4913809 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のりのりでいこう!香港&海外情報

PR

Free Space

QLOOKアクセス解析

Category

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Rakuten Ranking

Profile


NORI香港

Freepage List

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

★ブータン

2011/12/17
XML
カテゴリ:★ブータン
Bhutan 2005 digest



2005年1月-2月にブータン王国に滞在した時のダイジェスト版・・
動画はヒマラヤ山脈を見ながらの着陸をブータン国歌でスタート
前半はブータンのゾンを中心に  
中盤 後半はトレッキングで出会ったふれあい編・ 



keyワード

エベレスト チョモランマ ヒマラヤ山脈 着陸 パロゾン 癒しの心 ブッダ 笑顔 
リトルブッダ撮影地
野良犬 切って 民族衣装 ちんちんのお守り ブナカ 国王 ブータンのホテル 
食事 春夏移動の中央政府 信号 唯一ある手信号 目抜き通り ターキン 国獣 
鶴 飛来 電線のない村  自家発電 舞 踊り 辛い食べ物 商店 菜の花 
旧正月 新年 家 家作り 土 石 高山植物
英語教育 ゾンカ語 チョルテン キャメロンディアス 
インドでもなく ネパールでもない 
民家訪問 アポなし 学校見学 デジタルカメラ d70 nikon 
家族 お菓子 おもてなし 親が子を叱る
アラ 酒 プレゼント 土産 一期一会 中島みゆき 料理人
乳しぼり 共同作業 gontey goempa 青空 馬使い 歩く ワシ テント 
雪 コトカミソ村 出稼ぎ ベビーシッター
女 ガイド 風呂 満点の星 写真 ジョモラリ ツェムガン ジュチュダケ 
せせらぎ 小川 キャンプ道具
葬式 不思議な道具 燻製 鷹 4wd jica リンゴ ワイルドアスパラ 軍隊 
club ディスコ 今幸せ GNH
本当の豊かさ 国民調査 空港 ヘリコプター  最高 ブータン 






Last updated  2011/12/19 09:31:52 PM
2011/11/19
カテゴリ:★ブータン

ブータン国王夫妻が被災地を訪問したNEWSをみた・

同国の対応は震災後 翌日12日にはブータンでは国王主催で供養祭  
3月18日に義援金100万ドルが日本に 
非常に早いものであった・ 
ブータンと日本の国の関係とその考え方にあると思う・

この国を語る時メディアが触れる頻度が高いのは、

GNH(Gross National Happiness=国民総幸福)という考え方

タシチョ・ゾン 中央政庁
Dsc_0080


今回の国王夫妻の訪問でこの話題はふれていましたか??
実際に報道するそのメディアの方が一体どのくらいの方が
この国へ行ったのであろうか? という事はおいといて・ 

嘗て私がブータンを訪問するちょっと前まで旅行者の人数を制限をしていた国だ
今日 世界中で禁煙というのがトレンドだ・・・  
そもそもこの国では煙草を製造及び販売する事が許されていない・
ある部分 非常に最先端を行っているブータン 
喫煙者の私であるが、外国人の旅行者の私達には快く灰皿を提供してくれた・ 

外国人が単独でひょこひょこ観光をするなど殆どない国で、
嘗て訪問した国とはまるで異なる空気が流れていたが 
全体的に顔立ちが日本人に似ていて、また振る舞いも日本人に似ているようで
そんなこともあり非常にこの国はしっくりきた・ 

滞在中に関わってきた人が良かったという事もあるが、
この国は旅人、時には地元の方も含まれる・ 
ちょっと休憩をしたい場合等も民家にふらっと立ち寄り、
私の場合 ブータンで使われている言語 ゾンカ語が話せないので
ガイドさんから意思を伝えてもらう・・ 
参考までにこの国はゾンカ語があるが、
大半の教育機関が英語を教授言語としているので
多くの方の英語がとっても奇麗だ。 
少なくとも私より断然レベルは上だ・
とはいうものの、トレッキング中の山では英語は殆ど地元の方には通じなかった・ 

民家に行くと、快く家に入れてくれ、地元のお酒を振舞ってくれる・
ラオス ミャンマーなどと共通で家では端にちょこんと集まる
敷物を弾いてくれ 壁に寄り掛かるとい感じだ
 
この振る舞い方も、わんこそばのように、
酒がなくなり床に置くとおもてなしをしてくれる方が直ぐに注ぐ・ 
大切なお菓子も出てくる・・・ 
気持ちばかりのお金を渡しその民家を後にする・・・  

ブータンの国王を国民が誰もが愛しているようなどこでも容易に会話の中で聞き、
民家では質素な生活をしているが、最低限度のものは必ずあり、
国王の写真を飾る家庭が多かった・ 
また 言い争いなどの光景などは旅行者の私がみることはなかった・ 
むしろ 皆が和やかに手を取り合っている光景をよく見かけた・・・ 
他 たくさんあるが、今回は割愛・  


現在 日本人でも多くの方が世界一周等をしている・・  
世界中の多くの物を見たり体験したい??旅人は隣国のインドとネパールは
間違いなく訪問する国だ。 
インドでは誰もが写真を撮れと言われたりする方も多いでしょう・・・  
例えばブータンではこういう話し 全然ありません・ 
逆に写真を撮りましょう というと 快くOKをしてワイワイとなる・

誤解しないで頂きたい  どちらがいいとか悪いではなく、
根本的に違うという話です・・・  
ヒマラヤ山脈の麓という意味では同じのネパールとも完全に異なる・ 

特にインドにおいては、強烈な事もあり 旅人によっては結構な長い時間いるね?? 
と感じる・・・ 人もいたりしてね・・ このお茶目さん・・・  
それだけ魅力のある国で旅人にはネタのつきない国なんだけどね 

しかし、このブータンという 一番見ておいてほしい国は多くの方が素通りしてしまう・  私的には非常に残念です・

1日いくらで回る とか 1日いくらしか使わない・ 何カ国に行った。 
こんなにたくさんの世界遺産を見た、  等等・  
のりのりでyeh!!! 超楽しいもいい  
人にはそれぞれの価値観があり、 また旅には正解等ない・ 

だったら、いいじゃん・・  

そうではなく・・・ 私はブータンという国に滞在してほんとに良かったと思っている・
だから行ってほしいのです。そして自分の目で見てほしいのです・
 その方が何を感じるかは個人差があるのが普通だ・ 
しかし、この国で見たもの聞いたもの体験したものが現在の私達に生きてくると思う・・・

では 世界一周をする旅人の多くが隣国まで行って何故ブータンに行かないのか??

恐らくそれは費用に関係してくると思う・ 
今ははっきりとしたことが分からないが、外国人はシーズン 人数等により
国から決められた 1日当たりの滞在費用というのが存在するからであろう・・・ 
この費用はUSD160から220くらいだった・ 
仮にUSD200とすると隣国インドで安く、安く済ませるバックパッカーは
VISAがきれるまで滞在できるのであろうか??

旅人の多くが訪問するタイ バンコクからインド カルカッタ経由でフライトがあったので、本来は非常に行きやすい場所のはずだ・
参考までに飛行機代はカルカッタからフライトした方が以前は大分安かった・
インドとブータンの関係も非常に興味深い・
これも今回は割愛・

前に触れた、
滞在費という考え方は通常の旅行者が1泊3食付き 観光代金が含まれているので、
この料金さえ捻出できれば、極論他は何も要らない・・・
自由旅行ではなく手配旅行でこの国をまわるといえばイメージはつきますか?
旅行関連のホスピタリティ度は異常に高く、
なにをしたいかを明確に伝えれば伝えるほど、様々なアイデアを出発前から組んで
予定表にしてくれる・ 
また訪問時でも可能な限り対応をしてくれる・
ブータン国内でも関所?? 的なチェックポイントがあるので、
どの観光客がおおよそどのエリアにいるのか把握できている・
安い予算の方は関係ないが、世界のアマンが続々でき、
世界のTOPレベルの滞在を金さえだせば約束できる・ 

そんな贅沢な旅は別としても   
保険代 PC代やiPhone代 デジカメ代 と購入する必要経費として、
ブータン代を必要経費にぶちこんでほしい・  

意外に多くの国で 特に遺跡関係等はいいお値段を払う事になる。 
でも 行くんですよ・・ 多くの方は・・・ 
それは ここまで来て 行かないとはね・ ということであろう・

方や ペルーのクスコにいて、マチュピチュへは費用的な問題で行かない方も見かけた・
それもありですよ・・・・  何度も言うけど 旅には正解がないから・・・ 

でも やっぱりブータンはみてほしいです・・・ 
ブータン貯金してください・ 

これだけ私から色んなコメントを聞いている母でさえも、
中国に連れて行き、かなり地元の方の場所まで引っ張って行ったが、
やっぱりテレビ等みるものと違う部分が多いと発言していた・
GALだって、中国に連れて行けば そんな発言がどんどん出た・ 
中国はもし行っていない方がいれば一刻も早く自分の目で見るところは間違いない・

私が訪問した中で、自分の目で見ておきたい場所はキューバとブータンだ・ 
2つの共通点は治安が良いということもある・ 
どんな観光地があるのか?? そういう話ではありません・ 
勿論観光客が喜ぶ場所もあるのですが、

やはりそこの空気を感じてもらいたい・

そういう意味ではブータンだ。。。 

そして幸いにもブータンはアジアだ・  
顔立ちも似ているし そもそも南米なんかに行くのを考えたら
距離が近い・・・・・・   そして  

世界一周とまでは行かなくても、ちょっとした有給でいけるではないでしょうか?
むしろ、世界中の多くを全部見たい人より、 
1点集中で行く方がよいかも


メディアの方は旅が仕事でない、報道することが仕事だ・
従い その国に行っているとは限らない・
見たこともない光景や体験を誰から調べ それを伝えるのでしょう・・・  
また自分の体験を話すことだけがメディアの役割ではないので
これはこれでありなんですが・・・ 

やっぱり自分の目でみるのとテレビ等でみるのは大きな違いだ・  

この国にもシーズン料金があり、冬は安いです・
もしお祭りの日とかにいけるのであれば、更によし・・・ 

もう一度、 
多くの物を見たい、聞きたい 体験したい、 
飲みたい だらだらしたい 他 なんでもいいや・・  
世界一周組は是非 ブータンに訪問してくださいね ・・・ 

そんなんで 今 FACEBOOKに写真UP中 

ブータン貯金 










Last updated  2011/11/20 04:36:36 AM
2011/01/11
カテゴリ:★ブータン
2005年ブータンをトレッキングした時の動画です・ 

私1人がトレッキングをするのに、
ガイド、料理人、馬使いの3人 及び4頭の馬がついてきてくれます・ 

ブータンでは1日の費用が政府から定まれており、
町を車で観光してもホテルに泊っても私のように、トレッキング キャンプをしても
料金は変わりません・  

どんなトレッキングの様子か動画で見てください・ 









そして得意のお宅訪問の様子が後半に入っています 







Last updated  2011/01/23 02:03:14 AM
2011/01/08
カテゴリ:★ブータン
2005年ブータン 
ポプジカ、ブータンで最も寒い村 オグロツル飛来のために電線がない村
で電気が通っていません・ 
そんな村の民家の少年と仲良くしてもらい、家に連れて行ってくれ
ていうか、、、 家に訪問した日、ブータンの元旦で親戚とか集まっていました・ 







そんな村のあるホテルにキャメロンディアスもニアミスで泊った
ホテル またその部屋に泊らせてもらいました・ 

キャメロンはネパールでもニアミスでした・・・ 
彼女の旅って面白いですよ・・・ 



上記にUPした動画で私の興奮している様子も恥ずかしいが、、、
現地の方も興奮している様子も私は好きだ・・・・  
声だけ聞いていても、ほんとに色んな声が入っていて笑えます・


10分くらいに、親から子供が叩かれるシーンが出てきますが、
私はこういうシーン大好きです。
叩かれた理由は、カメラをいじる過ぎるからです。  
この同じような光景は、ミャンマーでも一緒でした・
 
私達の世代は 親や先生から怒られて愛の鞭をうけてきました・
今では親が指導者が子供に手を出すと大変な問題になるでしょうが、
私はこのような時代に育ってよかったと思います・  

しかし、近年 親が子供に手を出さないが、
家庭内で大人同士が手を出すDVは一時期問題になりましたよね・・・ 
なんか、おかしな時代になってきました・・・ 


私と同世代の方はこのブータンの動画を見て懐かしい気がするかも・・・ 



  






Last updated  2011/12/13 12:24:58 AM
2010/11/02
カテゴリ:★ブータン
2005年2月 ブータン・・・・


ここもまた、素晴らしいところです・・・・ 

空港のある、パロから首都ティンプーに移動・・・

国に1つしかない信号。。。 しかも、人が誘導しています・・・
メイン通り等の様子をみてください。。。。

発展することが全てでなく、なにか大事な伝統などを
皆で守ることも大変重要だと感じます・

そもそも、このブータンではeco bagなど元来なく、
昔からプラスチックのbagは配らないという取り組みなど、
ある意味最先端を行っています・

ヒマラヤ山脈に囲まれたブータンですが、インドでもなく、ネパールでもなくチベットでもなく、やはりブータンは ブータンです・・・ 

この頃の2005年の映像をみてください・・・

まだ首都ティンプーでも多くの方が民族衣装を着ています。*必須でした・・・
近年は若者のファッションも大分変ってきたと聞いています・・・

ブータンは切手が何気に収集家から有名なのですが、私も結構購入しました・・・・

首都ティンプーから冬の首都 ブナカに移動・・・








Last updated  2013/06/04 05:59:30 AM
2010/02/13
カテゴリ:★ブータン

2005年2月10日 第7日目 (ブータン6日目)
ガンテコンパルート キャンプ 3日目最終日

マイナス6度を時計で確認してテントで寝る・・・ 寒かった~~~~~


昨日 お願いして、馬使いさんに朝5時に焚き火を付けて起こしてほしいと。。。。。。  

朝 ごそごそと音がした?? 野犬がテントを襲うのか??? 
ビビりながらテントの外を覗く・・・・ 

頼んでおいた 火をつけている・・・ 時計を見ると5時前・・・
  リクエストはほぼかなえてくれる。

早朝火で冷えた身体をあたため、7000Mクラスの山を拝む準備に入った。
辺りは明るくなるが、、、残念ながら雲が多く山は見えない。。
昨日同様、顔洗い 歯みがき用のお湯を用意してくれる・・・・・ 

Dsc_0378
ガイドさんに、寝ていたテントは??? 
立たんでくれるので放置しておいてよいらしい。。。
じゃあ この俺のテントは???? 自分のそのようなテントは好きにしていいらしい・・・ 
くだらない話はどうでもよい。・・・ 
ガイドさんとこういう話を出来るか 出来ないかで 旅の進行は大分変ってくる・・・・


朝食をとり、あきらめていたころ・・、 朝陽を浴びる7000m
Dsc_0378 (1)


9時出発前に少し山を登ると、雲がきれ、7000mの山が見えてきた。
ヒマラヤ山脈 7000mは遠いがしっかり見える。 雪化粧をして非常に美しい。

この山脈は2007年訪問することになる・ 
自然は誰もが作りえない最高の芸術であろう。
Dsc_0378 (2)



ブータンの詳細を知りたいのら是非こちらへジャンプ
ヤクランド 久保淳子先生 多くのガイドブックに掲載されています・ 
私も例外なく、久保先生より多くのアドバイスを頂きました・
久保先生同行のツアーお勧めと思います。


VIP395号 

BROG RANKING
人気blogランキングへ  

皆様の1日1回 ↑↑クリック日記を書く励みになります。。。応援ありがとうございます・ 
  









Last updated  2010/02/17 12:08:23 AM
2010/02/09
カテゴリ:★ブータン

2005年2月10日 第6日目 (ブータン5日目)
ガンテコンパルート キャンプ 2日目

2日目のトレッキングのこのルートは、複数の村へSTOPした・・・・
宿場のように、疲れたな~~ と思うと必ず村が出てくる・・ 

ガイド曰く私のようにペースが早いと、村でかなりゆっくりとした時間を過ごせます・

本日宿泊地~ 左が本陣(キッチンなど)  右の小さいのが私が寝るテント

ブータン (2)


今は知りませんが、ブータンは国が観光客の人数をしっかり把握しています・
そして、・
他国に例が少ないブータンの最大の特徴は
1日の料金が一律に決められています・ 
オン オフシーズンによって、同行人数によって異なります・・・
確か??? 1日 USD 180くらい??だった ・・ 同時のRATEで1日約2万円です・
含まれている料金は、1泊3食付き 観光のための足 ガイドです・
お土産や個人的なもの以外 なにも必要としません・
 
街で普通に観光をしても2万円、 トレッキングへ出ても2万円です・

いきあたりばったりの旅も楽しいですが、ブータンではそういう旅行は勿体ない
勿体ないというより、都市にチェックポイントがあり、通行証を見せます・ 
国の中で誰がどの辺にいるか把握できるようになっていますので、
おおよそ日程表を作る必要があります・  
現地で優秀なガイドと話、変更も可能です・ 
従い行く予定のある場所は先方が最初に申請しているでしょう・・・

ブータン出発前に最初に現地旅行会社と話をします・ 
ブータンの方は英語は私よりはるかにうまいです・・ のでコミニュケーションには困りません・
日程を組んだり、英語は苦手だという方はツアー参加がお勧めです・

ブータンという場所はガイドが非常に優秀であり、特に私のガイドさんは抜群に優秀で
対応能力が抜群に高いため、少人数で行った場合は可能な限り、
その場で対応してくれる・ 

特殊な事をリクエストする場合は、
ガイドさんの得意不得意分野があるので、あらかじめ確認してください・ 

そして村に泊まりたいという方はガイドさんに言えば対応してくれます・

私の場合、
今回のトレッキングでは7000m級の山並みを見たい事を最初に告げてあったので、
普段とは違う、キャンプ地にテントを設営してもらうこと頼んだ。
また前日に、俺様1人のためのトイレ用のテントは不要である事も告げた。





ブータン

夕方、山頂のテント設営場所に到着 木材も麓に運んでいるロープウェイ付近である。
やはりここも子供が写真を撮ってほしいと
ブータン (1)

子供の写真を撮ると、子供は手を差し伸べ何かを語る。
お金 お金といっているように聞こえ、それは断るが、
後からガイドに聞くと、写真をほしいという意味だったらしい・・・・

キャンプで夕食をとり、ご飯がうまく3杯もおかわりしてしまう。
香港で同じ物を食べたら、おそらくおかわりはしないだろう。

ブータン (3)

ブータンの詳細を知りたいのら是非こちらへジャンプ
ヤクランド 久保淳子先生 多くのガイドブックに掲載されています・ 
私も例外なく、久保先生より多くのアドバイスを頂きました・
久保先生同行のツアーお勧めと思います。

VIP395号 

BROG RANKING
人気blogランキングへ  

皆様の1日1回 ↑↑クリック日記を書く励みになります。。。応援ありがとうございます・ 
  







Last updated  2010/02/09 07:29:38 PM
2010/02/08
カテゴリ:★ブータン

2005年2月10日 第6日目 (ブータン5日目)
ガンテコンパルート キャンプ 2日目

名もなき村で、素敵な出会いをありがとう~~~ 村を出発し先を急ぐ。。。

ブータン (1)

上の写真は洗濯物であるが、下の写真は洗濯物ではありませんよ 

タルチョと言います 経文が書かれた5色の旗です。 この光景は至るところで見られます・
 タルチョが一度風になびけば一度読経したことになるのであろう・・・

ブータン


ブータンはチベット仏教を国教としています・・・ 

ブータン (9)

ダルシン 経文の書かれた旗です
亡くなった人が成仏されるようにと祈られるものは白で108本立っています。 

私のBLOGは中国からのアクセスも意外に多いので、
皆様からのチベットのコメントはスルーさせていただきます・・・・ 
今後も 過去の チベットの旅については UPしません・・・・・・
私は中国と仕事をしていますので、万が一中国に入れなくなったら困りますので・

さて
ヒマラヤ山脈に囲まれたブータン王国をトレッキングでゆっくり歩いています・

こんな道を通りながら・・・・ 



ブータン

ブータンのおうち 

ブータン (1)ブータン (3)


ブータン (4)ブータン (8)

左は アラ というお酒を作っています 
ブータン (5)ブータン (6)
                         右はブータンのお風呂です・  

これ重要なことですが、
ブータンでのトレッキングは基本風呂に入れません・ 
3泊くらい風呂なしで よろぴくね・・・・・ 

しかし 上の写真のように風呂がありますので、
ガイドさんに頼めばどこかでお風呂の支度を村で交渉してくれるでしょう・・・・・   
そして感謝の気持ちとしてお金を渡してください・

トレッキングで訪れるブータンの村の方は洗面器1杯のお湯で十分ですので。。。。  
通常 貴方が日本で使っているようなお湯の使い方はできません・

しかし、以前も触れましたが、2005年私が訪問した時にも
世界のアマンが既に進出していました・
アマングループで検索すれば分かると思いますが・世界最高のホテルです・・・・・  
私はブータンではありませんが、宿泊した事がありますが、
極上のホテルです・


昼食後は田園風景、民家の風景を見ながら、歩けるのでかなり気持ちが良い。
言葉ではあらわせない、独特な風景を見ながら歩き続ける。
気持ちよいので疲れた感じがしない・・・

ブータン (7)


写真を白黒にすると なんつてポストカード見たいでしょ・・・ 


ブータン (2)

ブータンの詳細を知りたいのら是非こちらへジャンプ
ヤクランド 久保淳子先生 多くのガイドブックに掲載されています・ 
私も例外なく、久保先生より多くのアドバイスを頂きました・
久保先生同行のツアーお勧めと思います。


VIP395号 

BROG RANKING
人気blogランキングへ  

皆様の1日1回 ↑↑クリック日記を書く励みになります。。。
応援ありがとうございます・ 
  







Last updated  2010/02/09 02:45:58 AM
2010/02/07
カテゴリ:★ブータン

2005年2月10日 第6日目 (ブータン5日目)
ガンテコンパルート キャンプ 2日目

朝食をすませ、9時頃出発する。 早朝の気温のマイナス5度が
嘘のように、ぐんぐん気温が上昇し10度近くになる、
歩いているとやや、汗ばむ。

トレッキング 午前中の森の中を歩くだけである。 景色は見えない。 
歩くこと、3時間、 突如 村にでる。


ブータン (7)ブータン (8)


ブータン (9)


この村は、森林伐採で生計を建てている村で、男は皆、外に出ている。
村には、日中、女性と子供しかいない。
歩いて疲れていたので、村の家を訪問し休む事にする。

正月と言うこともあり、酒は豊富にある。
 
中国の旧正月と同じ考え

村の一軒の家を訪れ、休ませてくれるようガイドさんが頼む。
来客の訪問は決して断らない・

アラと言う酒をご馳走になる。 お母さんがわんこそばのように、
酒を持って傍で待機して、少し減ると直ぐに継ぎ足してくれる。
お母さんの笑顔は非常に優しい。
ブータン (12)
この村には、子供が多い 100人くらいいるだろうか・・・

私 下にいるの分かります?? 
ブータン (14)

その中でも10歳の女の子は非常に印象的である。
東からきた、田舎の少女であり、田んぼに出れる年でないので、
出稼ぎでベビーシッターをしているらしい。。。。
下の子 
ブータン (11)

まだ鼻水をたらしている少女だが、他人の子供世話とは、頭が上がらない。
少女は、始めはシャイだったものの、時間がたつと、
僕の膝の上にちょこんと座り離れない。 
やはり年齢的に当然ながら子供であるのだろう。

下の少女可愛いでしょ・・・ 

ブータン (16)
 
1時間も酒を飲んでいると、私もかなり出来上がってくる。
村の人間も続々とこの民家にあつまり盛り上がる。
ブータン (10)

ガイドはとても陽気で、写真を撮るときは必ず女の肩に手を回す、
また、とにかく村の女性のお尻をよく触る。 女も嫌がっている様子はない。
ブータン (2)
彼曰く、村では女のお尻を触る事が最大のコミニュケーションらしい。 
NORIちゃんも触りな! と言われるがなかなかそうできるものじゃない。
でも、直ぐにお尻を触る。・。。 実際触っても性的な欲求はわいてないからね・・・ 

ブータン (13)

村でのデジカメは最高に盛り上がる。みんな写真が好きであるようだ。
次のスケジュールもあるので、昼食をご馳走すると誘われるが、丁重に断り、
気持ち、 心付けとしてお母さんに渡し村を後にする。

先回りしている、料理人が作った、お弁当を食べ、更に歩く。。。



ブータンの詳細を知りたいのら是非こちらへジャンプ
ヤクランド 久保淳子先生 多くのガイドブックに掲載されています・ 
私も例外なく、久保先生より多くのアドバイスを頂きました・
久保先生同行のツアーお勧めと思います。


VIP395号 

BROG RANKING
人気blogランキングへ  

皆様の1日1回 ↑↑クリック日記を書く励みになります。。。応援ありがとうございます・ 
  







Last updated  2010/02/07 11:29:27 PM
2010/02/06
カテゴリ:★ブータン

2005年2月10日 第6日目 (ブータン5日目)
ガンテコンパルート キャンプ 2日目

いや^^^ 夜は寒かった…マイナス3度。。 寝れなかった 途中から・・・・ 
寝袋で凍えていた・・・ 案の定、 テントは凍っている・・・

朝、、まず 馬使いさんが火をたいてくれた。。 あーーーあったかい・・・
その後、、洗面器にお湯をご用意して頂き。 お顔を洗ってください・・・ 
う~~~ん  これがブータンの大名キャンプだ・・・

ブータン (1)

私1人に馬が4頭、 ガイド、料理人 馬使いと、
 私だけのためにキャンプについてきてくれる・ これがブータン・・・・


顔を洗うと、次に。・。 歯磨き用のお湯も持ってきてくれる・ 
ちこうよれ~~~ なんて。。。  殿??・

ブータン (2)

料理人さんが、卵はいかがいたしますか????  
そうじゃの~~~ 拙者はスクランブルエッグで。。。

なんて、料理方法も聞いてくれる。・ すげ。。 
そして、トーストも。。 でてきた・・・
ジャムは何がよろしいですか?? って。 種類が豊富、、、 ではいちごちゃんで。。。
ブータン

私1人のためのこの装備で馬で80キロの荷物を標高3100mまで。・。・

いや^^^ 気持ちが良い・。 

朝食を私が食べ終えたら、
私が寝たテントはガイドさんが撤収して次の宿泊地へ持っていくために馬に乗せている・・・・


ブータンの詳細を知りたいのら是非こちらへジャンプ
ヤクランド 久保淳子先生 多くのガイドブックに掲載されています・ 
私も例外なく、久保先生より多くのアドバイスを頂きました・
久保先生同行のツアーお勧めと思います。



用意してくれた、朝食、パン、COFFEE 、卵料理を食べ、
出発する準備を済ませる。


ブータン (3)

BROG RANKING
人気blogランキングへ  

皆様の1日1回 ↑↑クリック日記を書く励みになります。。。応援ありがとうございます・ 
  







Last updated  2010/02/07 10:22:57 PM

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.