムを貼るときは、気泡が残らないように、微量の洗剤を加えた水をフィルムとガラス面にスプレーしてから貼ります。
そして、ヘラで水と空気を押し出して定着させます。
それでも、わずかに残った空気や水が、経年劣化で剥がれてきたフィルムの隙間で膨張したのかもしれません。

貼るときと同様、ガラスとフィルムの間に入った気泡をつぶすために針を刺すと、すぐに空気が抜けて目立たなくなりました。

ちなみに、この車は前席のドアガラス以外はUVカットされていませんでした。
フロントガラスもUVカットされていないので、冬でもサンシェードを使っています。
後席はフィルムを貼ることで、紫外線による日焼けや内装の劣化を抑えられたはずです。

(関連記事)ウィンドウフィルム



[https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/内をGoogleで検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]











Last updated  2021.05.20 00:00:09
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.18
カテゴリ:

先日の点検時に交換を勧められたので、車のフロントワイパーを自分で交換しました。


ほとんど使いませんが、ついでにリヤワイパーも交換しました。


今回は、ワイパーゴムだけでなく、それを支える部分、ワイパーブレードごと交換しました。
ワイパーブレードの関節部分も経年劣化で錆びたりガタついたりしますので。


NWB(デンソーワイパシステムズ)の視界良好ワイパーシリーズを選びました。
長さは650mm(運転席)、350mm(助手席)、400mm(リヤ)です。
車の設計ミスで拭き取り範囲がおかしいので、運転席と助手席のワイパーは長さを変えています。


デンソーワイパシステムズの加須工場なのに、MADE IN CHINAなんですね。
組み立て、検品、梱包だけをしているのかもしれません。


これまで使っていたフロントワイパーは、ノンブランドのエアロブレードでした。
NWBのワイパーに交換することにより、ワイパーゴムを押し付ける点が、6点から8点に増えます。
それだけ拭きムラが減ることが期待できます。


リヤワイパーのブレードはPIAAでした。
いつ交換したのか思い出せないくらい昔です。

(関連記事)ワイパーブレード


NWB 視界良好ワイパー 650mm 運転席 トヨタ ノア



[https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/内をGoogleで検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]











Last updated  2021.05.18 10:55:27
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.09
カテゴリ:

1996年製TOYOTAタウンエースノア(E-SR40G)の18か月点検で、ハイマウントストップランプの不点灯を指摘されました。
2013年には中古品のハイマウントストップランプに交換していましたが、7年半で使えなくなったということです。
2013年の時点では、不点灯になったハイマウントストップランプを外せば車検を通せましたが、現在はできないそうです。


ちなみに、81570-28100のLEDは30個もあります。
LEDは寿命を迎えても完全に消灯することなく、徐々に暗くなっていくため、気付きにくいです。
現在、一般的なLED照明の寿命は40,000時間が相場ですが、車に使われるLEDは粗悪品なのか、寿命が短いようです。
もし寿命が同じ40,000時間なら、25年間、毎日4時間以上もブレーキランプを点灯できたはずです。
粗悪なLED式ブレーキランプを使うくらいなら、電球交換できるバルブ式ブレーキランプの方が良いですね。
バルブ式でもLED電球に替えられますし。
LED化されたときは少し期待しましたが、予想外に寿命が短くてガッカリです。


1996年当時、ハイマウントストップランプ(センタストップランプASSY 81570-28100)の定価は10,500円でした。
今回、TOYOTA部品共販で新品を購入したのですが、現在の新品価格は19,000円、税込みで20,900円です。
日本企業は20年以上前から労働力の買い叩きを継続しており、デフレと可処分所得の減少が深刻な状況ですが、国際的にはこのくらいが相場です。
ただ、これも寿命の短い粗悪なLEDが使われているのなら、価格に見合った買い物とは思えませんが。


最後に確認のためブレーキランプを点灯させると、全体が均一に光っていました。

ハイマウントストップランプの交換方法は前回とほぼ同じです。

(1)バックドアを開けて、グロメット6個を外し、ボルト6本を外し、リヤスポイラーを外す。
(2)リヤスポイラーと車体を接続している電源ケーブルのコネクタを外す。
(3)リヤスポイラーのボルト2本を外してハイマウントストップランプASSYを外して交換。
(4)あとは元に戻して完了。(30分ほどで交換できると思います)

LEDがすぐダメになるような設計なら、いちいちリヤスポイラーを外さなくても交換できるようにして欲しかったですね。
トヨタのディーラーは不正車検が横行するくらい忙しいのですから、ユーザーでも簡単に交換できる設計にすべきでしょう。
自動車教習所でもユーザー車検(本来の車検)について、しっかり教えるべきだと思います。

(関連記事)
ハイマウントストップランプ切れで車検を通す

ハイマウントストップランプの交換







[https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/内をGoogleで検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]












Last updated  2021.05.09 02:50:48
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.13
カテゴリ:
保安基準が改正され、自動車には「後退時車両直後確認装置」を備えることが義務付けられます。
車の後にいる人や障害物を確認する手段、たとえばバックカメラや検知システム、ミラーが必要になるということです。
改正時期(予定)は、2021年6月上旬、改正時期(予定)は、新型車が2022年5月、継続生産車が2024年5月です。

後退時車両直後確認装置に係る基準(UN-R158)

こんなこともあろうかと、今乗っているTOYOTAタウンエースノアを買った1996年当時、それらが装備されているグレードを選びました。
(タウンエースノアのロイヤルラウンジ)


検知システムとしてクリアランスソナーとバックソナーを装備しています。
検知範囲は、後方左右のコーナーを検知するクリアランスソナーは約50cm、バックソナーは約150cmです。


バックカメラはありませんが、目視でも確認できるリヤアンダーミラーを装備しています。
事故や犯罪を抑止するため、ドライブレコーダーも義務付けるべきだと思います。



[https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/内をGoogleで検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]











Last updated  2021.04.13 00:09:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.05
カテゴリ:

横浜市内の国道1号線に合流したところ大渋滞に巻き込まれました。
カーナビで受信しているVICS情報を確認すると、沿線で発生した火災により、片側交互通行が行われていたようです。
火災発生地点に辿り着く頃には、片側交互通行せずに通過できたものの、予想外に時間がかかってしまいました。
一応、進行ルート上に問題がある場合はナビが教えてくれますが、今回はルート設定することもなく、渋滞路に合流したのでダメでした。

最近のカーナビはVICS情報などから渋滞を回避するルートを自動で選んでくれます。
ただし、ルート設定しなければ回避ルートも示せないので、知っている場所に行くときもルート設定する方が無難です。

(関連記事)使われていなかったダイバーシティ用アンテナをFM-VICS用アンテナとして活用



[https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/内をGoogleで検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]











Last updated  2021.03.06 10:21:48
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.28
カテゴリ:


我が家の車(1996年製TOYOTAタウンエースノア E-SR40G)も気付いたら24歳になってました。
樹脂ヘッドライトに曇り(紫外線による黄ばみ)が出ていたので、クリーナーで落としてコーティングしました。
2年前からヘッドライトコーティングシステムDF-ZERO-ONEの「お試し版」を使ってますが、まだ使えています。
半年毎くらいなので、たぶん4回目ですし、あと2,3回以上は使えそうなくらい残ってますから、かなり経済的です。
簡単にヘッドライトの曇りが取れて新車のように綺麗になります。
車庫など日光の当たらない場所に車を置けば、樹脂の曇りは軽減されると思いますが、我が家には車庫の設置スペースがありません。

(関連記事)
ヘッドライトの黄ばみを取ってコーティング

ヘッドランプの黄ばみを消して車を若返らせる






[このnoahnoah研究所のブログ記事をGoogleで検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]











Last updated  2020.12.28 18:50:24
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.22
テーマ:車中泊(417)
カテゴリ:

新型コロナ禍により車中泊旅行が人気なのだそうです。
おそらく、公共交通機関や宿を利用しない方が、感染する確率を減らせると考える人が増えたのでしょう。
時間と費用の節約という点でも、GoToトラベルで浮く宿代以上に得する可能性もありますし。

我が家は最近、車中泊旅行をしていないのですが、昔と比べれば格段に車中泊旅行をしやすくなっていると感じます。

・道の駅が増えている →設備が新しい、選択肢が豊富で車中泊に困らない
・ネット環境が充実 →基地局も増え、PCがなくても、スマホだけで済む
・大きな震災が多かった →避難所代わりの車中泊が見直されている
・車中泊グッズが増えた →認知度向上、アウトドア人気も関連

ただ、車中泊旅行に関するWEBページにも書いた通り、必ずしも良いことばかりではありません。
noahnoah研究所NOAH車中泊旅行

車中泊を考えている方は、まずは自宅の駐車場で一度でも体験することをおすすめします。
いきなり、旅行先で車中泊をすると、寝不足になって居眠り運転につながるおそれもあります。
また、自分や家族にとって何が必要なのかも、わかると思います。

初めての車中泊旅行は、熱中症や風邪にならないよう、冷暖房の要らない春や秋の方がいいでしょう。
災害時に避難所代わりに車中泊を選んだ方も暑さ寒さに苦労されたようです。
車は断熱性が低いため、冬は窓を断熱性のある素材で覆わないと、寒くて寝られないでしょう。
夏は窓に網戸がないと蚊が入りますし、網戸にしても暑くて寝られないかもしれません。

布団や毛布を車に入れてもシートの凸凹が気になったり、風や家族の寝返りでも車が揺れるので、慣れるまではストレスになります。
レジャー以外で仕方なく車中泊をする場合には、とくにストレスが溜まり、車中泊を避けるようになるはずです。
避難所代わりに車を使う場合、避難所に入る人に比べて、支援や情報が得られなかったりすることもストレスや不安につながるようです。

車中泊ではトイレの存在は大きく、道の駅やSA/PAのトイレが汚かったり、温水洗浄便座でないと、ガッカリします。
各種感染疾病対策にもなりますので、宿泊施設も含めて、トイレにお金をかけていただければ、ありがたいです。





[このnoahnoah研究所のブログ記事をGoogleで検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]











Last updated  2020.11.22 16:53:53
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.23
カテゴリ:

6か月点検で点火プラグの電極が摩耗して、ギャップが広がっているというので、交換を勧められました。
そこで、1996年製TOYOTAタウンエースノア(E-SR40G)の点火プラグを14年ぶりに交換しました。
10年くらい前から年間走行距離は伸びなくなったため、14年間の走行距離は約8万キロです。
これまではDENSOイリジウムタフVK20を使っていましたが、今回はNGKイリジウムMAXプラグBKR6EIX-11Pにしました。


NGKイリジウムMAXプラグBKR6EIX-11Pは、電極にイリジウムと白金が使われているタイプのスパークプラグです。
DENSOのVK20と同じで、10万キロ使えるはずのものです。
最近の車と違って、タウンエースノアの点火プラグ交換は簡単なので、自分で交換します。


プラグ交換は、いつものエーモン工業 16mmプラグレンチK35 (購入価格\720)を使います。


タウンエースノアは、縦置きの3S-FEエンジンです。
昨年、プラグコードをNGKのRC-TE105に交換しています。
プラグコードを手で引き抜くだけで、点火プラグを交換できる状態になります。


一番手前の1番のプラグから順に交換していきましたが、いずれも外すのが大変でした。
特に2番と4番の固着が酷く、プラグの交換や点検時に斜めに突っ込んで齧ったのかと思いました。


さらに、一番奥にある4番の点火プラグは狭いので大変でした。
多少工賃払っても、プロに頼んだ方が良かったと後悔しました。
結局、1時間ほどかけてプラグ交換を終えています。
交換後は普通にエンジンかかったので、大丈夫でしょう。
燃費や加速性の向上とかは、まだ分かりません。


奥が14年、約8万キロ使ったDENSOイリジウムタフVK20です。
手前がNGKイリジウムMAXプラグBKR6EIX-11Pです。


上の1番プラグの電極が一番摩耗していました。
下の2番プラグは、まだ少し突起が残っています。


3番と4番の点火プラグは、まだ使えそうなくらい、電極の突起が残っていました。


(関連記事)
スパークプラグ交換

原付バイクの点火プラグを交換

プラグコード交換が予想外に大変だった

(参考)スパークプラグ交換







[このnoahnoah研究所のブログ記事をGoogleで検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]











Last updated  2020.05.23 10:59:52
コメント(0) | コメントを書く

全407件 (407件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 41 >


© Rakuten Group, Inc.